Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Move back home!  入居しました!

大変長らくかかりましたが、8ヶ月ぶりに自宅に戻りました! これまでの経過をご報告。

Carpet-1 Carpet-2 Carpet-3


   9月下旬にカーペットが敷かれ、足元がふわり
   業者さんたちも、ここからは靴を脱いで入って
   くれるようになりました。

   Andes Peak という名のループ状のカーペット
   とても気に入ってます!
   その下に敷いてもらったアンダーレイの質の
   良さが反映されて、歩くのが気持ちイイ。
   毎回いらした方たちに好評です。


**************************************************************************

玄関横、土間のように仕立てたラウンジは靴もOKのエリア。 ここにはバーンドア
(納屋風ドア)を付けたいとお願いしていました。 

B.Door  大工さんのマットに作ってもらった
  ドア、ピーターが美しくペイントして
  くれました。 



B.Door-2






        アイアンのレールが取り付けられ、
        さらに迫力と輝きアップ


B.Door-3



  黒いプル・ハンドルが付く予定ですが、
  発注したものの入荷に3週間かかるとか・・ 
  待ち遠しいなあ

  B.Door-4






     上がり框のようにしたステップのところで
               靴を脱ぎ履きできます。 

Zabuton






  座布団をおくと、ちょっと縁側っぽい。 
  下は収納スペースに。

***********************************************************************************

内装の色選びには時間がかかりました。 いろいろ考えたけど、ほとんどの壁は
シンプルにBlack White、モノトーンの家具が映えそうです。 
 
P&S StoneE  その中で、3ヶ所だけ色を加えました。 
  土間とホールウェイの間のバーンドアに
  モスグリーンに近いDouble Napa

  二階の真ん中の壁はフィーチャーウォールとして
  ストーン・イフェクトというザラッとした仕上がりの
  ペイント、Castaway にしてもらいました。 

  ピーターとステファンの二人がかりで素早く
  ブラシを走らせ、手書きアートのように!  

  家の中心部にアース・エレメントがあると安定
  するのだそう。 ストーン・イフェクトもバーンドア
  も、それぞれの階の中心に位置し、偶然選んだ色がアースカラーで、グッドチョイスだったかしら。 何だかホッとした。


あとは玄関のドアの色。 初めはダークカラーをイメージしてたのに、夏の直射日光で
すぐに塗り直しになるのでダメと言われ、ライトな色が全く思いつかず悩みました。 
白はいやだ~・・・でもなるべく白に近い色にしなければならず。。

E.Door.Color内側の壁にぴったりな色は外壁の色
とはケンカする、外壁に合う色だと
内側の色とは相性悪い、この繰返し。 
何度Miter10 にテストポット(試し塗り用の小さなペイント缶)を買いに行った
ことか! 結局、ドアの表と裏、微妙に異なる色を塗ることで解決。 内側をSilk、外側をSerene。 どちらも
大まかに言えばサンドベージュ。 
この方角だと玄関にサンディーな色は良いようです(風水説から)。

Door inside   Door outside
少しの濃淡の差はあるにせよ、表と裏の色はほぼ一緒なんです。 画像で見ると、
太陽光の強さと周りの壁の色の影響で、全く違う色みたい。
内側だけもう一回塗るので、まだグリーンのマスキングテープそのままです。

**********************************************************************************

10月、最終水道工事が終了、シンク周りや洗面台にタイルが施されました。 

Tile plan

  タイルを貼る位置やサイズ、
  希望を絵にしてみたけど
  どうかしら。

  ダークグレーなので、
  多すぎると暗い感じになるかも?


Tile work Tile work-2

Tile work-3  

  結果は、白いキッチンが引き締まって
  良い感じになりました。 ライトをつけると
  周りのステンレスやハーブのグリーンが
  良く映える!

  


いよいよ入居して、今はこんな感じになってます
Kitchen done-L


タイミングよく日本の友人から荷物が届きました。 たくさんの日本の美味しいものと、
お風呂用グッズ、嬉しい~
Yu-noren  J.style.bathroom


この帰宅引越し、嬉しい気持ちでテンションは高いのに、体は疲れきっていて、
しばらくは段ボール箱が積まれたままで生活、まだ家の中でキャンプ状態(汗)
あとは、洗面台上のミラー、キッチンの一部になる長いシェルフ、ブラインド&カーテン
待ち、もう少しです。 徐々に片付くころには、きっと我が家の宿のホームページも
公開できるかと思います。  皆さま是非遊びに来てくださいね。



改築状況~その後

前回の記事の続き、遅まきながらやっとご報告です。

7月前半はジブストッピング(内装下地処理)

GS-t
  ジブ・ストッパーは、大小コンビの二人。 
  物静かな大きい人と、
  ドレッド・ヘアの陽気な小さい人。




  大きい人は高い天井にも軽々と手が届きますが
  小さい人は・・・ 





GS-s

   GS-l
               こんな道具で軽々とやってました。 竹馬みたい、さすが! 

