Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Asparagus, the season!  アスパラガス・シーズン!

A.season 2018
   I'm enjoying annual asparagus-cooking
   at this time, using homemade puree.

   旬のアスパラガスが豊富に出回っています。

   A.Miso









毎年この時期になると作るのは、アスパラガス・
ピュレ。 ストックしておくと何かと便利、使い道
いろいろ、すり流し汁もあっという間です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Asparagus Puree       ~ ピュレのレシピ ~
1 bunch (250g) of asparagus     アスパラガス 一束(250g)
1 large onion (or leek 200g)      玉ねぎ 大きめ1個(約200g)


A.P.M1

   Cut onion (or leek) small,
   cook with 10g butter in a frying pan.
 
   玉ねぎ(またはリーク)をスライスして
   バターを入れたフライパンで柔らかく炒める。
   (焦がさないよう注意)




A.P.M2   If I need the upper parts of asparagus to decorate
  the dish, I cook those quickly in boiled salted water
  (500ml water + 1 teaspoon salt) for 30sec,
                         and set aside.

  穂先を飾りに使うときは、その分をとっておきます。
  (小鍋に500mlのお湯を沸騰させ、塩小さじ1を
   加えた中で、20~30秒加熱、すぐに引き上げる)


A.P.M3




Cut the remaining parts of asparagus small
and cook in the same salted water until
it becomes soft.

残りの部分を小さくカットして、その小鍋の熱湯で
やわらかくなるまで加熱(2~3分)。





A.P.M4    Put cooked onion (or leek), cooked asparagus,
   and 250ml of the salted water in which
   asparagus was cooked,
      into the blender and make it puree.

      A.P.M6







炒めた玉ねぎ(又はリーク)・加熱したアスパラガス・
小鍋に残った塩入りのお湯250mlをブレンダーに
かけて、ピューレ状にする。



A.P.I.C
  Make the puree from the fresh asparagus.
  If you freeze the part of it on an ice cube tray,
  it would be convenient later. Defrosted cubes
  become a base of sauce or dressing.

  新鮮なうちにたくさん作って、アイスキューブ・
  トレイに入れて冷凍保存しておくと便利です。 
  使う分だけ解凍して、ソースやドレッシングの
                   ベースにします。





* * * Asparagus miso soup "Suri-nagashi" style * * *
             ~ アスパラガスのすり流し ~

600ml  asparagus puree                  アスパラガス・ピュレ600ml
500ml  Kombu dashi stock (500ml water + 1t dashi powder)  昆布だし500ml
1 Table spoon  white miso                       白味噌 大匙1
2 Table spoon  milk                             牛乳 大匙2


Combine puree and Kombu dashi stock, warm up (don't boil). Taste with dissolved miso and milk. Although this is a Japanese cooking of "Suri-nagashi", it's also delicious together with fresh toasted bread like as a Western style soup.

上記で作った旨みタップリのピュレを、昆布だし(又は昆布茶をといたお湯)でのばし、
白味噌と牛乳で味を調えたすり流し。 日本料理ですが、口当たりが洋風な感じでも
あるので、和洋万能。 香ばしいブレッドを合わせても美味しいのです。


A.Miso  I have once introduced it in the
  "Tea ceremony and Kaiseki course"
  classes which were held 3 years ago. 
  I am still getting good responses.

  優しい味の汁物をお椀に装い、
  高野豆腐とアスパラガスの穂先を浮き身に
  したら、やっぱり日本料理かと思う。

  3年前、初夏の創作お茶懐石の一品
  として出したところ大変好評でした。 
  次のクッキングクラスの候補メニューか?




 * * * * * * Asparagus sauce  * * * * * *
               ~ アスパラガス・ソース ~

Add small amount of olive oil to the puree, season it with rock salt.
ピュレにオリーブオイルを少量加え、岩塩少々で味付け。

A&A pasta
  Pour on to the capellini which was mixed
  with chopped anchovies.  Brilliant accent
  of anchovy's saltiness to the full of UMAMI
  and sweetness of asparagus sauce.
  I enjoyed it with a glass of Chardonnay.

