Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Chan-chan-yaki Salmon & Kenchin-jiru 秋の料理教室

Japanese cooking in autumn!  The color became beautiful outside day by day, we cooked Chan-chan-yaki of salmon and Kenchin-jiru (vegetarian soupy dish).

秋の色濃くなる時期、料理教室ではサーモンのちゃんちゃん焼きとけんちん汁を作りました。

Ch.S.CHAN-CHAN-YAKI OF SALMON:
Salmon fillet or steak with medley of vegetables covered with miso-dare-sauce in the foil parcel, which was cooked as a steam-cooking in oven. 
ちゃんちゃん焼き、こちらでも身近な材料でできるし、オーブン使用のホイルベイクとあって、お手軽。 主役はもちろん脂ののった美味しいNZサーモン。



Kenchin.JKENCHIN-JIRU:
Hearty simmered soupy dihs of tofu and vegetables.

けんちん汁、教室のメニューとしては初めて登場しました。 秋冬は身体を優しく温めてくれるスープ料理が喜ばれます。 





<KENCHIN-JIRU>

I introduced an unique food Konnyaku which everyone here eat for the first time probably, which is commonly used for Kenchin-jiru in Japan though.
Konnyaku is a jelly-like food made from the starch of Konjac potato.  It's a low-calorie and fiber-rich food to cleans our gut.

けんちん汁の材料は身近にあるもの、そしてオプションとして、日本ではお馴染みでも、ここではまだあまり知られていない食材も紹介して入れました。 それは、こんにゃく

Konnyaku  Konnyaku1  Konnyaku2

We tore it by hand to make small pieces so that taste is easy to soak, then we cooked it in the boiling water as a preperation which made to remove the smell from Konnyaku and made the texture good.

味がしみ込みやすいように手でちぎって、下茹でしてから使いました。

We used Kombu-water (Kombu-kelp soaked in spring water of Lake Wanaka for overnight) as one of the stock ingredients for the soup. We also used the Kombu-kelp with chopping finely after soaked and added into the soup. Juice from soaked Shiitake mushroom was added into the soup pot, too. After season the soup, checked the taste and adjusted it with a little more seasoning and dashi stock powder.

Kenchin-jiru1  Kenchin-jiru2

ダシについては、ここでは粉末のカツオダシしか選択肢がないのですが、自然食品のお店でたまに見かける昆布を手軽に使うということで、昆布水を使用。 ワナカ湖の美味しい湧き水に一晩浸水させた昆布、昆布水を鍋に、昆布のほうも刻んで追加。 さらに椎茸の戻し汁も加えて奥行きを出します (なるべく粉末ダシの量を抑えたいので、いろいろ工夫してます)  調味料を加えて味見、ここで最終的に味の調整。 深みが足りなければ、粉末だしを少し足します。




327 327-2
Thanks for participating from Australia and from UK.
この日は、オーストラリアからとイギリスから、ワナカに滞在中の方々が参加してくださいました。


Other fish fillet can be used for Chan-chan-yaki, instead of salmon, of course.
We used Rainbow trout fillet together with salmon on the night. The taste was beautiful, thank you Jules to bring your game!

411-6 411-7

湖で釣ってきた虹マスを持ってきてくれたジュリアン、嬉しすぎる! フィレを一緒に調理してサーモンとの味比べという予期せぬ特別メニューとなりました。 虹マスの筋子でいくらの醤油漬けも作ってきてくれました。 ジュリアン、感謝!

411-3 411-8



Group of four ladies, it was the celebration for Georgia who was getting to marry in the following week.
427-2  427-3  427-4  427
女性4名のグループ、ジョージアが来週結婚するそうで、そのお祝いを料理教室でというプランニング、粋ですね!

427-5 Georgia was participation putting on her wedding veil, and a badge of "Help! I'm getting married".
Congratulations!

ジョージアは頭にベールをかぶっての参加。 『Help! I'm getting married』 のバッジが初々しい! 
ご結婚おめでとう!


