Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Japanese sweet "Daifuku" of autumn fruits  秋のフルーツ大福

Autumn fruits began to be seen in the market.
An idea of Daifuku (a kind of Japanese sweets of "Mochi" rice cake) using
the fresh grape has hit on my head for the next cooking classes.  
At beside the grapes, I found packets of Kiwi-berry which was the new fruit
for me, and purchased it for the first time.

秋の果物がぼちぼち出回りはじめました。
フェイジョアとかブドウとか・・・ 

次の料理教室用に何か秋らしい和菓子を、と思いついたのが、
ジューシーなブドウを使った大福。 
ブドウを買いに行ったら、隣にキウィベリーが並んでいました。 
名前は聞いたことあったけど、初めて目にする果物。 早速購入。

Kiwi-berry/18  Kiwi-berry-1

Kiwi-berry-2
  With the size that is about the same as
  the grape, the inside looks just like kiwi fruit.
  It is totally a miniature kiwi fruit!
  Should become another good version
  of Daifuku-mochi.

  ブドウとほぼ同じくらいの大きさで
  切ってみると中はキウイフルーツそっくり! 
  まるでミニチュア版です。 
  よし、これも大福にしてみよう。



果物の色合いを考えると、小豆餡より白餡を使いたいけど、
白餡、こちらでは手に入らない。 手作りするにも白いんげん豆が見つからない・・・
それで、餡を使わず求肥だけで包むことにしました。
(餡を入れなくても、大福と言うのだろうか・・・?)

RECIPE ********************************************************

50g  glutinous flour  白玉粉 
60g  sugar        シュガー
70ml water        水

cornstarch         片栗粉
(as a dusting agent to handle the dough easily)

1)  Mix glutinous flour, sugar, and water well.
2)  Cook it in MW for 1-min and mix with spatula which was wetted with water.
3)  Cook it in MW for 30-sec and mix with wetted spatula, repeat it again.
4)  When the dough became very sticky and got glossy looks,
   transfer the lump of rice cake on the flat surface which was dusted with
   cornstarch. Cover with more cornstarch and let it cool down.
5)  Divide it into 10 equal portions. Flatten it thinly and wrap fruit individually.
   Make sure to close the joint parts with glueing each other, to cover the fruit.
6)  Put some extra sugar on the surface to finish with crunchy texture.

白玉粉・シュガー・水を良く混ぜて、電子レンジで、途中様子を見ながら加熱していく
だけ。 (1分加熱、混ぜて30秒、また混ぜて30秒・・・という感じ)
片栗粉を少量まぶして冷まし、十等分にしてフルーツを包む。
*****************************************************************************

Fruits-mochi
Simply with this, it became a small Japanese mochi sweet "Daifuku".

たったこれだけで、
旬の果物と求肥の小さな和菓子になりました。 
出来上がりにシュガーをタップリまぶすと、
シャリっとした食感に。


With fresh juice from the fruit
        and gentle sweetness of mochi,
it is like a nice palate freshener.

Aut.Wagashi  

  If "Anko" (sweet bean paste) is
  contained inside, it will be taste like
  the traditional "Daifuku" more.

  食後のデザートというよりは・・・
  優しい甘さの求肥と
  フルーツのフレッシュ感が、お口直し的。

  練きりで包んでも美味しそう
  あ、でも白餡がないんだっけ~

  ブドウとキウィベリーのひと口大福、
  コロンと白い頭巾をかぶった赤ちゃん
  みたいでかわいいのです!

The looks are so cute, like babies wearing white hoodie!


Umeboshi cooking!  梅干クッキング~2018~

Wow, it's March already! Time flies quickly!
My seasonal work of Umeboshi making was done in last month.

13/02/18-L
あっという間に3月、空気が秋っぽくなってきました。 

13/02/18-1  13/02/18-3

先月快晴の空の下、干した梅干し。 こちらの乾燥度と日差しの強さから
2日だけ、両日とも3~4時間ほど。

13/02/18-2
  The pickled ume were aired under the sun
  in the clear sky for several hours each for
  a couple of days, then bottled.
  It seems to be so delicious!
  Now those are in stock in my pantry.

  Ume.Jar




 

  こんなに美味しそうになって
  我が家のパントリーに並びました。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Not only eating with rice as traditional eating way in Japan,
but also the Umeboshi can be used as condiment for dishes.

