Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Last Cooking classes Oct ~ Dec 2019  料理教室ご報告


Happy New Year, cooking mates!

Belatedly I have looked back the cooking classes of last year.
It was always happy, peaceful, and quality time,
thank you all to cook the Japanese food together with me.


良い新年を迎えられたことと思います。
昨年も、南半球の四季折々の料理教室を開催できて、
お蔭様で充実した一年でした。 

年がまたがってしまいましたが・・・
最近の教室(10月~12月)から、
春の親子丼・初夏の串カツ&アスパラすり流しの調理実習の様子をご報告。


   ********************************* OCTOBER  **********************************

Oyako-don
  OYAKO-DON :
  One of representative Japanese home
  cooking dish. The egg was a decisive
  factor, we used good fresh farm eggs.

  春の卵料理、「簡単で美味しい!」
  と毎回好評の親子丼


Shira-ae spring 2019



SHIRA-AE (salad dressed with mashed tofu) :
The spring vegetables dressed with the gently
tasted tofu, which was nice side dish of OYAKO-DON.

他に、春野菜の白和え: 優しい彩りと味。


Sake-kasu Tiramisu-ichigo

  SAKE-KASU TIRAMISU :
  A variation of "Tiramisu". Beautiful aroma and
  flavour of sake!  We used Sake-kasu from
  "ZENKURO" sake brewery in Queenstown.
    
  酒粕ティラミス: クイーンズタウンの酒蔵
  『全黒』の酒粕を使ったデザート。
  お酒の風味がたまりませ~ん(美味)




OD.class.10/7 OD.class.10/7-2

OD.class.10/10-2 OD.class.10/10

OD.class.10/10-3




フランザ・ファームのひさこさんがダニーデンから
産みたての卵をたくさん持って駆けつけてください
ました。 ここの卵は特大サイズで本当に美味しい
のです。 お蔭様で極上の親子丼になりました! 
ファーム・ステイならフランザ・ファーム
お勧めです!   Franza Farm Dunedin

One of my Japanese friend, Hisako, participated from Dunedin. She brought fresh farm eggs from her land for us.
She runs accommodation called FRANZA FARM at amazing place on the hill, just contact her when you go to Dunedin area.
Franza Farm Dunedin

                  Hisako san
                    
OD.class.10/10-4 OD.class.10/10-5


******************** Group booking of 10 / NOVEMBER  ********************

I got a group booking in November, which was a great number of 10-participants!

11月のグループでのお申込みは10名様という大人数! 
親子丼、豆乳味噌汁、煉りゴマ(タヒニ)アイスクリームのメニューで実習しました。

G.cooking-11/28  Oyako-don
OYAKO-DON: Fluffy egg covered chicken meat, served on a bed of quinoa rice.
Chopped "Tofu puff" was a substitution of chicken for the vegetarian people.

Tonyu-miso.S  G.cooking-11/28-1
This SOY-MILK MISO SOUP is served as a breakfast soup for the overnight guests too,
they loved it. Try it in the morning, too!
この豆乳味噌汁は、B&Bの朝食にも良く登場しますが、どの国の皆様にも好評です

G.cooking -11/28-2  G.Ice-CClass
SESAME (TAHINI) ICE CREAM: Flavorful taste from Goma-sesame, black & white.

     ~ Awesome people, hoping they enojoyed it. Thank you, Andy! ~



************************** NOVEMBER / DECEMBER ***************************

A.Srinagashi-19
  SURINAGASHI of asparagus:
  One of Japanese soup dish "Surinagashi".
  We enjoyed this seasonal special with
  full flavour of asparagus.

  この時期ならではの味、アスパラガスの
  すり流し
。 前にレシピをブログに掲載したけど、
  今回は改良バージョンで豆乳を使いました。


KK.class.12/4-5


KUSHI-KATSU of chicken & veges:
A variation of Chicken-Katsu.
Colorful combination with red capsicum, zucchini, asparagus.

野菜とチキンの串カツ 
彩り綺麗なカツ、レモンとお馴染みの
ブルドッグ・ソースで。
赤ピーマン・アスパラガス・ズッキーニを使いました。

Takenoko-gohan-19/C.C.
   TAKENOKO-gohan:
   Takenoko (bamboo shoots) harvested in spring are eaten
   as takikomi gohan well in Japan.  We used the handy
   canned bamboo shoots, mixed to the rice, red quinoa,
   and tofu puffs, in the seasoned stock.