*************************************************************************************

7月下旬からはペインターのピーターの出番。 人手不足とのことで、私たち夫婦も
作業着とマスクでほぼ毎日現場通い。 これまでの工事は家具や荷物を結構置いた
ままで進めていたのですが、家中の塗装となると、物をどかさなくちゃいけない。 
その処理や移動があったので一時大変な騒ぎでした。  結局家の庭にコンテナを
借りてそこへ詰め込みました。

paint paint1 

paint2 paint3 paint4

ペイントは塗る前の作業が思いのほか大変なんですね。 全ての物にシートカバーをし、縁をマスキングテープで覆い、これでもか!ってほど壁と天井をサンディング! 
娘の部屋はセロテープまみれだったので (ポスターをセロテープであちこち留めてた
ので) これ剥がすの大変!  その後サンディング、一日中やったらさすがに筋肉痛。 穴や傷があれば詰め物して平らにしておく。 下地、ファースト・コート、セカンド・コート、その間に乾かしながら、さらにサンrディングが入りました。  

Paint5   我が家は吹き抜けの天井があるので、
   ラウンジはかなり時間がかかりました。  
 
   Paint6


Paint7
   吹き抜け階段の上部も、
   高い脚立と階段途中に
   板を渡して足場を作りました。

   う~ん、これスゴイ技!

   脚立が幅取っていて人が通れない
   身を壁にすり寄せてやっとです。
   お腹の出ている業者は通れなくて
   苦労してました。
   


Room Keeping warm

  真冬、気温が低いと
  塗った塗料が乾く前に
  下に流れ落ちてしまうので、
  暖炉に薪を入れて
  家全体を暖め続けました。




***********************************************************************************

8月下旬、フローリングと電気関係がほぼ同時に入りました。 

Plumbing1  電気屋さんが施したアンダーフロアー
  ヒーティング。
  ところが問題発生。 このやり方
  何か問題あるようで、フローリング業者が
  これでは仕事にならないと。。。

  Plumbing2  Plumbing3


  剥がしてやり直せとのこと。 
  数日後に決着がつき、結局やりなおし。。 
  この作業、1000ドル~2000ドルくらいするはずだけど、
  やり直し代金は誰が負担するの?
  まさかこっちに請求こないでしょうねえ。。。(不安)




***********************************************************************************

Flooring work

  その後、カーペット以外の
  フローリングとタイルが、
  キッチン・ラウンジ・バスルーム
  に施工され、





Lighting work  Lighting work-1
ライティングも設置されて徐々に部屋らしく見えてきました。

Lighting
   シーリング・ファン、これまでの白いのとは
   異なり、黒でキリッと引き締まりました。
   今度はリモコンで操作可能。
   季節に合わせて逆回転も簡単!




んん? ちょっとペンダント多かったかしら・・・
Lighting1 Lighting2 Lighting3


ショッキングなこと:
ホールに取り付ける予定だったお気に入りのウォールライト、保管していたはずの5個
のうち2個のガラス・シェードが見つからない! あちこち探していたら、なんと!
2個割れてしまったとのこと! どうしてくれるの~~~(涙) これもう製造されて
ないものなんです。。。 何か代わりを探さなくちゃ・・・

***********************************************************************************
プラミング(水道関係のもの)が入り始めたところで、次の問題発生。 
5月に注文済み(6月下旬にはワナカに到着して3ヶ月間業者の倉庫に保管されてた)
商品が、ようやく先日我が家に配達されたのですが・・・
開けてみたら、その中に間違ったものが! 洗面台3つのうちの1つがダブルボウル
(シングルボウルでオーダーしたのに)。 すぐに再オーダーしたものの、あと3週間
かかるんですって。 水道工事をあと3週間待ってもらわなくちゃいけません。 
日本だったら、地元業者の倉庫で正しいものが入荷したかどうか確認するでしょうに。。。 数ヶ月間倉庫に置かれたまま、先日うちに届いて箱を開けてから間違いが発覚。 
ま、仕方ない、気長に待つしかない・・・
思うようにいかない感情のコントロール、まさに精神修行の毎日。

さて、来週はいよいよ各部屋にカーペットが入ります。
今度は何事も起きませんように。。。



改築・進んでます!

