Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Apricot bliss! アプリコットづくし!


It's a fruits paradise in Central Otago now. Various stone fruits are in season!

2月はストーンフルーツが旬。
この辺りを含むセントラル・オタゴ地方では、毎年あちこちで、さくらんぼ、アプリコット、桃、プラムなどがたわわに実ります。

K&AT-2  I was invited for apricot picking
  by my friend in the neighbour who
  had large land in Wanaka suburbs.

  隣に住む友人夫妻は、
  ワナカ郊外にも広い土地を
  持っていて、先日そこへ
  アプリコット・ピッキングに
  誘っていただきました。


K&AT-1Other than apricot trees, there were vaious fruit trees of plum, apple,
pear, quince, almond, too, in the land.
Like a picking heaven!

アプリコット以外に、
プラム、りんご、梨、かりん、
アーモンドの木もあって、
夏から秋にかけて
ピッキング天国のような土地でした!


A.W.  After enjoying the picking,
  I took many of them home.
  Then, washed them, bit them deliciously,

  山ほどのアプリコットを持ち帰り、
  美味しいところをかぶりつきながら、
  とりあえず水でザブザブと洗い・・・

  真夏の昼間の気温は30度近いので、
  傷まないうちに処理していかないと・・・

  AinP

.....and, made a sauce, adding white wine and some-little sugar, in a big pot!
A.S.W.W.
  そのまま食べる分は冷蔵庫へ。
  残りは白ワインと砂糖少々を加えて煮込み、
  ソースにしました。
  たっぷり作って、小分けで冷凍保存。


  A.S.in Jar
I transferred it in jars, and stored in a freezer. 
"What cooking shall I use it for..."  
Yes, of course I enjoyed cooking with it as the following !!

甘さ控えめなので、料理にも使える! 
赤身より、チキンやポークなどホワイト・ミートに合いそうです。

***************************************************************************************

   Crispy Roast of Pork Belly,
           with Roasted Apricot and Apricot Sauce

    ~ポークベリーのクリスピーロースト、ダブル・アプリコット添え~

CPAS-1
  The paste of double flavored apricot
  on the crackling pork, wonderful!
  Some drops of "talle" (soy sauce based
  sauce) made it perfect taste!

  皮カリカリ&肉やわやわに仕上げた
  ところを、ザクザクッと切り分けて・・・
  横で一緒にローストした果実と
             先日作ったソース、
  ダブルで添えて盛り付け。

  CPAS-2





クリスピーなポークに
     トロリとした甘酸っぱい味をのせて
ここに醤油ベースのタレを数滴たらすと抜群!
この時期ならではの旬の一皿、
美味しいコンビネーションでした。


***************************************************************************************
 
           Teriyaki Apricot Chicken
               ~照焼き・アプリコット・チキン~

TYAC-2

  TYAC-4

TYS&AS
  Just add spoonful of apricot sauce to
  Teriyaki sauce at the end.  
  It added an accent and the taste became
  deeper with the acidity of the fruit.
  Great matching with Riesling!!

  いつもの照焼きダレに、アプリコット・ソースを加えて
  みたら、とたんに白ワインにも合う味に変身!
  フルーツの酸味がアクセント、深みも加わり・・・
  これはリースリングと合わせたい!


***************************************************************************************

ARCH
Apricot Rare Cheesecake
~アプリコット・レアチーズケーキ~

Well cool dessert is nice on a hot day.
Sweetened apricot jelly on the rare cheesecake.
Plentiful taste of the fruit!

暑い時期は良く冷えたデザートが嬉しい。
レアチーズケーキに、
甘みを足したアプリコット・ソースを
ゼリーにして、上にのせました。
果実味たっぷり!


***************************************************************************************
アプリコットの木、
種から植えて5~6年で大きくなるらしい。
うちにも植えてみようか・・・
自宅の庭でフルーツ・ピッキングとは、最高に贅沢!
実をつけるには、他品種の花の花粉が必要だそうで、
まずはそこらへんを調べてみないといけませんが。。。

I imaged that...
if there any apricot trees in my garden,
it should be really luxurious to enjoy the fruit picking in the garden...


