Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Tea Ceremony workshop March 2021  心つなぐ・茶の湯

I got a wonderful opportunity to introduce "Cha-no-yu" Japanese Tea Ceremony
to local people at REVOLOGY Concept Store and Tea House in Wanaka town.
I write the drama (strenuous efforts) here, with thanking to Monique and Revology team, the participants, my husband and friends who helped me on the nights.

Revology

P.B.us

昨年ワナカにできた素敵なお店 REVOLOGY、ここのオーナーと数ヶ月前に知り合い、
ちょっとした立ち話から、お店で茶道を紹介するワークショップを開催させていただく
ことになりました。 
New Hishaku  ワクワク感いっぱい、
  まずは、昨年の引越し騒動で水漏れ
  するようになってしまった柄杓、
  何とかしなくちゃ! 
  2月に日本から届いた新しい柄杓で
  練習を重ねながら、予定していた3月
  に向けて準備を進めていたものの、
  直前はバタバタでした。  

rehearsal nights


お店のほうで宣伝と集客をしていただいた
のですが、すぐに予約がいっぱいになり、
翌週二度目の開催が決まり、嬉しい悲鳴!

参加者の名前を聞いて、錚錚たるメンバーに
かなりのプレッシャー。
師事している先生に特別稽古
(日本からZoom レッスン)をお願いし、
毎晩遅くまでリハーサルしました。


Firstly I was surprised at the news that it was booked out quickly for the scheduled date of the 11th of March, and knew that some people were on the waiting list.
In "Cha-no-yu" offering hospitality that is enough for each one, it's usually held with
a small number of people, so I shouldn't take more than 10. Then we decided to do
again on the 17th. Wonderful problem!!!

My next hurdle was about the confectionery.  I would like that guests can have
an experience to use traditional Kuromoji pick and Kaishi paper to eat it, instead of using fork or fingers on a plate.  So the confectionery should be soft enough to be cut by the pick, and easy enough to eat on the paper holding on their palm.  It must be Jo-nama-gashi style!  But I couldn't find the ingredients which was used in Japan.  I tried the things which seemed to become the replacement many times.

一番苦労したのは和菓子・・・
J.C.making  J.C.making-1

J.C.making-2  J.C.making-3

J.C.making-4  J.C.making-5
お茶席なので、是非とも懐紙と黒文字(という楊枝)を使って食べていただきたかった
ので、上生菓子を!  日本だったら老舗の和菓子屋さんにオーダーするのでしょうが、ここでは自作。 3月という季節がら、(半年違いの)日本の9月を想像してみました。 お月見? 窓辺にお供えをして、月を見ながら収穫に感謝する習慣を紹介してみるのもいいかな。。。 
日にちが11日と決まったことで、自分の中でテーマが決まり、続いてお菓子も表現したいものが浮かんできました。 ただ、材料が揃わないので、何でどうやって作ろうか・・・ 
試作と失敗の繰返しを経て、ようやく形になりました。


March 11 (3月11日)  *******************************************
Starting with MOKUTO (a minute of silence - remembrance) for the 10th year of big disaster TOHOKU earth quake and Tsunami in Japan.  We thought about Japan with our heart from New Zealand.

東北の震災から10年の日、お集まりいただいた皆さんと最初に黙祷にてお祈りを。 
茶の湯の歴史や習慣・抹茶のこと・お菓子のこと・道具の説明などしながら、
お一人ずつお茶を点てて味わっていただきました。 
心つなぐ、ニュージーランドから日本を想う、そんな日になりました。
この日のお菓子はきんとんで、
名は 『心待ち』 と名づけてみました
J.C.making-6  J.C.making-7
We are sharing the scene half and half on the confectionery that waiting for SAKURA blooming in Japan and waiting for the harvest of grapes in New Zealand
もうすぐですね、日本の桜の開花も、NZのブドウの収穫も。 両方の心待ちを半分ずつ
味わいました。 紫の錦玉寒、ブドウに見えるかしら?

3.11.21workshop-2L

3.11.21 workshop
Thank you for participating, hoping you all enjoyed it.


March 17 (3月17日) ********************************************
Second workshop day,  What as a motif to make the confectionery for the day? 
It's St. Patrick's Day...

