Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

着物の魅力

ここ数年、和装する機会が増えました。
海外生活が長い中で、着物とまではいかなくても、せめて日本人として、ゆかたくらいは素敵に着こなしたいと、年に2~3回ですが事あるごとに着ていましたが。

3年くらい前、我が家のB&Bのお客様とのご縁からお茶(茶道)を知り、学び始めたころ
から、その成り行きで着物にも興味が出てきました。 気軽なゆかたと違って、最初は
揃える小物がたくさん。 着物のネットショップで購入して海外発送してもらいました。 
お太鼓結びは、着付けDVDを見ながら独学で練習。(毎回大汗かいて、最初は帯結び
だけで2時間かかり、できたときはヘトヘト!) 
慣れてきて何とか着られるようになると、料理教室のお茶体験クラスのときに着物で
生徒さんをお迎えしたり、地元の友達との食事の場に着物で出かけたり、次第にその
魅力にはまりました。

着物は大まかに分けると、礼装の時に着用するものと日常におしゃれ着として着用するものがありますが、今ここに持っているのは全て普段のおしゃれ着用で、自宅で洗える化繊や木綿の着物と名古屋帯。 形式にこだわらず、気軽に自由な発想で合わせて
楽しんで着ています。 

ある着物生活コーディネーターの方のコメントに
『着物はそれ自体に人目をひく美しさがあるけれど、そればかりでなく、その着物を
着た人を、より一層引き立て、魅力的な女性にするところが、着物のよさであり、
洋服とは違った力です。 着物にしかない魅力を、私たちがもっと利用すれば、
うるおいのある豊かな日々が送れるのではないでしょうか。』 と書かれてました。

そう、確かに着物を着た日は背筋がピンと伸びて、立ち方・座り方・食べ方なんかが妙に丁寧になり、自分の中に特別感がみなぎっています。 その日は確かに素敵な一日になっているのです。


今年の帰国時に、友人のエイコちゃんがお稽古しているお茶の先生が主催されるお茶会に、再び参加することになりました。
今度は是非和服で!と考えていますが、着物にもTPOがあるので、その辺りを知っておく必要がありそうです。 正式なお茶席に、半分外国人のような私を特別参加者として受け入れていただくので、周りの方に不快感を与えないような装いで・・・ 
どんな着物がふさわしいのか調べてみたら・・・ 色無地に袋帯か織りの名古屋帯、
というのが良さそう。

さてさて、日本の実家に20年以上放置したままの着物たちは今でも生きているかしら?ミセスなのでもう着ることのない振袖(もったいないなぁ~)と、あとのは訪問着だったか、紋付?色無地だったか? どんな色合いだったか、帯はどんなものだったか・・・
全然記憶にないのです。 (自分が着物に興味ないときに親が作ってくれたものでした)帰国したら早速チェックしなくちゃ。 

そして、この際、正式に着付けも習うことにしました。 年上のおしゃれな友人である
アキコさんに相談したら、彼女の行きつけの美容師さんと一緒に、私のために着付講座
を開いてくださるとの素晴らしい提案をしてくださいました。 今までうまくできなかった
部分・スッキリしない点が、きっとここで解決されるはず。 今からレッスンが楽しみ!

Waso-1
こんなモコモコした着付けが、キリリとした装いに変わるかしら?


着物を着るって、折り紙の世界だな~って思います。 
平面状のものを、きっちりと折りながら、美しい立体に仕上げる作業。 
折り紙が上手な人は、着付けもそつなくこなせそう。 
そこに自分なりのエッセンスを加えて、粋な着こなしが出来上がるのでしょう。
せっかく日本女性として生まれたからには、着物のおしゃれができることを喜び、
そして、今後の文化交流にも生かしていきたいですね。 


New challenge   新しいことに挑む

I can afford to make a plan or think about my goal for the year at this time
after my work became calm down.

1月も下旬になると仕事が少し落ち着いてくるので、
ようやく今年やりたいことをじっくり考えたり、年間計画を立てる余裕ができます。 

RBCR-1  I met this book a couple of month ago.
  The encounter with it led a new goal
  to me. ( I borrowed it from library. )
 
  Surprisingly, it is full of his wild plant
  cooking, in this book.
  I didn't know that there was the custom
  that Maori people ate those plant. 
  While I read the book, I understood that
  there was a lot of unique cuisine as one
  of the Maori culture.