  さっと茹でたカペッリーニ、刻んだアンチョビと
  和えて、ソースをトロリとかけてみました。 
  アスパラの甘みと旨みたっぷりのソースに、
  アンチョビの塩気が絶妙のアクセント! 
  キリッと冷えたシャドネーと一緒にいかが?



A&Y pasta


Spread the pale green sauce, then put
the capellini which was mixed with "Yukari"
dried red perilla salt. Nice color contrast.

It should be fantastic when the sauce is
served with steamed chicken tenderloin
or grilled white fish, too.

淡いグリーンのソースを敷いた上に、
ゆかりで和えたパスタをのせたら、
色のコントラストが綺麗です。 
おなじみの赤紫蘇の風味もよく合います。 
ここにオリーブオイルでのばした梅肉ペーストをちょっとのせてもいいかも。

ソースは、スティームした鶏のささみや白身魚のグリルにかけても美味しそうです。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


テーブルに初夏の空気を運んでくれるアスパラガス料理はまだまだ続きます
美味しい発見があったら、またご紹介しますね

The asparagus cooking carries fresh air of early summer to the table,
which would continues for a while.
I will introduce some more of delicious discovery again.



Persimmon salad with miso dressing 柿のサラダ

Late in autumn, nightfall comes early day by day!

persimmon18   I got persimmon and made the salad.
   The dressing is my original recipe
             using white miso.

   晩秋、日暮れが早くなり、
      あっという間に一日が終わっちゃう!
      
   先日、柿が売っていたので購入。 
   我が家では初もの、
       数日おいてから、サラダにしました。 
   ドレッシングは白味噌を使ったオリジナルで。



************** Miso dressing recipe   味噌ドレッシング レシピ *************

                1T : 1 Table spoon ( = 15ml) 大さじ
                 1t : 1 tea spoon ( = 5ml)  小さじ

3T  miso (white)    白味噌 
3T   milk          牛乳 
1T  mayonnaise     マヨネーズ
1T  vinegar        お酢 
1/4 t stock powder of Kombu-kelp  昆布茶か粉末昆布だし
1/4 t salt         塩
1 t   Japanese Karashi (or English mustard)  煉りからし(マスタードでも)
2T  Ex.V. olive oil   エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 

Thin miso paste with milk (adjust the amount of milk by the hardness of the miso),
then add other seasoning and mix well.
The Karashi-mustard made it a little bit spicily which was great.

味噌を牛乳でのばして調味料を加えていきます。(味噌の硬さにより牛乳の量を調節)
和のような洋のようなまろやかな味、煉りからしでピリッと引き締まります。

このドレッシング、塩茹でした芽キャベツやブロッコリーと軽く和えても美味しいのです。
****************************************************************************************


Kaki-salad

   Mix together
   fresh young mesclun lettuce
   and slices of persimmon,
   pour the dressing over,
   scatter some pieces of walnut.

   スライスした柿を、みずみずしい
  メスクラン・レタスと一緒に盛付けて、
     白味噌ドレッシングをかけ、
    胡桃をあしらって仕上げます。

   秋のディナーの前菜にいかが?



   Enjoy the Japanese flavored miso-dressing for this autumnal salad,
                            or any other salad/vegetables, too.

****************************************************************************************


     Outside view of the week-20-L
  
       気づくと窓の外が、かなりドラマティックだったりします。 
                           慌ててカメラを外に向けて一枚!

                  The outside of the window!
                    I noticed suddenly then
      changed the direction of my camera towards to the dramatic sky!



Japanese sweet "Daifuku" of autumn fruits  秋のフルーツ大福

Autumn fruits began to be seen in the market.
An idea of Daifuku (a kind of Japanese sweets of "Mochi" rice cake) using
the fresh grape has hit on my head for the next cooking classes.  
At beside the grapes, I found packets of Kiwi-berry which was the new fruit
for me, and purchased it for the first time.