UME & HONEY PASTE : After taking the pit out, chop the umeboshi and
make it a paste, then add a little bit of honey, mirin, and soy sauce. Mix well.

炊きたてごはんの上にのせるだけでなく、料理にも活用してます。
梅ハニーだれは作り置きしておくと便利。
たたいた梅肉に、ハニー・みりん・しょうゆを少量ずつ加えてよく煉ります。 

Sasami-yakitori-ume Tsukune-ume  
For Yakitori  ささみの焼き鳥に     For Tsukune (meat balls)  鶏つくね


Ume-chicken-katsu

  For Chicken Katsu
  This is one of the cooking class menu
  this month. Don't miss it!

  チキンカツに。 
  今月の料理教室でご紹介します。





Ume-chawanmushi



Umeboshi savoury egg custard
     with an-kake sauce:

I sometimes serve it to my guests.
Nice and gentle taste as one of
the breakfast menu..

        梅干し茶碗蒸し: 
B&Bの朝食に時々登場、大好評の一品です。
優しい味のあんをかけて。




Oiled sardines rice with Umeboshi :
Mix with daikon and bits of fresh ginger, sardines and rice were cooked gently in dashi broth. Drops of olive oil was a finishing touch. Choice of the toppings such as lemon wedges/thinly sliced spring onion/chopped shiso-leaves on the table are great, then Umeboshi. Try a tiny amount of the soft pulp of Umeboshi together with the rice. Characteristics of each ingredients work well and delicious in the mouth. 
We can take great nutrients of DHA/EPA/Culcium/Vitamins from the sardines into our body, which is the bonus!
Condiments   Sardine-riceL

オイルサーディンの炊込みごはん: 
梅干と共に、薬味をたっぷり用意して・・・
生姜や大根も一緒に炊き込み、上がりにオリーブオイルを回しかけ、刻みネギを
トッピングしたら、レモンを絞るも良し、梅干を丸ごとのっけてつぶしながら食べると
最高に美味しいのです。 ここでは青魚が乏しいのでサーディンは缶詰利用ですが、
手軽に丸ごとDHA・EPAもカルシウムやビタミン類も摂れて身体がじんわり喜ぶ一品に
なりました。 是非お試しを!
焼酎はもちろん、キリッとしたシャルドネなんかにも合います。

Wonderful matching the sardines rice with Chardonnay,
             of course with Shochu (a Japanese distilled liquor) as well.


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

今年の梅干しも良いでき具合。 最後の決め手はやっぱり太陽の光ですね。
自然の恵みに感謝・・・

Sunset/Umeboshi

The last decisive factor of the Umeboshi taste was sun light.  
I feel the blessing...



Nectarine ice cream dessert ネクタリンとクリームチーズ・アイス

Stone fruits are delicious in February here. Local products of apricot, plum, nectarine and peach are now in season. So juicy!  I'm enjoying the taste sufficiently. 
The fruits may also be delicious as a dessert. What do you think about cream-
cheese ice cream with grilled nectarine?

夏も終わりに近づくこの時期はストーン・フルーツがとっても美味しい! 地元産の
アプリコット、プラム、ネクタリン、ピーチはまさしく今が旬。 ジューシーなフルーツは
そのままで十分に美味しいけど、手を加えておしゃれなデザートにしてもいいかも。
先日クリームチーズのアイスクリームを作ったときに思いついたのが、グリルした
ネクタリンとのコンビネーション。


RECIPE *******************************************************************

Cream cheese ice cream  クリームチーズ・アイス 

Ingredients:
  2 eggs (separate into white & yolk)   卵2個 (卵白と卵黄に分ける)
  200ml  fresh cream           生クリーム
  200g  cream cheese          クリームチーズ
  120g  caster sugar           カスターシュガー(製菓用のきめの細かい砂糖)

**Prepare eggs as fresh as possible for this recipe which those won't be cooked.
   卵は加熱しないレシピなので、新鮮なものを用意してください。


**The process is similar to the Matcha ice cream which I posted the other day.
   前回の記事の抹茶アイスの要領で簡単にできます。 
    抹茶のほろ苦さと、今回のクリームチーズの酸味&脂肪分の違いにより、
    生クリームとシュガーの分量は少し変えていますが、作り方はだいたい同じ。



