Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Pianos in the market  ピアノ情報

A couple of weeks passed already after my trip, the piano which I met swirls in my head all the time. One of the purpose of this trip was visiting to the musical stores
to see pianos.

ピアノ探しの旅を終え、帰宅してからからそろそろ2週間。
見てきたピアノが頭の中をずっと渦巻いています。

旅行のもうひとつの目的は楽器店巡り。
クライストチャーチとオークランドで、合計6店舗を廻りました。


In Christchurch:
クライストチャーチで出会ったピアノ:

Yamaha-CHCH Kawai-CHCH

Yamana-E-CHCH  Various models of
  YAMAHA and KAWAI
  from Japan there,
  upright piano was
  mainstream in the stores
  in Christchurch.

  日本からは
  ヤマハ、カワイとも
  入っていたけど、
  クライストチャーチは
  4店舗ともアップライト主流

Price range 価格帯: $6,000~$19,000



In Auckland: Both upright and grand ones were there.
オークランドで出会ったピアノ: アップライト・グランドともに揃ってました。

GP-MP

  The price range of
          grand:
  グランドの価格帯は
  $18,000~
         $145,000






               GP-MW



SCHIMMEL-1  



  SCHIMMEL(German):
       230cm
  素晴らしい音色のこちら
  シンメル(ドイツ)
  コンサート・サイズ
  



                       SCHIMMEL-2

Bosendorfer-1



  Another great model,
  BOSENDORFER
    (Austrian)
     200cm
  これもすごい!
  ベーゼンドルファー
  (オーストリア)


                       Bosendorfer-2


They have also great price.
Too much for me.....


上記2台とも、お値段も素晴らしく
(日本円で一千万円以上!)、
非現実的な価格!
と思うと、見るだけ・触るだけでした。 
そういえば、スタインウェイは今回は見なかったなぁ・・・

実際思い描いていたのは
深いトーン・軽めの弾き心地・手が届きそうな価格帯・サイズは3型か5型のグランド・
できれば日本製の1970年~1990年あたりの中古品・・・
こんな条件にあてはまるピアノはNZでは見つからないのかも・・・と半ばあきらめていたんですが。

The piano of size and tone that I expect in realistic price range may not be found
in NZ.....  However, it was there! In the last store!

ありました! 理想の一台が! 最後に訪れた楽器店に!

YAMAHA C5,
Prolonged sound, beautifully deep in bass area, the feel of touch to the keyboard,
so nice!
It was a used one, and I got from the serial number that it was manufactured in 1985. I can imagine that it has been treated very carefully with proper tuning for years in Japan.

YC5A-1

YC5A-2
 ヤマハC5モデル、コンサートホールで
 聴いているような伸びる響き。 
 特に低音域が深くやわらかく、
 すこぶる良い耳心地! 鍵盤の質感が
 指に優しい! 
 指が鍵盤に吸い付くようだと夫も絶賛!
 そして中古品ということで、
 新品よりはお値段が低め!

シリアルナンバー(C5A)から製造年を調べてもらったら、1985~1988年とのこと!  
さらに一台一台ピアノに刻まれている製造番号(ピアノの戸籍とも言われていますが)、
これを後で調べてみたら、このピアノは1985年生まれらしい。 調律師Warrenの情報によると、日本製だったら最も高品質なのが1970年代~1980年代に製造されたものだそうです。

デジタルは今も日々進化しているけど、アコースティックは楽器としてはすでに完成されたもの、あとは材質へのこだわりと職人の腕にかかっているというもので、時代背景も関係しているかもしれません。(新しいほうが良いということではないのです。) 
最近は環境保護のためにパーツを輸入したり、コスト削減のためにアジアで組み立てを行ったりと、全工程を一国で行っているわけではない製品もあるそうで、同じメーカー
なのに価格帯がだいぶ違うこともあるのです。 価格差には理由があるんですね。

Warrenの話と楽器店の専門家の話を繋げていくと、これは買い?
奥行き2m、スペース的に大丈夫だろうか?
いや、それよりも値段・・・$29.995-、日本円では240万円くらい。
やっぱり気がふれてるだろうか?
でも買うならアレがいい。
日夜悩んでいます。

こうしているうちにも買い手が他に決まっちゃったら、泣きたくなる・・・

The price was $29,995.... 
I'm still thinking for these days and nights...