秋の果物がぼちぼち出回りはじめました。
フェイジョアとかブドウとか・・・ 

次の料理教室用に何か秋らしい和菓子を、と思いついたのが、
ジューシーなブドウを使った大福。 
ブドウを買いに行ったら、隣にキウィベリーが並んでいました。 
名前は聞いたことあったけど、初めて目にする果物。 早速購入。

Kiwi-berry/18  Kiwi-berry-1

Kiwi-berry-2
  With the size that is about the same as
  the grape, the inside looks just like kiwi fruit.
  It is totally a miniature kiwi fruit!
  Should become another good version
  of Daifuku-mochi.

  ブドウとほぼ同じくらいの大きさで
  切ってみると中はキウイフルーツそっくり! 
  まるでミニチュア版です。 
  よし、これも大福にしてみよう。



果物の色合いを考えると、小豆餡より白餡を使いたいけど、
白餡、こちらでは手に入らない。 手作りするにも白いんげん豆が見つからない・・・
それで、餡を使わず求肥だけで包むことにしました。
(餡を入れなくても、大福と言うのだろうか・・・?)

RECIPE ********************************************************

50g  glutinous flour  白玉粉 
60g  sugar        シュガー
70ml water        水

cornstarch         片栗粉
(as a dusting agent to handle the dough easily)

1)  Mix glutinous flour, sugar, and water well.
2)  Cook it in MW for 1-min and mix with spatula which was wetted with water.
3)  Cook it in MW for 30-sec and mix with wetted spatula, repeat it again.
4)  When the dough became very sticky and got glossy looks,
   transfer the lump of rice cake on the flat surface which was dusted with
   cornstarch. Cover with more cornstarch and let it cool down.
5)  Divide it into 10 equal portions. Flatten it thinly and wrap fruit individually.
   Make sure to close the joint parts with glueing each other, to cover the fruit.
6)  Put some extra sugar on the surface to finish with crunchy texture.

白玉粉・シュガー・水を良く混ぜて、電子レンジで、途中様子を見ながら加熱していく
だけ。 (1分加熱、混ぜて30秒、また混ぜて30秒・・・という感じ)
片栗粉を少量まぶして冷まし、十等分にしてフルーツを包む。
*****************************************************************************

Fruits-mochi
Simply with this, it became a small Japanese mochi sweet "Daifuku".

たったこれだけで、
旬の果物と求肥の小さな和菓子になりました。 
出来上がりにシュガーをタップリまぶすと、
シャリっとした食感に。


With fresh juice from the fruit
        and gentle sweetness of mochi,
it is like a nice palate freshener.

Aut.Wagashi  

  If "Anko" (sweet bean paste) is
  contained inside, it will be taste like
  the traditional "Daifuku" more.

  食後のデザートというよりは・・・
  優しい甘さの求肥と
  フルーツのフレッシュ感が、お口直し的。

  練きりで包んでも美味しそう
  あ、でも白餡がないんだっけ~

  ブドウとキウィベリーのひと口大福、
  コロンと白い頭巾をかぶった赤ちゃん
  みたいでかわいいのです!

The looks are so cute, like babies wearing white hoodie!


Nectarine ice cream dessert ネクタリンとクリームチーズ・アイス

Stone fruits are delicious in February here. Local products of apricot, plum, nectarine and peach are now in season. So juicy!  I'm enjoying the taste sufficiently. 
The fruits may also be delicious as a dessert. What do you think about cream-
cheese ice cream with grilled nectarine?