   筍ごはんは、手軽に缶詰使用。 豆腐パフ(油揚げ)と
   実習ではレッド・キヌアも入れて、にぎやかに。



KK.class.11/20-2 KK.class.11/20

KK.class.11/21-2 KK.class.11/21-4
                   Delicious sound at the cutting of the crispy fried Katsu!

KK.class.11/21 KK.class.11/21-3


   KK.class.12/12-4  KK.class.12/12
  毎年この時期に来てくださる仲良し義理親子:  地元のドクターと、
  彼の奥さんのお母さんがドイツからやってくると二人で参加申込みがあります 

KK.class.12/12-2  KK.class.12/12-3
                    Well done, looked delicious!

KK.class.12/12-5  KK.class.12/4-6


KK.class.12/4



After the cooking,
we enjoyed the tasting of our beautiful works
with chatting and laughing.





        KK.class.12/4-4

I'm looking forward to welcoming you back to the Japanese cooking this year again!



New Year's Cooking 2020 今年の創作おせち


Welcome 2020

Kakizome-2020L

Waimarie - Good fortune -
福が訪れますように


Happy New Year!
Having Japanese guests during the New Year season,
I enjoyed cooking of "OSECHI" dishes
(traditional Japanese food that people has eaten on New Year's time)
with my original idea in NZ.

Osechi-box-2020L

遅ればせながら・・・

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします


年末・年始ご宿泊のお客様をお迎えし、
今シーズンも創作おせちで、おもてなしさせていただきました。


   * * * * * * * * EACH DISH * * * * * * * *

Matsukaze-grill-2020
   "MATSU-KAZE YAKI" Japanese style meat loaf
   with miso flavor. It's always popular. 
   Good appearance when the small cut is on the
   cocktail sized skewer!

   Matsukaze-grill-2020-1


松風焼き、今回はオーブン・トレイに敷き詰めて焼きました

               串に刺したら見た目が変わって新鮮 
                          いつも人気の一品


      * * * * * * * * * * * * * * 

Olive-shiraae
   One of traditional dish "SHIRA-AE" that seasonal    
   vegetables mixed with mashed tofu dressing is very
   flexible.  I used olive/asparagus/sun-dried tomato
   this time, which became a fusional taste. 
   Beautiful appetizer with white wine, too!

  Olive-shiraae-1
   江戸時代から親しまれてきた
   『白和え』という伝統料理。
   調味料にオリーブオイルも加え、
具としてオリーブ、アスパラガス、サン・ドライド・トマトを使ってみたら、美味しいフュージョン・ディッシュ! 
おせちの中の一品に、翌日はチーズ・スティックを添えて前菜
の一皿に。 ワインにもピッタリです。 是非お試しを!

   * * * * * * * * * * * * * * 

S.S. of Kuromame
   "KURO MAME" (black beans) are eaten as one of
   Osechi dish, with a implication that to encourage
   work and academic achievement.  
   Wow, very Japanese way of thinking!

   おせち料理には欠かせない黒豆、今回はいただきものの
   『丹波黒』で代用。 極上の甘納豆ですね、やわらかくて
   美味しい!

   * * * * * * * * * * * * * 

Nishiki-egg-2020
            "NISHIKI TAMAGO"
   One of traditional egg dish made by boiled eggs. 
   I used 11 boiled eggs for the 13cm square mold.
   Beautiful when it is arranged to checks after cut.

Nishiki-egg-2020-1

  定番の錦玉子、ゆで卵10~12個使用で13x13cmの容器に
  作りおき。  一般的な味付けより、甘さを控えめに、
  塩気を気持ち多めにしたら、バッチリ好みの味になりました

  小さく切って市松に並べると綺麗


  * * * * * * * * * * * * * * 


  "EBI-YAKI" (Prawn grill)        "NIMONO" (Simmered vegetable dish)
 Ebi-yaki-2020      Nimono-2020

 Mussels-2020   他に、海老焼きと煮物、マッスル(大きなムール貝)酒蒸し、
    野菜のお寿司、大晦日には年越しそば・・・ 
    
   Toshikoshi-soba-2019




                                                "TOSHI-KOSHI SOBA"
                Soba-noodle on the New Year's eve.
  The origin of eating this on the last day of the year (Dec-31)
                 is the wish for a long and healthy life.