It was completed when we feel a beautiful smell of grilled miso from the oven.
サーモンのチャンちゃん焼きは、オーブンまかせ、味噌の良い香りがしてきたら、そろそろ出来上がりです。



<Dinner time>
*Daikon salad
*Kenchin-jiru
*Chan-chan-yaki of salmon
*freshly cooked rice

お楽しみの試食タイム:
大根が美味しい季節になったので、大根サラダを副菜として出してみました。 けんちん汁以外にも、サラダとして使える大根の紹介になります。 そして、味噌味の魚には是非炊きたてのごはんを! ホイル焼きの下に残った美味しい汁にごはんを入れて食べても良いですよ。 


Harvest Yokan
*dessert: Harvest Yokan
It is my original recipe of Japanese fusion sweet, which was very popular at every session.

デザートには、クマラ餡をベースにした『ハーベスト羊羹』のアイスクリーム添え。 毎回『美しいデザート!』と好評でした。



417-2 417 411-4 411-5


皆様今回もご参加ありがとうございました。 
次回冬の料理教室では、酒テースティングをプラスした特別メニューで開催します。 
是非またお会いしましょう!

Thank you for participation, every one.
The next sessions are in July, a special menu with cooking and SAKE tasting.
See you then!


"Harvest Yokan" my Japanese sweet  ハーベスト羊羹

HYokan

   One of traditional Japanese sweet,
          YOKAN.
   I make it with kumara (sweet potato)
   paste instead of azuki bean paste.
   The cut end is beautiful by having
   put dried fruits and walnut in.

   木々が色づいてくるこの時期、秋の実り
   を鏤めた(ちりばめた)羊羹を作ります。 
   切り口がなんとも素敵なんです。




kumara1kgI usually cook 3kg of red kumara to make a large quantity of kumara sweet paste at the time, then divide it into small containers for freezing.
It's handy to use anytime I would like to make kumara sweets during the season.

ここでは小豆やあんこは手に入りにくいので、
代わりに身近な食材クマラ(サツマイモのような
スイートポテト)を使います。 このままホイルに
くるんで、消えかかった暖炉の炭で焼き芋にしてもホクホク美味しいですけどね。 
餡の仕込みは、3kgくらいのクマラで大量に作って小分けで冷凍保存。 これから秋冬のお菓子作り
に重宝します。


****************************************************************************************

KUMARA PASTE  作りやすい分量でご紹介します。

1kg  red kumara  --- is going to be around 900g after peeled
500g  sugar     --- 55% of net weight of kumara

kumara-water
  Peel the skin off, cut into small pieces,
  put those in water immediately to prevent
  the color from changing to brown.

  クマラ、皮を剥きながら、そのつど水につけて
  いきます(アク抜きと色止め) そのまま置いて
  おくと、あっという間に茶色くなるので注意!







  (*option*)
  I sometimes use "Kuchinashi-no-mi" (gardenia seed to dye the food bright yellow),
  but this step can be ignore. Use just water to cook kumara.

      kumara-an1  kumara-an2
      よく栗きんとんを作るときに使う「くちなしの実」を使うこともあります。
   実をくだいて「お茶濾しパック」に入れて煮出すとお湯が鮮やかな黄色に変わり、
  このお湯でクマラを茹でますが、色にこだわらなければ、この工程は必要ないです。 



Cook in boiling water. After it becomes soft, drain and put it back onto the pan. 
kumara-an3   kumara-an4
切ったクマラを柔らかくなるまで茹でます。 柔らかくなったら、お湯をこぼし、
熱いうちに鍋の中で潰しながら煉ります。 


kumara-an5  Mash it, add sugar, mix well with wooden spatula.
  Continue kneading with the spatula on the low
  heat, to redude the moisture to harden the paste.
  A pinch of salt, and a little some butter can be
  added, yummm...

  途中砂糖を入れると、それが溶けて水っぽくなる
  ので、さらに煉りながら水分を飛ばします。
  ずっしりと重くなったら完成。 塩ひとつまみと
  バター少々でコクがでます。 あんこのようにも
  使えるし、小分けで冷凍しておくと便利。

This paste can be stored in the fridge for a week, or stored in freezer.


