Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Tea Ceremony workshop March 2021  心つなぐ・茶の湯

I got a wonderful opportunity to introduce "Cha-no-yu" Japanese Tea Ceremony
to local people at REVOLOGY Concept Store and Tea House in Wanaka town.
I write the drama (strenuous efforts) here, with thanking to Monique and Revology team, the participants, my husband and friends who helped me on the nights.

Revology

P.B.us

昨年ワナカにできた素敵なお店 REVOLOGY、ここのオーナーと数ヶ月前に知り合い、
ちょっとした立ち話から、お店で茶道を紹介するワークショップを開催させていただく
ことになりました。 
New Hishaku  ワクワク感いっぱい、
  まずは、昨年の引越し騒動で水漏れ
  するようになってしまった柄杓、
  何とかしなくちゃ! 
  2月に日本から届いた新しい柄杓で
  練習を重ねながら、予定していた3月
  に向けて準備を進めていたものの、
  直前はバタバタでした。  

rehearsal nights


お店のほうで宣伝と集客をしていただいた
のですが、すぐに予約がいっぱいになり、
翌週二度目の開催が決まり、嬉しい悲鳴!

参加者の名前を聞いて、錚錚たるメンバーに
かなりのプレッシャー。
師事している先生に特別稽古
(日本からZoom レッスン)をお願いし、
毎晩遅くまでリハーサルしました。


Firstly I was surprised at the news that it was booked out quickly for the scheduled date of the 11th of March, and knew that some people were on the waiting list.
In "Cha-no-yu" offering hospitality that is enough for each one, it's usually held with
a small number of people, so I shouldn't take more than 10. Then we decided to do
again on the 17th. Wonderful problem!!!

My next hurdle was about the confectionery.  I would like that guests can have
an experience to use traditional Kuromoji pick and Kaishi paper to eat it, instead of using fork or fingers on a plate.  So the confectionery should be soft enough to be cut by the pick, and easy enough to eat on the paper holding on their palm.  It must be Jo-nama-gashi style!  But I couldn't find the ingredients which was used in Japan.  I tried the things which seemed to become the replacement many times.

一番苦労したのは和菓子・・・
J.C.making  J.C.making-1

J.C.making-2  J.C.making-3

J.C.making-4  J.C.making-5
お茶席なので、是非とも懐紙と黒文字(という楊枝)を使って食べていただきたかった
ので、上生菓子を!  日本だったら老舗の和菓子屋さんにオーダーするのでしょうが、ここでは自作。 3月という季節がら、(半年違いの)日本の9月を想像してみました。 お月見? 窓辺にお供えをして、月を見ながら収穫に感謝する習慣を紹介してみるのもいいかな。。。 
日にちが11日と決まったことで、自分の中でテーマが決まり、続いてお菓子も表現したいものが浮かんできました。 ただ、材料が揃わないので、何でどうやって作ろうか・・・ 
試作と失敗の繰返しを経て、ようやく形になりました。


March 11 (3月11日)  *******************************************
Starting with MOKUTO (a minute of silence - remembrance) for the 10th year of big disaster TOHOKU earth quake and Tsunami in Japan.  We thought about Japan with our heart from New Zealand.

東北の震災から10年の日、お集まりいただいた皆さんと最初に黙祷にてお祈りを。 
茶の湯の歴史や習慣・抹茶のこと・お菓子のこと・道具の説明などしながら、
お一人ずつお茶を点てて味わっていただきました。 
心つなぐ、ニュージーランドから日本を想う、そんな日になりました。
この日のお菓子はきんとんで、
名は 『心待ち』 と名づけてみました
J.C.making-6  J.C.making-7
We are sharing the scene half and half on the confectionery that waiting for SAKURA blooming in Japan and waiting for the harvest of grapes in New Zealand
もうすぐですね、日本の桜の開花も、NZのブドウの収穫も。 両方の心待ちを半分ずつ
味わいました。 紫の錦玉寒、ブドウに見えるかしら?

3.11.21workshop-2L

3.11.21 workshop
Thank you for participating, hoping you all enjoyed it.


March 17 (3月17日) ********************************************
Second workshop day,  What as a motif to make the confectionery for the day? 
It's St. Patrick's Day...

二度目、この日のテーマは何にしよう? と考えたけど、同じテーマで心つなぐ、  
今回は、ニュージーランドからアイルランドへ繋いでみました。 セント・パトリックス・デイのこの日、街中のアイリッシュ・パブはかなり賑わってたみたいでしたよ。  お茶席でも少しだけ、アイルランドらしさを入れて、用意したお菓子はこちら。 

J.C.making-7  煉りきり、中はこしあんです
I made this.
Can you see as shamrock?
Cha-no-yu is traditional Japanese culture, but it has generosity to take other customs in the world in it. A little Irish symbol was on the table, which was for the day.