Osechi&sake-2020  Hashi-bukuro-2020  

       * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

PAVLOVA for a birthday celebration for a guest.
Pav.base.2020  
  パブロバ: お客様のお誕生日を兼ねた日のデザート
  前日にベースを焼いて準備 
  甘いベースに酸味のあるフルーツが美味しい!
  今が旬のイチゴとブルーベリーをトッピング
 
  Pav.deco.2020

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


昨年踏み出した小さな一歩、
今年はゆっくり歩を進めたいと思います
築20年めを迎える我が家、中身を少し変えることにしました
またご報告します

~ Hoping this year will be a wonderful one for everybody ~


Japanese dinner & Tea Ceremony event  和食と茶の湯・イベント

Kia ora!
For the purpose of a fund raising in aid of Wanaka fire brigade, my husband and I had an opportunity in charge of cooking at the event of the Japanese dinner which local couple of John and Penny Wilson hosted.
地元の消防関連のファンドレイジング(資金調達)の目的で、知人が主催した日本食
ディナーのイベントで、料理を担当する機会をいただきました。

"Shall I make the Matcha-tea of ceremony style for each guest at the end?"
I suggested it when we talked about the menu. Then John showed us the
amazing traditional Japanese furniture of HIBACHI table.
I was so excited!
メニューを決める段階で、「最後にお茶を点てましょうか」と提案してみたら、
「それは良い!」と賛成していただき、「HIBACHI があるから」って。 HIBACHI?  
なんと奥のリビングに火鉢(囲炉裏テーブル)が! 日本から持ち帰ったそうです・・・
わあ~ここでやったら素敵、うちの鉄釜がちょうど入りそうだし・・・ 
それなら着物を着よう。 頭の中でイメージが膨らんでいきました。

     Menu-design-2

Busy but very happy to do the preparations for arrangement of plates & bowls,
table setting, food preps, thinking about Kimono coordination, preparation and rehearsal of the Tea Ceremony, etc, etc...
当日(12月1日)に向けて、食材と飲物の手配、使う食器類、テーブルセッティング、
茶道の説明(夫に頼むことにしたので、まずは夫に茶道の説明)、お点前の練習、
着付けの練習、料理の仕込みなど、準備に明け暮れた毎日でした。


******************************** On the day ************************************


Table setting


Kaijo  Here is one of the Japanese style
  scene of the "Ikebana" Japanese
  traditional flower arrangement
  by Penny, on the furniture.
  
  会場となったジョンとペニーの邸宅。  室内インテリア・テーブルセッティング  とも、和の雰囲気に仕立てられて
  いました。


Setting

I love the menu sheet which Penny designed!

素敵なメニュー・デザインと
テーブルセッティングはペニー作。




Kimono-prep

  私の支度は、
  伯母から譲り受けた大島紬に、
  初夏らしい薄いグリーンの
  名古屋帯。





Otaiko
I wore the Kimono which was
taken over from my aunt.
I chose "Nagoya-obi" the belt of
mint green color (that we can
image the season of fresh green).
It was nice combination with
the dark color of Kimono.

Kappo-gi 


   Wearing kimono, feeling was so elegant.
   But I knew I should be super busy in the kitchen,
   so the "Kappo-gi" special coverall apron was a
   necessity.

   着物は優雅だけど、
   当日の調理場はてんてこ舞い! 
   割烹着は必需品です。

・・・当日、この姿を見て「学生時代に寮で給仕してくれた女性を思い出した」と年配の
ゲストの方から言われました。 フリルのついた割烹着が、昔のイギリスの給仕さんの
エプロン姿を連想させたようでした。


Each guest was dressed up, someone wore with something Japanese style, seemed to enjoy the special night.  And, we found a KABUKI-man there!
お客様はジャパニーズナイトを楽しもうと、思い思いに日本らしさをアピールしながら
ドレスアップされていました。 その中に 『カブキ・マンがいる』って聞いて・・・何? 
調理場から覗いたら・・・ 派手なフェイスペイントが見えました。 
うわ~ホントだ、カブいてる~!

