Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Pear sweet & Chestnut sweet 梨と栗のお菓子

I've bought a lot of pears from an orchard.
P.I.B.  Beautiful green, they need to be waited
  for the maturing though.

  くだもの農家さんからをたくさん買いました。 
  きれいなグリーンのがたくさん(10kgだったかな)
  大きな袋に詰められてました。


  Pears






        まだ硬くて、
  食べごろになるまで3週間以上待ったけど・・・
  美味しいデザートに変身しました。




More than 3 weeks later to become ripe, they became delicious dessert.

PTM-1  PTM-2

 PTM-4


  Pear and almond tart

  アーモンドと梨のタルト






PC-1
Compote
It was finished in pale pink as I mixed a little of red wine into white during the cooking.

梨のコンポート
白ワインに赤ワインを少量混ぜたら
うっすらピンクに仕上がりました。



  PT&PC-P

  How do I do the presentation for those...

  さて、プレゼンテーションはどうしようか・・・




PTwCh






  溶かしたチョコレートをかけたら
  ビターな味が加わって、
  見た目も味も引き締まりました。

Melted chocolate made looking better,
also the bitterness grasped the sweet
taste and settled.


PTwPC




   With sweetened sour cream mixture
   and a halved comport
   We can taste the full of seasonal pear. 

   サワークリーム風味のクリーム、
   半分にしたコンポートを添えて。

   先日いらしたお客様にも好評
   旬の梨をたっぷり味わえます。




           * * * * * * * * * * * *



Chestnuts in basket           CHESTNUT
      is one of the autumn harvest, too.

       秋といえばも欠かせません。


Shibu-kawa-ni, completion 2015






   The harvest time comes soon.
    I will make "Shibukawa-ni"
  (Japanese style marrons glaces)
       this season again.
  
渋皮煮作りは今年も作る予定。 作業は単純だけど、時間と手間がかかるので、
毎回大量に作って冷凍。 翌年までしっかり美味しく保管できます。 
冷凍庫から出せば一年中食べられるけど、やっぱり秋に楽しみたいものです。

Before that, I already tried to make my new Japanese sweets using with
frozen chestnut which was harvested last year.
It is one of preparation for "Tea Kaiseki course" cooking class which would be held in May.

今年の栗はこれから収穫時期になりますが
                      今のうちに昨年の冷凍栗で試作。
         5月はお茶懐石のクラスを開催予定なので、その主菓子として。

C.S-3

  こんな感じでどうでしょう。
  試作一回目にしては、まずまず・・・

  The first trial one
  was passable.






C.S-2




              黒文字がス~ッと入ります。
     見た目は不恰好だけど、味はいいですよ。 
             お抹茶を飲みたくなりました。

Though I need practices for making better shape,
           the taste and texture were good.
   I liked to have "Matcha" tea of tea ceremony.



                5月のクラスのご案内はもうすぐです!
         The schedule of "Tea-Kaiseki course" comes out soon!



Cool dessert, Hydrangea  涼しげなデザート


Nice and Hot !
Great weather made people and dogs jump into the lake.
On such a hot day, how would you like to have a dessert which cools you down?

暑い!
毎日晴天続きで、午後から夕方は本当に暑い!
ここまで暑いと、湖に飛び込む人もたくさん!
もちろん、我が家の犬たちも!

こんな暑い日は、目にも涼しげなデザートが食べたくなり・・・

Hydrangea-4

   The hydrangea blooms now in my garden.
   I associated it with the scene,
   and made sweets.


   Hydrangea-2






                       ちょうど、
    庭のあじさいがきれいに咲き揃ったので
                 これをヒントに・・・

Hydrangea-1










     SWEETCRYSTALHYDRANGEA
         It's a jerry dessert made from
       black currunt juice and blue curacao.
 Hydrangea-D2



 

スイートクリスタルあじさい

      ブラックカラントジュースと
ブルーキュラソーで色づけしたゼリー
      をトッピングしたデザート。

              あじさいは
日本では梅雨の風物詩ですが・・・






Hydrangea-D3
  Sponge cake and
  sweetened whipped cream cheese
  underneath.
  Dome-shaped surface makes
  this dessert seem to be it,
  and decoration with the hydrangea's
  leaf makes it wonderful.