怒るピアノ調律師



C&C.Piano-2  我が家のピアノは、1905年に製造された
          イギリスのアンティーク。 
  85鍵の少し小さめタイプです。

  10年ほど前に、ご縁あって
  友人から受け継ぐことになりました。 
  学生のとき以来、再びピアノ環境が
  実現し、それはもう嬉しくて、
  それまでの20年以上のブランクを
  埋めるがごとく、夢中で弾きました。


C&C.Piano-1






仕事の合間に、家事の合間に、
ピアノを奏でてみることはとても良い
気分転換になります。
深みのあるまろやかな音色は耳優しく、
疲れた脳が癒されていく。

そのうち演奏を披露させていただく機会
にも恵まれ、それを励みにますます練習。 
今ではなくてはならない存在です。


古さゆえか、だんだん音が微妙にずれてきたり曇ってきたり、ペダルの踏み具合が
変わってきたりするので頻繁な調律が必要ではありましたが。。
先日調律師から
        「あんたのピアノはもう調律しない」 と言われてしまいました。

P.T-6L

  毎年Timaru から
  来てもらっている
  調律師のWarren、
  来るたび怒りながらの作業。



 


まだこのピアノを弾いているのかと。 これはもう完璧には調律できない。 
新しいピアノを(中古でもいいから)探すようにと。

P.T-4  P.T-5

そして今回はとうとう調律を断られてしまいました。 このピアノを調律することは
自分の耳に良くないし、あんたの腕にも良くないと。 
我が家のような小さなアップライトからホールのフル・コンサート・グランドまで、
何十年もの間プライドを持って調律を続けてきた、この人こそピアノを誰より愛している
とも言える、そんな人の言うことですから、よく理解できました。 
さらには・・・
日本から輸入されてくるピアノは素晴らしい、中古でさえ新品のようだ。 調律技術も
保管状態の良さも完璧、日本人技術者の腕、メンテナンス能力の高さを延々と私に
訴えたのです。 (海外からクライストチャーチに入ってくるピアノを、こちらの市場に
出す前にメンテナンスするのも彼の仕事だそうです。 ということは南島に流通して
いるピアノ情報にも詳しいんでしょうね。。。)

そして彼に、輸入されたピアノをクライストチャーチに見に来るようにと、それを弾いてみろと、強く勧められました。
ふと、昨年帰国時にヤマハ・ピアノ工場の見学に行ったときのことが、脳裏に蘇りました。 

早速クライストチャーチ行きの計画を!
だけど見に行ったところで、欲しい一台に出会ったとしても、買えるんだろうか・・・
金額からいって、夫を説得することを考えると溜め息が出る・・・

NZではピアノは製造されてないので、全て輸入品です。
その輸入コスト・・・北半球から、こんな南の下のほうまで飛行機で運ばれてくるわけで(貴重な楽器ほど船便にはしないようです)、陸送含めた運搬料と通関手続き諸費用で100万円は下らないようです。 これがピアノ本体価格に上乗せされるわけですから、
この国でピアノがナゼこんなに高いのか納得できます。

とにかく、今のうちにピアノについて知識を深めておこう。。。
私のように中古品を求めるなら(新品は恐ろしいほどの値段でとても手が出ません)
試弾は必須。というのも・・・
ピアノというのは、新品の音が部屋の環境に何年もかけて慣れて、その間、定期的な
調律もされて、次第に真価を発揮してくるものだから。 新品の同じ型番でも微妙に音色や感触が違うけど、中古となると、それまで演奏されてきた環境によりもっと違いが出るのだとか。 自分の好みの音や鍵盤の感触を見つけるには、一台一台試してみる必要があるのです。 (・・・ということは、オークション・サイトでお買得品が出ていてもリスクが
大きすぎて買えないのです。)