二度目、この日のテーマは何にしよう? と考えたけど、同じテーマで心つなぐ、  
今回は、ニュージーランドからアイルランドへ繋いでみました。 セント・パトリックス・デイのこの日、街中のアイリッシュ・パブはかなり賑わってたみたいでしたよ。  お茶席でも少しだけ、アイルランドらしさを入れて、用意したお菓子はこちら。 

J.C.making-7  煉りきり、中はこしあんです
I made this.
Can you see as shamrock?
Cha-no-yu is traditional Japanese culture, but it has generosity to take other customs in the world in it. A little Irish symbol was on the table, which was for the day.

3.17.21workshop

「これ何だかわかりますか?」って聞いたけど正解が出てこなかったので、「今日は
何の日でしょう?」と言ったら、「セント・パトリック・デー!」 一人が答えてくれました。 
このお菓子は、アイルランドのシンボル「シャムロック」をイメージして作りました。 
クローバーに似てますね。 ゲストの皆さん、茶道は日本の伝統と思ってるのに突然
アイルランドが入ってきたりして、エ~って拍子抜けしたかもしれませんね(笑)  
茶の湯の世界は、そういう遊び心も寛容に受け留めてくれると、私は信じています。 
ちなみに私の帯も、偶然ではありますが、シャムロックみたいでしょ(笑)

3.17.21workshop-kimono-obi Kimono-obi-gara
And, did someone notice that my "OBI" on the Kimono?  Can you see it is like shamrock?

3.17.21workshop-2

3.17.21sorkshop-3

3.17.21workshop-4

I felt that guests enjoyed with brightened eyes, so glad at all.
********************************************************************************

ご参加いただいたのは現在ワナカ在住の皆さまでしたが、ニュージーランド人はもちろん
日本、中国、アルゼンチン、アメリカ、そしてヨーロッパから最近引っ越してきたという
ご夫婦もいらっしゃいました。 

Kokoro-tsunagu
        心つなぐ 
  
      Kokoro tsunagu   

    Bond our heart together
      
   両日とも、とても良い時間でした。
   新しい繋がりに感謝しつつ、
   自分はまだ道のほんの入り口
   あたりにいるのだということも実感
   しました。
   地元に、茶道に興味を持つ
   人たちが結構いらっしゃる、
   この驚きと感動を忘れず、
   日本人の心を大切に伝えて
   いきたいと心に刻んだ日々でした。


I hope all the guests could feel the Japanese aesthetics, could come across Japanese heart, and enjoyed the taste of the tea.


Yes, the Japanese Cooking Classes are held!

Hello cooking mates,
I already re-started the cooking classes since last December (2020).
This time (Jan/Feb 2021), we cook summer dishes. One more session will be on Feb-16th (Tue/6pm) which has already been full booked, But I can make a private group session with 5~7 people on your suitable day/night. Just message me!

Photos from the previous sessions:

CC0127-2

CC0127-1

CC0127-3

CCJANFEB-aburaage  CCJANFEB-aburaage-slice

CC0203-5

CCJANFEB-ginger-prep  CCJANFEB-ginger rice

CC0203

CCJANFEB-nasu  P1180557-001.jpg

CC0204-1

CC0204-2

CC0204-3

CCJANFEB-nasu.prep  CCJANFEB-nasu.marinade

CC0204-4


FUTURE CLASSES  *******************************
I am planning for the future classes roughly as follows.
Will inform you about the detail when it was decided.

* mid March ~ early April

P1280715.jpg  P1280739.jpg  

P1280747.jpg   Inari-zushi a kind of sushi in Inari-pocket with
   assorted topping. Try to make "Kinshi-tamago"
   Julienne slices of thin omelet as the topping.  
   Great in the lunch box,
   or it should delight people at the potluck party! 
  
    Dashi lecture!!!  We make miso-soup by
   proper way with the dashi, which is the basic of
   the basics, of Japanese cooking. 
   I introduce the way using the ingredients
   which we can get here in NZ, too.
   I also introduce some kinds with different brand
of miso Japanese miso and NZ miso for letting you taste,
                                       so don't miss it !!!