  1) While beating the white, add sugar (the half of 120g) gradually
    to make glossy meringue.
    卵白を泡立て、途中から上記分量の約半分のシュガーを少しずつ加えて、
    つやのあるメレンゲにする。


  2) Beat the fresh cream in a different bowl.
    (The beater which was used for meringue can be used here
                                 without wash.)
    別のボウルで生クリームを泡立てる。
    (この順番なら、メレンゲのビーターが洗わずにそのまま使えます)


  3) Mix cream cheese and remaining sugar well.
    クリームチーズに残り半分のシュガーを加えて煉る。 
    (シュガーが溶け始めると、その水分ですぐにクリームチーズが柔らかくなるので、
                      予めクリームチーズを温めることはしていません。)


  4) Mix all one by one: sweetened cream cheese + yolks
                    + whipped cream (mix gently)
                   + meringue (don't break the babbles)
    ここに卵黄、泡立てたクリーム、メレンゲの順で、泡を潰さないように
                                    優しく混ぜていく。


  5) Transfer it to container (1-litter), and put into freezer for half day or overnight.
    1Lの容器に入れてフリーザーへ、翌日には美味しいクリームチーズ・アイス完成



Grilled Nectarine グリルド・ネクタリン 

F.Necterine  Cut nectarine into lengthwise half
  and remove the stone.

  ネクタリンを縦半分に切って種を取る。
  (完熟だと種を取るときに実がつぶれやすい
                     ので注意)



  N&B.S.






Put brown sugar on the surface of the cut.

切り口にブラウンシュガーをたっぷりつける。
(シュガーをお皿に出しておいて、ネクタリンの
切り口をシュガーに押し付けるといいです)




GdNecterine

  Grill for 5 min with 200~220℃.
  Brown sugar was burned moderately
  and becomes like caramel.
  Also the sweetness of the fruits is condensed.

  オーブンのグリル機能(200~220℃)で
  5分くらい焼く。 (ブラウンシュガーがほどよく
  焦げてカラメル状態になり、フルーツの甘みも
  凝縮されます)







After it cools, serve with cream cheese ice cream.
Necterine&ice-3

   ~ Itadakimasu ~

     いただきます 

  Scattered almond slices,
  nice crispiness and it was
  matched with the ice cream well.
  I found a little amount of
  nectarine juice which was
  remaining on the oven tray,
  It became beautiful display
  on the plate.  Honey or
  maple syrup may be nice, too.




冷めたら、クリームチーズ・アイスと一緒に盛り付け。 散らしたアーモンド・スライスが
アイスに歯ざわり良く馴染みます。 グリルしたときにオーブン・トレイに残った少量の
ネクタリン・ジュースを周りに飾ってみました。 ハニーやメープルシロップも良さそう。
チーズアイスとフルーツの組合せ、是非お試しを。
 
Try the combination of cream cheese ice cream and seasonal fruits! 



Homemade Green-tea ice cream 我が家の抹茶アイス

The heat wave passed and is enjoying comfortable summer finally.
Homemade ice cream, sounds good for afternoon sweets.
This is a easy recipe that whipped cream and glossy meringue make it fluffy
and smoothy, without use of ice cream maker.

一時期の猛暑は過ぎ去り、ようやく例年通りのさわやかな夏の気候になりました。
夏の日の冷んやりおやつは、自家製アイス。 泡立てた生クリームとメレンゲの力で、
ふんわり美味しい! アイスクリームマシーンがなくても簡単にできます。

今日は抹茶アイス: 
抹茶がポイントですが、そのグレードはピンきり。 本来の茶道用抹茶は上質なほど
色鮮やかで、苦味はほとんどなく、深い味わいが魅力ですが、それなりに高価。 
以前こちらで購入した料理用は安いですが、色がくすんでいて苦味が強い(茶道には
使えませんでした)。 最近その中間くらいのちょうど良いものを日本から入手!

Various Matcha   Matcha (green tea powder) is the most
  important ingredient to make the green tea ice-
  cream, and its grade is various.  
  Higher grade one for the Tea Ceremony has vivid
  green color and brilliant taste, it's expensive
  though.  Lower grade one is cheaper but
  some of them are not enough for the taste and
  color. I usually choose the middle grade for
  making sweets, which is good enough for the
  cooking/sweets quality and is reasonable cost.

