Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Sake challengeⅡ  ~酒と料理のペアリング~


Tasting-cups1
    We have done
    Sake tasting
       with
   our cooking food
    in the winter cooking
       classes.

    The sake was from
       ZENKURO
   brewery in Queenstown.
   

CCJ-ZB3


7月の料理教室メニューは、NZ初の日本酒
全黒』 のお酒のテースティングを合わせた
ちょっと特別な企画でした。 お酒にも合いそうな
三品 (きんぴら、つくね、おでん)を作りました。






KIMPIRA
July.C.Kimpira3  Traditional side dish Kimpira is often cooked
  using with "Burdock". We used silver beet
  which was now in season, instead of burdock.
  (Parsnip is also good to use)

  きんぴらというと牛蒡を思い浮かべますが、
  この辺にはないので、今が旬のシルバービート
  使いました。 (パースニップでも美味しくできます)
  人参と混ぜて彩り良く。 
  ごはんのお供というよりも、お酒のお供なので
  味付けは控えめです。 

It can be cooked separately, to make stem part & carrot, and leaf part.
July.C.Kimpira1  July.C.Kimpira2  
茎の部分と葉の部分を別々に調理して2種類作ってもいいですね。 
教室では茎も葉も一緒の一品にしました。

Z.Original
We tried with Zenkuro "Original" tokubetsu
Junmai-shu. Gentle, easy to drink, pairs well
with wide range of food.

   まずは『全黒オリジナル』と一緒に。 
   最初の一口を含み、う~ん・・・
   と鼻に抜ける声が聞こえてきます。
   穏やかな香りと軽い飲み心地が、
        料理の味を引き立てます。





TERIYAKI TSUKUNE
July.C.Tsukune  Popular meat balls with Teriyaki sauce.

  We tried with Nigori "White cloud" Junmai-shu.
         Silky smooth dry sake was served
                      slightly chilled.

    Z.Nigori








  つくねの照焼き。 
  人気のこってり味に、ドライな『にごり』を冷酒で。


How about Wakatipu "Sleeping Giant"?
Z.S.G.  This powerful one was served as "Nuru-kan"
   (warmed gently to 40℃). 
  I prepared this sake with careful attention for
  the right temperature, because of the message
  from Zenkuro’s head brewer that 40℃ is
  recommended for this. Umami and texture
  were surely enhanced by warmer temperature.

  それから、パワフルな『スリーピング・ジャイアント』
  をぬる燗で。 上手なお燗はお酒の味わいに
  ふくらみを持たせます。 杜氏から「是非40℃で」
  というメッセージをいただきましたので、細心の注意
  を払って40℃に。



ODEN (Japanese pot-au-feu)
July.C.Oden
One of winter hot pot. Ingredients were cooked with low heat, like soaked in hot spring "Onsen".

July.C.Oden1  
おでんは冬の代表鍋。 手に入りやすい材料で仕上げました。 
弱火でコトコト、ゆっくり煮込みます。 翌日さらに美味しくなる料理です。

O.kan
One of the most popular combination is
Oden and hot sake, on the cold night.
I warmed Jozo-shu to 45℃~50℃ to make
the texture crisp to match the Oden.

もちろんお燗酒で。 
馴染みの醸造酒は少々甘口なので、味わい
引き締まる上燗(45℃)~熱燗(50℃)で。 
温度の見極めが大切です。




SERVING TEMPERATURE:
The width of the drinking temperature zone is very wide, which is the feature of drinking sake. It can be enjoyed chilled, at room temperature, or warmed, depending on the type and the quality.

それにしても日本酒は楽しめる温度帯が広いですね。 品種によって美味しくなる温度帯が異なります。 冷やすことで華やかな香りをバランス良く感じられたり、室温で柔らかい印象になったり、ぬる燗で香りや味わいがふくらんだり、熱燗でシャープな切れの良さを発揮したり。 温度に呼び名があるのも日本酒ならでは。
(下記をご覧ください、日本人、細かすぎ!って言われちゃいそうですけど) 

Here are the each names for drinking temperature of sake.
(Don't say Japanese is too particular!)

