Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Miraculous reunion 2018 再会とワナカの休日

~今年最高に嬉しかったこと~ 
それは、40年以上連絡を取ることがなかった小学校時代の恩師と同級生に会えたこと。 
(今回の記事、私を訪ねて来てくれた旧友のワナカ滞在中の様子を記録したものです)

3年前帰国したときに、6年生のときのクラスメートから持ちかけられた
「同窓会しよう!」の一言から始まった同級生探し。 海外にいて、卒業アルバムもないし、どうやって・・・?  試しにFacebook で検索、思いつく限りの名前を入れるも
同姓同名いっぱいで決め手がない。 40年もたっていれば顔写真があってもわからない
かもしれないし、女子は苗字が変わってる人が多いだろうし。 

困難な中、一人・二人・・・と感動の発見から、少しずつ連絡が取れるようになり・・
今年6月の帰国時に、先生と生徒6名で小さな再会を果たしました。 
ここからはクラスメート探しも一気に加速がかかり、半年後の12月の同窓会までには
クラスの約半数と連絡が取れ、そのうち出席者14名に。 今回帰国できない私はネットのビデオ通話で参加。 先生と皆んなの楽しそうな様子が画面からたっぷり伝わって
きました。

そして、昔と変わらない友人二人が、こんな遠いところまで私を訪ねてきてくれました。 師走の忙しい時期に、10日も休み取って!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

~ 再会はクイーンズタウン空港で ~ 

ドキドキで空港内に駆け込むと、飛行機はもう到着済み。 
バゲージのターンテープルの人ごみの中で、あおこ発見! 少し離れたところで、
あまこも発見! 12歳のとき以来ですから、もう懐かしさいっぱいで顔がゆるゆる!


空港を出ると、お昼時
レイク・ヘイズ近くのワイナリーレストラン Akarua Wine & Kitchen でランチタイム 
のどかな雰囲気とアルフレスコが気持ちいい
積もる話、さあ~どこから話そうか・・・
RU-3011 RU-3011-2
まずは腹ごしらえだね


ドライブ途中、昔住んでいたアロータウンに寄って町の雰囲気を味わいながら
ウィンドーショッピングを楽しんだ後は、一路ワナカの我が家へ。 


       到着!  
       RU-BBS
                B&B ささの木にようこそ!

  夜は得意のサーモン料理・ラム料理と、お勧めワインでウェルカム・ディナー

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

翌日(土曜日)は半日休みの夫も一緒に、クロムウェルへ。 

RU-0112  セントラル・オタゴのワイナリーが
  あちこちに点在する中、地元の友人
  お勧めの Dessert Heart で、
  ワイン・テースティングとランチ。

  金魚鉢みたいな大きなグラスでの
            テースティング




RU-0112-1

  シャドネー
      リーズリング
          ピノ・ノワール
      と順番にテースティング。

  リーズリングが特に美味しかった!



RU-0112-2
  遠くにヴィンヤードや
      草原の風景を見ながら

  料理が運ばれるまでのひと時
  おしゃべりが続く。。。




  D.H.platter

盛りだくさんのプラターは・・・
アジアを意識しているのか、
ワインのお供であるチーズ・ピクルス・ディップ・
キッシュ・マリネードミートなどに加えて、
ダンプリング(シュウマイもどき)や香草の効いた
シュリンプ・カクテルものってました。


RU-0112-3
この日、ドライバーの夫は、初めてアルコールゼロのビールを飲み
               「やっぱりダメだな・・・」と渋い顔でつぶやいていました。 
       運転ありがとう、私たちだけワイン楽しんですみません。。。