    At the table

************************************************************************************
In the kitchen :
作った料理は次々とテーブルへ運ばれていきました。

       AMUSE BOUCHES TRAY 
             ~ a garden scene of early summer ~

       Amuse Bouches Tray 
    アミューズ・ブシュ(前菜)、初夏のガーデンをイメージしてアレンジ


Veg.1/12/19 V.T.1/12/19 C.T.T.1/12/19

B.R.1/12/19 ABT-BR ABT-P

ABT-SL ABT-TZ ABT-E

A.S.1/12/19 T.G.1/12/19 W.wakakusa-yaki


Sake-kasu icecream
  Desserts: Sake-kasu ice cream
         & honey marinade fresh berries


  It should be brilliant that the fragrance of "Hinoki" wood
  from the square sake-cup, which was well combined
  with the flavorful sake ice cream.

  デザート: 酒粕アイスクリームと
             ハニーマリネード・フレッシュベリー 

枡のヒノキの香りと、酒風味たっぷりのアイスが、素敵なハーモニーを醸しだしている! 


   Tasting of Junmai-dai-ginjo        from Bruno's SAKE selection
   Junmai-ginjo  Sake/tasting

   テーブルでは宴たけなわ、かなり盛り上がっています。
   料理を出し終えて、ここで一息。

*********************************************************************************
While the dining was in full swing, I started the preparation of the Way of Tea
(Tea Ceremony) at the living area.

Hibachi-tableいよいよお茶ね。 
今のうちに奥のスペース
を整え、お手前の順番を
頭の中でおさらいして
         おこう・・・ 
割烹着をはずし、水差し
だの道具を運び始めたら、
サササ~と皆さんがソファー
    に移動してきました。 
待って
まだ準備できてな~い
        !!! 
焦りつつ、グルリとお客様に囲まれて深呼吸。 静かに手を動かし始めました。  


Ichigo-ichie  I wrote the theme Ichi-go Ichi-e
  (once‐in‐a‐lifetime chance) on
  the rice paper.  Hoping everyone
  enjoyed that moment together.  

  一期一会をテーマに。 
  (予め和紙にしたため、そこへ点てた
  お茶をのせて、お一人ずつ渡して                もらいました)   


Ohikashi
  Here are the traditional tea sweets.
  Cute, aren't they?!
                お茶のお供は
      帰国時いとこが持たせてくれた
             かわいいお干菓子、
      ここで大きな出番となりました。


Matcha-1/12/19
   このときの抹茶は、友人が日本から
   持ってきてくれた『太閤の白』。 
   マイルドな味わいで、抹茶は初めて
   という皆さんに大変好評でした。

   The selection of Matcha:
   I used the one in the white container
   which had a mild bitterness yet deep
                                                  flavor.

Originally the "Way of Tea" was a mental training/meditation of Samurai boys.
This ceremony style was established in the civil war era.  They appreciated such a precious moment of being together in that time they didn't know their life on the next day. Samurai were not allowed to put their sword on which was important next to their life, to enter the ceremony room. The place was that anyone returns to just a human in the time of severe class system.
一生に一度の今日の出会いと時間。 今の茶道スタイルが確立されたのは戦国時代。 明日をも知れない我が身・世の中で、今こうして席を共にする相手とのかけがえのないひと時を思い、味わうこと。 侍は命の次に大切な刀を外さなければ入ることのできない神聖な茶室。 厳しい身分制度の中で、誰もが一人の人間に戻る場所。  
・・・という内容を、夫に頼んで解説してもらいました。

一心不乱に茶筅を振り、十碗のお茶がほぼ終わったときに気づいた・・・
あ、撮影お願いするの忘れてた~


The man who listened to the story beside me, got off the sofa, took off the shoes,
and tried to sit on the floor like Japanese way. That moved my heart!
私の隣で熱心に話しを聴いていた男性が、ソファーを降り、靴を脱いで正座しようとして
いました。(外人は正座できない人がほとんどなのですが)  
その姿にこちらの心が動き、カメラを渡して撮ってもらいました。  

Kabuki-man  He was the KABUKI-man!
  With this cool KABUKI make-up,
  he should enjoy the special night
  very well. Though I want to give
  thanks when I can see him again
  in town, I can't recognize his face...