****************************************************************************************

MAKING YOKAN 
Preparation of dried fruits and nuts to put in to the Yokan.
さてさて羊羹作り。 その前に、中に入れるドライフルーツとナッツの準備をしておきます。

Dryfruit/nuts 
 6-7pcs  dried fig   ドライ・イチジク
10-12pcs dried apricot ドライ・アプリコット
40g (net weight) walnut   胡桃

**APRICOT : slice to make the thickness half. Sprinkle a little amount of rum and hot water
(1 table spoon each) over the apricot to make
it soften and moisten. Leave it for a half day
at room temperature, or overnight in the fridge
                   (longer is better)
**FIG : make it thinner.
     (lightly press by hand or rolling pin)
**WALNUT : crack and remove the husk
   without breaking the nut as possible. Toast lightly.

**アプリコットは固めなので、厚みを半分にしてからラム酒と水を半々にした液体に
  半日以上漬けます(冷蔵庫で1~2日おいておくと、しっとりして風味も増します)
**フィグは手で(またはローリングピンで)押して薄く伸ばしておく。
**胡桃は殻を剥き(なるべく実を崩さないようにして)、軽く炒っておきます。


Then, making Yokan.
いよいよクマラ餡の羊羹作り


8g (3~4 tea spoon) "Kanten" (powdered agar agar)   全体のバランスと、
500ml    water                          程よい食感にするため
500g     kumara sweet paste                寒天パウダーの割合を
50g     sugar                          多めにしました
1 table spoon Maple syrup

kanten-water  Combine "Kanten" (agar agar) and
  water. To dissolve the powder
  completely, mix well by whisk or
  spatula while it is boiled and continue
  for 3~4 min on boiling,
  which is one of the important part! 
  Add kumara paste, mix well,
  add sugar and maple syrup to adjust
  the sweetness.


kanten-kumara
粉寒天と水を合わせて良く混ぜながら
沸騰させる。 3~4分ほど続ける。
 (ここは長めに念入りに!)
作ったクマラ餡を加えて良く混ぜ、
シュガーとメープルシロップで甘みを調整。
(お好みですが、羊羹をイメージして
甘さを強めにしたほうが美味しいです)




yokan-layer 
   Pour one-third of the mixture in a container
   or cake tin (I used 23x8cm tin),
   place the half of dried fruits in and put some
   walnut in the gaps.
   Spread another one-third of mixture
   on it. Place the remaining fruits and
   walnut, then top the remaining mixture,
   flatten the surface. 

yokan-layer2  


容器に1/3量のクマラ寒天液(すでに半固体に近い)
を入れ、そこへアプリコットを置き、隙間を胡桃で
埋めていく。 さらに、1/3量のクマラ寒天液を上に
入れ、ドライフィグと胡桃を埋め込むように配置する。 
残りの寒天液をのせ、表面を平らにする。

yokan-layer3




   Cover with wrap, chill and set it in the fridge
   for a half day or overnight. It will be fine for
   4-5 days.

   表面にラップをして冷蔵庫へ。
   半日以上冷やし固めたら完成。 
   4~5日冷蔵保存可能。

(23x8cm の型を使いました)

TIP: The Kanten (agar) works well and the mixture becomes to be set (harden)
  soon at the room temperature. So the layer-work should be done quickly. 
  You can keep the pan of mixture on very low heat beside you during this work.


  寒天液は火から降ろすとすぐに固まって作業しづらくなるので、ここは手早く!
        鍋は極弱火に置いて保温しながら進めるといいですよ。


   ************************** The next day  **************************

kyokan-whole
   Let's cut it!



   HYokan








I'm excited to see the cut-end which is
artistic appearance, every time I cut it.

カットするたびに、アートな切り口を見るのが
                      楽しみ!

The texture of the base is like a fruit pate.
Nice combination of sweet kumara and acidity of apricot & fig, crunchy of walnut.

kyokan-cut  kyokan-cut1

It may match sparkling or Pinot Gris when it is on the cracker or slice of bread and cream cheese on, as well as it's good for teatime sweet or dinner dessert.

市販されているフルーツパテにも似て、ワインとの相性も良さそうです。
薄めにスライスして、ブレッド&クリームチーズにのせたらスパークリングやピノグリにも。
このサイズだと1本で20切れ以上になるので、人が集まったときにいいですね。

kyokan-wicecream

  Delicious with ice cream!
  Got good responses at the dessert time
             of the cooking classes.