夏も終わりに近づくこの時期はストーン・フルーツがとっても美味しい! 地元産の
アプリコット、プラム、ネクタリン、ピーチはまさしく今が旬。 ジューシーなフルーツは
そのままで十分に美味しいけど、手を加えておしゃれなデザートにしてもいいかも。
先日クリームチーズのアイスクリームを作ったときに思いついたのが、グリルした
ネクタリンとのコンビネーション。


RECIPE *******************************************************************

Cream cheese ice cream  クリームチーズ・アイス 

Ingredients:
  2 eggs (separate into white & yolk)   卵2個 (卵白と卵黄に分ける)
  200ml  fresh cream           生クリーム
  200g  cream cheese          クリームチーズ
  120g  caster sugar           カスターシュガー(製菓用のきめの細かい砂糖)

**Prepare eggs as fresh as possible for this recipe which those won't be cooked.
   卵は加熱しないレシピなので、新鮮なものを用意してください。


**The process is similar to the Matcha ice cream which I posted the other day.
   前回の記事の抹茶アイスの要領で簡単にできます。 
    抹茶のほろ苦さと、今回のクリームチーズの酸味&脂肪分の違いにより、
    生クリームとシュガーの分量は少し変えていますが、作り方はだいたい同じ。



  1) While beating the white, add sugar (the half of 120g) gradually
    to make glossy meringue.
    卵白を泡立て、途中から上記分量の約半分のシュガーを少しずつ加えて、
    つやのあるメレンゲにする。


  2) Beat the fresh cream in a different bowl.
    (The beater which was used for meringue can be used here
                                 without wash.)
    別のボウルで生クリームを泡立てる。
    (この順番なら、メレンゲのビーターが洗わずにそのまま使えます)


  3) Mix cream cheese and remaining sugar well.
    クリームチーズに残り半分のシュガーを加えて煉る。 
    (シュガーが溶け始めると、その水分ですぐにクリームチーズが柔らかくなるので、
                      予めクリームチーズを温めることはしていません。)


  4) Mix all one by one: sweetened cream cheese + yolks
                    + whipped cream (mix gently)
                   + meringue (don't break the babbles)
    ここに卵黄、泡立てたクリーム、メレンゲの順で、泡を潰さないように
                                    優しく混ぜていく。


  5) Transfer it to container (1-litter), and put into freezer for half day or overnight.
    1Lの容器に入れてフリーザーへ、翌日には美味しいクリームチーズ・アイス完成



Grilled Nectarine グリルド・ネクタリン 

F.Necterine  Cut nectarine into lengthwise half
  and remove the stone.

  ネクタリンを縦半分に切って種を取る。
  (完熟だと種を取るときに実がつぶれやすい
                     ので注意)



  N&B.S.






Put brown sugar on the surface of the cut.

切り口にブラウンシュガーをたっぷりつける。
(シュガーをお皿に出しておいて、ネクタリンの
切り口をシュガーに押し付けるといいです)




GdNecterine

  Grill for 5 min with 200~220℃.
  Brown sugar was burned moderately
  and becomes like caramel.
  Also the sweetness of the fruits is condensed.

  オーブンのグリル機能(200~220℃)で
  5分くらい焼く。 (ブラウンシュガーがほどよく
  焦げてカラメル状態になり、フルーツの甘みも
  凝縮されます)







After it cools, serve with cream cheese ice cream.
Necterine&ice-3

   ~ Itadakimasu ~

     いただきます 

  Scattered almond slices,
  nice crispiness and it was
  matched with the ice cream well.
  I found a little amount of
  nectarine juice which was
  remaining on the oven tray,
  It became beautiful display
  on the plate.  Honey or
  maple syrup may be nice, too.




冷めたら、クリームチーズ・アイスと一緒に盛り付け。 散らしたアーモンド・スライスが
アイスに歯ざわり良く馴染みます。 グリルしたときにオーブン・トレイに残った少量の
ネクタリン・ジュースを周りに飾ってみました。 ハニーやメープルシロップも良さそう。
チーズアイスとフルーツの組合せ、是非お試しを。
 
Try the combination of cream cheese ice cream and seasonal fruits! 