 5℃: YUKI-bie (cold as snow) 雪冷え
10℃: Hana-bie (cold as flower) 花冷え
15℃: Suzu-bie (nice & cool) 涼冷え
20℃: Shitsu-on (room temperature) 室温
30℃: Hinata-kan (warm like in the sun) 日向燗
35℃: Hitohada-kan (warm like human temperature) 人肌燗
40℃: Nuru-kan (mild hot) ぬる燗
45℃: Jo-kan (good hot) 上燗
50℃: Atsu-kan (hot hot) 熱燗
55℃: Tobikiri-kan (super hot) 飛びきり燗
(Over 55℃: the alcohol is gone, and balance of the taste collapses.
                           So don't make it too hot!)



July.C.Ginkgorice  As the addition, I prepared "Ginkgo nuts rice"
  which I mixed Sake-kasu and cooked.
  These GINKGO NUTS were from Tauranga,
  and SAKE-KASU (which is byproduct of sake
  production) was from Zenkuro Queenstown,
  of course!

  実習した三品のおつまみの他に、
  付け合せとして 『酒粕ごはん』 を準備。
  冬ならではの特別食材 銀杏 を散らして。 
   (酒粕はもちろん全黒の蔵から、
   銀杏は北島のタウランガ産です)

  炊飯中、酒粕のよい香りが漂います。
炊き上がりに、加熱しておいた銀杏(塩とオリーブオイルをまぶしたもの)を散らします。
塩加減と銀杏のほろ苦さがしっとり美味しいごはんになりました。
  


YAWARAGI-MIZU (Chaser)
Yawaragi-mizuI introduced this cool habit "Yawaragi-mizu"
in the classes. It means the water which take
a sip in the interval to drink sake. We can taste
sake more deliciously when we have a sip in
each interval. Don't forget this!

今回の酒テースティングの中で紹介した粋な習慣、
和らぎ水。 合間に一口の水、チェイサーということになりますが、この一口により次のお酒をより美味しく味わえます。 誰が名づけたのか、素敵な言葉。  (悪酔い防止にもなるし、
     最後までお酒をスマートに楽しめそうですね)



DESSERTS
Sake-kasu-icecream  Sake-kasu ice cream
  and Sake-kasu "Nama" chocolate!

  デザートには、酒粕アイスクリーム
               と酒粕生チョコレート。

  Sake-kasu can be used for both cooking
  and making sweets. Beautiful aroma of Sake
  can be enjoyed in these sweets.

    Sake-kasu-choco

料理の調味料として使うと旨みが倍増する酒粕ですが、スイーツに使っても美味しいのです。 洋酒を使うお菓子のところ、代わりに酒粕使うと、別バージョンが生まれます。

*****************************************************
7月の料理教室から:
Thank you very much for the attending!

CCJ5 CCJ5-1

CCJ31-4 CCJ31-3

CCJ5-4 CCJ5-2

CCJ22 CCJ22-1

CCJ25-1 CCJ25

CCJ31-1 CCJ31

***************************************************************************

Sake-tasting-2  I hope everyone enjoyed the pairing of
  Sake and food in July.

  今回はご宿泊のお客様も参加して
  くださいました。 「日本酒は初めて!」
  という方も数人いらっしゃいました。 
  酒テースティング、いかがでしたか?


      (This white paste is Sake-kasu)
    Sake-kasu








And what do you think about the Sake-kasu?
It's another great fermented food like miso.

酒粕については、ほとんどの方が初めて。 
ちょっと混ぜるだけで料理の味がグンと上がる、そんな使い方を紹介したいですね。

次の教室では酒粕クッキングをやろうかしら。 アイデアがどんどん沸いてきます。 
酒粕がワナカでも購入できるようになる日を今か今かと待ち望む日々・・・

Shall I do sake-kasu cooking for the next?  Ideas are heated steadily.
I'm really wishing that we can purchase sake-kasu in Wanaka soon.