Umeboshi cooking !  梅干し料理いろいろ


Using my home-made Umeboshi (salted Ume-plum pickles), I enjoyed cooking.
完成した梅干しを使って、

Umeboshi Tempura (梅干しの天ぷら):
Ume-ten  After soak Umeboshi in water
  to remove some saltiness,
  I cooked crispy Tempura of it. 
  Also I did it with leaves of Shiso
  (green perilla).

  天ぷらにしてみました。
  半日ほど塩抜きしておいてから、
  衣をつけてカラッと揚げて、
  青紫蘇もさっと揚げて・・・

   Ume-ten-udon-1
Ume-ten-udon-2

  Good with cold udon-noodles!
  The taste of Umeboshi matched the fragrance
  of the Shiso leaf which was fried quickly.
  They were my best toppings of udon.

  冷やしうどんと一緒に。
  つゆは、塩気薄め・甘み強めで正解。
  梅は塩抜きしたけど、まだまだ塩気と酸味が
  あるので、これでちょうどイイ!
  紫蘇の香りも絡まって、うどんが進む!





Ume meatballs (梅つくね):
Ume-tsukune  I mixed chopped Umeboshi
  and Shiso leaves into mince
  mixture. Chopped water chestnuts
  added crispness and pleasant
  texture to it.
  For the finish,
  I applied the sauce, which was nice
  pink colour made from sweetened
  Ume-zu (Ume-vinegar),
  on cooked meatballs.

  いつものつくねダネに梅肉と
  青紫蘇を混ぜ込んで・・・
  水くわいも加えたら、サクサク感が
  レンコンのようで、さらに美味しく
  なりました。
  焼き上がりに、梅酢に甘みを加えた
  ピンク色のタレをかけて。 




Ume Chawan-mushi (梅茶碗蒸し):
Ume-chawanmushi-L  Chawan-mushi (steamed savory egg     custard) is often cooked with some
  seasonal ingredients in a cup, but
  this time I steamed only the egg mixture
  without anything. Added a bit of chopped
  Umeboshi and Shiso (perilla) on the
  steamed custard, then poured clear
  thick sauce over the top.
  Umeboshi taste was valid on this
  simple and pure custard.

  今回は具を入れずに作った
  シンプルな茶碗蒸し。
  たたいた梅肉と青みをのせて、
  最後にトロリとあんかけに。 
  梅干しの味が生きてます!



 
Ume Rack of Lamb (梅ラムラック):
L.R.Ume03/03/15
  This is my original fusion dish.
  Marinated with the paste of Umeboshi,
  top with Shiso-herb crumbs,
  the rack of lamb is grilled in the oven.
  Bite together with the fresh Shiso leaf!
  
  これはきっと、きっと他にはない!
  と思われる料理。
  梅肉ペーストを使ったラムラック、
  和の味との融合です。
  大葉とともにガブリッ! とどうぞ。





   *****B&Bささの木では、お客様のディナーコースに、上記のラム料理を
   ご用意することができます。 ご希望の方は、リクエストくださいませ*****

そのままでも、もちろん美味しい梅干しですが、いろんな料理にも大活躍。
誇るべき日本の伝統保存食ですね!

Umeboshi, it's delicious as it is,
but also it makes an outstanding performance as seasoning of various dishes.
It's splendid Japanese traditional preservation food!


Autumn taste ~Chestnut sweet & Persimmon~       秋の味覚~栗の渋皮煮と柿料理~

Continuance of the topic of the chestnut...
栗の話題の続きから・・・・

Kuri in basket - 2  Another dish which I wanted to make
  when I got chestnuts is SHIBUKAWA-NI
  (a kind of Japanese sweet like a marron
  glaces).
  Chestnuts are simmered with the inner skin
  on, changed water 5 times for taking off the
  bitterness from the inner skin slowly,
  then sweetness is added...
  what do I say, the image such as the work of
  art.

