Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

10th Anniversary  料理教室10周年

Hi cooking mates, I have done Japanese cooking class for 10 years, since November 2011.  I'm looking back these years so far.
Local people who participated, people who came with friends/family/relatives, people from distant place and overseas, I thanks all of you. Without these support and bookings, I couldn't continue it.
If you got a little hint of Japanese cooking from the lesson and take it in your home cooking, it's my most gladness.

2011年11月にスタートした和食の料理教室、月ごとに調理メニューを変えながら10年、今までよく続けられたなあとしみじみです。
プレッシャーに眠れない日が続いたこと、集客に苦労したこと、レッスンがうまくいかず後悔に打ちひしがれた夜とか、いろいろありましたが。。。 回数を重ねて次第にスムーズにいくようになり、そして教室のスタイルもできてきました。 何年も前から頻繁に来てくださる地元の方々、前回楽しかったから親戚連れて来たって大人数で予約していただいたり、遠方から予定を組んでいらしてくださった方々、南島だけでなく北島からも、またコロナ前までは毎年オーストラリアとニューカレドニアからも常連さんがいらっしゃいました。 参加してくださった皆さんのサポートなしには、ここまで続かなかったでしょう。

********************************************************

I tried some special event too in this year, other than regular classes.
10年めの今年は、レギュラーの教室の他に、イベントも試みました。

MARCH : Tea Ceremony workshop at Revology
3月、街中のティーハウスで茶道を紹介するワークショップ
TC workshop 170321 TCworkshop 170321-2
japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

*********************************************************

SEPTEMBER & OCTOBER : Sake night with "Zenkuro"
9月&10月、クイーンズタウン酒造の全黒とのコラボ・イベント「酒&和食ナイト」
Sake event 21/10/21
SEP: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-281.html
OCT: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

*********************************************************

OCTOBER : Sakura-blossom pickles making & the sweets
10月、八重桜の季節に、花の塩漬けワークショップ
SakuraWS 131021 Sakura-zuke-factory
japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

*********************************************************

NOVEMBER : Daifuku-mochi sweets workshop at KOKORO(Japanese culture class in Wanaka)
11月初夏、イチゴのシーズンに、地元のカルチャークラスで、和菓子の講師として「イチゴ大福&草大福」をご紹介
DaifukuWS-2

S-Daifuku Kusa-Daifuku

*********************************************************

As my new field, my seasonal recipe has been started to be published bimonthly in "Gekkan NZ" (Japanese monthly magazine in NZ)
そして、新しい分野になりますが、日本語の月刊情報誌 『Gekkan NZ』 で担当ページをいただき、隔月でレシピを紹介することになりました。

OCTOBER ISSUE  
10月号:桜の花漬けと桜もち
GNZ10/21

NOVEMBER ISSUE
11月号:にんじん葉を使って若草焼き
GN11/21

The next one will be put on January 2022!
次回は1月号に掲載されます。お楽しみに!

********************************************************
I suddenly remembered the other day, when I talked to one of my cooking mate that "I want to introduce Japanese food culture, respectful customs, dish and sweets with full of seasonal sense here".  I surely said the same words many years ago.
It was in 1998, at the IELTS English exam venue in Dunedin.  I answered it, to the question "What would you like to do or plan when you got the permanent residency?" of the interview officer.
I didn't change, even if 23 years passed!
That means, surely this is my essence.
I have been excited about the food and scenery in the opposite seasons of New Zealand. Adding extract of Japanese mind and culture to beloved NZ local ingredients, I want to continue to introduce a wonderful food scene on the table.

先日あることがきっかけで、地元の知人に「私は日本の文化や風習を、季節感あふれる料理やお菓子をここで紹介したいのだ」とお話しする機会がありました。 そのときに、ずいぶん前にも同じことを言った自分をふと思い出したのです。 それは1998年に、永住権申請のためにダニーデンで IELTS を受験した際、スピーキング(インタヴュー)で面接官に言ったことでした。 23年たっても変わってないんだわ。 ということは、きっとこれが私の本質・魂レベルでやりたいことなのだ。 少し変化したのは、そのままを紹介するだけでなく、この土地の産物に自分なりのエッセンスを加えるということ。 

年末、新しいダイアリーを広げて、来年を想像してみる。
また一歩、ワクワクしながら進めますように。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

I'm looking forward to having lessons in 2022.
~ Happy New Year to you all ~


Okonomi-yaki cooking お好み焼き教室

Okonomi-yaki (Japanese savory pancake) classes in July & August!
We did 2 different type, one is basic KANSAI style which is the most popular
one, and another is HIROSHIMA style with noodles in the layer.
We used pork ribeye extra thin slices at the class, but other thin sliced meat
can be used too.