  Md-grade Matcha-1



~お稽古用抹茶~ 茶道用としてはランク
は下がりますが、ちゃんとお茶も点てられるし
料理・製菓に使うなら申し分ないグレード。 
お値段も手頃なので惜しみなく使えます。
抹茶があれば、あとは身近な材料のみ!



Ingredients:
** 2 eggs (separate into white & yolk)   卵2個 (卵白と卵黄に分ける)
** 250ml fresh cream            生クリーム
** 130g  caster sugar           カスターシュガー(製菓用のきめの細かい砂糖)
** 2 Table spoon  Matcha         抹茶 大さじ2
** 3 Table spoon  hot water        熱湯 大さじ3


Meringue

   1) While beating the white,
     add sugar (the half of 130g) gradually
     to make glossy meringue.

   卵白を泡立て、途中から上記のうちの約半分の
   シュガーを少しずつ加えて、つやのあるメレンゲ
   にする



Whip-cream



2) Beat the fresh cream in a different bowl.
  (The beater which was used for meringue
  can be used here without wash.)

  別のボウルで生クリームを泡立てる
  (この順番なら、メレンゲのビーターが
  洗わずにそのまま使えます)





Matcha-mitsu


  3) Matcha syrup:
    Mix Matcha powder and hot water well,
    then add the remaining sugar. Mix well.

    抹茶蜜:
    抹茶を熱湯で溶き、
    残り半分のシュガーを加えて煉る

   




               (Mix these one by one from the left:左から順番に混ぜていく)
Mix one/one


4) Mix Matcha syrup and yolk.

抹茶蜜と卵黄を合わせて混ぜる







Mix one/one-1

  5) Mix it with whipped cream gently.
  6) Then mix with meringue, gently again.
    (Don't crush bubbles!)

  ここにホイップしたクリームを合わせるように、
  やさしく混ぜ込む。

  最後はメレンゲと合わせる。 
  泡をつぶさないように!



Matcha-ice in ctnr


7) Transfer it to container (1-litter),
  and put into freezer for half day
              or overnight.

  1Lの容器に入れてフリーザーへ  





翌日には、美味しいアイスクリームが完成してます!
Matcha-ice & Azuki topping

   抹茶の味がしっかり生きてる!
   トロリと小豆餡をのせて・・・


   Done!

   The real taste of Matcha lives certainly
   in the sweetness of ice cream.

   I love the topping of sweet azuki
   bean paste for this, the traditional
   combination taste.

    ~ ITADAKIMASU ~




100km marathon in the heat  猛暑の中のクレイジーマラソン

The guests who came last week were a Japanese couple who lived in Auckland.
The husband (Tatsuru) was a senior student of the same high school (Niigata, Japan) of my husband, so we enjoyed talking about their school days!
And, surprisingly he participated in the "Ultra Easy 100km marathon".
But it's not easy at all !!!  It's crazy 100km with mountain runs in the hottest weather over 35 degrees.

先週いらしたお客様は、オークランド在住の伊藤様ご夫妻。 ご主人の建(たつる)さん、ナントうちの夫の高校(新潟県の敬和学園)の2年先輩にあたる方とのことで、4泊の
ご予約をいただいてました。 事前のメールから、3日目の早朝に耐久マラソン(ナント100km、しかも平地でなく山を走るレース)に出場とのことで、午前3時スタートに間に合うよう、ここを朝2時(夜と書くべきか?)に出発するのだそう。 以下、ワナカでのスケジュールはこんなでした。


Jan. 25th (Thu) : The couple (Tatsuru & Karino) arrived, had a rent-a-car, then went out for the inspection of the course with some exercise lightly.
ちょっとしたハプニングで、クイーンズタウン空港で予定していたレンタカーが借りられず、バスにてワナカ入り。 (その後、ワナカでレンタカーを借りることに。)  到着早々に、コースの下見と軽く足慣らしとのことでお出かけ。

Jan. 26th (Fri) : The day before of the race. There was an explanatory meeting in town.
ゆっくり体力温存。 町で行われたレースの説明会に参加。 出場者への激励メッセージは・・・「がんばらないでください!」 だったそうです。 というのは、この地域全体が、この夏は既に記録的な猛暑であり、この耐久マラソンの日は、過去最高気温を更新する予報が出ていたからです。 死人が出てはたいへん!
翌早朝(午前2時)出発に備えて、建さんは明るいうちにお休みになられました。 