  栗を入手したら作ってみたいと思っていた
  もうひとつの料理は(料理というよりお菓子に
  なりますが)、渋皮煮
時間をかけてゆっくり渋を抜いてから甘味をつける、何ていうか栗の芸術作品のような
イメージ。 早速挑戦。

At first I soaked the chestnuts in water to make it easy to peel outer shell.  But I did it too long (nearly 24 hours)! Then the inside part swelled up.  The inner skin easily came off together with the outer shell when I tried to peel the outer one only! The inner skin must be stay on!!!  When I started simmering of those with the inner skin peeled off here and there, I thought they were not strong enough to be simmered 5 times, then I did only twice and stopped it. Adding sugar, hoping it would be ok, then
I went to sleep. But, it wasn't ok. Next morning, I tried to taste....
                  ...is bitter. What an unpleasant bitterness!
Shibukawa-on
まずは鬼皮を剥きやすくするため、丸ごと水に
つけます。 栗ごはんのときに皮剥きが大変
だったので、長めにつけおきしておこう!
と前日から24時間つけました。 
(コレが大まちがい。。。)
皮を剥き始めたら、鬼皮とともに渋皮まで一緒に取れてしまう。 長時間の浸水で中身はふやけてる感じ。 なるべく渋皮が残るように剥いたけど、ところどころ黄色い実が見えている・・・大丈夫かな~?と思いつつ・・・
 
それを重曹を加えた水に入れて、火にかけます。 重曹は売ってないのでベーキング
パウダーを使いました。(後で気づいたけど、重曹ってベーキング・ソーダのこと? 
だったらうちにあった!)
沸騰したら、アクをすくいながら弱火で15分くらい、お湯の色は見る見るうちに茶色くなりました。 栗が崩れないように、そっと茹でこぼしますが、この段階で、栗がホロホロと
崩れかかってる。 筋っぽいところをそっと取りながら、恐る恐る水を入れ替えてもう一度
火にかけました。 本来はこの作業を5回繰り返して渋皮の渋を取り除きますが、私は
2回目でやめました。 もう半分近くが煮崩れてボロボロ、これ以上続けたら形が全部
なくなっちゃう。
2回でも何とかなるかもしれない、そう願って、甘味づけでもう一度火にかけます。 
そして冷めるまで一晩そのまま。
翌日味見したら・・・渋い! 甘いけど渋い!! 失敗!!! 
栗を拾って届けてくれた友人にプレゼントしたかったのに・・・


Challenge it once again, with remaining chestnuts.
I sorked them just for 1 hour this time, peeled the outer shell with full attention, then simmered with changing water 5 times. Adding sweetness, and waiting overnight. 
At last, it became the completion of the SHIBUKAWA-NI !!

気を取り直して、もう一度挑戦。
残ってる栗、もう小さいのしかないけど、何とか使えそうなのを選んで・・・
今度は浸水1時間で、渋皮をちゃんと残しながら慎重に剥き、筋取りしながら茹でこぼしを5回やりました。 甘味づけして待つこと一晩。 美味しい渋皮煮の完成となりました!

Shibukawa-ni (done)

  The work which took far into midnight
  was rewarded.
  Next morning, I saw a jewel. Here it is.

  夜中までかかって仕込んだ渋皮煮。
  翌朝、宝石のように輝いて見えました。




Shibukawa-ni (compare)





        They are more dark brown,
  comparing with the unsuccess ones.