  数ヶ月前に出会ったこの本。 
  マオリ・シェフであるチャールズ・ロイヤル
  という方のレシピ本。

地元の友人から勧められて、図書館でこの本の取り寄せをお願いして、やっと
借りることができました。 (購入したいけど、市販されてないみたいです)

図書館で本を開いた瞬間から、目が釘付け! 
早速作ってみたいけど、食材は山や森へ採りに行かなければならない?
そう、この本に書かれているのは山菜料理なのです。

ニュージーランド料理といえば、ラムやビーフ等のお肉のロースト、
先住民のマオリ料理といえば、ハンギ(土の中で野菜を蒸す料理)、
                         大雑把にそう思ってきましたが・・・
マオリの食文化に山菜を食べる習慣があったとは! 
アワビやウニ、海草も食べるし、日本の食文化と共通している部分がありそう。
レシピへの興味と同時に、このマオリ・ブッシュ・タッカー・シェフに会いたくなりました。

They eat abalone, sea urchin, seaweeds. There seem to be similar to Japanese food culture. With my interest to the recipe, I wanted to meet this Maori bush tucker chef!  I will learn Maori language and will write a letter to him.


まずは、手紙を出してみよう! 
      その手紙はマオリ語で書きたい!
            よし、マオリ語を勉強しよう! となり、

AF-Maori来月スタートのマオリ語/初級コース
の申込みをしたところです。

20年ここに住んでいて英語さっぱり
上手くならないので、語学センスなし
とあきらめていましたが・・・

I decided to take a beginners course
of Maori language which would be started in February.  
I know it's not easy to learn a new language for me of 50's.



T.W.
  誕生日の今日は、マオリ族について、
  静かに考える日にしました。
  ワイタンギ・デーが近いので、
  まずはワイタンギ条約締結の背景
  など・・・
  歴史を探ったら、さらに興味深く
  思えてきました。

  Today of my birthday, I spend the time
  to study about the Maori history,
         like the background of the
  "Treaty of Waitangi" and the conclusion.
  It seems to become more interesting
  by understanding of their background.




                       気合を入れて
                    Good luck to me!


Summer seasonal work of UME 2017  今年の梅干作り

                             Do you know Ume-boshi ?
Ume&Rice/2015  It is pickled Japanese ume (apricot),
  and can be said that it is the
  representative of Japanese traditional
  food of preserving, having a strong
  acidity and saltiness.  
  Foreigners who don't know about it
  are surely surprised at the taste at
  their first bite.
  However, Umeboshi was an essential
  side dish in Japanese dietary habits
  that people ate rice mainly. The eating
  habits changed little by little, and
  we Japanese eat various food as well
  as rice nowadays. But Umeboshi is
  still the food I yearn for now.  And,   
  I have passion toward the making of
                             Umeboshi, of course!

******************************************************************************************


Ume11/1/2017Fresh ume arrived the other day.
I got "NANKO-UME" (which is known as
a high quality ume in Japan) from
YUMESATO FARM near Christchurch. 
Yes, I make Umeboshi this season again.

先日クライストチャーチ郊外にある夢里ファーム
    から、オーダーしていた梅が届きました。 
箱を開けると、すご~く良い香りで、
           黄熟具合もちょうどいい感じ。 
2年ぶりの梅干作り。
    (昨年は緊急帰国のため断念しました)


Ume13/1/2017  


  After a couple of days while I waited it gets
  ripen a bit more, I started.
  Washed them carefully, took the calyx from
  each piece, then divided them into three
  portions to make separately in zip lock bags.

  2日おいて完熟を待ち、昨日スタート。
  丁寧に洗って、ヘタを取り、3枚のジップロック・
  バッグで三つに分けて漬けます。



2年前は塩分など異なる数種類の配合で作りましたが、今回は、その中で一番好みの味だった塩分13%+シュガー5%で漬けることにしました。 隠し味として砂糖を加え
ますが、塩だけで漬けるよりも、まろやかでコクのある味わいになったような気がします。(少量なので甘い梅干にはなりません、あくまでも隠し味!) 梅酢が上がりやすくなる
効果もあるようで、それにより保存性が高まり、手ごろな焼酎が入手しにくい場所柄、
砂糖でその働きを補うというのはとても合理的!