Sake challengeⅠ ~酒蔵巡り~

I visited "Sake" breweries recently, two places during my stay in Japan this time.
酒蔵訪問、今回は帰国中に二箇所の酒蔵を見学をしました。 初夏は酒造りの時期ではないので、実際に造っているところは見られませんでしたが、冷んやりとした蔵の中ではお酒が静かに熟成を待っているような気配がありました。

Hatsumago  Hatsumago-1

Hatsumago-2  One is "Hatsu-mago" (it means
  first grandchild) in Yamagata prefecture.
  We tasted all the variations of sake there,
  maybe more than 15 kinds??  
  Beautiful taste of the traditional
  fermenting way of "Kimoto".
  山形県の蔵元『初孫』にて伝統の生酛造り
  の数々をテースティング
  (15種類以上味わったかな?)

ST-1 ST-2 ST-3

ST-4 ST-5 ST-6

ST-7 ST-8 ST-9
                               最後は甘酒も!
気に入った7種類を、義兄が家呑み用にと購入してくださいました。 
お義兄さん、ありがとう!

**************************************************************************************

S.S.6.122   
  And "Seiryu Shuzo"
  in Saitama prefecture.
  Beautiful "Kura" style building!

  宴会がスゴイと噂の
  埼玉県の『清龍酒造』に
  見学&宴会コースを
  予約して行ってきました。


素敵な佇まいに囲まれたところで、まずは全員参加の集合写真撮影からスタート!

S.S.6.121 S.S.6.12

Brewery visit, listening to the talk of brewery master,
S.S.B.M. S.S.B.V2

S.S.B.V S.S.B.V1 

then we enjoyed the drink & dinner party which was amazing.
S.S.Dinner  Various kinds sake
  with various tapas,

  下調べしてから行ったので、
  ひどく酔っ払わずにすみましたが。。 
  信じられないほどのサービスの良さ、
  「もう飲めません」っていうくらい
  多品種のお酒を注がれました~

  S.S.S.Tasting

Including chef's performance,
S.S.Chef

and music band performance.
生バンドの演奏や板さんたちの魚おろしの実演など、盛りだくさん。
S.S.Eki1       旗を振ってノリノリです
 S.S.Eki2

日本酒好きの飲兵衛ばっかりですから、最後はこのようになるのも納得です。

S.S.wIchan

  この日は、カナダ時代の友人に
  お付き合いいただきました。

  外で酔いを醒ましてから、
  3人の二次会は、静かな場所で
  ゆっくりおしゃべり。



****************************************************************************************

Then, I visited local Sake brewery "Zenkuro" (means All Blacks) in Queenstown.
そしてこちら地元でお邪魔したのは、『全黒』オールブラックス、お隣の街クイーンズタウンにあるNZ唯一の酒蔵。 寒い時期のNZでは酒造り真っ只中。

Water and rice are essential ingredients for Sake production.
Water is from the Lake Wakatipu of soft water (low calsium content) which is suitable for sake production.

ZK-1
  お酒造りといえば、
  欠かせないのが水と米。
  水はワカティプ湖から。
  硬水かと思ったら軟水だそうで、
  酒造りに適してますね。

  The special rice (Saka-mai) of
  "Go-hyaku man goku" from
  Japan was piled up
           over-crowded.

お米を作っていない国ですから、酒米は日本からの輸入。五百万石がところ狭しと
積まれていました。

ZK-3 ZK-4


This is the tool made by Manuka timber, which is used specially here, at the traditional Japanese brewing practices.





Freshly made sake "Gen-shu" which was just done here.  I was allowed to taste it,
that was the special privilege.  It was so deep, condensed flavor!
ZK-5  ZK-6
できたての原酒を見せていただいて、味見もさせていただきました。 
うわ~濃い~ィ 凝縮された味わい! これぞ生原酒! 
                     造っているところならではで味わえる最高の贅沢!


ZK-10  日本では数百年に及ぶ酒造りですが、
  NZでは始まったばかり。
  全ては手作業。 
  設備の整った日本の酒蔵では滅多に
  見られないかもしれませんが、
  江戸時代に創業したころは、こんな
  手作業が案外普通だったのかも。 
  一つ一つの丁寧な工程がじんわりと
  心に響いた。 そこには杜氏 David の 
  魂が込められていました。

  Thanks Yasuko-san and David-san
  for your hospitality at the "Kura".

***************************************************************************************

How about that I introduce their NZ sake at the cooking classes?
It should be interested for the local people who knows that the sake got awards
at "London Sake Challenge" but hasn't yet tasted.