                           <Success:成功> <Unsuccess:失敗>

前日失敗したものと比べてみると、ちゃんと渋抜きできているほうが茶色が濃いんです。
作ってみて、渋皮の重要な役割がよくわかりました。



Here is the variation, CHOCOLAT MARRON, which are coated by chocolate ganache
Chocolat-marron-1
  渋皮煮をチョコレート・コートして、ショコラ・マロンにも
  してみたら・・・
  40年くらい前、『栗』っていうチョコレートを食べたことを
  思い出しました。 あの頃、『栗』チョコレートと言えば
  市販チョコの中では高級品、なかなか買ってもらえな
  かったな~。 親に「これは大人のチョコレートだから」
  とか何とか言われて・・・。

  Chocolat-marron-2 
              ラッピングして、渋皮煮とともに、ようやくプレゼントになりました。 
 


Kuri&bacon pasta  Cooked (boiled) chestnuts were
  handy to add to a dish.
  I used them for cream spaghetti
  for lunch with my friend.
  They added something of seasonal
  special to it. 

  栗は茹でておくと便利。 
  そのままでおやつになるし、
  料理にちょっと添えるとたちまち
  「この季節ならでは!」っぽく
  見えてきます。

  先日、友人がいらしたときに、
  茹で栗とベーコンのクリームパスタで
  ランチ。 栗のやさしい甘さとベーコン
  の塩気がちょうどいい!


Kaki
           I got persimmon as her gift.
              It's autumn taste, too.
                What shall I make?

             友人のお土産、 
                 柿をいただきました。
             これもまた秋の味覚。
                 さて、何を作ろう?


Kaki/Nashi/Kabu



  With turnips and pears...

  買い置きの梨とかぶがあったので
                     




Kaki&Kabu Namasu

  Namasu, of persimmon & turnip

  A pickled salad, added "Umami-salt"
  as a hidden flavor this time.
  Great with warmed sake
  on the cold night.

  柿とかぶの塩麹なます。 
  寒い夜はお燗酒で。

  オリーブオイルを少量加えると
  白ワインにも合います。
  ソーヴィニョンが良さそう。



Shira-ae, of persimmon & pear
Kaki&Nashi Shira-ae  It's a vegetable dish using
  mashed tofu originally.
  I used fruits instead, and add
  "Miso-mite", then arranged it
  in the persimmon cup.
  The gentle sweetness of the fruits
  was refined, I would love to enjoy it
  with Pinot Gris.

  柿と梨の白和え。 
  かくし味に『味噌マイト』を使い、
  ローストした胡桃と、削りたて
  パルメザン・チーズのトッピングで、
  フュージョン系。 
  柿釜に入れてみました。 
  (野菜や果物を器にすると、
  心が豊かになるんですって!)
  果実の甘さほんのりの上品な味は、
                                ピノ・グリと合わせたいですね。



Umami-salt & Miso-mite 30/05/14
今回使った『塩麹(旨みソルト)』と『味噌マイト』は、ネルソンの商品です。
ニュージーランド産の美味しい味、大好き!

Here are the products I used.
"Umami-salt" & "Miso-mite"
Delicious taste from New Zealand of Japan!
I love it.




Autumn taste ~Chestnut rice~ 秋の味覚 ~栗ごはん~

I got lots of chestnuts the other day !
My friend, who knew that I wanted chestnuts, asked his neighbour, who was the owner of the chestnut trees, for me to have some.
Chestnuts in basket  
  栗はこの辺には売っていないんです。 
  秋なので、栗を使った料理やお菓子を作り
  たいけど。。。
  先日、知人にそんな話をしたら・・・
  彼の隣人の敷地に大きな栗の木があるから、
  栗を拾ってもいいかどうか聞いてあげる、
  と言われ・・・
  翌日、彼自身が拾って届けてくれました。 
  袋にいっぱい、たぶん3~4kgくらい?

  Kuri-gohan (Chestnut rice) !
  It came into my head at beginning, which is
  one of the representative dishes of the
  autumn taste in Japan.
It is normally cooked by rice and peeled chestnuts with water and some seasonings. This time I roasted chestnuts first, because I thought it must be easy to peel them.