また、生涯弾いていくなら、良い調律師とのコミュニケーションが大事、
                           それがピアノを良い状態で保つ秘訣。
今月末、クライストチャーチへ市場調査・試弾に行ってきます。
                 Warren がその場にいてくれたらなぁ・・・



いばらの道、ラ・カンパネラ演奏

Kakizome-2015-1
       昨年の誕生日の夜、
    これから一年がんばってみようと
         狙いを定め

           

       という字を書きました。
     このとき心の中にあったのは

        ラ・カンパネラ

     ピアノの魔術師が作曲した曲。



もう何年も前に、一度弾いてみようと途中までやってみたけど、すぐにあきらめました。
こんな理不尽なこと、できるわけない!
手の小さい私には絶対無理!(小学生サイズです。。。)

あまりに速く、指が長距離を飛ぶので、目の焦点をどこに合わせたらいいのか・・・?
指の瞬発力と正確な距離感が必須です。
『超絶技巧』、『演奏効果抜群の難曲』とも言われてます。

それから何年か後、偶然Uチューブで見たのですが、盲目のピアニストの方がこの曲を
演奏されている姿に大変驚きました。 見えないのに、あの曲をなぜ弾けるのか。
手が小さいというのはただの言い訳、不利だけど無理ではない。
悟った日から楽譜を開いて、私もこの『いばらの道』を歩き始めました。

作曲者は、ピアノの魔術師と言われたフランツ・リスト。
『悪魔的』ともいうべき技巧を誇ったパガニーニ(ヴァイオリニスト)の演奏に影響を受け、『ピアノのパガニーニ』になるべく猛練習を始めたリスト。 彼が、パガニーニの
”ヴァイオリン協奏曲第2番”終楽章『鐘のロンド』の旋律をもとに、ピアノ曲として作曲したのが『ラ・カンパネラ』。
1831年に作曲に取りかかり、最初にできた作品はあまりにも難しすぎて誰も弾けな
かったとか・・・その後は何度か手直し改変され、1851年最終的に今の楽曲となるまでに
20年もの歳月を要したということです。 演奏家だったリストはその間に作曲家に転向。 長年かけて完成した曲は、今でもこうして演奏者の「一度は弾いてみたい」という気持ちを掻き立てる魅力が存分です。

20年かけて作られた曲を、1年や2年で弾きこなせるとは思えないけど、
                         とにかくこの一年この曲に挑んできました。 

   La campanella M.note-L

譜面を開くと臨時記号の嵐!
気の遠くなるようなその解読は、まるでパズルのピースを一つずつはめ込んでいくような地道な作業。 暗譜ができた後も、その先はまだまだ長い・・・
届かない和音の羅列を克服するためには指使いに工夫が必要だし、弱点である薬指と小指の毎日の高速訓練も欠かせない。 せっかく上達してきたのに忙しくて3~4日弾いてないと、もとに戻ってしまう。
終盤のオクターブ連打に手のひら全体の筋肉が引きつり、最後は忍耐!
集中力が切れてくるとオクターブさえ届かなくなる。 音がにごる。
あぁ、あと1cm指が長かったら・・・
どなたか、手の小さい方で、この曲に挑戦したことある方、どうかアドバイスのお恵みを!

挫折せずに練習を続けていられるのは、
「音楽は一生かけて作っていくもの」というある方の言葉のおかげ。
月謝を出してもらって習っていた学生時代はさっぱりでしたが、
今は、その言葉が心に染み入ります。
長い道のりでも弾けるようになったら、この曲はきっと一生の財産になる!

自分で弾きながら、その旋律の美しさに酔える日が来たら、
人様の前でお披露目してみたい。
その日まで・・・・・・あと少し。
(だと信じたい)


          ~2016年1月25日のひとりごと~



Home Piano Concert

    ~ If we have a speciality, let's perform it !
        If we got a result of endeavors, let's show it ! ~

Last year, I induced my daughter Renon to make a plan of Piano home concert together. We induced one more person who was a professional violinist (also he was a great ski instructer as well) to join in, and we played together as ensemble concert in August 2011.