料理教室で紹介してみてはどうか? ロンドン・SAKE・チャレンジで受賞した噂は
耳にしていても、まだ味わったことのない人が多いでしょうから、きっと興味あるはず。 


ZK-sakeb  Bottles of "Zenkuro" SAKE
  were arrived!
  For the cooking sessions of
  "pairing sake & food" in July,
  I prepared some Japanese style
  tapas, dishes, and sweets

  そして仕入れたお酒3種類。 
  合わせる料理は何にしようか。。
  酒粕を使った料理も一緒に
  紹介できたらいいなあ・・


メニューは、7月の教室の様子と合わせて、続きの記事でご報告します。
The menu will be shown in the next one with the cooking class report soon!


Chan-chan-yaki Salmon & Kenchin-jiru 秋の料理教室

Japanese cooking in autumn!  The color became beautiful outside day by day, we cooked Chan-chan-yaki of salmon and Kenchin-jiru (vegetarian soupy dish).

秋の色濃くなる時期、料理教室ではサーモンのちゃんちゃん焼きとけんちん汁を作りました。

Ch.S.CHAN-CHAN-YAKI OF SALMON:
Salmon fillet or steak with medley of vegetables covered with miso-dare-sauce in the foil parcel, which was cooked as a steam-cooking in oven. 
ちゃんちゃん焼き、こちらでも身近な材料でできるし、オーブン使用のホイルベイクとあって、お手軽。 主役はもちろん脂ののった美味しいNZサーモン。



Kenchin.JKENCHIN-JIRU:
Hearty simmered soupy dihs of tofu and vegetables.

けんちん汁、教室のメニューとしては初めて登場しました。 秋冬は身体を優しく温めてくれるスープ料理が喜ばれます。 





<KENCHIN-JIRU>

I introduced an unique food Konnyaku which everyone here eat for the first time probably, which is commonly used for Kenchin-jiru in Japan though.
Konnyaku is a jelly-like food made from the starch of Konjac potato.  It's a low-calorie and fiber-rich food to cleans our gut.

けんちん汁の材料は身近にあるもの、そしてオプションとして、日本ではお馴染みでも、ここではまだあまり知られていない食材も紹介して入れました。 それは、こんにゃく

Konnyaku  Konnyaku1  Konnyaku2

We tore it by hand to make small pieces so that taste is easy to soak, then we cooked it in the boiling water as a preperation which made to remove the smell from Konnyaku and made the texture good.

味がしみ込みやすいように手でちぎって、下茹でしてから使いました。

We used Kombu-water (Kombu-kelp soaked in spring water of Lake Wanaka for overnight) as one of the stock ingredients for the soup. We also used the Kombu-kelp with chopping finely after soaked and added into the soup. Juice from soaked Shiitake mushroom was added into the soup pot, too. After season the soup, checked the taste and adjusted it with a little more seasoning and dashi stock powder.

Kenchin-jiru1  Kenchin-jiru2

ダシについては、ここでは粉末のカツオダシしか選択肢がないのですが、自然食品のお店でたまに見かける昆布を手軽に使うということで、昆布水を使用。 ワナカ湖の美味しい湧き水に一晩浸水させた昆布、昆布水を鍋に、昆布のほうも刻んで追加。 さらに椎茸の戻し汁も加えて奥行きを出します (なるべく粉末ダシの量を抑えたいので、いろいろ工夫してます)  調味料を加えて味見、ここで最終的に味の調整。 深みが足りなければ、粉末だしを少し足します。




327 327-2
Thanks for participating from Australia and from UK.
この日は、オーストラリアからとイギリスから、ワナカに滞在中の方々が参加してくださいました。


Other fish fillet can be used for Chan-chan-yaki, instead of salmon, of course.
We used Rainbow trout fillet together with salmon on the night. The taste was beautiful, thank you Jules to bring your game!

411-6 411-7

湖で釣ってきた虹マスを持ってきてくれたジュリアン、嬉しすぎる! フィレを一緒に調理してサーモンとの味比べという予期せぬ特別メニューとなりました。 虹マスの筋子でいくらの醤油漬けも作ってきてくれました。 ジュリアン、感謝!