改築の一番の目的、一番眺めの良い場所、一番日当たりの良い北西に大きな窓を
入れて、そこをダイニングキッチンにすること。 そのために、家の中はひっくり返る
ほどの大改築となりました。 

当初の計画では、大工さんの能率があがるようにと、一番気持ちよく過ごせる夏~秋
の2・3・4・5月が工期となるように計画しましたが、そう都合よく行かず。。。 
クリスマス前ギリギリにビルディング・コンセントの書類を提出し終えてホッとして結果を
待っていたら、1月半ばになって発覚したリソース・コンセントの必要性、超特急で書類
を作成してもらいましたが、ここでも予想外のお金と時間を費やし、結局工事は2月末に
スタート。 3月後半になると異例のコロナ問題でロックダウン、6週間後に工事は再開
したものの、晩秋からの日照時間の短さでさらに遅れをとり、そして冬に突入しました。 
日中でも気温3~4度という寒さの中で、建築に携わっている人たちは朝から日暮れまで
よく働いてくれて、本当に感謝。 

この一ヶ月間の進歩:

屋根の形を変えてベランダだったところをを屋内に取り込んだエリア、そこに新しい窓
が入りました。 大きなサイズの窓、下のガラス部分のついた枠のみが大工さんの手で
はめ込まれ、特大ガラスは翌週到着し窓の専門業者が取り付けしました。 

Mado
発注していた窓(枠と下のガラスのみ)が到着。 どうやって入れるのかしら?

Mado1
大工さん二人がかりで持ち上げています。

Mado2
何とかはまりました。

Mado3




    翌週
    ここに大きいガラスが入りました。 
    スキャフォールディング(足場)
    は相変わらず目の前にあるけど、
    隙間からの眺め最高!
  







 
**************************************************************************************


BTroom
  二階お風呂場に
  バスタブ用の枠組みが付きました。

  BTroom1



S.Window
  その上にスカイ・ウィンドウ(天窓)
  が入りました。

  S.Window1







S.Window2
屋根の構造上、大きな窓は無理でしたが、
小さいながら天窓からの自然光が気持ちいい。 

**********************************************************************************

Pass to Kitchen

この前までピンクバッツ(断熱材)でピンク一色だったのが、プラスターボードが
次々はめ込まれて、部屋らしくなってきました。

************************************************************************************

Entotsu-paint
  外側に足場が高く組んである
  うちに、煙突周りの外壁を
  塗りなおし。 故障がありサビ
  が流れついていたのですが、
  すっきり綺麗になりました!

  地元ペインターのピーター、
  かれこれ20年くらいの
  お付き合い。


Peter


****************************************************************************************

数日前メザニン(中二階)の手摺りがはずされ、エリア延長のための工事がスタート。 
この日、現場に来てみたら、天井の梁に滑車のようなものが付いている! 何? 

Crane

Kitchen island top

ナ~ント!200kgもあるキッチン・アイランドの天板を、このクレーンに
つけて引き上げたのだそう! ああ~その劇的な場面を見逃してしまった~! 
冷蔵庫も同じ方法で二階へ引き上げるような話をしてました。

*****************************************************************************************

冷蔵庫といえば・・・新しいレイアウトでは、冷蔵庫がキッチン全体の左側になります。
これまで通りの右側にはスペースがなくなってしまったので。 当然扉の開く向きが逆でないと使いづらい。 設計段階では、冷蔵庫というものは扉の向きが変えられる構造になってると聞いたので、安心してたら。。。 素人が自分でやるのはやめておいたほうがいいのだとか。 業者に見積もり頼んだら、扉の向きを変える(新しい扉代込)
取付け費$580+GST!
 何とか自分でできないのかなあ。。
ユーチューブで見ると簡単に付替えできるような動画があるけど。

Fridge  Fridge-open

Fridge-FP

  買い換えてから一年ちょっと、
  まだ新品同様なんだけどなあ

  この件については、考え中・・・



********************************************************************************

SH  私は、このひと月はショールーム巡り。 
  まずは水周り。 洗面台・水道蛇口・
  シャワー・ミキサー・シャワーブース
  トイレなど、自分たち家族向けのと
  ゲスト用のものと、次々決めなければ
  なりませんでした。 予算がキツキツ
  なので好き勝手に選ぶわけに行かず、
  でもあまりに安っぽいのばかり取り付け
  るのはどうかと葛藤の日々。 

SH1  SH2
シャワーヘッド、
なかなか決められず、ヘッドだけ借りてきて、ここの家のシャワーに繋げて、
肌への当たり方など実際にチェックしてみました。

 
PLB  PLForge2
ライティング選びはクイーンズタウンのショールームに三往復、週末ごとにでかけました。 
PLRope  PLGlass


フローリングの会社で床材選びと見積もり依頼、タイル選び。 ガラス屋さんにお風呂周りのガラスドアの見積もりと注文。 ドア製造業の会社で素材ごとの特徴を聞き、玄関ドアをオーダー。 それぞれの専門家と会って話を聴いた。 よし!知識がついてきた!
その間、夫がダニーデンに行く用事があるというので、シーリング・ファンを購入してきてもらいました。 都市部には専門店やショールームがいろいろあっていいな~と、この時ばかりは羨ましく思いました! 地元ワナカではカタログやネットでオーダーできますが、実際に目で見て決めたかったので。 

