Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

House renovation-1  自宅改築

我が家の改築案、たくさんの反対意見を聞きながら試行錯誤の数年を経て、
ようやく今年2月下旬から改築を実現する運びとなりました。 
中身がかなり変わる大掛かりな工事で、家一軒建つのでは?というほどの費用、
一世一代の大仕事で臨んでいます。

19年住み続けた家には、これでもかというほどモノが詰まっていて、片付けと引越しには膨大な時間がかかりました。 イカツイ肩パッドの入ったスーツ類(90年代前半に着て
いた仕事着)はNZへの引越しで持ってきたものの着ることはなく、ずっとクローゼットに眠ったままでした。 どうみても時代遅れ! それに、私のサイズ(XS)は誰も合わない
でしょ・・・ 25年以上経った今、ようやく処分の箱へ。

Yunomi-set
  この湯飲み茶碗セットも処分したもの。 
  結婚したころに川越のマルヒロ百貨店で
  購入。 お気に入りだったけど、長年使う
  うちに茶碗はヒビ割れてふちが欠け、
  土瓶は落として蓋が欠けてしまったり
  それでも接着剤でくっつけて使うほど
  愛着があったけど・・・ 
  画像におさめて、今回処分しました。


Boxes  Boxes-1
スーパーに通ってもらってきたバナナボックスとアップルボックス。 この箱かなり丈夫。 
処分するもの、寄付するもの、今後も使うもの、このうち仮住まいに持参するものと
自宅に保管するもの、に仕分け! 
Boxes-2  Piano-storage
自宅保管の箱にはシートがかけられ・・・       110年以上前のアンティーク・ピアノ
                                移動に耐えられるか心配


Omusubi  Miso-omusubi
作業の合間にお腹を満たしてくれたのはおむすび。 キヌア入りのごはんを炊いて
おむすびの中身はネルソンのタケさんのお味噌。 (最近この味噌に癒されてます)


仮住まいへの移動が済み、その後は大工さんたちの活躍に任せることに。 
とは言っても、気になるので、しょっちゅう自宅の進行状況を見に来てます。  
あっという間に家の中がスケルトンに!

Skeleton house-1 Skeleton house-2

Skeleton house-3 Skeleton house-7


Skeleton house-6  図面もってウロチョロするのも、
  現場からしたらきっと煙たいでしょう
  から、パートの仕事に出ることに。 

  ワナカの街中から車で5分ほどの、
  アウトドアが気持ちのよいカフェ、
  Florence’s food store & Cafe.

  カフェの仕事というとカッコイイ響き
  だけど、新入りの私はひたすら
  皿洗いとトイレ掃除! 
初めてアルバイトをした10代の頃を思い出します。 50代の今、初心忘るべからずの気持ちを改めて心に刻む毎日。 良い経験です。

B&Bはしばらく休業、料理教室もお休み。 ご愛顧いただいてる皆様にはご不便おかけしております。 今後も進行状況をUPしてまいりますので、時々ブログにお立ち寄りいただけたらと思います(ひと月に一回くらいのスローペースですが。。)
何卒よろしくお願いいたします。


ペンリスパークの星空


我が家の隣に素敵なご夫婦が住んでいて、たまに夜更けにテキスト・メッセージでお誘いが届きます。 「火を焚いているからおいで」

SFP-3 ここのお宅には庭に
 素敵な暖炉があって、
 こうしてお誘いがあると、
 ビールやワイン片手に
 彼らのガーデンに、のこのこ
 出かけて行く私達。 
 パチパチと燃える薪の音を
 聞きながら、暗闇でグラス
 傾けておしゃべりを楽しみ
 ますが・・・




SFP-4今年(2016年)元旦の夜、
この庭から見上げた
満天の星空の
何て素晴らしかったこと!
年明け最初の
      スター・ヴュー!

