Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Te reo Māori, my third language マオリ語と日本語の間で


Tēnā koutou katoa.
Mā te kōrero i te reo e ora ai
Mā te ora o te reo ka rangatira.
Ngā mihi ahau ki te taiao e karapoti ana i tātou.

Anei āku tuhinga mō tāku akoranga i nga reo toru.
*************************************************************************************

Kua mutu te ara reo Māori tuarua i tēnei wiki. Koia, koia!
I mua, i whakapono ahau i te whakahua pai ki te kōrero nō te mea te ōrite i te reo Hapani. Heoi anō, kaore ahau e taea e korero "R" tika....

The course of Te reo (Year-2) was completed.  
It was not easy for me but I accomplished it. Praises myself now.
I felt the pronunciation was not so hard because it resembles Japanese one, only
R is difficult because I cannot do trilling...which is needed to pronounce correctly.


一昨年マオリ語の学習に初挑戦、一年間のコースを受講しました。 昨年のブランクを
経て、今年は2年生として参加したコースもようやく修了。 レベルでいうと、私たち
日本人が中学2~3年生で習った英語レベルかな。 簡単な文は調べながら書けても
なかなかしゃべれません(汗) これは英会話の弱さと一緒か・・・ 
口や耳よりも、文字を目で見て学習してるからイケナイんだよね。 わかっているけど、
文字を見ないと頭に入ってこない。。  日本人だから発音は自信あるけどね
マオリ語の発音は日本語の発音と似ているので簡単! ・・・と思っていたそばから、
「Rの発音ができてない」
と指摘されました。 つまり巻き舌のこと。 
これから練習してできるようになるかしら。。

*************************************************************************************

He uaua te mārama i te ako māku o Hapanihi, mā roto i te whakawhiti i te Pākehā. Engari kua whiwhi ahau i nga āwhina nui i nga kaiako me nga whānau i te akoranga. Kātahi ka haere mai te ao Māori ki mua i ahau.

For me that English was not my native language, the English explanation in itself made me feel being struggled sometimes. But I was always encouraged and supported by teachers and class-mates around me. Once I understood the explanation, the Māori world suddenly stepped closer to me.

授業は英語で説明しながら進みますが。 私はその英語からして理解するのに人より
時間がかかるので、授業中もムムム~??? なんだけど、英語解説がわかった
とたんにストンと腑に落ちる感覚で、マオリ語がグッと近づきます。 英語の向こうにあると思っていたマオリ語が、妙に自分寄り(日本人寄り)に感じる瞬間が何度もありました。 単語も文の構造も全く異なるけど、言葉の裏に見える考え方や習慣が
日本の風習と少し似ているからかも。 自分のルーツ・先祖・家系を重んじること、自然への敬意、建物や乗り物でさえ敬語を使います。 (敬意を示す意味で、言葉の一部分が変わります)

************************ O category & A category ************************

I ako mātou i te momo O me te momo A kia whakamahi i nga kupu.
He āhuareka mō nga hōiho.   Whakamahia te O ki te hoiho kei te waka,
ā, whakamahia te A ki te hoiho kei te kararehe.

In Te reo, the words are sometimes slightly changed by what we show our respect, like Japanese language. I was interested in using those for the horse.
When we ride on the horse, the words indicating the respect are used for the horse as a vehicle, and we use O.  But when we are not on the horse, we use A as same as other animals.

おもしろいと思ったのは馬。 馬に乗っているときは、乗り物である馬に敬意を示す
Oを使います。 一方、馬を降りたら、他の動物に対してもそうですがOではなくA
使います。 相手や状況により敬語の使い分けができる日本人にとっては、この感覚
は掴みやすいかも。


***************************** P E P E H A *******************************

Ko Oku-chichibu te māunga.
Ko Shingashi-gawa te awa.
Ko Musashi-no te whenua.
Ko Kawagoe-han tōku iwi.
Nō Saitama o Hapani ahau.
Ko Yumi Sasaki tāku ingoa, he Ngāti Hapanihi ahau.

Learning about "Pepeha" made me search my origin.  Who I am? 
It made me search the history of my hometown, my ancestors and relatives.
I haven't minded such details so far. "I'm a Japanese", that's all before.