  アイスクリームと盛り合わせても
    それぞれ美味しい引き立て役になります。

   ~先日の料理教室で食後のデザートに~





和菓子のような洋菓子のような、ワインにも合いそうな不思議な羊羹、
       奥深さの中に、融合の可能性を発見しました

Commonly the "Yokan" is regarded as a sweet to combine with Japanese green tea.
But, I felt unexpected versatility in this style, which was a fantastic discovery!


Yakitori classes 2019 料理教室:焼きとり

Yakitori and Soba-noodle were done at the cooking classes from January to March. Because there was my hospitalization uproar for acute appendicitis (the appendix)
in the end of January, two sessions were postponed. I finally finished the last one
the other day.  I was sorry to make a trouble to people who booked in.

16/01/18

A.S-1

   この夏の料理教室は焼きとりと
   アボカド蕎麦でした。 
   1月下旬に急性虫垂炎(盲腸)で入院騒ぎ
   があったために後半二クラスが延期、
   先日最後の回を終えました。 
   ご予約いただいてた方たちには、本当に
   ご迷惑をおかけしてしまいました。






***************************************************************************************

Shikomi-4

   YAKITORI -- start here:
   Preparation for the all parts.

   焼きとり、まずは仕込みから。




Shikomi-hatuss    Shikomis-1

Shikomis-2    Shikomis

Shikomi-5    Shikomis-3

Shikomi-6


おなじみのモモはネギと一緒に串へ。 
手羽中は開いてから、砂肝とハツは
下準備を終えてから串へ。 
もう一種類、焼きとりではないけど
            ベーコン巻きも。 





Next, we moved to BBQ grill. Yakitori can be cooked in the oven
(grill function) when it's not suitable weather for BBQ.
串打ちが済んだらBBQグリルへ:
BBQに適さない天候のときは、オーブンでグリル調理できます。

The fire is often too strong for Yakitori and it's easy to burn the outside before it is cooked inside. We used the bricks which were wrapped by foil to adjust the height (distance from the flame). Then put skewered Yakitori which we prepared.

grill-1
  火に近すぎると中が生焼けのうちに
  外側が焦げるので、遠火にするため
  レンガで高さを作ります。 
  ホイルを巻いたレンガを串の長さに
  合わせて二列横並びにして、
       そこへ串を並べて焼きます。

grill-2   grill-3

grill-4

  Transfer the "Tare" sauce into
  a long slender container, so that
  we can apply it (dipping in) easily
  while grilling Yakiroti.

  タレは細長い容器に入れておくと、
  焼きながらつけるのに便利。


**************************************************************************************

SOBA: How to eat soba-noodle which was the topic every time.
It is allowed to make a sound when we eat soba. (Yes, it is for other noodle like udon and ramen, too)  It is rather daring and will express it by making
a sound if delicious. (Don't say "noise" for it!)

アボカドと大根おろしをトッピングした蕎麦、喉ごしスルスルと美味しい。 毎回話題に
なったのが蕎麦の食べ方。 箸で食べられるかなと心配する声もチラホラ。。 
音を立てて食べることは許されているし、むしろ豪快に音をたてることで
美味しいと表現
することになる、と言いながら、とにかく食べ方の手本が必要でした。

Momiji-oroshi-soba

  Season changed from summer to autumn
  through the classes, then I changed the
  soba to warm style instead of cold one,
  adding the autumnal expression.

  途中で季節が夏から秋に変わったので、
  最後のクラスでは、冷たい蕎麦でなく、
  紅葉おろしをトッピングした温かい蕎麦に
  変更しました。 


Surimi-nugget-s

We added "Surimi nugget", which add depth to the soup when the nuggets were gradually warmed up
in the soup, and nugget itself became fluffy texture.

この日トッピングに追加したのはスリミ・ナゲット! 小さな薩摩揚げ。 これを蕎麦つゆに加えてじんわり
温めると、(油揚げを入れたときみたいに)つゆに程よい
コクが加わり、ナゲット自体は温かくフワッとした食感になります。 マッシュールームやシイタケも加えて、
賑やかな秋のおろし蕎麦になりました。

*******************************************************************************************

I hope all enjoyed the yakitori cooking and soba.