お酒好きの私たち夫婦は、
夜空がどんなに美しくても、
気づきもせずに家の中で
飲んでるばかりですが、
一歩庭に出て見上げると、
こんなにも見事な星空が
広がってるんです。 お隣の上だけじゃない、我が家の上にも・・・ 
天の川だって肉眼でバッチリです! 
(私の腕ではきれいな画像が撮影できないのが悔しいですが)


この降るような星空、家の中からも同じように満喫できないだろうか?
(こんな発想をするところが、寒がりでインドア派の私。。。)
で、頭に浮かんだのは・・・星空展望ダイニング!
夫の親族の間で代々受け継がれている結婚のお祝いの歌に
『あなたとあなたが結ばれて、ひとつの窓から星を見る』
                          っていう歌詞がありますが・・・
新婚どころか、もう銀婚式が近い初老なんですが、
酒飲み夫婦が毎晩グラス傾けながら一緒に星を見るっていうのも
なかなか粋な過ごし方なんじゃないかと。


Daruma-2
  展望スペースを含むB&B改築案、
  今年初め、だるまに目を入れて祈願したのは、
  実はこのプロジェクト!

  実現可能かどうか書類調査を経て、
  現在建築家との話し合いが続行中・・・


   HRP-1  HRP-2


  HRP-3

   
思い始めて、すでに丸一年。 
まったく月日のたつのはあっという間で、それに引き換え、こちらの動きの遅いこと!

 Daruma-3

だるまの目、来年に持ち越しです・・・



皆様良いお年をお迎えください。

~ HAPPY NEW YEAR ~
 



Anniversary & husband's birthday 記念日と夫の誕生日

Our 24th wedding anniversary of this year was on Monday.
We both had got a work already, so nothing any plans particularly...

But, we got a big present ! For ourselves !
After thinking for a while, we purchased a new car.


今年の結婚記念日(9月26日)は先日の月曜日。
普通に仕事が入っていたし、特に何も計画してませんでしたが・・・

少し前から車の購入を考えていて、たまたまこの日が受け渡し日だったので
これがお祝いの記念品になりました。

Toyota-Harrier

   トヨタのハリアー
   という車。
   前の車よりひと回り
   大きいので、
   パーキングが
   難しくなりそう(汗)

   ですが、走行中は
   快適な運転具合!



TOYOTA LEXUS  It's nice, comfortable driving condition.


        * * * * * * * * * * * * * *


Following Monday is my husband's birhtday. Monday !  Again !
So we decided to celebrate it the night before.
Yes, let's go to Cinema!
We enjoyed the film of "EIGHT DAYS A WEEK" of the BEATLES
at the Paradiso (movie theater).
Eight days a week
そして、明日の10月3日は夫の誕生日ですが、やっぱり月曜日。
それで前夜(日曜日)は前祝いということで
夫の希望で映画館に行くことにしました。 
でも映画ではないんです。 ビートルズの
ドキュメンタリーフィルムで1964~1966頃の
知られざるストーリーを見てきました。



Unique movie theater here! 
        Lots of cool seats!
Seats-1



  地元のこの映画館はユニーク、
          各座席が面白いのです!

  飛行機の座席とか・・・
  Airplane seats...


Seat-2

  歯医者の椅子も。
  このリクライニング席、結構いいかも。

  Dentist chair!
  Looking good lying down
  on this reclining chair to watch movie.


Old lounge sofa, car seat, Church bench sheet, etc....

他にも、古いカウチやカーシートが並び、
            カフェエリアでは教会のベンチシートが並んでいます。




Dinner at Yumi's Kitchen : "Haru-gasumi" (Spring haze)

Salmon Layered-1What an elegant name this has!
Steaming dish of salmon,
water cress & spinach sauce

夜は家ディナー:

春霞(はるがすみ)という
      風流なネーミングの料理。
サーモンを使った蒸し物で、
本来は和風、お出汁に生姜の風味を
加えた餡と一緒にサーブしますが・・・

今晩はワインに合わせて
ほうれん草とクレソンのソースに。
本体がデリケートな味付けなので、
ソースの種類で自在に変化可能。


Salmon Layered-2


  春の夜に、春霞を肴に乾杯しました。

  他には、マグロとオクラの散らし寿司、
  思いつきで作ったのが、結構イケてた!
  素敵なコンビネーションで、
  見た目も食感も成功でしたが・・・
               撮影し忘れた!
  