~ Seasonings for making UME-BOSHI ~
just salt or salt & "Shochu" (Japanese distilled liquor) are used commonly, however I use a little of sugar to add to this.  The purpose is to make the taste round and deep, not to make it sweet.

***** SALT 塩 *****
I used "Marlborough Sea Salt (Flakes)" for one portion, and "Himalayan pick rock salt" for other two.  Because the rock salt was too coarse to use, I ground it.

M.Sea salt H.Rock salt
使った塩は、マールボローのシーソルト(海塩)のフレークタイプ、それから ヒマラヤの
ピンクのロックソルト(岩塩)。 ひとつには海塩、あとの二つは岩塩を。

ロックソルトは粒が大きいので、グラインダーで削ってから使うことにしましたが、
グラインダーを回し続けていたら左手首に違和感が・・・マズイ、腱鞘炎再発? 
(6月の栗の皮剥きで腱鞘炎になりましたが、一度なるとクセになるそうです・・・) 
途中で娘に代わってもらって正解。


***** SUGAR 砂糖 *****
Brown sugar or raw sugar?? I used raw sugar for one portion, and brown sugar for other two, using with only 4% of weight of the Ume.

B.Sugar/R.Sugar  今回はブラウンシュガーかローシュガーで
  やってみようと思い、並べてみたものの
  どちらがいいか・・・
  結局、ひとつにはローシュガー、他の二つには
  ブラウンシュガーを使って、あとで違いを確認
  することにしました。
  ブラウンシュガーは、白いシュガーよりも
  甘さや味が強いので、分量をちょっと減らして
                                          4%にしました。



N.B.-2 I put all ingredients in each bag and
 tried to mix them carefully to blend gently.
 But there is no sign that they are blending in,
         even if time passes for a while.
             Is everything too dry...?

塩と砂糖を入れた袋に梅を入れて、
そっと馴染ませてみましたが・・・
      馴染まない! 
時間をおいて何度がやってみたけど、
ドライ過ぎるためか一向に馴染む様子がない。
塩がパラっと梅の間をすり抜けているだけ・・・
     特にシーソルトのほう!


A.Vodka

  "Something promoting moisture
  may be needed"
 I thought,
  then sprinkled a spoonful of Vodka over.  
  I think I succeeded in this, hopefully!

  それで、使う予定はなかったんだけど、
  ウォッカ を少量(スプーン一杯)
  加えることにしました。 
  これが 呼び水 になればいいけど。。。



I keep observing it while the moisture appeared and wait for ume vinegar to be appeared.
Will report it later.

これから数日、梅酢が上がってくるのを待ちながら観察。
経過は、追ってまたご報告いたします。


New Year's cooking 2017  B&Bささの木、お正月料理


Welcome 2017 !

First BB-2017L

明けましておめでとうございます
今年も、どうぞよろしくお願いいたします


Happy New Year!
Having Japanese guests during the New Year season,
I enjoyed cooking of special dishes as my hospitality.

年末・年始ご宿泊のお客様をお迎えして、
B&Bささの木では、こんな料理でおもてなしさせていただきました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Cherry Tiramisu  On the New Year's Eve,
  I was busy all the day for preparation of dishes.
  DESSERT : Tiramisu with seasonal cherries

  大晦日の午前中にデザートの仕込みを。
  今が旬のさくらんぼを使って、チェリーのティラミス。
  



Trevally-M




              Fresh Trevally, looked beautiful!
       I marinated them (with soy, sake, and mirin)
           for half day in the fridge before slicing.
         Sashimi of Trevally, so delicious!

