Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

New Year's cooking 2017  B&Bささの木、お正月料理


Welcome 2017 !

First BB-2017L

明けましておめでとうございます
今年も、どうぞよろしくお願いいたします


Happy New Year!
Having Japanese guests during the New Year season,
I enjoyed cooking of special dishes as my hospitality.

年末・年始ご宿泊のお客様をお迎えして、
B&Bささの木では、こんな料理でおもてなしさせていただきました。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Cherry Tiramisu  On the New Year's Eve,
  I was busy all the day for preparation of dishes.
  DESSERT : Tiramisu with seasonal cherries

  大晦日の午前中にデザートの仕込みを。
  今が旬のさくらんぼを使って、チェリーのティラミス。
  



Trevally-M




              Fresh Trevally, looked beautiful!
       I marinated them (with soy, sake, and mirin)
           for half day in the fridge before slicing.
         Sashimi of Trevally, so delicious!

めずらしくTrevally (シマアジ)が入荷していたので即購入。 
          なんて美味しそ~!
刺身漬けにして前菜の一部に盛り合わせることにしました。


WINE (この日のワイン) :
MAUDE  Sauvignon Blanc  2015  (Marlborough)
TWO SISTERS  Pinot Noir  2011  (Central Otago)


MAIN :  Roast of lamb rack
     Chawan-mushi (savory custard) with blue cheese and prawn
     pork meat loaf


メインはラムラック、
一緒に盛り合わせたブルーチーズの茶碗蒸し、ミートローフも、ワインのお供に。

Meat-roaf
  セージの香りを利かせたミートローフ、
  刻んだにんじん葉も入って
  ほんのりセリの風味がします。


             and, "Toshikoshi-soba"
     Toshikoshi-soba which means buckwheat noodles
     which are eaten on New Year's Eve for good luck.
Toshikoshi-soba






      やっぱり年越しそばは欠かせないなぁ~
・・・と思っていたところ、ご到着のお客様から、ナント
このタイミングで戸隠のそばをお土産にいただきました。 
早速使わせていただいて、
     メインに続いて、海老とアスパラガスのそば。 



ワインの後は、お客様がお持ちになった素晴らしく美味しい焼酎をロックで楽しんで・・・

デザートのチェリーティラミスを出す頃には、もう年越し間近。
お酒とおしゃべりは続き、年始のご挨拶をかわしてから就寝。

After enjoying the dinner with drinking,
when I served the dessert, it seemed at the last minutes of the year.


****** The first breakfast of this year  元旦の朝ごはん ******

BBDishes
  Grilled prawns, Nishiki-tamago (egg dish),
  Grill of miso marinaded chicken

  海老のグリル、錦玉子、鶏の味噌漬け焼き



    BBBR
                        Rice mixed with little-some black rice
                         黒米を混ぜたほんのり塩味のごはん


BBM.Soup-2  Miso soup of mussels
  マッスル(ムール貝)
  お吸物にするはずが、
  寝ぼけてお味噌汁を作ってしまいました。。。



     BBNimono
                  Nimono (simmered dish) of tofu, Shiitake, daikon, and carrot
                         煮物: 深夜さんざん呑んだあと
                         夜中の3時に作ったので味付けが心配だったけど、
                         濃すぎることもなくホッとしました~
BBCerries



  Seasonal cherries

  朝のフレッシュフルーツは
  さくらんぼ






 ******* DINNER PREPARATION  ディナー仕込み ********


S-kobumaki
  サーモンの昆布巻き
  こちらには、かんぴょうがないので、いつも何で結ぼうか
  考えてしまいますが、今年はコレで。
  にんじん葉の茎の部分、葉は火を通して食べますが、
  茎は硬いので捨てようとしたところで・・・ひらめいた!
  湯がいてみたら、巻くのにちょうどいい硬さ。

S-kobumaki-2





                           出来上がり!

      The traditional New year's dish,
        Kobu-maki of salmon
     Salmon is wrapped by Kombu (kelp)
         and simmered in broth.



Kotobuki-ChS

  Because I got "Kotobuki-bashi" (special chopsticks
  for celebration) from one of the guest,
  I made the setting with traditional Japanese style.
  I arranged cooked dishes in Shokado boxes.