  この男性がカブいてる人。 
  ジャパニーズナイトを精一杯楽しもう
  と、彼なりの最高のドレスアップ
            だったに違いない。                 町で会えたらお礼を言いたいけど、素顔わからないわ。。


Okyakusama2



   So glad that I could spend
   a splendid time together there.

   Arigato gozaimashita.



Okyakusama3 Okyakusama1
           素晴らしいひと時をご一緒できたこと、感謝いたします
*****************************************************************************************

Wanaka-Sun



  数日後、このイベントのことが
  地元新聞 Wānaka Sun
  掲載され、大変嬉しく、
  当日のことが蘇ってきました。

  A few days later, the article about it
  was published in the Wānaka Sun!
  The day revived delightfully.


  Ngā mihi aroha nui...





Te reo Māori, my third language マオリ語と日本語の間で


Tēnā koutou katoa.
Mā te kōrero i te reo e ora ai
Mā te ora o te reo ka rangatira.
Ngā mihi ahau ki te taiao e karapoti ana i tātou.

Anei āku tuhinga mō tāku akoranga i nga reo toru.
*************************************************************************************

Kua mutu te ara reo Māori tuarua i tēnei wiki. Koia, koia!
I mua, i whakapono ahau i te whakahua pai ki te kōrero nō te mea te ōrite i te reo Hapani. Heoi anō, kaore ahau e taea e korero "R" tika....

The course of Te reo (Year-2) was completed.  
It was not easy for me but I accomplished it. Praises myself now.
I felt the pronunciation was not so hard because it resembles Japanese one, only
R is difficult because I cannot do trilling...which is needed to pronounce correctly.


一昨年マオリ語の学習に初挑戦、一年間のコースを受講しました。 昨年のブランクを
経て、今年は2年生として参加したコースもようやく修了。 レベルでいうと、私たち
日本人が中学2~3年生で習った英語レベルかな。 簡単な文は調べながら書けても
なかなかしゃべれません(汗) これは英会話の弱さと一緒か・・・ 
口や耳よりも、文字を目で見て学習してるからイケナイんだよね。 わかっているけど、
文字を見ないと頭に入ってこない。。  日本人だから発音は自信あるけどね
マオリ語の発音は日本語の発音と似ているので簡単! ・・・と思っていたそばから、
「Rの発音ができてない」
と指摘されました。 つまり巻き舌のこと。 
これから練習してできるようになるかしら。。

*************************************************************************************

He uaua te mārama i te ako māku o Hapanihi, mā roto i te whakawhiti i te Pākehā. Engari kua whiwhi ahau i nga āwhina nui i nga kaiako me nga whānau i te akoranga. Kātahi ka haere mai te ao Māori ki mua i ahau.

For me that English was not my native language, the English explanation in itself made me feel being struggled sometimes. But I was always encouraged and supported by teachers and class-mates around me. Once I understood the explanation, the Māori world suddenly stepped closer to me.

授業は英語で説明しながら進みますが。 私はその英語からして理解するのに人より
時間がかかるので、授業中もムムム~??? なんだけど、英語解説がわかった
とたんにストンと腑に落ちる感覚で、マオリ語がグッと近づきます。 英語の向こうにあると思っていたマオリ語が、妙に自分寄り(日本人寄り)に感じる瞬間が何度もありました。 単語も文の構造も全く異なるけど、言葉の裏に見える考え方や習慣が
日本の風習と少し似ているからかも。 自分のルーツ・先祖・家系を重んじること、自然への敬意、建物や乗り物でさえ敬語を使います。 (敬意を示す意味で、言葉の一部分が変わります)

************************ O category & A category ************************

I ako mātou i te momo O me te momo A kia whakamahi i nga kupu.
He āhuareka mō nga hōiho.   Whakamahia te O ki te hoiho kei te waka,
ā, whakamahia te A ki te hoiho kei te kararehe.