大工さん仕事がおおかた落ち着いた現在、ジブストッピング(内装下地処理)の専門業者さんの工程になり、彼らの作業はあと2週間ほどかかるとのこと。 暖かい時期ならこんなにかからないそうですが、気温が低すぎて塗料がなかなか乾かないのです! 
今週のうちにピーターと打合せ。 塗装する色を決めていきます。 部屋の色が生活空間に及ぼす効果などネットで調べてみると奥が深い! これから数日は頭の中が色・色・色
でいっぱいになりそうです・・・
 
まだまだ続く改築プロジェクト、次は何が待ち受けているか!



 

改築工事再開

ロックダウン中の4月末、アラートレベルが3に緩和されて、ようやく工事が再開。 

工事再開

北西側外

大工さんたちが早朝から来て仕事をこなしています。 
この2週間で取り掛かったのは・・・2階西側部分の屋根。 三角形のドーマーを
取り壊してフラットな形に変更、この改築のメインの部分です。 今までベッドルーム
のベランダだったところを屋内として取り込み、ここをダイニングにします。 
つまりダイニング&キッチンが1階から2階になるのです。 ベッドルームは下の階へ。 

手すり
   ベランダの手すり
   この家を最初に建てたときに
   向きを反対につけられて
   スッタモンダしたものでしたが、
   これでさよならと思うと寂しい
   ような気さえしてきます。
 



屋根取壊し

屋根取壊し1

屋根取壊し2

屋根取壊し3

屋根取壊し4

5月15日のキッチンダイニング
5月15日現在ここまでできました。 
キッチン・ダイニングエリア、西側(左側)に大きな窓が入ります。


設計図通りに進む中、その場その場で決めることが膨大にあり、できるだけ毎日
現場に顔を出してます。 来週は水周り関連と電気系統の位置決め。 
支出もケタがわからなくなるほどで頭がフラフラしてますが、深呼吸しながら一歩一歩
と自分に言い聞かせています。 
週明け、また気合を入れて現場に向かいます!



Renovation stopped! 改築中断

An unexpected thing happened!
LOCKDOWN after 3 weeks that the construction work began!
Everything has stopped!

順調にいきますようにと祈ったばかりでしたが・・・
改築工事が始まって3週間後、NZは国の閉鎖に引き続き、全国各地ロックダウン
となりました。 こんな世の中になるとは想定外! 大工さんたちも4週間は自宅隔離
ですから、当然ながら家はこの状態のまま一時停止。
最近始めたアルバイトも、カフェが営業停止でスタッフ全員自宅待機(新入りの私もまだ首が繋がっているようでホッとした)。 急に自分時間がたっぷり持てることになり・・・ 
ふと思いついた、今だからできること! 

Some thoughts hit on me suddenly.
I should go to pick up things which have been left at my house over there.
Winter clothes, warm bedding, and the box of learning materials of Te Reo Māori.
It's the time to learn again at home!

ひとつは、しばらく離れていたマオリ語学習。 この4週間でざっと復習、と思ったら、
教材一式をパッキングした箱を自宅のほうに置いてきたことを思い出した。


翌日工事現場になってる自宅へ。  
ピアノにお水あげなくちゃいけないし、寒くなる前に冬用の寝具も取ってきたいし。
The next day...
Wanaka water  On the way to my house,
  I poured spring water into the bottle.
  It flows here always, so thankful.

  途中、湧き水を入れに、水汲み場に
  寄った。 
  どんなときも絶え間なく
  おいしい湧き水が流れていてくれる。
  本当に有難い。


WanakaWater-btlL



ロックダウンで静まりかえっている通りを抜け、自宅へ。
Inside the house....
C.S.25/03  C.S.09/03


Covered piano-1 
布を被ったピアノ、下の板を外して
容器にお水をたっぷり入れて完了。
この地域は乾燥しているので、
木製の楽器には定期的に湿度を
与える必要があります。

Piano water


  The piano needs moisture regularly,
  so I poured the spring water into
  the container inside of the piano.




Kitchen pile
  さて探しもの。 


  Treasure hunt in the pile of dusty boxes


Boxes
  埃っぽい中、
  パイルになったモノをどけながら
  やっと発見


Nga pukapuka
  
  勉強道具

  Found it!







I checked upstairs before I left.
帰る前に、二階の状態も確認。

N.W.view
The scaffolding was there in front of the view.
西側、目の前にはスキャフォールディング(足場)がガッチリと固められています。 

W.view

Trees have begun to change color a little.
木々が少しずつ色づき始めました。 寒くなる前に工事が再開されますように。

SwScaffolding

The view to see through the scaffolding was still beautiful.
Really wishing the construction restart before becoming cold.