Homemade Green-tea ice cream 我が家の抹茶アイス

The heat wave passed and is enjoying comfortable summer finally.
Homemade ice cream, sounds good for afternoon sweets.
This is a easy recipe that whipped cream and glossy meringue make it fluffy
and smoothy, without use of ice cream maker.

一時期の猛暑は過ぎ去り、ようやく例年通りのさわやかな夏の気候になりました。
夏の日の冷んやりおやつは、自家製アイス。 泡立てた生クリームとメレンゲの力で、
ふんわり美味しい! アイスクリームマシーンがなくても簡単にできます。

今日は抹茶アイス: 
抹茶がポイントですが、そのグレードはピンきり。 本来の茶道用抹茶は上質なほど
色鮮やかで、苦味はほとんどなく、深い味わいが魅力ですが、それなりに高価。 
以前こちらで購入した料理用は安いですが、色がくすんでいて苦味が強い(茶道には
使えませんでした)。 最近その中間くらいのちょうど良いものを日本から入手!

Various Matcha   Matcha (green tea powder) is the most
  important ingredient to make the green tea ice-
  cream, and its grade is various.  
  Higher grade one for the Tea Ceremony has vivid
  green color and brilliant taste, it's expensive
  though.  Lower grade one is cheaper but
  some of them are not enough for the taste and
  color. I usually choose the middle grade for
  making sweets, which is good enough for the
  cooking/sweets quality and is reasonable cost.

  Md-grade Matcha-1



~お稽古用抹茶~ 茶道用としてはランク
は下がりますが、ちゃんとお茶も点てられるし
料理・製菓に使うなら申し分ないグレード。 
お値段も手頃なので惜しみなく使えます。
抹茶があれば、あとは身近な材料のみ!



Ingredients:
** 2 eggs (separate into white & yolk)   卵2個 (卵白と卵黄に分ける)
** 250ml fresh cream            生クリーム
** 130g  caster sugar           カスターシュガー(製菓用のきめの細かい砂糖)
** 2 Table spoon  Matcha         抹茶 大さじ2
** 3 Table spoon  hot water        熱湯 大さじ3


Meringue

   1) While beating the white,
     add sugar (the half of 130g) gradually
     to make glossy meringue.

   卵白を泡立て、途中から上記のうちの約半分の
   シュガーを少しずつ加えて、つやのあるメレンゲ
   にする



Whip-cream



2) Beat the fresh cream in a different bowl.
  (The beater which was used for meringue
  can be used here without wash.)

  別のボウルで生クリームを泡立てる
  (この順番なら、メレンゲのビーターが
  洗わずにそのまま使えます)





Matcha-mitsu


  3) Matcha syrup:
    Mix Matcha powder and hot water well,
    then add the remaining sugar. Mix well.

    抹茶蜜:
    抹茶を熱湯で溶き、
    残り半分のシュガーを加えて煉る

   




               (Mix these one by one from the left:左から順番に混ぜていく)
Mix one/one


4) Mix Matcha syrup and yolk.

抹茶蜜と卵黄を合わせて混ぜる







Mix one/one-1

  5) Mix it with whipped cream gently.
  6) Then mix with meringue, gently again.
    (Don't crush bubbles!)

  ここにホイップしたクリームを合わせるように、
  やさしく混ぜ込む。

  最後はメレンゲと合わせる。 
  泡をつぶさないように!



Matcha-ice in ctnr


7) Transfer it to container (1-litter),
  and put into freezer for half day
              or overnight.

  1Lの容器に入れてフリーザーへ  





翌日には、美味しいアイスクリームが完成してます!
Matcha-ice & Azuki topping

   抹茶の味がしっかり生きてる!
   トロリと小豆餡をのせて・・・


   Done!

   The real taste of Matcha lives certainly
   in the sweetness of ice cream.

   I love the topping of sweet azuki
   bean paste for this, the traditional
   combination taste.

    ~ ITADAKIMASU ~