In Te reo, the words are sometimes slightly changed by what we show our respect, like Japanese language. I was interested in using those for the horse.
When we ride on the horse, the words indicating the respect are used for the horse as a vehicle, and we use O.  But when we are not on the horse, we use A as same as other animals.

おもしろいと思ったのは馬。 馬に乗っているときは、乗り物である馬に敬意を示す
Oを使います。 一方、馬を降りたら、他の動物に対してもそうですがOではなくA
使います。 相手や状況により敬語の使い分けができる日本人にとっては、この感覚
は掴みやすいかも。


***************************** P E P E H A *******************************

Ko Oku-chichibu te māunga.
Ko Shingashi-gawa te awa.
Ko Musashi-no te whenua.
Ko Kawagoe-han tōku iwi.
Nō Saitama o Hapani ahau.
Ko Yumi Sasaki tāku ingoa, he Ngāti Hapanihi ahau.

Learning about "Pepeha" made me search my origin.  Who I am? 
It made me search the history of my hometown, my ancestors and relatives.
I haven't minded such details so far. "I'm a Japanese", that's all before.

ルーツを大切にするということで、自己紹介は長いです。 ペペハという部分です。 
自分の出身の山・川・土地・部族・先祖・親の名前まで紹介してから、ようやく自分の
名前です。 私の山ってどこ? 山で育ったわけじゃないのでねえ。。埼玉だから奥秩父としておこう。 川は新河岸川かな(新河岸川は昔、江戸・川越間の物資の運搬として
舟運が盛んだったらしい)。 土地は間違いなく武蔵野でしょう! 小学校の校歌にも
あったしね。 部族? 川越藩かな。なんかカッコいい響き! 日本人である自分は、
これに加えて、民族としてハパニヒと付け加えています。(ジャパンはハパニ、
ジャパニーズはハパニヒです)   自分は誰? 何者? 
このマオリ式自己紹介を学んだことで、故郷の歴史や親・親戚について調べたり
考えてみるきっかけになりました。 


*********************** Mr. Yukichi Fukuzawa *************************

Ko Yukichi Fukuzawa, he tangata rongonui, tōku rangatira anō i roto i tōku ngākau.
Nāna te whakamanawa tāku akoranga o te reo hou.

One more person who encouraged me was here on the note of JPY10000,
Yukichi Fukuzawa (1835~1901).  He learnt his 3rd language of English via
                                his 2nd language of Dutch.

Yukichi note
  Yukichi was one of a few of   
  Japanese who knew Dutch,
  he learnt it in Nagasaki (one of
  the port city in Japan) where only
  the place of the trade with a foreign
  country, the Netherlands, in those
  days of the isolation policy in
  Japan. 
  One day he realized that he
  needed to understand English
for future, in the trend of the times that Japan was going to open the country soon. 
The reliance to learn his new language of English was his knowledge of Dutch.
(There haven't been English-Japanese translation materials yet in that times)
He might had the same impatience to learn new language by non-native language. 

第二言語(英語)で第三言語(マオリ語)を学ぶ。 とても時間のかかる
ことで、たまに折れそうになるときもあったけど。。。 この人に励まされました!
一万円札の顔、福沢諭吉!
幕末、近代化に向けて日本が大きく変わろうとしていた時代、これからは英語を身に
つける必要があると感じた諭吉さん。 日本語と英語を繋ぐものがまだ存在しなかった
時代に、それまで長崎遊学時代に学んだ蘭学やオランダ語の知識を持っていた彼は、
オランダ語を介して英語を学んだとのこと。 当時、英和辞典はなくても英蘭辞典は
あったのかだろうか。 この人も第二言語で第三言語を学んでいたのかと・・・
想像しているうちに、また力が湧いてきた。  比べる対象が偉大すぎるけど(笑)

************************ Whakamutunga ***************************

Learning the language is knowing the people.
Wishing to know the people is making peace.
I thank for being in this environment that I can learn.
Thanks to my family, teachers, classmates, and this country.