DSCN1461_convert_20121026190458.jpg   特技があるなら、
           楽しく披露してみよう! 
  学んだことがあったら、
           楽しく発表してみよう!
  
  そう思って、去年の冬、娘レノンと実施
  したバースデーホームコンサート。 
  友人のヴァイオリニスト(ワナカでの本職
  はスキーインストラクター)を誘って、
  アンサンブルのコンサートをしました。
      ~ 2011年8月 ~



We did this year again, and it was on 13th October, 2012.
Unfortunately the violinist couldn't come to Wanaka this time, so only Renon & I performed.
Because we chose Japanese musical pieces, we put on Japanese traditional style of YUKATA (casual type of KIMONO) as our costume.
Kitsuke (how to wear YUKATA or KIMONO properly) was important, then I asked our friend, Katie, to do it for us. She was awesome, like a Kitsuke specialist. Canadian Katie was much better in Kitsuke than me of Japanese!!

DSC06302_convert_20121026182623.jpg

2回目の今年は、10月13日に実施。
ヴァイオリニストの彼は、今年はNZに来れなかったので、私たち二人のソロと連弾。
10月目指して何ヶ月も前から練習しました。 日本の楽曲が入っていることもあり、
ゆかたを衣装に。 (カノン・ロックには合わないと思って、途中着替える準備もしてましたが、
とてもそんな余裕ありませんでした!)
ゆかたの着付けは正式な着物の着付けほど複雑ではないけど、一応ちゃんとできる友人に
お願いしました。 彼女はプロ・スノーボーダーで、毎年ワナカにトレーニングに来ている日系
カナダ人。 日本舞踊を習っていたなど多才で、着付けもお手の物。 日本人がカナダ人に
着付けしてもらうなんてアベコベですけどね!

「料理は任せてくださいよ!」
・・・といっても、招待客が多いのと、演奏のことも頭にあり、カジュアルスタイルの
パーティーフードにしました。


ケーキは午前中に完成!
特大サイズのチョコレートスポンジをグランドピアノ型にして組立て、
たっぷりのガナッシュをコーティング。
「いつかは本物のグランドピアノを・・・」とか思いながら。。。
DSCN3946_convert_20121019145424.jpg
I made a Grand-piano cake coating with plenty of Chocolate ganache.



DSC06312_convert_20121026183634.jpg
   I prepared assorted sushi, finger foods,
   chicken dishes, special beef curry & rice,
   as well.
   

   こちらの人が大好きな巻き寿司を中心に、
   フィンガーフード、チキンのグリル、
   〆のビーフカレーも鍋にたっぷり用意。



5時をまわると、次々とお客さんが集まり、あっという間にリビング・キッチン・ダイニングが
人でいっぱいに。。。
ワインをお持ちくださった皆さん、ポットラック料理を準備してくださった皆さん、キッチンで
私の代わりに料理の盛り付けや片付けをしてくださった皆さんにも感謝!
バブリーで乾杯して和やかになったところで、そろそろ演奏です。

After 5pm, people arrived. Thank you very much to bring wine and pot-luck dishes, friends!!!
Soon after full of people were here around living, dining, kitchen, everywhere. We toasted with bubbly, then started our performance.

DSC06313_convert_20121026184415.jpg  曲目は:

  「さくら幻想曲」連弾
  
  "Sakura Fantasy" ~Kozaburo Y.Hirai~
  : played by Renon & me

  おなじみの「さくらさくら」を変奏曲にした
  作品で、日本的な情緒をそのまま残した
  素晴らしい楽曲です。




DSC00405_convert_20121026184947.jpg

  "Dreaming of Home and Mother"
           ~John P. Ordway~
  : played by Renon
 
   「旅愁」 レノン・ソロ

   私が子供の頃に発表会で弾いた曲を
   レノンに教えました。




"God defend NZ" : played by Renon & me
NZ国歌「God defend New Zealand」連弾
・・・この曲を弾くと、心が奮い立ち、力がみなぎってきます!