ルーツを大切にするということで、自己紹介は長いです。 ペペハという部分です。 
自分の出身の山・川・土地・部族・先祖・親の名前まで紹介してから、ようやく自分の
名前です。 私の山ってどこ? 山で育ったわけじゃないのでねえ。。埼玉だから奥秩父としておこう。 川は新河岸川かな(新河岸川は昔、江戸・川越間の物資の運搬として
舟運が盛んだったらしい)。 土地は間違いなく武蔵野でしょう! 小学校の校歌にも
あったしね。 部族? 川越藩かな。なんかカッコいい響き! 日本人である自分は、
これに加えて、民族としてハパニヒと付け加えています。(ジャパンはハパニ、
ジャパニーズはハパニヒです)   自分は誰? 何者? 
このマオリ式自己紹介を学んだことで、故郷の歴史や親・親戚について調べたり
考えてみるきっかけになりました。 


*********************** Mr. Yukichi Fukuzawa *************************

Ko Yukichi Fukuzawa, he tangata rongonui, tōku rangatira anō i roto i tōku ngākau.
Nāna te whakamanawa tāku akoranga o te reo hou.

One more person who encouraged me was here on the note of JPY10000,
Yukichi Fukuzawa (1835~1901).  He learnt his 3rd language of English via
                                his 2nd language of Dutch.

Yukichi note
  Yukichi was one of a few of   
  Japanese who knew Dutch,
  he learnt it in Nagasaki (one of
  the port city in Japan) where only
  the place of the trade with a foreign
  country, the Netherlands, in those
  days of the isolation policy in
  Japan. 
  One day he realized that he
  needed to understand English
for future, in the trend of the times that Japan was going to open the country soon. 
The reliance to learn his new language of English was his knowledge of Dutch.
(There haven't been English-Japanese translation materials yet in that times)
He might had the same impatience to learn new language by non-native language. 

第二言語(英語)で第三言語(マオリ語)を学ぶ。 とても時間のかかる
ことで、たまに折れそうになるときもあったけど。。。 この人に励まされました!
一万円札の顔、福沢諭吉!
幕末、近代化に向けて日本が大きく変わろうとしていた時代、これからは英語を身に
つける必要があると感じた諭吉さん。 日本語と英語を繋ぐものがまだ存在しなかった
時代に、それまで長崎遊学時代に学んだ蘭学やオランダ語の知識を持っていた彼は、
オランダ語を介して英語を学んだとのこと。 当時、英和辞典はなくても英蘭辞典は
あったのかだろうか。 この人も第二言語で第三言語を学んでいたのかと・・・
想像しているうちに、また力が湧いてきた。  比べる対象が偉大すぎるけど(笑)

************************ Whakamutunga ***************************

Learning the language is knowing the people.
Wishing to know the people is making peace.
I thank for being in this environment that I can learn.
Thanks to my family, teachers, classmates, and this country.

語学を学ぶということは、その民族を知るということ。 
民族を知ろうと思う気持ちが平和をつくることになるかなと感じてます。 
そして学ぶ環境にいられることにも感謝しなくちゃいけませんね。 
家族、先生、クラスメート、この地、全てに感謝の気持ちを込めて。。

He ako i te reo, te mōhio ki te iwi.
He mōhio ki te iwi, hoki te rongo.
Ngā mihi nui ki nga kaiako, ki nga hoa, ki tōku whanau, ki Aotearoa.
Nō reira, tēnā koutou, tēnā koutou, tēnā koutou katoa.



Zen and Samurai in te reo Maori  千利休をマオリ語で

"Te reo Maori" course was finished last week. The last subject was a speech
about a person. The theme that I chose was....
Sen no Rikyu and his "Way of tea" (Tea ceremony).
I introduce the script of my speech by trilingual here.

マオリ語のコースが先週で終了。 最後の課題はスピーチでした。 
無謀とは思いながらも、私が選んだテーマは・・・千利休と茶道。 
マオリ語のレベルが初級なので、言いたいことがなかなか表現できないのが
もどかしかったけど、どうしても伝えたかったのです。

授業で落ちこぼれていた私が、先生から褒められた最後の課題、そのスピーチの
台本となったものを、ここに三言語で掲載したいと思います。
(当然、いつものバイリンガルよりさらに長くなりました~)

******************************************************************************

Cha-Kaisei-goza-4
  Na Sen no Rikyu i hanga
  he tikanga e ora tonu ana
  i roto i nga ruma ti o Hapani,
  me te manawa o nga iwi.







E-5
Sen no Rikyu created a legacy
that still lives on strong today
in the tea rooms of Japan and
in the hearts of its people.