RU-0112-4


   目の前に広がるブドウ畑




   この小さな実が
   秋には立派なブドウに成長し
   収穫後は美味しいワインになります
RU-0112-5L


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

日曜日は4人でロブロイ氷河トレッキングへ。 
RRT
スタート地点、地図でコースをおおまかに確認。

RRT-2  

  牛のフンなど踏みながら、
       牧草地をテクテク
  おしゃべり楽しく
    ゆるやかに歩きましたが、

  吊り橋を渡った先は・・・



RRT-1  





      ずっと登りになります




RRT-3

途中渓流の水の音に癒され、また登ります
RU-RobroyRiver

あおこが「懐かしいでしょ~」って日本から持ってきてくれたカンロ飴
持ってて良かった! 登りでヘトヘトの身体に嬉しいエナジー補給。 

RU-RobroyGLL

RRT-6


突然、目の前に現れた
氷河の壮大な景色に見とれて・・・

このあと、歩を進めるごとに
氷河が近くなってきます。




マウント・アスパイリング国立公園の宝石とも言われている、ロブロイ氷河。
RU-RobroyGL
  温暖化に
  伴って
  毎年少しずつ
  後退してます
 
  この日も、
  ドド~ン
  すごい音が
     して、
  氷河の端っこ
  が谷底へ
  落ちて
  いきました。

大きな空と氷河と渓谷を前に
              持参したおにぎりとマフィンでランチ



RU-0212Sh
             帰り道は、あちこちで羊のお出迎え。
                       RU-0212Sh-1

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

月曜日: 午前中はゆっくり過ごしました(前日の筋肉痛はまだないみたい・・・)

午後から乗馬トレッキングへ。 心配していた天気、予報がはずれて良かった!
RU-HT

RU-HTH 



 あまこが乗った馬、Hero は大きめ、
        背が高い!



RU-HTP


  あおこが乗った馬はPaddy 
  ヘイ・フィーバー(花粉症)で涙目
  馬も花粉症になるんですね。 
  ここはヘイという牧草がいっぱい 
  くしゃみ連発、つらそう!


RU-HTC




      私が乗ったのはChilli 
普段娘が習っている乗馬教室で
    彼女が乗ってる馬でした




馬の操り方を教えてもらって、いざ出発。 
Riding in Rippon forest
                     ガイドのRoxie を先頭に一列になって、林の中へ

Rippon HR-RU




ゆるやかに丘を下り、

リッポンのブドウ畑の中へ





RU-RipponW

  2時間弱のトレッキングのあとは、
  丘の上のテースティング・ルームで
  ワイン・テースティング。






         RU-RipponS1

 眼下にこんな美しい景色がひろがっている、リッポン・ワイナリー。 
              馬の背に揺られて、『世界一美しいブドウ畑』を堪能しました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

ところで、お土産品として人気のマヌカ・ハニー。 どんなもの?
まずは我が家にあるマヌカ・ハニーをテースティング。 
RU-MH  RU-MH1
色は褐色、トロリとした甘みの中に深いコクがあって美味しい

Manuka tree

  このManuka tree に咲く花の蜜なんです。 
  サンプルにと、ひと枝をフラットメイトが
  持ち帰ってきてくれました。

  一口にマヌカ・ハニーと言ってもピンきり。 
  抗菌作用があるとは知られていますが、
  その活性力(UMFやMGO数値)により、
  風味、そしてお値段も異なります。 
  $13くらいから$300近くするものまで!
  薬局やお土産店においてある高級品は
  なかなか普段使いにはできないなあ


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

火曜日: 現在神奈川県で保育園の園長をしているあまこのリクエストで、
                                地元のプリスクール見学。 

我が娘も昔ここでお世話になったので、なじみの場所。
ヘッドティーチャー(園長先生)にお話を聞きながら、園内を案内していただきました。
ちょうどモーニング・ティーの時間で、子供たちが先生と一緒にデープルを囲んで楽しそうに団欒。 食育の時間でもありますね。 キッチンでは給食作りの方が忙しそうにランチ
の準備。 屋外の設備や遊具はいろいろ参考になったみたい。 雨上がりの庭で元気いっぱい動きまわる子供たちの姿が印象的でした。

         * * * * * * * * * * * * * *

RULF 

その後、
ラベンダーファームへ。 

タウンから車で10分ほど、
のどかなカントリーサイドに
たたずんでいます。





RULF-FL

  フレンチ・ラベンダーにたくさんのミツバチ!
  盛んに蜜を集めてる、働き者だね


  RULF-TT







    ラベンダーアイスクリームと
  ラベンダーティーでティータイム


RU-LFBldg
  建物の中で、ハチミツのテースティング
  香りの良さではラベンダーハニーがダントツ!