Jisshoku-5    Jisshoku-4
                       And "Hatsu"(hearts) & "Sunagimo"(gizzards)?

Jisshoku
  人気はやっぱりモモにタレのパターン。 
  あっという間になくなりました。 
  手羽やベーコン巻きにも手が伸びます。 
  ハツとスナギモは初めて食べた
  という方がほとんどで、反応は・・・
  不思議な食感ね~ 嫌いじゃないけどね
  という程度。 
  残ったハツとスナギモこそ私の大好物! 
  その晩のうちのビールのつまみになりました。 
  ご馳走様です!





Jisshoku-2S Jisshoku-1S


さて、4月のクラスではサーモン料理とけんちん汁を作ります。 
これからの夜長の秋に、是非お楽しみください。

~ Cooking classes April ~
11th (6pm) & 17th (11:30am) --- available to book for both date.
We cook ”Salmon chan-chan-yaki” and ”Kenchin-jiru”(tofu & veges soupy dish).
Enjoy those in longer night season.


Japanese Calligraphy workshop  ~書道ワークショップ~


C.W.fude
To my delight I was given an opportunity to introduce Japanese calligraphy here for locals.

嬉しいことに、こちらの方に書道を紹介する機会を与えられました。 料理教室に来た方が、壁にかけてあった書を見てこれも教えてほしいとのリクエスト。 
ワークショップとして募集したところ数名から申込みがありました。



C.W.szry
As my calligraphy experiences, I studied under a teacher, Mrs. Fukushima, from 7 yrs old to 18 yrs old in Japan.
Although I stayed away from it for a long time after that, a chance that I do it again came about 10 years ago. Since my daughter seemed to be interested in the calligraphy when she saw it by TV program,
I brought my old set of calligraphy tools from Japan to here and taught it to her.
Of course I enjoyed it myself, too.
It is a great meditation when I prepare "Sumi" ink rubbing the ink-stick on the ink-stone, which would be a relaxation time to concentrate on the writing.  
What I learned in old days revived as one of my life style now!


書道暦は、7歳から18歳まで、日本で地元の先生に師事。大人になってからは長いこと離れていたものの、10年くらい前にこちらのテレビ番組(NHK海外版)で書道を見た娘が興味ありそうな様子だったので、帰国時に実家に眠っていた道具を持ってきて娘に教えていたら、自分がハマりました。それからはたまに道具を並べて書を愉しんでいました。

今回、地元のニュージーランド人に教えるということで、日本語の文字を書いたことがない人たち向けですから、とにかく簡単なところからスタート。 といっても、ひらがなやカタカナでなく、やはり文字自体に意味を持つ漢字が喜ばれるので、小学校低学年で習うような漢字を選んで準備。





Here is the flowchart at my calligraphy workshop: ~ ワークショップ ~


1.About the tools and preparation / 道具の説明、墨のすり方


2.Posture & holding the brush / 姿勢と筆の持ち方、基本的な筆遣い・力加減などを説明


3.Basic stroke / 手本と練習 (基本のストロークごとに一人ひとりチェック)


4.Choose Kanji / 漢字を選ぶ (用意した中から書きたい字をピックアップ)


5.Stroke order & Demonstration / 書き順、ストロークの説明、手本デモンストレーション


6.Practice / 練習 (納得のいくまで繰返し書いてみる)


7.Completion of today's work /本日の作品完成 (お気に入りを本日の作品として持ち帰る)



C.W.m&s


~ Enjoy Matcha-tea and sweet after your hard work ~

お疲れ様です

お抹茶とお菓子をお愉しみください






日本で購入したこれ、すごく役立ってます!

Calligraphy-W.P
This is a useful sheet which is made by special cloth.
When we write with water (instead of ink), it shows like writing with Sumi-ink.
And the sheet can be reused after it dried. It's perfect to practice many times!

Several people have already used it here.