Okonomi-HP  前々からリクエストのあったお好み焼き教室、
  7月下旬から(延期回合わせて)数日前
  まで開催しました。 
  一般的に親しまれている関西風と、
  麺を加えて層にしていく広島風。
  山芋はこちらでは手に入らないので、
  Agria potato で代用、少量をすりおろして
  加えるとモチモチ、生地の味にも深みが加わり
  美味しいです~
  使ったお肉はPork ribeye、適度に脂を
  含んでいて薄切りでもイケる! お肉屋さんに
  Extra thin slice と頼んでおきました。 
  シュニッツェルよりは薄く、シャブシャブ用ほど
  薄くはなく、お好み焼きや生姜焼きにピッタリ!
ポークの他には大きめのエビを準備。 お好みで他のお肉やシーフード、いろいろトライしてみてね。


HIROSHIMA style Okonomi-yaki 広島風お好み焼き***********

Hiroshima-s Hiroshima-s1 Hiroshima-s2
広島風は材料を順に焼きながら重ねて層にしていきますが、頭の中がこんがらがる
かもしれないので、わかりやすいように図にしました。 
広島出身の皆さま、下記のような感じで大丈夫でしょうか。

It is made from layer of ingredients one by one sequentially,
while something is cooked beside.
I did it in the figure as you might get tangled.
Here is the order to cook as follows. 
         
1) Put a pile of shredded cabbage, cook (先にキャベツを焼く)   cabbage  

2) On the other side,
  Pour the batter to make thin crape (隣に生地を流す)   crape  cabbage  
 
                                            meat  
3) Put the cooked cabbage on the crape (焼いたキャベツをのせ) cabbage 
  Cover it with slices of pork meat on the top.(その上に肉)     crape       
                                 

4) FLIP the united one OVER!  (ひっくり返す)            crape
  (Now meat is cooked and cabbage is steamed          cabbage
          under the crape at this stage)              meat    

5) On the other side, fry the cooked noodles                crape
  (taste with S&P, and sauce).                        cabbage
  (横で麺を炒める・味付けも)                 noodles   meat   

  Transfer the united one on the noodles.          crape    
   (塊のほうを、そのまま麺の上にのせる)         cabbage
                                     meat
6) On the other side, break an egg and cook.       noodles   egg   
  (空いたところに卵を割り入れる)
                                         crape
  While the egg is still raw, transfer the united one        cabbage
  on the egg. Push lightly.                        meat
 (卵が半熟のうちに隣の塊を卵の上にのせる)            noodles
                                          egg     

7) FRIP the whole OVER! 
  Done!  Dress with                            egg
  sauce/mayo/bonito flakes/ao-nori                  noodles
           (dried green seaweed)                meat
 (最後に全体をひっくり返して、ソースとトッピング)         cabbage
                                         crape      

わかりますかね~~~
**************************************************************************************
728-2  728

729  729-2

729-1  729-3

817  817-1

フライパンでもホットプレートでも、ワイワイ焼きながら熱々のところを
食べられる、毎回とっても人気のメニューです!

If you have electric hot plate (large frying pan), it's fun to cook
on the table with friends or family. Cut the cooked ones to share,
enjoy the piping hot piece!


Dumpling lesson !  料理教室・餃子&シュウマイ

We have done the dumpling lessons!
Thanks people who participated, hoping you cook it at home too!

6月下旬から7月上旬に開催した餃子とシュウマイの教室、
どの回も和やかに楽しそうに作っている姿が印象的でした。 
餃子は日本人にとっては親しみのある家庭料理でもあるので、
あえてレシピは掲載しませんが、グルテンアレルギーの方が
参加されたので、米粉とポテトスターチで作った皮のレシピを
ご紹介したいと思います。
**********************************************************************
If you have gluten allergy, just try to make this wrappers.

Gluten free wrappers (for 18-sheets) :
 20g   potato starch powder (or tapioca flour)
120ml  water
100g   rice flour
pinches of salt
1~2t  oil

1) Combine starch powder and water in a small pan, heat up while it is mixed,
  until stickiness appears well.
2) Transfer it to the rice flour on the bench, add salt, mix well and knead
  the dough well. Add oil and knead again.
3) Make it flatten on the dusted flat place, make it 1mm-thin with roller pin
  (use extra starch powder for dusting).
4) Cut out by 8~9cm of circle cutter.