  At spring night,
  We toasted the dish of "Spring haze"




                  来年は銀婚式かぁ・・・

          The silver wedding anniversary comes next year.
             What should we do for the special day?

At my turning point day 節目の日に


I did Kakizome last night.

Kakizome-2015-1  Kakizome is a calligraphy practice and is
  a traditional New Year's event in Japan.
  People show their resolution of the new year
  on a paper. 
  It is normally done on 2nd of January,
  but I did it yesterday of my turning point.

  静かな月曜の夜
  今年の書き初めは、時期をずらして、
  節目であるこの日に。
  印を捺して、ふ~っと一息、
  ・・・完成。
  (この印、本来は『かな』用なので
            小さいものですが・・・。)



                                で、書いたのはこちら:
                        Kakizome-perform
                               Here is the one I wrote.
                          It means..."Making a beautiful sound"


********************************************************************************************

Last week on Sunday (my birthday eve):
I had a great summer party, enjoyed with friends. Our B&B guests also joined us. Thank you very much everyone who came and listened to our piano performance.

Outside-01/15

 P-01/15-1

P-01/15-3
 Wonderful performance
            by our guest, Sean !
 飛び入り演奏の翔一君、
 素敵なプレゼント、ありがとう!
 

   Piano cake-01/15







P-01/15-2






 Present-01/15
前夜際となった日曜日:
地元の親しい方々と、オークランドからいらしてくださった日本人ファミリーの皆様と、
暑い日差しの中、賑やかに過ごしました。 
お越しいただいた皆さん、演奏を聴いてくださって、ありがとうございました。
これからも、日々の生活の中で心地よい音を奏でていきたいと思ってます。
(小心者の私、まずは人前慣れが課題でもありますが・・・)
今後ともよろしくお願いいたします。

I want to continue making comfortable sound in my life.
Cheers for the future !


Renon's graduation 娘の卒業式

There was a graduation ceremony at Salisbury School in Nelson (Richmond) which my daughter, Renon, attended.
We, as parents, drove there to participate it. Since we had only 3 days in total, we got there non-stop for 10-hours drive through West coast.

先日(12月11日)、娘のレノンの卒業式がありました。 式に出席するため、車で北上。 
前後合わせて3日しか時間が取れなかったので、行きは一日で一気にネルソンまで、
750km・約10時間のドライブ。 (往路は西海岸側を通りました)


On the way-2
  It was raining again as our last trip
  to there....Where is sunny Nelson??

  また雨に降られながら・・・
   (サニー・ネルソンと言われてますが、
    私たちが訪れるときはいつも
              天気が悪い!)


On the way-1


                  この鉄橋、
列車の線路と自動車の道路を共有してます。 
信号、見当たらなかった気がするけど・・・
       列車の本数が少ないだけに、
             これでもいいのか・・・

 
*********************************************************************************************

                          Salisbury School (Richmond, Nelson)
Salisbury School  "Special school for girls with special needs"
  from Y7 to Y10.
  It has dormitory and flatting places.
  Renon attended from May 2012 to Dec 2014.

  Salisbury School (ネルソンのリッチモンド)
  一般の学校ではついていきにくい女子学生
  たちのための寄宿学校。
  入学にあたって審査や面接などを経て、
  一度は断られたものの、再チャレンジ。
  ようやく教育省から入学許可が下りたころ
  には半年が過ぎていました。
  レノンは、2012年5月28日からこの12月まで、
  2年半在学しました。



For the Graduation assembry:  
One of Renon's wishes....Ceremony in Yukata (one of Japanese traditional wear). As we got permission, I dressed her in Yukata. It took longer than usual, we finished it at last-minute time.