  日本からお持ちになったという寿箸をお客様から
  いただいたので、松花堂ボックスに料理を盛込み、
  日本のお正月イメージにしました。
  (料理自体は和洋折衷です)




APPETIZER : Two kinds of Shira-ae (tofu dish), served with fresh bread.
S.-Nozawana  S.-Mussel  
創作白和え:
左の具はカラマタ・オリーブと、いただいた野沢菜漬けを(塩抜きしてから)刻んだもの。
右の具はスティームしたマッスルの身を刻んだもの。
両方の和え衣は、マッシュした豆腐に少量の昆布茶と、たっぷりのオリーブオイルの味付け。
ワインのおつまみにぴったりです! スライスしたバゲットやチャバタ・ブレッドと共に。


MAIN : Small portions of variety dishes in the box 
他にはこんな料理で。
GD-1  Maguro (tuna) and avocado salad
  漬けマグロとアボカドのタルタル



         Vegetables saute
   GD-2
                                  野菜のソテー
                         ガーリック、アンチョビ、パルメザンチーズで
                                  イタリアン小鉢

GD-3
  Kobu-jime of beef sirloin
   (marinated sirloin by Kombu wrapping)  
  Quickly fried then sliced thinly.
                
  前日から昆布締めしておいたビーフ・サーロイン
  強火でさっと焼いて薄くスライス。
  ピンクのラディッシュおろしと山葵オイルを
  添えましたが、柚子こしょうでも美味しそう。


          Completed!
   GDBox
                                  完成!
GD-4


  Temari-zushi (little rice balls) at the end.

  少しご飯ものが欲しいよねっていうことで、
  手まり寿司風。 
  炒めたにんじん葉とトビコをトッピング。







WINE (この日のワイン) :
DELEGAT  Crownthorpe Terraces  Chardonny  2015  (Hawkes Bay)
YALUMBA PATCHWORK  Barossas Shiraz  2010  (South Australia)


連日お酒好きなお客様ばかりで、毎晩飲み会状態!
この日は明けて午前2時まで。
お酒が延々続いて、デザートは翌朝に、というリクエストでしたが。。。
結局忘れてしまいました。(スミマセン!)
元旦のデザート、準備していたのは・・・
                       
G.Dessert-3
DESSERT : Matcha gateau chocolat
       & Shibukawa-ni

       (marrons glaces Japanese style)

抹茶ガトーショコラ: 
焼き上がりを角型にしてさらに和の雰囲気に。 

栗の渋皮煮: 
昨年5月に作ったもの。ひと粒で特別感がでます。



Peices of Gold




  A tiny piece of gold on the gateau...
  it made celebration appearance.
  Looked very Japanese!

  そして、ひとひらの金箔を。
  昨年の臨時帰国時、羽田空港で見つけたもの。
  ようやく出番がやってきました。
  上にちょこっとのせるだけで、一気にお祝いモードに。


G.Dessert


出しそびれてしまってガッカリしながらも、
画像を撮影したあと、自分へのご褒美に
                  しっかり食べました。 
       あぁ美味しい!

きょうこさん&ようこさん、
  次回は是非この特製スイーツを味わってくださいね。





愉快なお客様たちと過ごした賑やかな年末・年始、
2017年が良い年になりますように


I shared a great time with pleasant guests at this festive time.

Hoping this year will be a wonderful one for everybody.


Christmas dinner at B&B Sasanoki  クリスマス・ディナー2016

It's crazy busy during the festive season this year!

Ch.Santa  On the Christmas day, I had my daughter
  helped me with the cleaning, washing,
  bed making , etc, instead of me for thanks,
  then I could stay in the kitchen all the afternoon
  to devote myself to the cooking for the evening.

  今年のクリスマスは目の回るような忙しさ!
  休みで家にいる娘に掃除・洗濯・ベッドメイクを
  手伝ってもらって、午後からキッチンにこもって、
  今宵の料理に専念。

  Although I cook Japanese dishes usually,
  I have challenged New Zealand style dishes
                                            on that day.


Christmas Pudding, the traditional Christmas sweet... 
Ch.P-1  Instead of the brandy sauce,
  I arranged whipped cream mixed with a little
  of creamcheese to cover the pudding,
  which made the sweet in itself the light
  finish.

  まずはデザートの仕上げから。
  伝統のクリスマス・プディング。
  本来はここにブランデーソースなのですが・・・
  プディング自体がリキュールの効いた
  ドライ・フルーツたっぷりの、これでもか!
  っていうほど甘くて濃厚な味なので、
  軽いホイップド・クリームチーズに。 
  想像では合いそうなんだけど・・・
  どうかな?