411-3 411-8



Group of four ladies, it was the celebration for Georgia who was getting to marry in the following week.
427-2  427-3  427-4  427
女性4名のグループ、ジョージアが来週結婚するそうで、そのお祝いを料理教室でというプランニング、粋ですね!

427-5 Georgia was participation putting on her wedding veil, and a badge of "Help! I'm getting married".
Congratulations!

ジョージアは頭にベールをかぶっての参加。 『Help! I'm getting married』 のバッジが初々しい! 
ご結婚おめでとう!


It was completed when we feel a beautiful smell of grilled miso from the oven.
サーモンのチャンちゃん焼きは、オーブンまかせ、味噌の良い香りがしてきたら、そろそろ出来上がりです。



<Dinner time>
*Daikon salad
*Kenchin-jiru
*Chan-chan-yaki of salmon
*freshly cooked rice

お楽しみの試食タイム:
大根が美味しい季節になったので、大根サラダを副菜として出してみました。 けんちん汁以外にも、サラダとして使える大根の紹介になります。 そして、味噌味の魚には是非炊きたてのごはんを! ホイル焼きの下に残った美味しい汁にごはんを入れて食べても良いですよ。 


Harvest Yokan
*dessert: Harvest Yokan
It is my original recipe of Japanese fusion sweet, which was very popular at every session.

デザートには、クマラ餡をベースにした『ハーベスト羊羹』のアイスクリーム添え。 毎回『美しいデザート!』と好評でした。



417-2 417 411-4 411-5


皆様今回もご参加ありがとうございました。 
次回冬の料理教室では、酒テースティングをプラスした特別メニューで開催します。 
是非またお会いしましょう!

Thank you for participation, every one.
The next sessions are in July, a special menu with cooking and SAKE tasting.
See you then!


Yakitori classes 2019 料理教室:焼きとり

Yakitori and Soba-noodle were done at the cooking classes from January to March. Because there was my hospitalization uproar for acute appendicitis (the appendix)
in the end of January, two sessions were postponed. I finally finished the last one
the other day.  I was sorry to make a trouble to people who booked in.

16/01/18

A.S-1

   この夏の料理教室は焼きとりと
   アボカド蕎麦でした。 
   1月下旬に急性虫垂炎(盲腸)で入院騒ぎ
   があったために後半二クラスが延期、
   先日最後の回を終えました。 
   ご予約いただいてた方たちには、本当に
   ご迷惑をおかけしてしまいました。






***************************************************************************************

Shikomi-4

   YAKITORI -- start here:
   Preparation for the all parts.

   焼きとり、まずは仕込みから。




Shikomi-hatuss    Shikomis-1

Shikomis-2    Shikomis

Shikomi-5    Shikomis-3

Shikomi-6


おなじみのモモはネギと一緒に串へ。 
手羽中は開いてから、砂肝とハツは
下準備を終えてから串へ。 
もう一種類、焼きとりではないけど
            ベーコン巻きも。 





Next, we moved to BBQ grill. Yakitori can be cooked in the oven
(grill function) when it's not suitable weather for BBQ.
串打ちが済んだらBBQグリルへ:
BBQに適さない天候のときは、オーブンでグリル調理できます。

The fire is often too strong for Yakitori and it's easy to burn the outside before it is cooked inside. We used the bricks which were wrapped by foil to adjust the height (distance from the flame). Then put skewered Yakitori which we prepared.

grill-1
  火に近すぎると中が生焼けのうちに
  外側が焦げるので、遠火にするため
  レンガで高さを作ります。 
  ホイルを巻いたレンガを串の長さに
  合わせて二列横並びにして、
       そこへ串を並べて焼きます。

grill-2   grill-3

grill-4

  Transfer the "Tare" sauce into
  a long slender container, so that
  we can apply it (dipping in) easily
  while grilling Yakiroti.

  タレは細長い容器に入れておくと、
  焼きながらつけるのに便利。


**************************************************************************************

SOBA: How to eat soba-noodle which was the topic every time.
It is allowed to make a sound when we eat soba. (Yes, it is for other noodle like udon and ramen, too)  It is rather daring and will express it by making
a sound if delicious. (Don't say "noise" for it!)