3.17.21workshop

「これ何だかわかりますか?」って聞いたけど正解が出てこなかったので、「今日は
何の日でしょう?」と言ったら、「セント・パトリック・デー!」 一人が答えてくれました。 
このお菓子は、アイルランドのシンボル「シャムロック」をイメージして作りました。 
クローバーに似てますね。 ゲストの皆さん、茶道は日本の伝統と思ってるのに突然
アイルランドが入ってきたりして、エ~って拍子抜けしたかもしれませんね(笑)  
茶の湯の世界は、そういう遊び心も寛容に受け留めてくれると、私は信じています。 
ちなみに私の帯も、偶然ではありますが、シャムロックみたいでしょ(笑)

3.17.21workshop-kimono-obi Kimono-obi-gara
And, did someone notice that my "OBI" on the Kimono?  Can you see it is like shamrock?

3.17.21workshop-2

3.17.21sorkshop-3

3.17.21workshop-4

I felt that guests enjoyed with brightened eyes, so glad at all.
********************************************************************************

ご参加いただいたのは現在ワナカ在住の皆さまでしたが、ニュージーランド人はもちろん
日本、中国、アルゼンチン、アメリカ、そしてヨーロッパから最近引っ越してきたという
ご夫婦もいらっしゃいました。 

Kokoro-tsunagu
        心つなぐ 
  
      Kokoro tsunagu   

    Bond our heart together
      
   両日とも、とても良い時間でした。
   新しい繋がりに感謝しつつ、
   自分はまだ道のほんの入り口
   あたりにいるのだということも実感
   しました。
   地元に、茶道に興味を持つ
   人たちが結構いらっしゃる、
   この驚きと感動を忘れず、
   日本人の心を大切に伝えて
   いきたいと心に刻んだ日々でした。


I hope all the guests could feel the Japanese aesthetics, could come across Japanese heart, and enjoyed the taste of the tea.


Japanese dinner & Tea Ceremony event  和食と茶の湯・イベント

Kia ora!
For the purpose of a fund raising in aid of Wanaka fire brigade, my husband and I had an opportunity in charge of cooking at the event of the Japanese dinner which local couple of John and Penny Wilson hosted.
地元の消防関連のファンドレイジング(資金調達)の目的で、知人が主催した日本食
ディナーのイベントで、料理を担当する機会をいただきました。

"Shall I make the Matcha-tea of ceremony style for each guest at the end?"
I suggested it when we talked about the menu. Then John showed us the
amazing traditional Japanese furniture of HIBACHI table.
I was so excited!
メニューを決める段階で、「最後にお茶を点てましょうか」と提案してみたら、
「それは良い!」と賛成していただき、「HIBACHI があるから」って。 HIBACHI?  
なんと奥のリビングに火鉢(囲炉裏テーブル)が! 日本から持ち帰ったそうです・・・
わあ~ここでやったら素敵、うちの鉄釜がちょうど入りそうだし・・・ 
それなら着物を着よう。 頭の中でイメージが膨らんでいきました。

     Menu-design-2

Busy but very happy to do the preparations for arrangement of plates & bowls,
table setting, food preps, thinking about Kimono coordination, preparation and rehearsal of the Tea Ceremony, etc, etc...
当日(12月1日)に向けて、食材と飲物の手配、使う食器類、テーブルセッティング、
茶道の説明(夫に頼むことにしたので、まずは夫に茶道の説明)、お点前の練習、
着付けの練習、料理の仕込みなど、準備に明け暮れた毎日でした。


******************************** On the day ************************************


Table setting


Kaijo  Here is one of the Japanese style
  scene of the "Ikebana" Japanese
  traditional flower arrangement
  by Penny, on the furniture.
  
  会場となったジョンとペニーの邸宅。  室内インテリア・テーブルセッティング  とも、和の雰囲気に仕立てられて
  いました。


Setting

I love the menu sheet which Penny designed!

素敵なメニュー・デザインと
テーブルセッティングはペニー作。




Kimono-prep

  私の支度は、
  伯母から譲り受けた大島紬に、
  初夏らしい薄いグリーンの
  名古屋帯。





Otaiko
I wore the Kimono which was
taken over from my aunt.
I chose "Nagoya-obi" the belt of
mint green color (that we can
image the season of fresh green).
It was nice combination with
the dark color of Kimono.

Kappo-gi 


   Wearing kimono, feeling was so elegant.
   But I knew I should be super busy in the kitchen,
   so the "Kappo-gi" special coverall apron was a
   necessity.

   着物は優雅だけど、
   当日の調理場はてんてこ舞い! 
   割烹着は必需品です。

・・・当日、この姿を見て「学生時代に寮で給仕してくれた女性を思い出した」と年配の
ゲストの方から言われました。 フリルのついた割烹着が、昔のイギリスの給仕さんの
エプロン姿を連想させたようでした。


Each guest was dressed up, someone wore with something Japanese style, seemed to enjoy the special night.  And, we found a KABUKI-man there!
お客様はジャパニーズナイトを楽しもうと、思い思いに日本らしさをアピールしながら
ドレスアップされていました。 その中に 『カブキ・マンがいる』って聞いて・・・何? 
調理場から覗いたら・・・ 派手なフェイスペイントが見えました。 
うわ~ホントだ、カブいてる~!