  S.Pav-1
Pavlova,the traditional NZ dessert.
Decorated with whipped cream and
seasonal berries on the pavlova which
I baked the night before.

もうひとつ、
前夜のうちに焼いておいたパブロバに、
クリームとフルーツのデコレーション。 
旬のイチゴとブルーベリーをたっぷり。 







Christmas Ham, one of the traditional main dish.
Ch.H-1
  メインのクリスマス・ハム。
  骨付きのでっかいヤツ。 
  その中で小さめを選んだけど4.2kg! 
  (8人とはいえ、食べきれるのか?)

  Though I chose the smallest one,
  it's still more than 4kg!
  Too large for 8people.



Ch.H-2



       Followed the instruction....


       下の脂肪部分を残したまま
       皮を丁寧に取り除いて・・・
       クロスカットしたところへ
       クローブを刺していきます。 
       (見た目ちょっとグロいけど)



Ch.H-3  I made the graze with
  brandy, apricot sauce, wholegrain mustard,
  and honey.

  ブランデー、アプリコット・ソース、マスタード、
  ハチミツを合わせてグレイズを作り、
  刷毛で全体に塗り、オーブンへ。 
  低温で1時間半くらい、途中グレイズを何度か
  塗りなおしては表面の状態をチェック。 
  (・・・このグレイズ、とっても美味しかった。 
  来年も作るなら、また同じ味付けにしたい)




Ch.H-4 

     Done after baking for 90 minutes!
       Shiny and looks very delicious!


        完成!こんなに美味しそうな
          飴色に焼きあがりました。 
             こんがりジューシー!
              皆さんが揃ったら、
         切り分けていただきましょう。 






Rice dish, Seafood Paella, (which is not a NZ dish though)
C.Paella-1
  I made paella in a wok of 36cm
  which was good enough for 8.

  同時に
  ガス台ではパエリヤ調理。
  直径36cmの大きなウォックに
  たっぷり8人分。 
  このウォックで作るのは初めて、
  鍋の深さとお米のバランスは
  感覚を頼りに、ぶっつけ本番!

C.Paella-2
  


              いい香りがしてきた!
                     中をチェック
 
                Smells very nice!!




Pie-pcs



   Prep for cheesey pie with garlic, tomato,
   olive, and basil.

   おつまみ用のパイも、オーブン前にセット








           ~ Meanwhile, the guests arrived in sequence ~

               そうこうしているうちに、お客様がご到着。 
           お部屋のご案内、ゆっくりお風呂をお使いいただいてから・・・


A bottle of sparkling wine, uncorks and toasts it!
まずは、スパークリング・ワイン、栓を抜いて乾杯!

CH.C-2

 Pulled the Christmas crackers!

 クリスマスと言えば、クラッカーも。
 中身はクリスマス・クラウン
 (紙の冠)、ジョークが書かれた紙、
 小さなギフト(おもちゃ?)



CH.C-3 CH.C-4
CH.C-1 










~ On the table ~
盛り上がったところで、ディナー・テーブルへ。

Ch.D-S Ch.D-M

CH.D-C Ch.D-D

Ch.H-5 Ch.Dsrt



S.Pav-2  Pavlova, great popularity!
  This airy-light texture, the combination of
  merengue's sweetness and fresh fruit's acidity.
  Nice refreshment after the big meal.

  パブロバ、大好評! 
  このフワ~リとした軽いのが食後にピッタリ。 
  日本人の味覚に合わせて、従来のレシピより
  甘さ控えめで作って正解!





Drinking, eating, chatting, entertainment of piano performance...
It was continued till nearly 12 midnight.

ビール、ワインと続き、最後はバーボンまで、途中ピアノ演奏の余興あり、
楽しいおしゃべりの夜会、
やっと暗くなったと思ったらもう12時近い!

Ch.N2016

夏のクリスマス・ディナー、お楽しみいただけたかしら?

Hoping everyone enjoyed the night.