アボカドと大根おろしをトッピングした蕎麦、喉ごしスルスルと美味しい。 毎回話題に
なったのが蕎麦の食べ方。 箸で食べられるかなと心配する声もチラホラ。。 
音を立てて食べることは許されているし、むしろ豪快に音をたてることで
美味しいと表現
することになる、と言いながら、とにかく食べ方の手本が必要でした。

Momiji-oroshi-soba

  Season changed from summer to autumn
  through the classes, then I changed the
  soba to warm style instead of cold one,
  adding the autumnal expression.

  途中で季節が夏から秋に変わったので、
  最後のクラスでは、冷たい蕎麦でなく、
  紅葉おろしをトッピングした温かい蕎麦に
  変更しました。 


Surimi-nugget-s

We added "Surimi nugget", which add depth to the soup when the nuggets were gradually warmed up
in the soup, and nugget itself became fluffy texture.

この日トッピングに追加したのはスリミ・ナゲット! 小さな薩摩揚げ。 これを蕎麦つゆに加えてじんわり
温めると、(油揚げを入れたときみたいに)つゆに程よい
コクが加わり、ナゲット自体は温かくフワッとした食感になります。 マッシュールームやシイタケも加えて、
賑やかな秋のおろし蕎麦になりました。

*******************************************************************************************

I hope all enjoyed the yakitori cooking and soba.

Jisshoku-5    Jisshoku-4
                       And "Hatsu"(hearts) & "Sunagimo"(gizzards)?

Jisshoku
  人気はやっぱりモモにタレのパターン。 
  あっという間になくなりました。 
  手羽やベーコン巻きにも手が伸びます。 
  ハツとスナギモは初めて食べた
  という方がほとんどで、反応は・・・
  不思議な食感ね~ 嫌いじゃないけどね
  という程度。 
  残ったハツとスナギモこそ私の大好物! 
  その晩のうちのビールのつまみになりました。 
  ご馳走様です!





Jisshoku-2S Jisshoku-1S


さて、4月のクラスではサーモン料理とけんちん汁を作ります。 
これからの夜長の秋に、是非お楽しみください。

~ Cooking classes April ~
11th (6pm) & 17th (11:30am) --- available to book for both date.
We cook ”Salmon chan-chan-yaki” and ”Kenchin-jiru”(tofu & veges soupy dish).
Enjoy those in longer night season.


Rainbow roll & Vegetable Temari-zushi  創作寿司


Vege-sushi-temari
  Variational sushi sessions were done
  stepping further from the basic rolled
                      sushi.


  今年最後の料理教室メニューは
        夏に美味しいお寿司。
  基本の巻き寿司から一歩進んだ形、
  バリエーショナル・スシとしてお楽しみ
               いただきました。




RR-sushiS

Feast sushi, "Rainbow roll" which was altered in foreign country is a gorgeous look.
We made inside-out roll, then did the topping with pieces of salmon, tarakihi, prawn, avocado, and marinade vegetables.
A sharp knife is essential to cut beautifully.

レインボーロールは、いかにも外国生まれ、
       華やかな見栄えのご馳走寿司ですね。 
サーモン・タラキヒ・アボカド・海老を開いて使いました。 その他に、加熱・マリネした野菜も準備。  
寿司飯作りから、裏巻き寿司を作り、それぞれお好みのネタをのせて、楽しんで創作。 
美しく仕上がったロールを崩さず切るのに、シャープナイフ必須です。 
包丁砥ぎは念入りに!


Another sushi, "Temari" zushi of seasonal vegetables.
もう一品は、野菜の手まり寿司。 

Sushi rice variation : Just add fried carrot leaf (chopped finely and season with sesame oil and salt) to the sushi (vinegared) rice.
This nutritive part of carrot leaf becomes nice accent flavor in the rice, and
particularly the combination with the vegetables is perfect.