* late April ~ May
Kuri-gohan  Kuri-kamameshi

Chawan-mushi-autumnal    Kuri-gohan chestnut rice,
   which is the special seasonal rice in the autumn.
   I introduce how to treat the nuts.  

   Chawan-mushi steaming savory custard
   with autumnal ingredients.







* winter --- Special winter sessions! 
Will inform you when it's confirmed the details,

* spring --- Cherry blossom pickles making, cooking and dessert using the pickles.

Those menu are being on considering.
If you have request for the future classes, just let me know.
Cheers!


Welcome 2021  


明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

Happy New Year
~ Akemashite omedeto gozaimasu ~


New Year 2021L


I enjoyed this festive time with my first guests here.
Full of thanks to them, because their early booking encouraged me very much
at my hard time during the house-construction.

この大晦日&年始は、宿・ささの木になってから初のお客様と一緒に過ごしました。 
「料理を楽しみに」とのことで、もう何ヶ月も前からご予約いただいてましたが、
それが改築工事の混乱の中でどれほど励みになっていたことか、今思い出しても
感謝の気持ちでいっぱい。 



Encounter with a book:
The Book of Tea  I met a book "The Book of Tea"
  at a shop in Wanaka town, which was
  written in English by a Japanese,
  Kakuzo Okakura, published in 1906.
  He introduced Japanese mind to
  Western people through the Way of Tea
  (Tea ceremony) 115-years ago.
  
  I was drawn towards the book,
  with feeling excitement.
  I should read it!


  The Book of Tea-I


本との出会い: 街中にできた素敵なお店
(スペシャル・ティーが楽しめる
コージーコーナーのある雑貨店)、
ふらりと入ったときに目に映った一冊の本。 
岡倉覚三(天心)の『茶の湯』の原書!  

115年前に、茶の湯を通して、日本人の心の美を
西洋諸国に向けて説いた本。 ニューヨークで出版され、ヨーロッパ各国で翻訳された・・・ということは知っていた
けど、原書がなぜワナカのこのショップに?
引き寄せられるように手にとってしまいました。 
ゆっくり時間をかけたら読めるかしら・・・



昨年は精神的にも体力的にも無理をした感があるので、
今年はゆっくりと自分のペースに戻していこうと思ってます。 
心の中にあるいくつかの やりたいこと、 この中で自分にとって一番大切なのは何? 
それが見えてくる年になればいいなあ。

As it was busy through the last year, I will take it easy now to regulate myself.
2021 started calmly,
I would like to be a bud under the snow to charge the energy from the earth.

Cheers to the wonderful New Year !


~地上の全てが良い年であり、良い方向へ向かいますように~



yado SASANOKI website 宿ささの木・サイト


251220-Christmas  ~ MERRY CHRISTMAS ~

  Hello my friends,
  the guest house yado SASANOKI 
  has been opened in Wānaka,
  Central Otago, New Zealand.  
  Visit our website here: yado SASANOKI
  (Choose English)

  皆さま、どんなクリスマスをお過ごしでしょうか。
  我が家、今年はとても静かなクリスマスを
  過ごしています。 夜になって降り出した雨の音
  がしんみりと心地よいです。

さて、これから念願の宿再開で徐々に忙しくなってきますが、
やっとウェブサイトを公開する運びとなりました。 
こちらをクリックしてご覧ください: yado SASANOKI

これまでの『B&Bささの木』同様、リニューアルした『宿・ささの木』にも
是非あそびに来てくださいね。


yado Sasanoki logo


  "yado" means an accommodation.
  See the Kanji-character 宿
  which is a part of the logo.




yado character
  宿という文字を書いているうちに、
  とても好きになったので、
  そのままロゴとして使うことにしました。

  Can you see a human and bedding
  under the roof?
  We "SASANOKI" would like to be
  a snuggery for the people.


  文字のとおり、人と寝具を優しく囲む場所でありたいと思います。 
  どうぞよろしくお願いいたします。



Move back home!  入居しました!