ひと月くらい前に、式のときにゆかたを着たい、『ふるさと』を歌いたい、という娘の要望と、その許可が下りているとのことを娘から聞いて・・・
卒業式に制服を着なくてもいいの? 
心配で、念のため先生に何度か確認しました。 「いいですよ」とのことでしたので、
家で準備。 鏡の前で自分に予行演習、しばらくぶりで結構忘れてる(汗)。。 
当日は式の前に、娘の寮に行って髪結いと着付け。 大汗かきながら、ギリギリ!

Hurry up, we will be late! It seemed to be irritating to walk with the unfamiliar Zori (Japanese sandals), then she took them off and ran barefoot.
R/Yukata-1
  R/Yukata-2
急ぎ足で会場に向かいましたが、草履で歩くのがもどかしかったようで、
脱いで裸足で小走り! (あぁ、走ると崩れる・・・)

****************************************************************************************
Only 14-students, and school teachers, staffs, leavers' parents in the venue.
・・・The small number of enroled students, in contrast with the number of the school teacher and staff which are more than double.  Stutents got "Individual educational program" that matched with each student, also "training in the aspect of individual living".  What a great environment that I'm thankful for !

式は、全生徒14人と、卒業生の親、先生と学校・寮のスタッフ合わせて全員で80人くらいだったでしょうか。 (少人数の生徒に対して、学校と寮の職員の人数が倍以上。 
恵まれた環境でニーズに合った個別指導を受けることができました。)

式のプログラムの中に、Piano Performance: Renon & Family となっているけど、
ピアノは『ふるさと』伴奏だけだよね? それしか練習してきてないけど・・・

Photo diary and honouring by Bailey & Maison, Sarah-Jane & Renon, Chance & Meriana, and Ashlee, Blumine Island presentaion by Chance, Japanese song "Furusato" (my country home) sung by Renon with my Piano accompaniment,
Guitar performance by Ashlee & Mr.Evans, Graduation Speech by Renon.....

Guitar Performance
 
  R/Speech-2








先生と生徒のギターパフォーマンスがあったり、
スクリーンでキャンプやイベントの様子を生徒たち
が発表したり、レノンの卒業スピーチも。



「娘はこの学校に入るまで、友達ができたことはありませんでした」という父兄の方の
スピーチには、まぶたの奥が熱くなりました。 うちだけではなかったのか・・・
一人だけ輪の中に入っていけない、流れに乗れない、居場所がない孤独感・・・
それが、この学校へきて、どれだけ救われたことか・・・ここに在籍した生徒(とその親も)みんなが、同じ思いだったと感じました。
生きていくことへの自信をもらい、仲間ができたことの喜びを知り、
今後、不器用ながらもきっと明るく乗り切っていけるのではと思います。

"My daughter hadn't had a friend until she entered this school"
listening to the speech of one of the parents, I shed tears.
Was not only our family. I think the most family had the same feelings.

R.Certificate-1
   Graduation Certificate
   from Ms.Ellis at the last,
   then going through
   the Graduation tunnel....
   tears tears...

   最後に、校長先生から
   卒業証書を受け取り、
       卒業トンネル・・・
      
 
最後の卒業トンネル、レノンは意気揚々と一番先に笑顔で出てきましたが・・・
ほとんどの生徒は泣きながら、なかなか出ようとしませんでした。 地元へ戻ることに
不安をかかえた彼女たちにとって、ここから一歩外へ踏み出すにも、かなりの勇気が
必要だったのかも。

*********************************************************************************************

 新入生の友達と:               担任だった先生と:
W/Haagen  W/MsF
 学校全体の校長先生と:       
W/MsE
   デイ・スクールの校長先生と:
  W/MrE


 仲間と:
W/friends-5

W/friends-3


  See you again everyone in the future !!!

  友達や先生方、その他、お世話になった
  スタッフの方々に別れを告げて

  駐車場まで、
  友達が見送りにきてくれて・・・





Renon returned happily to Wanaka.

元気にワナカに戻ってきました。 ワナカの皆さん、またよろしくお願いします。

家では、クリスマスツリーのお出迎え。
昨年の夏祭りツリーと違って、今年はレノンの好きなカラフルツリー 
 
XmasTree-L

 
~よい年末・年始になりますように~

** MERRY CHRISTMAS **