千利休が私たち日本人に残して
くれたもの、その遺産は今も尚、
日本のお茶室に、そして人々の
心の中に、確かに息づいています。


He te rangatira o te ti a Rikyu i te wa whawhai o te rau tau o 1600 i Hapani.
Rikyu was a tea master in the civil war era of 16th Century in Japan.
利休は16世紀(日本の戦国時代)に生きた茶人でした。

Nana i whakapumau te “Ara- ti ” ia.
It was he who completed the “Way of tea”.
『わび茶』の流れをくみ、精神文化としての茶道を完成させた人物です。

Ko Yamato-gawa tona awa.
Ko Izumi-no-kuni tona whenua.
Ko Sakai tona kainga.
Ko Tanaka Yohei tona papa.
Ko Gesshin tona mama.
Ko Soen tona tuahine.


He was from Sakai which was in the part of Izumi-no-kuni and was south of Yamato-gawa river (in current Osaka). His father: Yohyoe Tanaka / His mother: Gesshinn /
His sister: Soen

出身:大和川の南に位置したところ、和泉国に所在する堺。 父は田中与兵衛、
母は月岑、妹は宗円。

Inahea a Rikyu i whanau mai?
I whanau mai ia i te tau 1522 i te taone o Sakai.

When was Rikyu born?
He was born in the year 1522 in the town of Sakai.
利休は1522年、当時貿易の盛んな堺の町に生まれました。

I timata ia ki te ako i te “Ara-ti ” i ana tau tamariki.
He began to learn the “Way of tea” at his young years.
彼は若いときから茶の湯を学び始め、

Na wai i ako te “Ara- ti ” ki a Rikyu?
Na Takeno Jouo i ako te “Ara-ti ” ki a ia.

Who taught the “Way of tea” to Rikyu?
Takeno Jouo taught the “way of tea” to him.
やがて武野紹鴎を師として学びました。

I ako te “Zen” Buddhism ia ano i te Daitoku-ji temepara i roto i Kyoto. 
Katahi ka herepu ia te “Ara-ti ” me te whakamatau o te Zen.
He also studied the “Zen” Buddhism at Daitoku-ji temple in Kyoto.
And then he tied the "way of tea" and philosophical Zen.
師匠同様、彼もまた京都・大徳寺にて禅の修業を行ったことでその思想を体験し、
それが茶の道の精神へと結びついていったのです。


E wha nga tumuaki i te “Ara-ti ” e Rikyu.
There are four fundamental qualities in the “Way of tea” by Rikyu.
~四規~ 利休が唱えた茶の精神
Cha-no-2015-11-12
 noho rangimarie         Harmony
   manaaki            Respect
   horoi noa            Purity
   noho puku            Tranquility



I whiwhi ia ki te turanga mahi o tohunga
– whakahaere – ti.
Ko ia te tohunga mo a Toyotomi Hideyoshi
– he rangatira samurai ia..

He got the position of an expert tea master, and he was the exclusive specialist
for the top of samurai, Toyotomi Hideyoshi.

戦国時代という背景の中で、利休は織田信長に仕え、信長没後は全国を統一した
豊臣秀吉に仕えました。

Ahakoa he tata raua i nga wa katoa, he uaua te whanaungatanga i waenganui
a Rikyu raua ko Hideyoshi, a, te mutunga meinga tana matenga.

Though they were close to each other, the relationship was heavy between Rikyu & Hideyoshi, and eventually caused his death.
秀吉は利休を敬愛し政務にも重く用いていましたが、二人の茶に対する精神的な違い等が異なり、関係は複雑に、ついには利休の死をもたらしました。 謝罪すれば命は救われたかもしれませんが、利休は最後まで自分の信念を曲げなかったのです。

Na te ota o Hideyoshi, i te harakiri a Rikyu ano.
By the order of Hideyoshi, Rikyu did the “Harakiri”- ritual suicide. Just before that, Rikyu served tea to the people who came to bring Hideyoshi's order, which was his last hospitality.
秀吉により、利休切腹の命がくだされました。 それを伝えに来た人々に、利休は最後の
お茶を点てたといわれています。

Inahea a Rikyu mate ai?    When did Rikyu die?
I te tau 1591 ia mate ai.     He died in the year of 1591.
E hia ana tau i te wa?      How old was he at the time?
70 ana tau.              He was 70 years old.
                    1591年、享年70歳のときでした。


       * * * * *  His distinguished services  * * * * *

Tea-ceremony-venue

Path in the garden Koshikake-machiai

Roji-zori


Me te pou o te "Ara-ti ",
i waihongia a Rikyu i te hoahoanga o te ruma ti / kari hoahoa / toi uku.
Hei aha? Hei inu te ti i roto i te āhuatanga pai.
With establishment of the "Wabi-cha" (ceremony in the rustic simplicity),
Rikyu left an achievement in the field of architecture of the tea-ceremony room / garden design / ceramic art, which all were the purpose of having a tea in the best situation.