GFW  GFW-1  GFW-2

GFW-3  GFW-4  GFW-5

ポテト・スターチ(片栗粉と表示されているものでも)と水を混ぜて加熱、粘りが十分
でたら米粉の中に混ぜ込み(塩少々も加え)、生地をよ~くこねてから(ここでオイル
も少々加え)1㎜ほどに薄くのばし、型抜きします。 
写真のココナツ・ヨーグルト(Sサイズ)の容器が直径8.5㎝でピッタリでした! 
この分量で18枚できます。 (余談ですが、このヨーグルトすご~く美味しいです!) 

***********************************************************************************
GYOZA: The crispy dumpling by frying pan cooking, which is perfect
with the dipping sauce mixed with chili oil!

Gyoza cooking  Gyoza cooking-1

餃子は長年愛用のレシピで、包み方と焼き方を丁寧に教えました。 
スローモーションで何度も包んでいるところを見せたけど、それでも速いと
言われました。。。 動画を撮って家で復習している人もいるようで、
嬉しいほどの熱心さ! フライパンの材質により、焼き方や扱い方が
多少異なるので、その辺も説明しました。

***********************************************************************************
SHUMAI: The steamed soft dumpling, so juicy! 
I introduced the filling of pork & prawn added with chunk of Hoki fillet
which is on season now! Homemade lemon Ponzu was a delicious pair
with the seafood Shumai.

Shumai cooking  Shumai cooking-1

シュウマイは、旬の魚であるホキも追加。 エビのプリっとした食感にホキのふわっ
とした食感が加わり、ジューシーで美味しく仕上がりました。 スティーマーなしでも
できる方法もご紹介。 シュウマイには辛子醤油が一般的ですが、ポン酢もなかなか
美味しいですね。 今回はシーフードの割合が多かったので、ホームメイドのレモン・
ポン酢が良く合いました。

************************************************************************

Look at these! They did beautiful work!
06301 06302
06304 06307

06305 06306 

0630A 0630AM

07061 07062

07063 07065

07081 

  Look at this tool,
  great handy gyoza maker!
 
  こんなツールを持参してきてくれた
  方もいました!
  


07082 07083

07084

  Wow, Beautifu finish!

  出来立てをお皿に
  ひっくり返したら・・・
  初めてとは思えない綺麗な
  仕上がりに歓声が上がりました



  
付け合わせに、中華風炊き込みごはんとワカメスープを用意しました。
  
*****************************************************************************

Y&MI homemade
  Dessert: 
  Matcha (green tea) ice cream
  with my original dessert "Harvest Yokan".
  Yokan is a traditional Japanese sweet.
  I made it from sweet Kumara paste,
  with dried fruits and nuts scattered in it.
  Beautiful.

  デザートは、自家製スイーツ!
  クマラのハーベスト羊羹と
  抹茶アイスです。



次回は前々からリクエストがあったお好み焼き
応用編の広島風お好み焼きもやりますよ~
8月下旬には特別イベント を控えているので、準備に大忙しになりそうです! 
皆さんにとって楽しい体験になりますように。

“Okonomi-yaki”Japanese savory pancake classes will be coming soon,
followed by a special event SAKE & FOOD NIGHT!  


Sweet mochi making and Tea Ceremony experience

Hello cooking mates!
The beginning winter, the quiet season, we have done making Japanese confectionery, and enjoyed it with Matcha - Japanese Tea Ceremony style tea.

晩秋にと思っていた和菓子と抹茶の教室、事情があって初冬になってしまったけど・・・  皆さまに楽しんでいただけたようで一安心。
作ったのは旬のフルーツを入れたカジュアルなもち菓子、大福と・・・

Casual sweets, Daifuku-mochi with fruits in.
Daifuku-mochi  Daifuku-kiwi

Daifuku-budoh  Daifuku-mikan

Confectionery making-2
 

Nerikiri - Kaki persimmon
    成形を楽しむ練り切り菓子、
      ”柿-Persimmon”


        Nerikiri
    a kind of mochi confectionery
       for Tea Ceremony.

      We made "Persimmon"
    which was in the mid season.

   INGREDIENTS: orange kumara,
   rice flour, sugar, matcha powder,
   sweet azuki bean paste


あらかじめ作っておいたオレンジ・クマラの生地を使って、こしあんを丁寧に包み、
抹茶生地の葉をつけて完成。 見本を見ながら作りましたが、皆さん思い思いの
特徴ある柿が出来上がりました。 ぷっくり大きな柿、ひょうたんのような縦長の柿、
かっちり四角い柿、見てるのが楽しくて、作品の画像撮り忘れました~(涙)

Nerikiri-orange-kumara  Nerikiri-matcha-green  Nerikiri-green-parts

  
Sweet Azuki bean paste  We tasted both Chinese and
  Japanese products of
  Azuki bean paste.