Calligraphy-W.P1  
特殊な布製かな?
水をつけて書くと・・・
まるで墨で書いたようになります。
乾かして繰返し使えるので、何度も練習するのにいいですね。
すでに数名の方に使っていただいてますが皆さんに好評です。





C.W-1 C.W-3

C.W-7 C.W-8
 



今後も、料理教室の傍ら、書道ワークショップも続けていけたらと思います。

日本で習い続けたことが、何十年もの時を経て、ここで役立つとは! 
お世話になった福島先生と習わせてくれた両親に感謝です。 
帰国したら、先生のところへご挨拶に伺おう。 
もう30年以上もご無沙汰してますが、どうか今もご健在でいらっしゃいますように。。。

What I continued learning in Japan is now helpful here, after passes through time of years. I thank the teacher, Mrs. Fukushima. Will visit her when I go back to Japan this year.
I really wish that she is still well and enjoying her good health.


入院記

今シーズンもピークの年末年始を何とか乗り切り、さて1月下旬の誕生日が
近づいてきたので、この一年どう過ごそうか・・・などと考えていたある日、
突然虫垂炎(盲腸)になってしまいました。 

夕方からお腹が痛み出し、夜になると痛みはさらに増し、激しい嘔吐と悪寒! 
食あたりかと思って正露丸飲んでみたけど効き目なし。 夜通しガマンして
翌朝メディカルセンターへ駆け込み・・・血液検査・尿検査してもまだ原因わからず、
とりあえず痛み止めにモルヒネを点滴で入れてもらって一旦帰宅。 
B&Bのお客様到着日でしたので、準備が間に合うかと心配しながら休み休み
掃除と夕食準備まで済ませて、その後、お客様のおもてなしは夫にバトンタッチ。 
しかし夜中の痛みは極限まで達し・・・ (ここで救急車を呼んでと言わなかった
自分も自分ですが)朝までガマンして再度メディカルセンターへ。 入口に倒れこむと
もう歩けず、車椅子に乗せられて診察室へ、ここでダニーデン行き決定。 

手配されたヘリコプターに運び込まれました。 
(夫はお客様が宿泊中だったので一緒に行けず、私だけ) 
確かこの日は快晴、スッキリと抜けるような青空の中にプロベラが回り始めたのを
ぼんやりと記憶してます。 今きっと素晴らしい景色の中を飛んでいるに違いない
と思ったけど、顔を起こす余裕なし。 40~50分?くらいでダニーデンの大学病院の
屋上に到着すると、スルスルと屋内へ入りエレベーターで下がっていき、検査室へ。 

Hospitalization-property
  血液検査・尿検査・CTスキャンを経て、
  虫垂炎であることが確実となり、
  その夜のうちに手術となりました。 

  手術の前に確か誓約書みたいなのを
  読んでサインするはずだから、
  そのときだけ通訳いてくれたらとお願い
  してみたものの、誰もいなかった・・・
  ドクターとナースが別々の書類を読んで
  くれて朦朧としながらサインした。


Hospitalization 1/26


  気づくと、術後は集中看護室。 
  身体にいろんなものがくっついていて
  自分の身体じゃないみたい。 
  3日くらい何も食べてないのに、お腹が
  すかない。 4日目の朝、口にした
  フルーツジュースがやけに美味しかった。 

  そして迎えた誕生日の朝、枕元に
  その晩夜勤だったナースが作ってくれた
      折り紙の花束が!
            嬉しかった~


現在ダニーデン在住の友人のひさこさんが、夫から知らせを聞いてお見舞いに
駆けつけてくれました。 助かるぅ~! 
        洗面用具や暖かそうな服など、見つくろって持ってきてくださいました。
午後になると、お客様のチェックアウトを済ませた夫がワナカから駆けつけてくれました。PCを持ってきてくれたので、これで料理教室やB&Bのお客さんと連絡がつく。 
ホッと一息。 ドタキャンしてしまった用事がいくつかあった・・・スミマセン。。 
一人でやってる仕事って、こういう緊急事態には人に迷惑かけちゃうんだな~と実感。

ナースに手伝ってもらってシャワー室へ。
腸からドレインの管がつながっているし、身体を見たくないけど。。
お腹全体が風船のように膨らんで、まるで子供のお腹みたい。
手足はむくんでパンパン、足首がなくなってしまいました。
注入し続けている薬のせいかな
Hospitalizing-foot


      信じられない、この足!
      あまりにもスゴイので、
          撮影してみた!
    お腹はとてもじゃないけど
      見せられません(笑)