『わび茶』の完成と共に、利休は、茶室の建築様式・露地(茶庭)のデザイン・茶碗や
道具にも功績を残しました。 全ては一碗の茶を最大限に味わうためのプロローグ~
エピローグとなり、茶道を芸術として完成させました。

Nijiri-guchi-O  He te iti te tomokanga o te ruma ti,
  ara ko te “Nijiri-guchi”,
  kia whakapiko nga tangata i te tomo,
  hei manaaki ki te whakataka mo te hui-ti.


  A small low doorway (70x70cm) ,
  namely “Nijiri-guchi”,
  enough to require the guests to bend down
  to enter, for the purpose of humbling
  themselves to show respect in preparation
  for the tea ceremony.


  利休が残した茶室様式のひとつ、にじり口。 
  縦横約70cmほどの小さな入り口。 
それは人々が茶室に入る際に、身をかがめることで、神聖な空間に敬意を表すこと
であり、自分の足元を見つめることでもあるのです。


Nijiri-guchi-IKaua e te Samurai e kawe tona hoari
i roto i te ruma, no te mea he wahi tapu.
Me unu e ratou te hoari i mua i te tomo.


Samurai shouldn't bring his sword (which is
the soul of Samurai) into the ceremony room, because it is a sacred place.
They had to take off the sword before entering.


侍は(その魂である)刀を持って入ることを
許されない、茶室とはそれほどの神聖な空間
であったのです。 実際にじり口の付近には、
はずした刀を掛けておく場所『刀掛』があった
ようです。

He tikanga,
me hoki mai ratou katoa hei tangata ano, kia hiahia rangimarie i te wa whawhai.

It means that everyone should return to be just a person (human equality),
with the purpose of wishing of peace there in the time of the war.

~全ての人が、茶室ではただの人間に戻る~  戦乱の世に、身分制度の厳しい
時代に、その頂点にいた利休が、心から平和を願っていたことが伺われます。


Ahea tatou tutaki ai ki a Rikyu?
When can we meet Rikyu?
私たちは、いつか利休に会うことができますか?

    T.Ceremony-ending

A te wa ka mahi tatou i te “Ara-ti ”.
Ka taea e tatou te rongo i te wairua o Rikyu.

It is when we follow the “Way of tea”. We can feel the spirit of Rikyu.
茶の湯の精神を学ぶとき、きっと利休の声が聞こえてくるでしょう。


No reira, e te whanau, kei te whakauru ahau i tetahi o ana kupu,
hei whakamutunga.

Then I introduce one of his sayings to you, as follows, as the conclusion.
おしまいに、利休が残した言葉の一つをご紹介します。


Ahakoa ka inu te tokomaha o nga iwi i te ti,
ki te kore koutou e mohio ki te "Ara-ti",
ka inu te ti i a koutou ake.


                     Though many people drink tea,
                      if you do not know the "Way of tea",
                      tea will drink you up.


             多くの人々が茶を飲むけれど、
             茶の湯の心知らずとすれば、
             茶があなたを飲み干すでしょう。

  (・・・という言葉に置きかえられるでしょうか。 
    ごめんなさい、本来の句が見つからず、英訳から逆和訳させていただきました)


Tena koutou, tena koutou, tena koutou katoa.
 
***************************************************************************

録画した映像は、最初に1分ほどお点前の一部を入れ、全部で8分。
マオリ語(レベル1)の記念の作品になりました。

今回スピーチの資料作りのために、千利休のことをたくさん調べましたが、
その中にこんな素敵な言葉を見つけました。

「謙虚さ」「思いやり」など、日本人が世界から賛美される「日本人らしさ」の多くは、
利休の哲学によって生み出され受け継がれた私たちの心のもち方なのです。


           I appreciate this amazing opportunity
      that I met new language, new culture, and new friends
                   this year.
 

             Whakaaro nui mo te katoa!