  RU-LFHoney

     RU-LFG    RU-FLG1
     他にもラベンダーグッズがたくさん。 アロマオイルやスキンケア用品などなど。。

       RULF-ASL

  RUELv     RUFLv


夜は私の料理教室に参加。 
和気あいあい。 お手伝いありがとう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

水曜日: ワナカからクイーンズタウンへ移動。 途中でお土産ショッピング。 

RU-Shwd
  最後の夜は
  クイーンズタウン泊
  街と空港の中間くらいにある
  Sherwood というホテルに
  3人で泊まりました。 

  RU-shwdI

RU-ShwdB

  インテリア・アメニティー
  グッズ・ブランケットなど
  こだわりを感じるしつらえ。 

  トリプル・ルームの設定がなく
  キッチン付きファミリー向けの
  部屋になりました。
  


RU-SVG RU-SVG1

独自の畑で取れた新鮮な野菜を使った料理とのことで、ディナー前に畑を散策。 


RU-SDG
  ダイニング・レストランで。 
  オーダーしてから料理を待っている間に
  ちょっとうろうろ・・・



RU-SDV








オープンキッチンで、撮影してもいいかな~? 
とカメラを構えたら、シェフが、でき立てのベニソン(鹿肉)料理を差し出して、撮っていいよとのこと 
わあ~感激。 エディブル・フラワーがきれいな
アクセント!

RU-SDChef

  忙しく動きながらも、こだわりのフレーバー
  オイルを見せて説明してくれたり、
  ガーナード料理が出来上がると、
  「あなたのテーブルのメインができたよ」と、
  これも撮影させてもらいました。 

  RU-SDG  







   本日の魚料理: ガーナードのパンフライ、
                   ガーデンサラダ


RU-SDB
  


  ビーフ・フィレステーキ、ペスト、水菜添え
 

     RU-SDBR









テーブルに戻って、早速3人でワイン片手に舌鼓。 




部屋に戻ってハーブティー・タイム。
翌朝は早朝便に備えてホテルを5時に出発することに。 4時半起床かあ・・・
時計を気にしながらも、最後の夜のおしゃべりは遅くまで続きました。 

次回のクラス会は箱根という案。 修学旅行で行った大涌谷で写真撮ろう! 
   RU-S51
      それまでに、あと一人でも二人でも見つかるといいね~

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

木曜日: 早めにホテルを出たので、空港で1時間近く余裕あり! 
朝 5:30、カフェのモーニング・コーヒーでお別れを惜しみました。 

RU-LD





   またね、6月のクラス会でね







二人の姿はゲートの奥へ

寂しい気持ちを埋めるがごとく、ワナカへの帰り道、たくさん買物しちゃいました。
衝動買いではなく、クリスマス・ショッピングということでね



スポンサーサイト

Japanese tea ceremony experience  お茶体験


Tea-experience-1
We had Japanese women here, as our B&B guests, who were well experienced of
Japanese tea ceremony. After the breakfast, they gave us a chance of the experience.

They demonstrated how to do it with tea utensils and tools, Matcha (green tea powder),
and Japenese sweets for the ceremony which were all brought from Japan.

先月お泊りにいらした女性5名のお客様。 お茶の経験豊富な方々ということで・・・
朝食後に、お茶をたてていただきました。


Tea-experience-3
  Tea-experience-2
  実は、我が家3人ともお茶は初めて。


Tea-experience-4  Chasen-2
  Tea-experience-5

  あわてて朝寝坊のレノンを起こしてきて・・・
  (パジャマのままで大変失礼しました)
  お作法など、教えていただきながら、
  初のお茶体験。


  Tea-experience-8




First experience for my family.
I woke up Renon in a hurry and let her participate.
Excuse her in pajamas.



Tea-experience-10  Tea-experience-6
Tea-experience-7

  Tea-experience-9   



 
Sweets for tea-1  Other than the pretty persimmon sweets,
  we got small eggplant sweets as a gift from them.

  かわいい柿のお茶菓子の他に、
  小茄子のお菓子もお土産にいただきました。
  『初なすび』: 山形県鶴岡市の大松屋本家
  (昭和天皇謙譲御採納品と書かれてます)



  M.group



   Thank you for the wonderful opportunity.
We are looking forward to seeing you next time.

    皆様、この度はこのような機会をつくって
        くださって、ありがとうございました。


********************************************************************************************

A week later, I suddenly remembered that I had got "Cha-sen" (one of tea utensils,
whipper made by bamboo) from my Japanese friend 15-years ago. There must be somewhere....

数日後・・・そうだ、栄子ちゃん(うちの店の初代スタッフ)から15年前にいただいた茶筅が
どこかにしまってあったはず・・・
Chasen
  Here it is !!
  あった、あった!



     I found this one, too, in the back.
     A black tea pot which looks like
       a special iron-made one.
    B.Tea-pot  
                       ついでに、コレも奥のほうから発見。
                   2~3年前に、こっちで衝動買いした鉄瓶のような土瓶。  
                  とうとう出番がきた! 見た目が何とも、お茶っぽくてイイ。


            Then, I try to make tea by myself !
         必要なものが揃ったところで、お茶をたててみよう!