栗といえば、栗ごはん!
アロータウン時代、クイーンズタウン方面への国道沿いで、行き交う車に見られながら
栗拾いした記憶が蘇ります。 (あのときも栗ごはんが食べたくて作ったけど、皮剥きに
かなり手間取った記憶も・・・) 以来15年ぶり。

ネットで検索してみたら・・・『焼き栗ごはん』というのを発見。
なるほど、先にローストしておけば皮がクルッと剥けて、それを炊き込めばいいのか・・・
これなら楽! と思い込み・・・

After made a cut in two places with a knife in each chestnut, I roasted them for
20 min.  Then, peeled them.....mmm.....not easy?!.....mmm..... 
I was stacked to peel the inner skin off!!  Sore nails...
Took a break for the moment......then,
following an advice from my friend Natsuko, I roasted them once again, having the inner skin, with low heat for a while.  It made the inner skin crispy, and......
yes, much easier to peel off!  Also I found a good tool of bamboo skewer which worked well instead of my sore nails.
Peel Chestnuts
まず、栗にナイフで切れ目を入れてオーブンで
ロースト。 20分くらいで取り出して、少し冷め
てから皮を剥き始めました。 
ところが、中の渋皮がなかなか取れない! 
予想通りに丸ごと剥けるのは2割あったかどうか、
あとは、まったくダメ! ボロボロ崩れて、
爪の奥も痛くなってきたので一時休憩。

採集・菜食家のナツコさんにアドバイスを求めると、渋皮がついたまま、もう一度ローストすると
いいとのことで、再びオーブンへ。 すでに焼けている栗、火の通しすぎで硬くなってはと思い、
2度目は低温で7~8分くらい。 今度は渋皮が
パリッとして剥きやすくなりました。 
(温かいうちに作業するほうがやりやすいみたい。) 
途中、竹串という重宝な小道具を思いつき、痛い爪を酷使する必要がなくなりました。


Chestnuts on rice to cook  Now, I set the roasted chestnuts
  on rice, with water, sake, mirin,
  a little salt, Kombu (dried kelp).
  Then cooked.

  ようやく、炊込みに入ります。
  水加減したお米と調味料、
  昆布の上に皮剥いた焼き栗を
  たっぷりのせて炊きました。
  (せっかくだから、土鍋で。)

(注意) 焼いたときに水分が減った栗は、炊き込むときに周りのお水を吸うので、お米
だけの水加減よりも多めにする必要があります。 でないと、ごはんが硬く炊き上がって
しまいます。 

Kuri-gohan cooked


           Just cooked !
Flavourfull nutty rice, so yummy !

       炊きあがり、ホックリ!





Kuri-gohan for 2-L
  
  香ばしくて美味しい!
  (あぁ、苦労が報われる!)

  次の料理教室のときにまた炊いて、
  みんなに出してみよう。 
  栗ごはんなんて、めずらしがる
  だろうなぁ~

  I would like to serve Kuri-gohan to
  people who attend the cooking
  class.  Now I got the good tip,
  so must be not hard. Will cook
  it again for them in the class
  next week!



********************************************************************************************
At the class in the following week:
Adding to our cooking dishes, I served the Kuri-gohan (Chestnut rice) for people.  They were surprised at the appearance of surprising rice as I expected,
and were pleased!

翌週、クラスで出してみたら・・・ 予想通り、とても喜んでもらえました。 
(実習した料理より、こっちのほうが印象深かったようでした。)

Here are the dishes that we cooked in this class: 今月のクラスで実習したのはこちら: Tofu-miso-dengaku  Miso-nikujaga-2   Gyu-roll-miso-1


It was great night with 6 of great cooking people (included a lady
who has appeared in the TV program "MasterChef" before) from local,
and a Japanese lady who were traveling here.

C.Class on 13/05/14

常連の生徒さんたちに加えて、今回は日本からいらしていたお客様が参加、そして、
数年前マスターシェフ(料理の腕を競い合う人気のTV番組)に出られた女性も参加されて
7名のにぎやかなクラスでした。

KAMPAI for Wanaka's autumn and our dishes!