  ゼリーの下は、
  スポンジケーキに、
  ホイップ・クリームチーズ。 
  表面がドーム状になるように盛り付けると
  それらしくなります。
  あじさいの葉を飾るとさらに素敵。

 

Hydrangea-D4




              あじさい
     ここでは真夏の風物詩

     キンキンに冷やして
         いただきま~す!


             Hydrangea,
It is a truth summer feature here

  Let's eat chilled one !



Traditional sweets for "O-higan"  お彼岸のおはぎ


One of Japanese national holiday "Shunbun-no-hi" ( = the spring day),
which is known as Vernal Equinox Day.
The day time and the night time are equal in a day in Japan.
It's today, 21st March this year.
(It's changed by the year, 20th March for some years.)

"Higan", or more commonly "O-higan" is a day linked to Buddhism,
and refers to a week around "Shunbun-no-hi" (Vernal Equinox Day)
or "Shubun-no-hi" (Autumnal Equinox Day).
So "O-higan" comes twice a year.
"Higan" literally means other shore in Japanese. During this period, people often visit their family graves/cemeteries, offer flowers and some food called "Bota-mochi" or "Ohagi",
and pay respect to their ancestors.

I think I can say this O-higan of March as "Autumnal Equinox Day" here in South,
as it's autumn.
In association to the day, I cooked the traditional sweets "Ohagi"
(rice cake covered with sweet azuki beans paste)" of my favorite.
And some fusional ones, too.

Ohagi-21/03/14-1

日本ではお彼岸の時期ですね。 子供のころ毎年父方の実家で、
天ぷらやけんちん汁と共に、大きな丸い牡丹餅を食べたことを思い出します。
お彼岸にちなんで、初挑戦。
こちらは秋だから、『牡丹餅』でなく『おはぎ』になるのかな。 
定番のつぶあんと、きなこ・黒ごま。



     Coconut-ohagi 21/03/14


   それから・・・
   変り種のココナッツおはぎ
   アジアン・スイーツでも
   おなじみのコンビですね。









このところ、気分的にちょっと疲労モードだったので、
甘いもの作って、お茶でも入れて、今日は小休止。

Tea would be ready,
it's a day of the breaks.




Hanami & Sweets class ! ~ 桜の季節のお菓子教室~

Spring season arrives!
Cherry blossoms has started to bloom in my garden, and landscaping at back yard has been started !

Sakura-1  I have sweets classes in
  September for this HANAMI
  (viewing of Sakura-cherry
  blossoms) season.
   
  あっという間に8月が終わり、
  明日から9月。 春ですね~
  我が家の桜も第一号が開花を
  始めましたよ。 数種類の異なる
  木があるので、順々に、これから
  10月中旬までたっぷりお花見が
                                               楽しめます。
今月の料理教室では、初のスウィーツ・クラスを開催します。 季節限定の桜スウィーツ、是非ご賞味あれ!


******** Sweets classes *********

One of the cooking menu : "Maccha (green tea) Tiramisu"
Using Maccha powder, we make this fluffy dessert with Japanese classical flavour.

G.T.Tiramisu-S  実習メニューのひとつは、抹茶ティラミス:

  「日本のスウィーツって何?」
  ってよく聞かれるんですが、私がすぐに想像する
  のは、あんこもの! そう、こちらの人が苦手なもの
  なんです。 それで、毎回ちょっと創作してます。
  ずっと前にこのブログに掲載した、ヨウカン・パイ
  とか、クマラ(サツマイモに近いおイモ)きんとんには
  少量のバターや生クリームを加えたり・・・。 
  今回のデザートは、逆の発想で、人気のイタリアン・
  デザートに和のテイストを入れました。
  
使うリキュールは、『和』だから日本酒を使用したこともあったけど、普通酒では
物足りない感じ・・・。やっぱり上品な吟醸香が欲しい。 吟醸酒が手に入らないときは、
ラム酒を使っても美味しいです。。。。そしてラム酒&抹茶は意外と合っているのです。

アレンジ版として、あずきと日本酒のティラミスも美味しいですよ。 
そのときは、ラム酒でなく、是非とも薫り高い吟醸酒を使ってくださいね。 
あぁ、海外では、何て贅沢なデザート!!


Another menu (demonstration) :
"Blue cheese chiffon cake"B.C.Chiffon (plate)
Introducing soft chiffon cake with rich & deep flavour of cheese. This is good with red wine or dessert wine, as well.