めずらしくTrevally (シマアジ)が入荷していたので即購入。 
          なんて美味しそ~!
刺身漬けにして前菜の一部に盛り合わせることにしました。


WINE (この日のワイン) :
MAUDE  Sauvignon Blanc  2015  (Marlborough)
TWO SISTERS  Pinot Noir  2011  (Central Otago)


MAIN :  Roast of lamb rack
     Chawan-mushi (savory custard) with blue cheese and prawn
     pork meat loaf


メインはラムラック、
一緒に盛り合わせたブルーチーズの茶碗蒸し、ミートローフも、ワインのお供に。

Meat-roaf
  セージの香りを利かせたミートローフ、
  刻んだにんじん葉も入って
  ほんのりセリの風味がします。


             and, "Toshikoshi-soba"
     Toshikoshi-soba which means buckwheat noodles
     which are eaten on New Year's Eve for good luck.
Toshikoshi-soba






      やっぱり年越しそばは欠かせないなぁ~
・・・と思っていたところ、ご到着のお客様から、ナント
このタイミングで戸隠のそばをお土産にいただきました。 
早速使わせていただいて、
     メインに続いて、海老とアスパラガスのそば。 



ワインの後は、お客様がお持ちになった素晴らしく美味しい焼酎をロックで楽しんで・・・

デザートのチェリーティラミスを出す頃には、もう年越し間近。
お酒とおしゃべりは続き、年始のご挨拶をかわしてから就寝。

After enjoying the dinner with drinking,
when I served the dessert, it seemed at the last minutes of the year.


****** The first breakfast of this year  元旦の朝ごはん ******

BBDishes
  Grilled prawns, Nishiki-tamago (egg dish),
  Grill of miso marinaded chicken

  海老のグリル、錦玉子、鶏の味噌漬け焼き



    BBBR
                        Rice mixed with little-some black rice
                         黒米を混ぜたほんのり塩味のごはん


BBM.Soup-2  Miso soup of mussels
  マッスル(ムール貝)
  お吸物にするはずが、
  寝ぼけてお味噌汁を作ってしまいました。。。



     BBNimono
                  Nimono (simmered dish) of tofu, Shiitake, daikon, and carrot
                         煮物: 深夜さんざん呑んだあと
                         夜中の3時に作ったので味付けが心配だったけど、
                         濃すぎることもなくホッとしました~
BBCerries



  Seasonal cherries

  朝のフレッシュフルーツは
  さくらんぼ






 ******* DINNER PREPARATION  ディナー仕込み ********


S-kobumaki
  サーモンの昆布巻き
  こちらには、かんぴょうがないので、いつも何で結ぼうか
  考えてしまいますが、今年はコレで。
  にんじん葉の茎の部分、葉は火を通して食べますが、
  茎は硬いので捨てようとしたところで・・・ひらめいた!
  湯がいてみたら、巻くのにちょうどいい硬さ。

S-kobumaki-2





                           出来上がり!

      The traditional New year's dish,
        Kobu-maki of salmon
     Salmon is wrapped by Kombu (kelp)
         and simmered in broth.



Kotobuki-ChS

  Because I got "Kotobuki-bashi" (special chopsticks
  for celebration) from one of the guest,
  I made the setting with traditional Japanese style.
  I arranged cooked dishes in Shokado boxes.

  日本からお持ちになったという寿箸をお客様から
  いただいたので、松花堂ボックスに料理を盛込み、
  日本のお正月イメージにしました。
  (料理自体は和洋折衷です)




APPETIZER : Two kinds of Shira-ae (tofu dish), served with fresh bread.
S.-Nozawana  S.-Mussel  
創作白和え:
左の具はカラマタ・オリーブと、いただいた野沢菜漬けを(塩抜きしてから)刻んだもの。
右の具はスティームしたマッスルの身を刻んだもの。
両方の和え衣は、マッシュした豆腐に少量の昆布茶と、たっぷりのオリーブオイルの味付け。
ワインのおつまみにぴったりです! スライスしたバゲットやチャバタ・ブレッドと共に。


MAIN : Small portions of variety dishes in the box 
他にはこんな料理で。
GD-1  Maguro (tuna) and avocado salad
  漬けマグロとアボカドのタルタル



         Vegetables saute
   GD-2
                                  野菜のソテー
                         ガーリック、アンチョビ、パルメザンチーズで
                                  イタリアン小鉢

GD-3
  Kobu-jime of beef sirloin
   (marinated sirloin by Kombu wrapping)  
  Quickly fried then sliced thinly.
                
  前日から昆布締めしておいたビーフ・サーロイン
  強火でさっと焼いて薄くスライス。
  ピンクのラディッシュおろしと山葵オイルを
  添えましたが、柚子こしょうでも美味しそう。


          Completed!
   GDBox
                                  完成!
GD-4


  Temari-zushi (little rice balls) at the end.