大変長らくかかりましたが、8ヶ月ぶりに自宅に戻りました! これまでの経過をご報告。

Carpet-1 Carpet-2 Carpet-3


   9月下旬にカーペットが敷かれ、足元がふわり
   業者さんたちも、ここからは靴を脱いで入って
   くれるようになりました。

   Andes Peak という名のループ状のカーペット
   とても気に入ってます!
   その下に敷いてもらったアンダーレイの質の
   良さが反映されて、歩くのが気持ちイイ。
   毎回いらした方たちに好評です。


**************************************************************************

玄関横、土間のように仕立てたラウンジは靴もOKのエリア。 ここにはバーンドア
(納屋風ドア)を付けたいとお願いしていました。 

B.Door  大工さんのマットに作ってもらった
  ドア、ピーターが美しくペイントして
  くれました。 



B.Door-2






        アイアンのレールが取り付けられ、
        さらに迫力と輝きアップ


B.Door-3



  黒いプル・ハンドルが付く予定ですが、
  発注したものの入荷に3週間かかるとか・・ 
  待ち遠しいなあ

  B.Door-4






     上がり框のようにしたステップのところで
               靴を脱ぎ履きできます。 

Zabuton






  座布団をおくと、ちょっと縁側っぽい。 
  下は収納スペースに。

***********************************************************************************

内装の色選びには時間がかかりました。 いろいろ考えたけど、ほとんどの壁は
シンプルにBlack White、モノトーンの家具が映えそうです。 
 
P&S StoneE  その中で、3ヶ所だけ色を加えました。 
  土間とホールウェイの間のバーンドアに
  モスグリーンに近いDouble Napa

  二階の真ん中の壁はフィーチャーウォールとして
  ストーン・イフェクトというザラッとした仕上がりの
  ペイント、Castaway にしてもらいました。 

  ピーターとステファンの二人がかりで素早く
  ブラシを走らせ、手書きアートのように!  

  家の中心部にアース・エレメントがあると安定
  するのだそう。 ストーン・イフェクトもバーンドア
  も、それぞれの階の中心に位置し、偶然選んだ色がアースカラーで、グッドチョイスだったかしら。 何だかホッとした。


あとは玄関のドアの色。 初めはダークカラーをイメージしてたのに、夏の直射日光で
すぐに塗り直しになるのでダメと言われ、ライトな色が全く思いつかず悩みました。 
白はいやだ~・・・でもなるべく白に近い色にしなければならず。。

E.Door.Color内側の壁にぴったりな色は外壁の色
とはケンカする、外壁に合う色だと
内側の色とは相性悪い、この繰返し。 
何度Miter10 にテストポット(試し塗り用の小さなペイント缶)を買いに行った
ことか! 結局、ドアの表と裏、微妙に異なる色を塗ることで解決。 内側をSilk、外側をSerene。 どちらも
大まかに言えばサンドベージュ。 
この方角だと玄関にサンディーな色は良いようです(風水説から)。

Door inside   Door outside
少しの濃淡の差はあるにせよ、表と裏の色はほぼ一緒なんです。 画像で見ると、
太陽光の強さと周りの壁の色の影響で、全く違う色みたい。
内側だけもう一回塗るので、まだグリーンのマスキングテープそのままです。

**********************************************************************************

10月、最終水道工事が終了、シンク周りや洗面台にタイルが施されました。 

Tile plan

  タイルを貼る位置やサイズ、
  希望を絵にしてみたけど
  どうかしら。

  ダークグレーなので、
  多すぎると暗い感じになるかも?


Tile work Tile work-2

Tile work-3  

  結果は、白いキッチンが引き締まって
  良い感じになりました。 ライトをつけると
  周りのステンレスやハーブのグリーンが
  良く映える!

  


いよいよ入居して、今はこんな感じになってます
Kitchen done-L


タイミングよく日本の友人から荷物が届きました。 たくさんの日本の美味しいものと、
お風呂用グッズ、嬉しい~
Yu-noren  J.style.bathroom


この帰宅引越し、嬉しい気持ちでテンションは高いのに、体は疲れきっていて、
しばらくは段ボール箱が積まれたままで生活、まだ家の中でキャンプ状態(汗)
あとは、洗面台上のミラー、キッチンの一部になる長いシェルフ、ブラインド&カーテン
待ち、もう少しです。 徐々に片付くころには、きっと我が家の宿のホームページも
公開できるかと思います。  皆さま是非遊びに来てくださいね。