    At the table

************************************************************************************
In the kitchen :
作った料理は次々とテーブルへ運ばれていきました。

       AMUSE BOUCHES TRAY 
             ~ a garden scene of early summer ~

       Amuse Bouches Tray 
    アミューズ・ブシュ(前菜)、初夏のガーデンをイメージしてアレンジ


Veg.1/12/19 V.T.1/12/19 C.T.T.1/12/19

B.R.1/12/19 ABT-BR ABT-P

ABT-SL ABT-TZ ABT-E

A.S.1/12/19 T.G.1/12/19 W.wakakusa-yaki


Sake-kasu icecream
  Desserts: Sake-kasu ice cream
         & honey marinade fresh berries


  It should be brilliant that the fragrance of "Hinoki" wood
  from the square sake-cup, which was well combined
  with the flavorful sake ice cream.

  デザート: 酒粕アイスクリームと
             ハニーマリネード・フレッシュベリー 

枡のヒノキの香りと、酒風味たっぷりのアイスが、素敵なハーモニーを醸しだしている! 


   Tasting of Junmai-dai-ginjo        from Bruno's SAKE selection
   Junmai-ginjo  Sake/tasting

   テーブルでは宴たけなわ、かなり盛り上がっています。
   料理を出し終えて、ここで一息。

*********************************************************************************
While the dining was in full swing, I started the preparation of the Way of Tea
(Tea Ceremony) at the living area.

Hibachi-tableいよいよお茶ね。 
今のうちに奥のスペース
を整え、お手前の順番を
頭の中でおさらいして
         おこう・・・ 
割烹着をはずし、水差し
だの道具を運び始めたら、
サササ~と皆さんがソファー
    に移動してきました。 
待って
まだ準備できてな~い
        !!! 
焦りつつ、グルリとお客様に囲まれて深呼吸。 静かに手を動かし始めました。  


Ichigo-ichie  I wrote the theme Ichi-go Ichi-e
  (once‐in‐a‐lifetime chance) on
  the rice paper.  Hoping everyone
  enjoyed that moment together.  

  一期一会をテーマに。 
  (予め和紙にしたため、そこへ点てた
  お茶をのせて、お一人ずつ渡して                もらいました)   


Ohikashi
  Here are the traditional tea sweets.
  Cute, aren't they?!
                お茶のお供は
      帰国時いとこが持たせてくれた
             かわいいお干菓子、
      ここで大きな出番となりました。


Matcha-1/12/19
   このときの抹茶は、友人が日本から
   持ってきてくれた『太閤の白』。 
   マイルドな味わいで、抹茶は初めて
   という皆さんに大変好評でした。

   The selection of Matcha:
   I used the one in the white container
   which had a mild bitterness yet deep
                                                  flavor.

Originally the "Way of Tea" was a mental training/meditation of Samurai boys.
This ceremony style was established in the civil war era.  They appreciated such a precious moment of being together in that time they didn't know their life on the next day. Samurai were not allowed to put their sword on which was important next to their life, to enter the ceremony room. The place was that anyone returns to just a human in the time of severe class system.
一生に一度の今日の出会いと時間。 今の茶道スタイルが確立されたのは戦国時代。 明日をも知れない我が身・世の中で、今こうして席を共にする相手とのかけがえのないひと時を思い、味わうこと。 侍は命の次に大切な刀を外さなければ入ることのできない神聖な茶室。 厳しい身分制度の中で、誰もが一人の人間に戻る場所。  
・・・という内容を、夫に頼んで解説してもらいました。

一心不乱に茶筅を振り、十碗のお茶がほぼ終わったときに気づいた・・・
あ、撮影お願いするの忘れてた~


The man who listened to the story beside me, got off the sofa, took off the shoes,
and tried to sit on the floor like Japanese way. That moved my heart!
私の隣で熱心に話しを聴いていた男性が、ソファーを降り、靴を脱いで正座しようとして
いました。(外人は正座できない人がほとんどなのですが)  
その姿にこちらの心が動き、カメラを渡して撮ってもらいました。  

Kabuki-man  He was the KABUKI-man!
  With this cool KABUKI make-up,
  he should enjoy the special night
  very well. Though I want to give
  thanks when I can see him again
  in town, I can't recognize his face...

  この男性がカブいてる人。 
  ジャパニーズナイトを精一杯楽しもう
  と、彼なりの最高のドレスアップ
            だったに違いない。                 町で会えたらお礼を言いたいけど、素顔わからないわ。。


Okyakusama2



   So glad that I could spend
   a splendid time together there.

   Arigato gozaimashita.



Okyakusama3 Okyakusama1
           素晴らしいひと時をご一緒できたこと、感謝いたします
*****************************************************************************************

Wanaka-Sun



  数日後、このイベントのことが
  地元新聞 Wānaka Sun
  掲載され、大変嬉しく、
  当日のことが蘇ってきました。

  A few days later, the article about it
  was published in the Wānaka Sun!
  The day revived delightfully.


  Ngā mihi aroha nui...