Smr/Ch.2016


~ Summer Christmas in Wanaka ~




クリスマス・ディナー準備中

ここ2~3年、クリスマスの日(25日)は、日本からのお客様はいらっしゃらなかったし、
娘も大人に近くなったので、我が家ではあまりクリスマスらしいことをしてませんでしたが・・・

Ch.Prep-1 
   今年はありがたいことに、12月後半から
   ずっと満室状態の我が家。
   そして明日25日ご予約のお客様から
   クリスマスディナーのリクエストを
   いただいたので、
   「よし、今年はやるか!」となりまして、
   早いうちにツリーを飾り(2年ぶり!)
   部屋のデコレーションなど、
        準備に取り掛かかりました。


  Ch.Prep-2

Ch.Prep-3


当日は二組のお客様とご一緒で合計8名分のディナー。

NZらしいクリスマス・メニューということで、
クリスマス・ハムをメインに、ロースト、魚介のパエリヤ、サマーサラダ、パブロバと
クリスマス・プディングを予定。

仕込みの前に仕入れですが・・・
この時期の買出しは大仕事。 別荘に戻ってくるオーナーたち一族と観光客で、
普段の何倍にも膨れ上がるワナカの人口。 町は渋滞です。 パーキング探しに始まり、スーパーの中の人・人・人の波を掻き分けながら満タンになったカートを押し歩き、レジで長い列に並ぶこと30分以上、買出しに2時間を費やしました。


Ch.Prep-4


         夜10時、ようやく暮れてきました。




Pav.prep.






  今晩もご宿泊のお客様がいらっしゃいますので
  ディナーが全て終了し、朝食の仕込みを終えて
  から、ようやくパブロバ作りスタート。

  オーブンへ入れて、座ったらホッと一息。 
  あ、12時まわってる・・・
  今晩はここまで。

  
                  明日うまくいきますように。。。

                 MERRY CHRISTMAS




思い出のラムシャンク

5年ぶりに、なつかしい方が再訪しました。
数年前までスキーインストラクターで、季節的ワナカ在住者だったこの方、
                           今はナント日本で医大生してます。 
ヴァイオリニストでもあり、かなりのワイン通&食通のシンペイちゃん。
5年前の我が家でのアンサンブル・コンサートが脳裏に蘇りましたが、
今回は忙しい大学生活を縫っての短期旅行とあって、ヴァイオリンは持参せず。

スキーと観光を混ぜてワナカに4泊。

Kina-2
  今回ダニーデン経由でワナカ入り、
  ダニーデン土産の新鮮ウニご持参で
  この笑顔~!


  Kina-1

Kina-3

  D120/08

D220/08

  D320/08


Wine20/08
  こちらで用意した料理も合わせて考えると、
  この晩のワインは白で。
  我が家の夫の最近気になっている
  Marlborough のSTARBOROUGH から3本。
  ソーヴィニョン・ブラン2014年と2015年を
  バーティカル・テースティングしながら、
  同時に2015年ピノ・グリも。
  4人で3本、ちょうど良い感じで終わりました。








翌日は、リクエストいただいてた思い出のラムシャンク

lamb preparation
  思えば5年前、
  TBS番組『世界の果ての日本人』に出演
  させていただいたとき、我が家の看板メニュー
  だったこの料理。
  NZの食材であるラムシャンク(前足のすね
  部分)を、和の味付けで煮込んだもの。

  Lamb&Daikon






あの収録時にちょうどお越しいただいた
シンペイちゃんにも味わっていただきました。

「NZに来ている気がしませんもんね、
            いい意味で。。。」
との彼のコメントは今でも我が家の財産です。



このラムシャンクと、他に、ブルーチーズの茶碗蒸し、マグロのピカタなどで・・・
この晩のワインはピノ・ノワールに。

D108/21
  またまた我が家の夫のイチオシ、
  セントラル・オタゴの
         TWO SISTERS 。
  2010年と2011年を
    バーティカル・テースティング。







D3L08/21
この段階では、皆さん口を揃えて
2010年のほうが美味しいとのことでした。
ワインは時間と共にどういう経過をたどるか、
つまり美味しさの持続時間が重要なので
この2本を栓を開けたまま残しておき、
明日の味を比べてみようとのことでした。

ところが
翌朝私がキッチンに来てみたら、
   2本ともカラ瓶!になってた
なぁんだ、結局ゆうべ全部
       飲んじゃったのね~
かくしてこの試みは実行できず・・・





最終日の夜は外食、レノンのリクエストでローンスター(Lone Star)へ。

LS22/08LL

このレストランは無料のシャトルバス・サービスがあって、のん兵衛揃いには嬉しい!
町からちょっと離れている我が家にも、ちゃんと迎えに来てくれます。
帰宅後の2次会は人数も増えて、深夜まで続きました。

4泊5日、ホントに楽しかった~
また来てね~



Japanese fusion cooking in Spring  春のフュージョン料理 

On the 9th of September, it's a festival of the Chrysanthemum (one of the five annual festivals) in Japan. Enjoying Chrysanthemum floating on Sake, people pray their longevity... What an elegant custom!