語学を学ぶということは、その民族を知るということ。 
民族を知ろうと思う気持ちが平和をつくることになるかなと感じてます。 
そして学ぶ環境にいられることにも感謝しなくちゃいけませんね。 
家族、先生、クラスメート、この地、全てに感謝の気持ちを込めて。。

He ako i te reo, te mōhio ki te iwi.
He mōhio ki te iwi, hoki te rongo.
Ngā mihi nui ki nga kaiako, ki nga hoa, ki tōku whanau, ki Aotearoa.
Nō reira, tēnā koutou, tēnā koutou, tēnā koutou katoa.



Sake challengeⅡ  ~酒と料理のペアリング~


Tasting-cups1
    We have done
    Sake tasting
       with
   our cooking food
    in the winter cooking
       classes.

    The sake was from
       ZENKURO
   brewery in Queenstown.
   

CCJ-ZB3


7月の料理教室メニューは、NZ初の日本酒
全黒』 のお酒のテースティングを合わせた
ちょっと特別な企画でした。 お酒にも合いそうな
三品 (きんぴら、つくね、おでん)を作りました。






KIMPIRA
July.C.Kimpira3  Traditional side dish Kimpira is often cooked
  using with "Burdock". We used silver beet
  which was now in season, instead of burdock.
  (Parsnip is also good to use)

  きんぴらというと牛蒡を思い浮かべますが、
  この辺にはないので、今が旬のシルバービート
  使いました。 (パースニップでも美味しくできます)
  人参と混ぜて彩り良く。 
  ごはんのお供というよりも、お酒のお供なので
  味付けは控えめです。 

It can be cooked separately, to make stem part & carrot, and leaf part.
July.C.Kimpira1  July.C.Kimpira2  
茎の部分と葉の部分を別々に調理して2種類作ってもいいですね。 
教室では茎も葉も一緒の一品にしました。

Z.Original
We tried with Zenkuro "Original" tokubetsu
Junmai-shu. Gentle, easy to drink, pairs well
with wide range of food.

   まずは『全黒オリジナル』と一緒に。 
   最初の一口を含み、う~ん・・・
   と鼻に抜ける声が聞こえてきます。
   穏やかな香りと軽い飲み心地が、
        料理の味を引き立てます。





TERIYAKI TSUKUNE
July.C.Tsukune  Popular meat balls with Teriyaki sauce.

  We tried with Nigori "White cloud" Junmai-shu.
         Silky smooth dry sake was served
                      slightly chilled.

    Z.Nigori








  つくねの照焼き。 
  人気のこってり味に、ドライな『にごり』を冷酒で。


How about Wakatipu "Sleeping Giant"?
Z.S.G.  This powerful one was served as "Nuru-kan"
   (warmed gently to 40℃). 
  I prepared this sake with careful attention for
  the right temperature, because of the message
  from Zenkuro’s head brewer that 40℃ is
  recommended for this. Umami and texture
  were surely enhanced by warmer temperature.

  それから、パワフルな『スリーピング・ジャイアント』
  をぬる燗で。 上手なお燗はお酒の味わいに
  ふくらみを持たせます。 杜氏から「是非40℃で」
  というメッセージをいただきましたので、細心の注意
  を払って40℃に。



ODEN (Japanese pot-au-feu)
July.C.Oden
One of winter hot pot. Ingredients were cooked with low heat, like soaked in hot spring "Onsen".

July.C.Oden1  
おでんは冬の代表鍋。 手に入りやすい材料で仕上げました。 
弱火でコトコト、ゆっくり煮込みます。 翌日さらに美味しくなる料理です。

O.kan
One of the most popular combination is
Oden and hot sake, on the cold night.
I warmed Jozo-shu to 45℃~50℃ to make
the texture crisp to match the Oden.

もちろんお燗酒で。 
馴染みの醸造酒は少々甘口なので、味わい
引き締まる上燗(45℃)~熱燗(50℃)で。 
温度の見極めが大切です。




SERVING TEMPERATURE:
The width of the drinking temperature zone is very wide, which is the feature of drinking sake. It can be enjoyed chilled, at room temperature, or warmed, depending on the type and the quality.

それにしても日本酒は楽しめる温度帯が広いですね。 品種によって美味しくなる温度帯が異なります。 冷やすことで華やかな香りをバランス良く感じられたり、室温で柔らかい印象になったり、ぬる燗で香りや味わいがふくらんだり、熱燗でシャープな切れの良さを発揮したり。 温度に呼び名があるのも日本酒ならでは。
(下記をご覧ください、日本人、細かすぎ!って言われちゃいそうですけど) 

Here are the each names for drinking temperature of sake.
(Don't say Japanese is too particular!)