Tea-strainer  While the cup and Cha-sen were warmed up
  by hot water, I sifted Matcha (green tea powder)
  to avoid lumps.

  抹茶は初めに茶漉しでふるっておくと
  ダマになりにくいとのことで、
  茶筅とボウルをお湯で温めている間に、
  やっておきます。

        Awesome combination with the sweet
   (dried eggplant sweet which I got from the ladies)
   Tea & Sweet-1
                         先日いただいた『初なすび』をお茶菓子に。
                          驚いた! 中身はちゃんと茄子なのに、
                             甘くて美味しいお菓子になってる!



Sweet-Unryu
  こちらは、留学生のじゅりちゃんからの
  お土産、京菓子『雲龍』


  Tea & Sweet-2





     上品な小豆の味とそぼろ仕立ての食感が
            渦巻きになって、まさに雲龍。
          この甘さ加減が抹茶とよく合う・・・

          Another beautiful sweet made from
                 sweetened azuki beans.
      I got it from Julie as a souvenir from Japan.
       Azuki & Matcha, royal road combination !


 

Taneya-sweet-2  後日、
  こちらのお菓子は、先週いらした知人からのお土産、
  たねやの『栗月下』

  Kurigekka







        And, one more sweets made from chestnut.
            I felt the deepness of 100% chestnut.
                       Pure and delicious !


Tasted it with "Fukamushi-cha" (deep steamed green tea),
                                 as my friend Fusako's recommendation.
Kurigekka&FMT
  「是非このお茶と一緒に」
  と深蒸し茶もいただきましたので・・・
  まずはお勧め通りに。
  
  ホクホクの甘い栗をそのまま食べているかの
  ような、純粋な味わい。 深蒸し茶にぴったり。
  
 
           Then tasted it again with Matcha this time.
           I think it was better with the Fukamushi-cha
                           than with Matcha,
           for this mild sweetness and for this texture.
     Kurigekka>-2


      その後、抹茶でたてたお茶にて、もう一度・・・
   素朴な味のこのお菓子、この食感には、抹茶よりも
    お勧めの深蒸し茶がより引き立つ感じがしました。


          お茶とお菓子の組合せ、奥が深いです。
    ワインと料理のマッチングみたいで、はまりそう!




The combination of tea and sweet is profound !
It's like the matching of wine and cuisine.
Well...getting some more utensils in Japan, I would like to enjoy tea ceremony often here.

今度の帰国中に、お茶道具を見にいってみよう! カフェオレ・ボウルでなくて、
ちゃんとした御茶碗がほしいなぁ、合羽橋に行けばあるかなぁ
道具を揃えたら、ワナカでも素敵なお茶会ができそう!


Antique piano

For wine lovers,
I often make a blue cheese chiffon cake which has rich texture
of tasty NZ bluecheese.
Here they were!!
This couple loved NZ wine, and enjoyed it with each course of dinner.
Before dessert, I served some pieces of the blue cheese cake for them.
It was another good matching !!

ワインのお好きなカップルがいらっしゃいました。
我家のワインセラーから、2本は選んでおきましたが、さらに1本・・・。
メインディッシュも終わり、そろそろデザート?と思いきや、次のワインに突入。
・・・で、甘いデザートの前に、小休止でお出ししたのは、
ブルーチーズのシフォンケーキ。
適度な塩気と甘みほんのり、こっくりとした食感で、ちょうど良いワインのおつまみ。


Blue cheese chiffon cake, served with real blue cheese,
dried fruits, & home-made quince sorbet.
cheese.jpg


ご主人がワインをお楽しみ中、
ピアノの先生でいらっしゃる奥様の思いがけずの素晴らしい演奏を耳にしました。

After a while, the wife who was piano tutor in Japan showed us a beautiful piano performance here. She enjoyed the sounds itself of my old piano.


Collard & Collard London (1905): has a great rich tone
antique_piano.jpg


我家のピアノは、1905年製造(107歳!)のアンティーク・ピアノで、
燭台のついていた跡が残っています。
調律師の薦めで、そろそろ買い替えも考えていたところでしたが、
奥様から「古いピアノならではの深みのある素敵な音色ですね」と褒められて、
「もうしばらく、このピアノと共に」と心に決めました。
次回いらっしゃったときには、是非レッスンをお願いします。

Well done my piano for 107-years !