"Furusato" (My country home):
played by me, sang by Renon & me
「ふるさと」私の伴奏で二人で合唱
・・・レノンにとっては、このワナカがふるさとになるんですね。


DSC06315_convert_20121026185321.jpg  "Canon Rock" ~Jerry C.~
  : played by me
  It was originally from
  KANON by J.Pachelbel
 
  「カノン・ロック」私・ソロ

  パッヘルベルのカノンのロックバージョン
  で、こちらの作曲は台湾人のJerry C.
  今回はテンポ180で演奏。
  
Good mis-matching of YUKATA & Rock misic!


その後アンコールにお応えして、レノンからサムライ父に捧げる「ハッピーバースデー」
(10月3日が誕生日だったので)
"Happy Birthday" to Samurai-Dad : played by Renon

私がジェニー(今は亡きバレエの大先生、このコンサートにご招待してましたが間に合わず、
その6週間前に他界されました)に捧げる「星の世界」を弾いて終わりました。
"What a friend we have in Jesus" to Jennie R.Kjelgaard : played by me


 
カノン・ロックは今年の初めに楽譜を入手して、2月から練習してきた曲。
6月からは、ドラム・ギター・ベースの伴奏音源と協演しながらの練習。
寒い時期、毎日ピアノ弾いて汗かきました。
ピアノで汗かくなんて信じられなかったのですが、この曲を弾くと、練習1回目で軽く心拍数が
上がり、2回目にはうっすらと汗をかくほど身体が温まり、指も多少汗をかくので鍵盤の上では
滑り止め効果バッチリ、3回目の演奏が一番調子良い、というパターンでした。

もう一曲、力を入れたのが、娘との連弾「さくら幻想曲」。
楽譜はこちらでは手に入らず、サムライ夫が一時帰国したとき頼んで買ってきてもらい、
4月から、楽譜を二つのパートに分けて(連弾用に作り直して)練習しました。 
レノンは普段はネルソンの寄宿学校に行っているので、スクールホリデーに帰宅しているとき
だけが練習期間と限られていたので、時にはケンカしながらも、短期集中でがんばりました。

As Renon had been staying in Nelson, we had a limited time for practices together only when she was back to Wanaka for school holiday. Renon & I, sometimes fighting each other, worked hard to study them, looked forward to showing the performances in front of friends.

DSCN1472_convert_20121019153029.jpg


今回も、練習の成果をたくさんの方々に聴いていただいて、大変幸せな一日でした。
素人の生演奏ですが、少しでも楽しんでいただけたのでしたら、さらに幸せです!
お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

We were so happy that many friends visited us to listen to our works, hoping everyone could enjoy them. Thank you very very much !!


  Renon_and_Katie.jpg   Concert-Chicken.jpg   Concert-Rebert-piano.jpg

Concert-fish_card.jpgConcert-People.jpgConcert-Bernie.jpg

Concert-3-men.jpgConcert-pie.jpgConcert-Renon_back.jpg




そして、これまで娘レノンのことで、私たち家族を励まし、支え続けてくださった皆さんに、
心から感謝しております。
彼女がお世話になっているネルソンの学校は今年いっぱいで閉鎖されるとの知らせを、
先日受けました。 これからまた試練が待っているかもしれませんが、一歩一歩、道を
模索していきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

I also would like to say thank you all friends for supporting us regarding Renon and
the school in Nelson where she is attending.  We have regretably got a news that such a precious school would be closed at the end of this year, and we have to find out other way for her now, it's hard though.
Playing piano and keeping practices for the annual concert, that would be great incentive
for us.  Please stay in touch with us.  Of course welcome you to join us to play next time !!

ピアノ、できる限り娘と続けていきたいと思います。 年一回、こういう形で皆さんにご披露
できる日を目指すことが、私たちの励みにもなります。 
演奏にご参加いただける方も大歓迎です!

さて、来年はどの曲に挑戦しようか・・・早くも楽曲探しです。

...Well...What do we perform at the next concert?!