もう一品は、日本人・NZ人両方に好評な、
ブルーチーズ・シフォンケーキです。
一度ブログにもレシピを載せましたが、
実際に作っているところを見ていただけたら
と思って、デモンストレーションとして入れました。 是非コツをつかんでくださいね。


I decided to add this sweets : "Sakura-mochi"
Sakura-mochi  One of seasonal Japanese sweets,
  the pale pink crapes filled with Azuki-an
  & Sakura-an wrapped in pickled cherry
  leaves. I introduce the traditional one
  and the variation as well which local
  people can make them easily at home.

  桜もち: せっかくの時期ですから、これも
  実習に追加することにしました。 手に入る
                             材料・お好みのフィリングで、お手軽に!



Tea-lecture**Lecture : "Japanese tea and traditional sweets"
Talking about kinds of tea, tasting them with various
sweets of traditional and fusionaized one.

ティラミスを冷やしている間、シフォンを焼いている間、
お花見ティータイムにしましょう。 
レクチャーは「日本茶」について。 煎茶・茎茶・ほうじ茶・玉露・抹茶・・・、お好みをテースティングしながら、
和菓子も少しずつ試してみましょう。 
NZ人が楽しめるように、創作和菓子も含めて数種類
ご用意いたします。


Let's enjoy Japanese afternoon tea!

Spring sweets

BLUE CHEESE CHIFFON CAKE

~ Quiet season comes here and it's time to enjoy baking ~

One of my favorite baking recipe is "Blue cheese chiffon cake" which is a great accompaniment of red wine or dessert wine. The recipe seems complicated, but once I got the trick, it rewarded me for the luxurious taste. I enjoy the taste by myself, also enjoy to see my friends and guests' delighted faces with the taste.

ブルーチーズケーキ(ベージュバック)
 
寒くなってきて、ベーキングが楽しくなる季節。
秋・冬の夜長にもってこいのお菓子(我が家ではワインのつまみと呼びます)は、
何といっても、ブルーチーズ・シフォンケーキ。
一時期、シフォンケーキ作りに凝っていて、抹茶シフォンをはじめ、きなこ・小豆・
コーヒー・紅茶・バナナ・ミントなど、いろいろバージョンを変えて作ったのですが、
その中で、ダントツに人気なのが、ブルーチーズシフォンなんです。 
ティータイムにというより、私的には、食後の赤ワインやデザートワインとともに
楽しみたい味。 
シフォンの要領で作りますが、チーズたっぷりなので、しっとり濃厚です。 
B&Bのお客さまにも、ローカルの友達にも好評の味。


I've made this cake many times with successful condition, but also have failure experiences twice before.
This is one of it...
I used my home-made yoghurt (which is more liquidity) instead of sour cream, since aware of the shortage. I made it carefully as usual.
Just after baked up, taking it from oven, I hung it on a bottle's neck with up-side down to avoid shrinkage while it cools down.
After 2 minits....

何度も作っているので慣れているはずですが、今までには、こんな失敗も!
サワークリームを切らしていることに気づき、ヨーグルトでも代用できるだろうと軽く考えて使用。 それ以外は、いつも通りに作ってオーブンに入れ、焼き上がりを逆さに、ボトルの先端に挿して冷まし始めたら・・・・・
2分くらいたったころに、スト~ンっと見事に落っこちてしまいました。

おちた!
  What ?!?!  Fell ??!!
  Unbelievable !!!

  Oh my luxuary cake...

 うわ~まさかの大失敗~!!!
 チーズたっぷり使っているだけに、
 あぁ、もったいな~ぃ・・・・・



I have known the cause when I tasted one of the collapsed pieces.
The balance of liquidity was not good and couldn't be baked properly.
After reconsideration, I try it again a few days later.
No substitution  Exact measurement  for this delicate cake.
It was perfect this time !