血圧測定、血液検査、毎回の尿のチェック、抗生剤と痛み止めの点滴は、昼も夜も
続きましたが、徐々に回復してきたのが自分でもわかる。 

4人部屋の病室に移って数日。 週末になると、同室のおばちゃん達のところに
お見舞い客が次から次へとやってくる。 病室が社交場状態。 
足を犬に噛まれて3週間入院中のおばちゃんは可愛い女性だったな~ 
ナースに内緒で、板チョコをベッド横に隠し持っていて、よく食べていたっけ。

ようやく食欲が出てきたら、和食が食べたくなった。 普段は何でもOKの私も、
さすがに具合の悪いときは優しい和食が欲しい。 こちらの病院には和食はない。 
和食どころか、エッ?! という驚きがあったりする。 夕食のデザートによく登場した
ゼリー&アイスクリーム。 メインミール(温かい食事)と共に運ばれてきて、
その時点で、カップに入っていたアイスはすでに溶けていた。 色鮮やかな
着色ゼリーに、このベチャベチャした泡クリームをのせて食べろってことか?? 
 
Hospitalization-miso  ひさこさんにお願いして届けてもらった
  インスタント味噌汁! 朝食に、オーダー
  しておいたポリッジ(オートミール粥)と、
  マグカップに作ったお味噌汁を交互に
              口に入れて口中調味。 
  あ~美味しい! 
  味噌のパワーが身体の隅々に

                     しみ込む。 
  これで和食を食べた気になった。 満足。。
  海外の病院に入院したら、
  インスタント味噌汁&ポリッジ、お勧めです。 
  (ポリッジは味付けなしのプレーンなものでね)




犬に噛まれたおばちゃんが退院してゆき、そこへ今度は ドレッド・ヘア
イカツイ
お姉さんが入った。 朝から ドスの利いたうなり声が病室中に響く! 
かなり大柄のようで、ベッドから手足がはみ出していた。 見かけはコワイけど、
挨拶したら、何気に優しそうでした。

1週間の入院のうち最後の一泊は、別の病室に移されることになりました。 
4階から8階の突き当りの部屋へ車椅子で移動。 ビックリ! あまりに眺めの良い部屋、
しかも個室、オンスイート! 大きな窓からダニーデンの街と港を見下ろす夕暮れ時の美しさといったら! ここならあと2~3泊してもいいかも・・・なんて思っちゃいました。
夜景に見とれて、そろそろ寝ようと横になったら、外から大きな音が聞こえ始めた・・・
窓の向こうからヘリコプターがこちらに向かって近づいてきた。 
すぐ上の屋上に着陸。 また急患が運びこまれたんだわ・・・ 
自分が運ばれてきたときのことを考えていたら、そのまま眠ってしまいました。 
目が覚めたら、カモメが飛び交う朝の風景が広がってた。 幸せな気分でゆっくり
過ごした最後の一泊、これが私のホリデーだったのかしら?

ドクターから退院の書類を手渡され、抗生剤や痛み止めの処方箋をいただいて
無事退院。 最初のメディカルセンターでの診察料・検査料の支払いはあったものの
その先ヘリコプター搬送から手術・入院まで、病院の支払いはゼロでした。

退院後の帰路は、St.John 専用バス (クライドのダンスタン・ホスピタル乗換えで
ワナカまで帰れる長距離バス) が予約できるとのこと。 
           行きはよいよい 帰りはコワイ~ 
う~ん・・・入院中に荷物が増えたし、一人でバスで大丈夫かな
と心配でしたが、結局夫がワナカから迎えに来てくれました。 
片道4時間かかるところを往復し、その後、夜はお店の仕事に行くそうで、
                                 本当にお疲れ様です。


帰宅したら、地元のたくさんの知人・友人たちからお花やカードが届きました。
Discharge-1  Discharge-3


  Discharge-6  Discharge-7
  大好物のケーキは、近所のKet の手作り


Discharge-5  Discharge-2

Discharge-4



皆さん、この度は大変お騒がせしました。

ご心配・励ましの言葉・留守中のうちの家族へ
の手助けなど、本当にお世話になりました。

コミュニティーの大きな温かさに支えられました。 
ありがとうございました。