Sakura-zake090915  New Zealand different for half a year is
  spring now. I celebrate it with
       a cherry blossom instead.

  9月9日、日本は重陽の節句。 
  風流に菊酒を楽しんでみたいですが。
  (NZに菊ってあったっけ・・・)
  この時期 『ひやおろし』 に菊、
  いいなぁ、日本!

  半年違いのこちらは春を迎えたばかり。
  なので、桜酒。

  *****************************************


I had a guest "Mr. SASAKI" from Sendai, Japan.
Same name and same home country, of my husband!
He is a skier who visited here again after an interval of 8 years.
Here are some dishes which I cooked for him.

この時期にいらっしゃるお客様には、自家製の桜の花漬けと地元の食材を合わせたフュージョン料理をご用意してます。
スキーを楽しみにいらした仙台の佐々木さん、8年ぶりの再訪。 
3泊ご滞在中、用意したディナーの中からいくつかご紹介:

Entrée:
Entree07/09/15 Pieces of avocado and cream cheese,
 mixed with anchovy dressing.  
 Squeeze fresh lemon juice!
 It's delicious on a slice of baguette,
 or with Capellini.

 アボカドとクリームチーズをアンチョビと
 ドレッシングで和えたシンプルな前菜。
 搾りたてのレモン汁が味を引き締めて
 さわやか!
 極細パスタと盛り合わせたけど、
 スライスしたバゲットにもいいですね。





"Awa-yuki" steaming of white fish
Sakura-mushi fish The snowy mountain and
          the cherry blossom....
 It's just good at this time, isn't it!
 
 Seasoned meringue on pieces of fish
 and vegetables, was steamed.
 Clear dashi base sauce is attached around.
 Topping of Sakura (cherry blossom) pickles
 are delicious for eyes and in the mouth.


 桜の淡雪蒸しは本日の白身魚、ホキで。
 雪山と桜のコンビネーションが、ちょうど
 この時期にピッタリ!でしょ。
 ホロリと優しくてあったかい料理です。
 お燗酒をお勧めしたいところですが、せっかく
ワナカにいらしてるのですから地ワインを楽しんでいただきたいので、少々アレンジ。
お酒の代わりにワインで調理、昆布だしあんにはオリーブオイルでコクと風味づけ。
最後に桜の花漬けと、桜塩もパラリ・・・



"Kobu-jime"(Kombu cured) beef steak"
Kobujime-B-2
  昆布〆ビーフ・ステーキ:
  Kobujime-B-1


Kobujime-B-3
 Kobujime-B-4

A fusion dish of fresh NZ ingredients and traditional Japanese cooking way,
Kobu-jime07/09/15  which I recommend with confidence.
  Absorbing Umami from Kombu (kelp), the beef
  becomes steady, condensed and matured taste!
  After quick sear over high heat, I made the beef
  "Tataki" style.
  Enjoy with Wasabi & grated Daikon dressing
  or Lime Ponzu (citrus juice & soy sauce dressing).

  NZの新鮮食材を和の調理法で仕上げました。
  昆布の旨みを吸収して程よく締まり、凝縮された
  美味しさです! 表面を強火でさっと焼いて、たたき風。
山葵おろしドレッシングとライム・ポン酢、お好きなほうでどうぞ。


 
Gin&tonic sorbet
The dessert for him who wants to continue
drinking is... Gin and tonic sorbet
Enjoy it with full of lime juice, pouring extra Gin around.

食後も(たぶん)お酒を続けたい佐々木さんへの
デザートは・・・ ジン・トニックのソルベ。
ライム果汁たっぷりのトニック・シャーベット、
ジンを回しかけてお楽しみいただきます。




I believe he enjoy drinking and chatting with my husband more about their home country. But I wonder if he can wait for the return of my husband (around 10:30pm
or 11pm which is his normal home time), before going to bed.

我が家の夫の帰宅は、夜10時半過ぎ。
宮城県人同士、ダブル佐々木で盛り上がっていただきたいですが、それまでお待ちいただけるかどうか・・・

Come home early tonight !!!