 5℃: YUKI-bie (cold as snow) 雪冷え
10℃: Hana-bie (cold as flower) 花冷え
15℃: Suzu-bie (nice & cool) 涼冷え
20℃: Shitsu-on (room temperature) 室温
30℃: Hinata-kan (warm like in the sun) 日向燗
35℃: Hitohada-kan (warm like human temperature) 人肌燗
40℃: Nuru-kan (mild hot) ぬる燗
45℃: Jo-kan (good hot) 上燗
50℃: Atsu-kan (hot hot) 熱燗
55℃: Tobikiri-kan (super hot) 飛びきり燗
(Over 55℃: the alcohol is gone, and balance of the taste collapses.
                           So don't make it too hot!)



July.C.Ginkgorice  As the addition, I prepared "Ginkgo nuts rice"
  which I mixed Sake-kasu and cooked.
  These GINKGO NUTS were from Tauranga,
  and SAKE-KASU (which is byproduct of sake
  production) was from Zenkuro Queenstown,
  of course!

  実習した三品のおつまみの他に、
  付け合せとして 『酒粕ごはん』 を準備。
  冬ならではの特別食材 銀杏 を散らして。 
   (酒粕はもちろん全黒の蔵から、
   銀杏は北島のタウランガ産です)

  炊飯中、酒粕のよい香りが漂います。
炊き上がりに、加熱しておいた銀杏(塩とオリーブオイルをまぶしたもの)を散らします。
塩加減と銀杏のほろ苦さがしっとり美味しいごはんになりました。
  


YAWARAGI-MIZU (Chaser)
Yawaragi-mizuI introduced this cool habit "Yawaragi-mizu"
in the classes. It means the water which take
a sip in the interval to drink sake. We can taste
sake more deliciously when we have a sip in
each interval. Don't forget this!

今回の酒テースティングの中で紹介した粋な習慣、
和らぎ水。 合間に一口の水、チェイサーということになりますが、この一口により次のお酒をより美味しく味わえます。 誰が名づけたのか、素敵な言葉。  (悪酔い防止にもなるし、
     最後までお酒をスマートに楽しめそうですね)



DESSERTS
Sake-kasu-icecream  Sake-kasu ice cream
  and Sake-kasu "Nama" chocolate!

  デザートには、酒粕アイスクリーム
               と酒粕生チョコレート。

  Sake-kasu can be used for both cooking
  and making sweets. Beautiful aroma of Sake
  can be enjoyed in these sweets.

    Sake-kasu-choco

料理の調味料として使うと旨みが倍増する酒粕ですが、スイーツに使っても美味しいのです。 洋酒を使うお菓子のところ、代わりに酒粕使うと、別バージョンが生まれます。

*****************************************************
7月の料理教室から:
Thank you very much for the attending!

CCJ5 CCJ5-1

CCJ31-4 CCJ31-3

CCJ5-4 CCJ5-2

CCJ22 CCJ22-1

CCJ25-1 CCJ25

CCJ31-1 CCJ31

***************************************************************************

Sake-tasting-2  I hope everyone enjoyed the pairing of
  Sake and food in July.

  今回はご宿泊のお客様も参加して
  くださいました。 「日本酒は初めて!」
  という方も数人いらっしゃいました。 
  酒テースティング、いかがでしたか?


      (This white paste is Sake-kasu)
    Sake-kasu








And what do you think about the Sake-kasu?
It's another great fermented food like miso.

酒粕については、ほとんどの方が初めて。 
ちょっと混ぜるだけで料理の味がグンと上がる、そんな使い方を紹介したいですね。

次の教室では酒粕クッキングをやろうかしら。 アイデアがどんどん沸いてきます。 
酒粕がワナカでも購入できるようになる日を今か今かと待ち望む日々・・・

Shall I do sake-kasu cooking for the next?  Ideas are heated steadily.
I'm really wishing that we can purchase sake-kasu in Wanaka soon.