  少しご飯ものが欲しいよねっていうことで、
  手まり寿司風。 
  炒めたにんじん葉とトビコをトッピング。







WINE (この日のワイン) :
DELEGAT  Crownthorpe Terraces  Chardonny  2015  (Hawkes Bay)
YALUMBA PATCHWORK  Barossas Shiraz  2010  (South Australia)


連日お酒好きなお客様ばかりで、毎晩飲み会状態!
この日は明けて午前2時まで。
お酒が延々続いて、デザートは翌朝に、というリクエストでしたが。。。
結局忘れてしまいました。(スミマセン!)
元旦のデザート、準備していたのは・・・
                       
G.Dessert-3
DESSERT : Matcha gateau chocolat
       & Shibukawa-ni

       (marrons glaces Japanese style)

抹茶ガトーショコラ: 
焼き上がりを角型にしてさらに和の雰囲気に。 

栗の渋皮煮: 
昨年5月に作ったもの。ひと粒で特別感がでます。



Peices of Gold




  A tiny piece of gold on the gateau...
  it made celebration appearance.
  Looked very Japanese!

  そして、ひとひらの金箔を。
  昨年の臨時帰国時、羽田空港で見つけたもの。
  ようやく出番がやってきました。
  上にちょこっとのせるだけで、一気にお祝いモードに。


G.Dessert


出しそびれてしまってガッカリしながらも、
画像を撮影したあと、自分へのご褒美に
                  しっかり食べました。 
       あぁ美味しい!

きょうこさん&ようこさん、
  次回は是非この特製スイーツを味わってくださいね。





愉快なお客様たちと過ごした賑やかな年末・年始、
2017年が良い年になりますように


I shared a great time with pleasant guests at this festive time.

Hoping this year will be a wonderful one for everybody.


ペンリスパークの星空


我が家の隣に素敵なご夫婦が住んでいて、たまに夜更けにテキスト・メッセージでお誘いが届きます。 「火を焚いているからおいで」

SFP-3 ここのお宅には庭に
 素敵な暖炉があって、
 こうしてお誘いがあると、
 ビールやワイン片手に
 彼らのガーデンに、のこのこ
 出かけて行く私達。 
 パチパチと燃える薪の音を
 聞きながら、暗闇でグラス
 傾けておしゃべりを楽しみ
 ますが・・・




SFP-4今年(2016年)元旦の夜、
この庭から見上げた
満天の星空の
何て素晴らしかったこと!
年明け最初の
      スター・ヴュー!

お酒好きの私たち夫婦は、
夜空がどんなに美しくても、
気づきもせずに家の中で
飲んでるばかりですが、
一歩庭に出て見上げると、
こんなにも見事な星空が
広がってるんです。 お隣の上だけじゃない、我が家の上にも・・・ 
天の川だって肉眼でバッチリです! 
(私の腕ではきれいな画像が撮影できないのが悔しいですが)


この降るような星空、家の中からも同じように満喫できないだろうか?
(こんな発想をするところが、寒がりでインドア派の私。。。)
で、頭に浮かんだのは・・・星空展望ダイニング!
夫の親族の間で代々受け継がれている結婚のお祝いの歌に
『あなたとあなたが結ばれて、ひとつの窓から星を見る』
                          っていう歌詞がありますが・・・
新婚どころか、もう銀婚式が近い初老なんですが、
酒飲み夫婦が毎晩グラス傾けながら一緒に星を見るっていうのも
なかなか粋な過ごし方なんじゃないかと。


Daruma-2
  展望スペースを含むB&B改築案、
  今年初め、だるまに目を入れて祈願したのは、
  実はこのプロジェクト!

  実現可能かどうか書類調査を経て、
  現在建築家との話し合いが続行中・・・


   HRP-1  HRP-2


  HRP-3

   
思い始めて、すでに丸一年。 
まったく月日のたつのはあっという間で、それに引き換え、こちらの動きの遅いこと!

 Daruma-3

だるまの目、来年に持ち越しです・・・



皆様良いお年をお迎えください。

~ HAPPY NEW YEAR ~