Vege-sushi-PrepCL  Vege-sushi-PrepCL1

変わりごはんのお寿司: すし飯に、にんじん葉を刻んで炒めたものを混ぜ込みました。目先が変わるし、栄養価も上がり、特に野菜のネタとのコンビネーションはバッチリです。
にんじん葉の、柔らかい部分を刻んで炒め、ごま油と塩で味加減。
ごはんのトッピングや、チャーハンに加えても美味しいです。



Preparation of various summer vegetables for sushi topping.
ネタは、今が旬の夏野菜をいろいろ使います。 

Vege-sushi-Prep  Coloured capsicums get to fit
  sushi rice when it was cooked and
  peeled. Did by microwave cooking
  which was easy. Peeled piping hot
  ones in cold water.

  まずはカラーピーマン。 
  加熱して皮を剥くと舌触りがよく
  お寿司にも馴染むのですが、
  皮剥きが結構手間。 今回は
  電子レンジを使ってお手軽に。 
熱々にして冷水にとってから、手分けして皮を剥きました。


Slice/cut vegetables of eggplant/zucchini/mushrooms, apply oil and grill in oven. Cook asparagus separately in salted boiled water quickly.
茄子・ズッキーニ・ブラウンマッシュルームは切ってオイル塗ってから、オープン・グリル。
アスパラガスは長さを4等分してさっと塩茹で。 

Vege-sushi-GMd
  Marinade all cooked vegetables in marinade
  mixture of soy, mirin, sake, for 10-min.
  Each vegetable which was lightly tasted is
  going to be topping of pretty Temari-zushi. 
  Apply a little of Mayo between rice and
  asparagus, then wrap by piece of Nori sheet.
  Yummm..

  加熱した野菜たちを、醤油ベースの漬けだれに
  10分ほど漬け込んでおきます。
  ほんのり美味しい下味がついた野菜ネタを
  寿司飯と一緒にして、かわいい野菜の手まりに。 
アスパラは、マヨネーズ少量をのせた上に並べて細く切った海苔で巻くと安定します。



Pr-sushi-2


Make a cut on prawn. Apply a little Mayo on Temari which was made by carrot leaf sushi rice, then decorate the prawn on top.

海老には少し切れ目を入れて、マヨネーズを
少量のせた、にんじん葉の手まりの上に。







Although I couldn't introduce because of running out of time in the classes,
there is also "Gunkan" warship shaped sushi.
T-gunkan1  Make a football shaped Temari rice ball.
  Wrap around it by piece of Nori sheet,
  top with chopped sun-dried tomato
  which is another fusion taste.
  I think adding of finely chopped anchovy
  makes nice accent on the flavor.

  時間切れで、クラスでは紹介できなかったけど、
         こんな軍艦寿司も。 
     トッピングはサン・ドライド・トマト!
        細かく切ってのせました。 
  アンチョビのみじん切りを加えたらアクセントに
  なるかも。 イタリアン・テイストの軍艦、 
  ちょっとサプライズ的な味だけど、
                         ワインに良くあって病みつきになりそう。



Vege-temari-asstHome-made sushi with local products
in season. It may have the same deliciousness in other countries that grandmas and mothers cooked for long,
I imagine.  Enjoy the heartful taste!

地元の産物を使ったお寿司
旬の野菜の持ち味を生かした美味しさ、
きっと古くはおばあちゃんやお母さんたち
が作ってくれたような家庭のお寿司の味
       かな~なんて想像してます。
じんわりと豊かな滋味、是非楽しんで!

野菜のお寿司には、ワサビよりも柚子胡椒 お手元にあれば是非お試しを~




At the cooking classes  料理教室にて:
SC-2111

SC-0412  SC-04121

SC-1312  SC-13121

SC-13122  SC-13123

SC-13125  皆さん、今年もご協力いただき
  まして、ありがとうございました。 
  今後も、心に美味しい和食クッキング
  クラスをめざします。 
  来年もよろしくお願いいたします。

  Thank you for your support in 2018.
  I continue the classes
  feeling delicious in our heart.
  Looking forward to seeing you
                again in 2019.



今年もあとわずかとなりました。 そろそろおせちの準備にとりかからなくちゃ。。
お正月が夏という南半球だから、この夏野菜のお寿司、おせちの横に添えてみてもいいかしら・・・


I will start preparation for OSECHI cooking (New Year dishes) soon.
Because of summer New Year's day in the Southern Hemisphere,
may I add these summer vegetable sushi in tiered boxes for New Year's Osechi?