Taro, the autumn harvest   秋の味覚 ~タロイモ編~

Taro in NW  I found big "Taro" in the market.   It suddenly ran through my mind
  that it resemble Sato-imo
  (Japanese taro).
  "Will buy it!"

  スーパーで、『Taro』 というお芋を
  見かけるようになりました。 確か
  サトイモの仲間だったはず・・・
  よし、これでサトイモ料理をして
  みよう!
ひとつのサイズはフットボールほど。 小さめのを選んだけど、それでも1キロ以上ある。

**********************************************************************************************
Day-1 : Okonomi-yaki (savory pan-cake)

By adding grated Taro into the base, it becomes soft and sticky texture,
like real Japanese Okonomi-yaki.  It's an idea instead of using "Yama-imo"
which is not available to purchase here. (Sorry, forgot to take photos...)

まずは、お好み焼きに、山芋の代わりにすりおろして生地に入れてみました。
(山芋はこちらには売っていないので、今まで入れずに作ってましたが・・・)
粘りはあんまりないけど・・・焼いてみると、いつもより日本のお好み焼きに近い食感に。
もっちりと美味しくできました。 
(写真撮り忘れた! 外見はいつものお好み焼きと同じでしたけど・・・)

***********************************************************************************************
Day-2 : Steam-bake with eggplant & seafoods

  With the piping hot eggplant which absorbed the delicious taste of seafoods,
  I thoroughly enjoyed the taste of the taro pieces in it.

Taro-oven bake

  次は、茄子と魚介のホイル蒸しに加えてみました。 ホイルを開いたとたんに良い香り! 
  お皿に盛り付けて、魚介の美味しい旨みを吸った熱々茄子とタロイモをいただきます。 
  サトイモというより、八つ頭の食感に似ている。 
  (この写真ではわかりにくいですね。 茄子と海老の間にあります。)

************************************************************************************************
Day-3 : Kenchin-jiru (hearty autumn soup with root-vegetables & tofu)

Taro-kenchin
  This is that I wanted to eat most!!
  I thoroughly enjoyed the fragrance of the
  burdock, the texture of the taro, juicy taste
  of the fried tofu, all tastes.

  それで、その翌日は、けんちん汁。
  前回のお彼岸の記事に『けんちん汁』
  と書いたときから、懐かしいあの味を
  食べたいな~と思ってたところでした。
  なので、今日はちょっと贅沢に・・・
  乾燥ごぼう(日本からの貴重な食材)も
  入れて、根菜、豆腐、冷凍油揚げなど
  いろいろ入れてコトコト。。。
  うわぁ~おいし~い! 
  煮込んだらサトイモの食感になりました!
  もう箸が止まりません。 夫が帰ってくる
  前に、一人で三杯めのお代わり。

**************************************************************************************************
Day-4 : Deep fried Taro

I had simple deep frying, as I wanted to taste a characteristic of the Taro simply.
Just fried hot one with delicious sea-salt...great snack of the beer!
And another is... top with "Tama-miso" (egg-yolk-miso), which goes well with warmed sake.

Taro-fry-Sea-saltTaro-fry-Tama-miso
4日目は・・・
シンプルに味わいたくて、粉をまぶしてカラリと揚げてみました。
揚げたてに、美味しいシーソルトをパラリとかけてほおばります。(ビールのお供にGood)
玉味噌をお酒でのばしてかけても美味。 お燗酒が欲しくなる味です。 
 
*************************************************************************************************

Taro on C.boardThough I used it a lot, Taro is still left.
Great value!!
Will enjoy it again through the season surely.

これだけ料理に使っても、まだ残っている。
大きなタロイモは、1個で4~5回分くらい
料理ができるほど使いでがあります。
サトイモの旬は秋冬なので、タロイモも
そうなのかな~。 こっちでも今の時期
市場に出てきたし・・・。
亜熱帯地方でよく食べられているイメージもありますが、どうなんでしょう?

我が家では引き続き、タロイモ料理が登場しそうです。
しばらく売り場に並んでいてくれるといいなぁ・・・。