一瞬落ち込みましたが、「これもブログに」と気を取り直して写真を撮り、落ちて割れたケーキの破片を食べたら、食感が重い。 外側は良い感じで焼けているのに、内部の
様子がいつもと違う。
使用したのは我が家のカスピ海ヨーグルトでしたが、確かにサワークリームより水分が
多いので、きっとバランスが崩れたのでしょう。 
デリケートなお菓子は、計量きっちりと、レシピに忠実に。
この基本を守って、後日やり直し!
このときのは、いつも通り無事完成。


前置きが長くなりましたが、
皆様からレシピ公開のご依頼を頻繁にいただくので、ここでご紹介しま~す。

I'm now showing my recipe.
***************************************************************************************
BLUE CHEESE CHIFFON CAKE

70g  cream cheese (spreadable)-at room temperature for a while
40g  caster sugar
2    egg york
100g sour cream
70g  Blue cheese

80g  self rising flour -mix with baking powder and sift in advance
2t   baking powder   

(for merengue)
3    egg white
50g  caster sugar

(Option: 30g chopped walnuts)
****************************************************************************************
1) Mix cream cheese & caster sugar in a bowl until smooth.
2) Add egg york and mix, then add sour cream and mix again.
3) Add blue cheese piecese with making crumbles by fingers. Mix roughly.

4) Making good glossy merengue with egg white and caster sugar by electric whisk.
  (sugar must be added gradually during mix.)

5) Add mix of S.R.flour & baking powder with another sifting into cheese mixture(3).
  Mix well.
6) Add 1/3 of merengue into the cheese mixture(5) and mix.
7) Add the remaining merengue, then mix carefully not to break the merengue.

8) Place the mixture into Chiffon cake tin and let some excess air out by knocking
  the tin onto the bench lightly. (Sprinkle chopped walnuts over the mixture.)

9) Bake in the middle or lower shelf in oven for 35 min at 170C.(Fan bake)
  (Place tin foil cover on top at half way if it's needed to avoid burns of the top.)

ケーキ焼き上がり

10) Make the cake up-side down and hang onto a bottle neck while it cools down. 

ケーキ逆さ  It's to avoid any shrinkage
  during the cake cools down.








11) When it cooled completely, take it off from the cake tin and cut them.

ブルーチーズケーキカット

CAUTION: Don't apply oil onto the cake tin for this way (up-side down cooling),
        or the cake may fall.
注意:シフォンの場合、ケーキ型にオイルを塗ってはいけませんよ!
    (逆さにしたとき、これまた滑って落ちてしまいますからね。)
**************************************************************************************

It's hard to explain for some parts in the recipe,
so I'm planning of Baking workshop (classes) for making sweets in this winter.
Please let me know if you are interested in it. All welcome !!!

レシピの文字だけでは、なかなか伝わりにくいのですが、
シフォンケーキは、メレンゲの状態、それを生地に混ぜ込むときの要領、この2点が
ポイント。  実際に見て、作ってみると、よくわかりますよ。
この冬、お菓子のワークショップ(教室)を企画するので、参加しませんか?
もちろん、このケーキも実習します。

****************************************************************************************


ソーヴィニョンとデザートワイン I enjoyed the peice of cake
 with...ANCHORAGE
 "Noble Chardonnay" which had
 a rich texture, aroma & flovour
 like ripe fruits.
 Comparing with crispy Sav.blanc,
 the colour is also rich like
 honey gold.

 この日、合わせたワインは・・・

アンカレッジのノーブル・シャドネー(右)、芳醇な香りと濃厚な味。
スッキリとした切れ味が特徴のソーヴィニョン・ブラン(左)と比べると、色合いもこんなに違います。



Chifon in living Noble Chardonnay,
 it matched great to
 rich cheesey taste cake,
 real blue cheese, dried figs,
 and quince sorbet (sherbet).


 こっくりとしたワインの味わいが、
 ケーキの程よい塩気と甘みに
 なじんでゆきます。
 
一緒に盛り合わせたのは、ブルーチーズ(ケーキに使用したのと同じもの)、ドライフィグ、クインス(カリン)のソルベです。



Quince It's season for quinces now.
 After making the sweet sauce,
 I devided into small container
 and freezed them to make
 quince sorbet.

 クインスは今が旬。 こちらでは
 4月~5月に出回っています。
 皮を剥いて、シュガー・レモンを
 加え、一日中ひたすら煮込みます。

鍋ごと暖炉の上においておくと翌朝にはとろりと美味しいフルーツソースができてるので、寒い日に作るといいですね。
できたソース、冷凍庫でシャーベットにしても、とても美味しいんです。 チーズとも相性
良く、我が家では食後のワインのお供に。 シーズンのときにまとめて作ってフリーザーにストックしておけば、しばらくは小出しで楽しめますよ。