~~我が家の夫は、店の仕事が終わって帰宅するのが通常夜11時~12時くらい、
それから晩酌しながらの食事です。 それでこの時は、ダンナの『こんばんは』と建さん
の『おはようございます』が同時でした。 奥様のかりのさんが、建さんをスタート地点
(ラゲート)まで車で送迎。 かりのさんはご主人のスタートを見送ってから、我が家に戻り再び仮眠。

Jan.27th (Sat) : They went for Luggate at 2am, to be at the start point. At 3am, the race was started in the dark! After Karino sent her husband into the race, she came back here for another sleep. When 7 hours passed since the race was started, we went for his support together.
27日(当日)午前10時半頃になって、かりのさんのサポートに、私たちも加わって応援に駆けつけました。

C.Mth  We waited Tatsuru at
  the one of the station
  point on the Cardrona
  road, where was the
  51km spot (at the middle
  of the whole distance).

  レースの約半分の地点
  にある本部付近
  カードローナ・ロード沿い
  で建さんを待ちました。 


MthR MthR-1

MthR-2 MthR-3

MthR-4 ImgMarathon 

While seeing off runner one by one, we finally found him in the distance.
Mth-TL
  ポツリ・ポツリとランナーを見送る中、
  ようやく建さんの姿! (この時点で
  すでに山岳51kmを走っての到着)  

 Mth-T2

C.Mth-1


  He was supplied drink and food
  here. However, there was no
  banana which was important
  food.  He looked a bit
  disappointed not to get it
  which he expected


                                  ここで給水
Mth-T3

「バナナをくれ!」 
ドリンクや栄養補給のための食べ物が置いてある本部ですが・・・当然あると思っていた
バナナがない! かりのさんも、おにぎりは準備してきたものの、バナナは持ってない。 
バナナ・・・この場においてバナナがいかに重要な食べものか、初めて知った。。。

Mth-TR

  He got a quick nap
  for 5min under the tree.

  「5分寝る」と言い残し
  木陰に入り、休息






Mth-T1

Just after 5min,
he got up...

きっかり5分後に
むっくりと起き上がった建さん





Mth-T3
Photos with Karino, かりのさんと一緒に記念写真を撮って

Mth-T2

Then begun to run again.....
   建さんは後半50kmに向けて、また雄大な景色の中に小さくなってゆきました。 
      Mth-T6
We knew the uphill slope to Snow farm waits soon ahead. The temperature was 35.2 degrees, which was recorded the highest one of Wanaka anew on that day.

この先、間もなく、スノーファームへの上り坂が待ち受けています。。。気温は35.2度! 
考えただけでクラクラしてきます。 (この日、ワナカの最高気温を塗り替えました。)

夕方連絡が入り、最後の本部がある地点で終了するとのこと。 そして我が家にお戻りになりました。 お疲れ様でした。

After around 5 hours in the late afternoon, we got a contact from him that he decided to finish. That was great decision! So relieved that he was able to get back safely. Well done in such a hard condition of heat wave.



Jan.28th (Sun): Rest day! There was a prize giving at Albert town tavern.
午前中にプライズ・ギビング(表彰式)があるとのことで、アルバートタウンにお出かけ。 その後予約しておいたスポーツ・マッサージを受けて・・・

Mth-DDS  Mth-DD

Mth-DDL  夜は我が家でお疲れ様ディナー
  Mth-DDD

  Then we enjoyed dinner together.




Jan.29th (Mon) : They left Wanaka in the fresh morniing.
ワナカ滞在の目的を果たしながらも、「そういえば観光は何もしなかったね」と、
バスの出発間際に、レイクフロントの桟橋で記念撮影。 
清清しい朝、素敵なご夫婦を見送りました。
AMth-L.W.4
Thanks for the visit, will see you again.


Mth-WM
  Afterwards, an article about
  the heat wave and the marathon
  was in the newspaper.

  その後、猛暑のマラソンについては、
  新聞の記事にもなってました。
  本当に過酷だったのでしょうね。




ところで、その後の気温の下がり方がまたスゴイ! いきなり山の上に雪が降ったり!
AMth-WMtn
今は涼しいを通り越して寒さを感じるくらい。 ここ数日で一気に空気が秋になった感じのワナカです。

By the way, the change of temperature!
It is unbelievable that snow capped mountains were appeared suddenly last week, and now the feeling is autumn...