  こしあんの食べ比べ(中国産と日本産)
  をしましたが、100%日本産に軍配が
  上がりました。 日本のあんこは上品!
  ワナカでも買えるようになるといいけど。



お菓子作りのあとは、場所を移動して、お茶を点てて愉しみました。 
茶筅がいくつか揃ったので、全員がお茶を点てる体験をしました。
T.C.W.0603
T.C.W.0603-2
T.C.W.0603-3
T.C.W.0603-4
盛り上がって、楽しい会になりました。


   After the workshop.....
Nerikiri - Kaki persimmon-2 
  I got a great news recently that Lulu mart
   (Asian market in Wanaka) will get the
  Japanese "Azuki sweet bean paste"
  for future!  Thanks ladies to ask there.
  
  Regarding the Matcha (green tea),
  I'm still searching. I have known Matcha
  is available to purchase in NZ, which are
  probably good for cooking/baking. But
  I'm still not sure if those are fine enough
  for the Ceremony (to make foamed tea
  properly and for the taste we drink the
  pure Matcha directly)

その後、参加者の方々のお蔭で日本製こしあんは地元で手に入るようになり、
そして茶筅と茶杓のセットはMiter 10 (ホームセンター)で購入可能となりました!
あとは肝心の抹茶です。 抹茶はどこに!


   

Japanese cooking classes Autumn 2021 秋の料理教室

Hi cooking mates!  
We have done the autumn session in the most beautiful season of Wanaka.

Aki-view 2021 Aki-sam 2021

Aki-wanaka-2 2021

秋深まる4月後半から5月前半、料理教室では季節の美味しい食材をたっぷり
使った料理をご紹介しました。

Karaage-cook  Karaage-oroshi-ponzu

Popular Karaage (Japanese fried chicken) with oroshi Ponzu.
Try to make homemade "Ponzu" citrus vinegar sauce, with fresh lemon
juice instead of Yuzu.
人気の唐揚げ。 大根がみずみずしく美味しそうだったので、おろしてポン酢
も一緒に楽しんでいただく方法にしました。 ポン酢は市販のものと自家製
レモンでポン酢 もご紹介しました。(柚子はなかなか入手できないので) 
鶏肉の漬込み後の衣は ポテトスターチ がお勧め (おなじみの日本の
片栗粉でも他社のポテトスターチでも)、カリッとクリスピーな仕上がりになります。

***********************************************************************************

Kuri-hiroi  Kuri-gohan2021

Special dish of this time of the year, Kuri-gohan (chestnut rice),
which we can't miss in the season in Japan.

秋、栗ごはんは欠かせませんね。 栗の木はあるのに、NZ人は食べる習慣はあまり
ないようなので、毎年少しずつ日本の秋の食文化の一つとして紹介してきました。 
今までの教室ではサービスで用意していただけですが、今回は保存方法・皮の剥き方など説明しながら一緒に作りましたよ。 いつも通り、お米は浸水1時間。 食べやすいようにと、マッシュルームと油揚げも一緒に入れてコクを出しました。 もう一つ、これは邪道かもしれませんが、炊き上がりにエキストラ・バージン・オリーブオイルを回しかけることも。 日本のもっちり美味しいお米と違って、乾燥しているここで手に入るお米の味を考慮し、炊き上がりにオイルをかけて蒸らすことでツヤツヤで味わい深いごはんに仕上がります。 (ワインを合わせたくなる味にもなります)  
初めての栗ごはん、どうかな~という心配は無用、毎回教室では炊き上がりに歓声があがり、お代わり続出! マルボローのシーソルトを使った手作りのごま塩がまた好評でした! 栗ごはんは本当に喜ばれ、数日後、栗拾いに行くことにしたっていうメール
もいただきました!

************************************************************************************

Namul of C.cabbage  Namul salad
  of seasonal Chinese cabbage and shrimp.
  Delicious the Chinese cabbage now, use it
  as fresh salad, pickles, one of the hotpot
  ingredients, soup, or fry cooking.
 
  これから寒い時期にかけてますます美味しく
  なる白菜、いろいろ使いまわして欲しいです。 
  今回は簡単な副菜をご紹介しました。 
  胡麻風味たっぷりで野菜だけでも十分
  美味しいですが、エビを加えてちょっと
  ばかり深みを出しています。

*************************************************************************************

予定した教室4回を好評ののち終了しましたが、出席できなかった方からのご要望
により、二週遅れて、あと二回開催することになりました。 嬉しいリクエスト、
ありがたいことです。 それまで栗をしっかり保管しておかないと!

After the autumn classes were done well, I got some requests to do
extra session, which made me so happy and I do another 2 sessions!