Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Drink lover came tonight !  呑べえのお客様!

I got a guest, from Auckland, who had been a friend for over 16 years since we lived in Arrowtown. I prepared my favorite dishes for this drink lover tonight.

前菜盛り

昨夜のお客様は、現在オークランドで旅行会社を経営するお方。
もう16年以上のお付き合いになります。(NZに来て間もなくアロータウンに住んでいた
ころ知り合った方です。) 我家がB&Bを始めたのは、実は彼の一言がきっかけでした。

『お酒の強さはサムライ夫といい勝負』の彼に
ご用意させていただいた料理は、
ワインでも日本酒でも、または焼酎もいけそうなメニューにしましたよ。


From the Entree platter:
まずは前菜盛合せから :

なますサーモン撒き

  NAMASU (traditional Japanese dish),
  wrapped by hot smoked salmon,
  with lime instead of Yuzu

  紅白なますの
  ホットペッパード・スモークサーモン巻き:
  名前のとおり、なますをスモークサーモン
  で巻きました。
  柚子の代わりに、ライムで。






塩辛ベークド・ポテトSHIO-KARA on baked potato:
Sake lover's dish of Shio-kara,
accompanied with Ex.V.Olive oil
on baked potato.
Do you know about SHIO-KARA?
The popular one is made from squid meat &
the viscera which were salted and fermented. The flavor is similar to anchovies, with a different texture though.

塩辛・ベイクド・ポテト:
オーブンでホクホクにベイクしたジャガイモに、
オリーブオイルをひと匙、
その上にイカの塩辛ひと匙!
これ、とっても美味しいんです。 
オリーブオイルで塩辛もイタリアンな雰囲気。
白ワインにも合いますよ~ 是非お試しを!


塩麹チキンのサラダ:
2月の創作料理クラスで作った一品。 ネルソン産 "Urban Hippie" 社の塩麹を
使ってます。
(今回は調理方法を変えました。 このやり方のほうが、さらに味がいいので、
習いにいらした皆さんに、お伝えしなくちゃ。。)


Camembert cheese soup:
On hearty winter soup of Chinese cabbage and bacon with Kombu & Consomee broth, meltted Camembert cheese were so nice !
スープ&カマンベール  カマンベール・スープ
カマンベールチーズのスープ:
本日は白菜とベーコンを昆布とコンソメのミックスだしで煮込んだ具だくさんのスープ。
仕上げに、切っておいたカマンベール・チーズをのせて、蓋をして2~3分蒸らしたら
できあがり。 トロリとした熱々のところを盛り付けます。


Main dish:
豚角煮
  KAKUNI pork belly & rice:
  This popular Japanese dish fits comfortably
  with rice.

  ポークベリーの角煮 と ごはん:
  メインは純和風で。 
  しっかり味のしみ込んだ煮物は
  ご飯がすすみますね。


 




Would you like to have a dessert ??
ふぐつまみ
They loved dried fish of FUGU,
instead of Lime sorbet which I had prepared.
Yes, I knew that they liked to keep drinking
with something not sweet.

初めにビールを数本、その後、シャルドネ、
ピノ・ノワールとワインが続き、さらに3本目の
シャルドネが終わりそうになっていたので、
そろそろ用意しておいたライム・シャーベットを
出そうと思ったら、デザートよりもつまみが欲しいと、呑べえのお二人からのリクエストで、
ふぐ(乾燥ふぐのおつまみ)を軽く焙って、
デザート代わりに。 
その後は、またビールに戻った様子。



空ボトル3本
  Good morning!
  Finding empty bottles of wine in the kitchen,
  (also beer bottles as well)
  wondering if they got hangover...?

  朝になったら、ワインの空ボトルが3本と
  ビール瓶がさらに数本、キッチンに・・・。
  二日酔いになりませんでした?






Gyoza session !  餃子特訓中!

  ~GYOZA sessions at Japanese cooking class this month~
  I'm teaching it with focus on how to make the wee parcels pretty,
                     also how to cook them juicy with crispy outside.

餃子(クラス・レシピ)400x300

  For the most important ingredient of specialized "GYOZA pastries",
  it's hard to find them out at local shop unfortunately,
  but there are frozen packets of "Wonton pastries" instead.
  They are similar but the shapes are square (not round)!
  Then I have decided to use them with cutting to round shape in order to
  make proper GYOZA shape.

  It may look hard to make them 3-D shape with pleats, but it's easy actually
  and fun to make lots and lots once we get tips.
  Anyway, I let people do practices with circle papers first.
  Let's enjoy ORIGAMI Gyoza !!!


  今月の料理教室メニューは、餃子です。
  限られた時間内に皮から手作りとなると間に合わないので(皆さん餃子作り初めて
  でしょうし)、今回は市販のを利用。といっても、
  ワナカのスーパーには「餃子の皮」は売ってないので、冷凍の「ワンタンの皮」
  で代用します。 生の皮はやや黄色ですが(原材料の欄を見ると卵が入ってますね)、
  焼けば見た目も味もほぼ同じなのでね。。 
  クラスでは、具の準備、包み方、焼き方をじっくりやります。

  皮が四角なので、そのまま半分に三角に折るだけなら簡単。
  でも、やっぱりあの形にしたい、ひだを寄せて立体的にしたい。 ということで、丸く
  型抜きしてから使います。 さて、こちらの方々、うまく包めるでしょうか。
  日本人は手先が器用ですよね。 餃子の包み方も、折り紙も、着物の着付けも、もとは
  平面だったものを美しく立体化する、ということでは共通しているような気がします。
  そこで、今回のクラスでは、実習前に丸い折り紙(新聞紙を丸く切ったもの)で練習!

  ***********************************************************************************
  As Renon (my daughter) came back home for school holiday for this 2 weeks,
  I asked her to help me at the class.
  It would be a great chance for her to learn about cooking, also learn about
  communicating with people.
  Moreover Gyoza was her most favorite food as well as Ramen!

  娘のレノンが冬休みで帰宅しているので、今回のクラスでは彼女にアシスタントを
  お願いしました。 (料理を学ぶ良いチャンス!)
  ラーメン好きで、もちろん餃子も大好物。
  このホリデー中に、本人が自分でつくれるようになる、ということが私の目標です。

~Here was a training day for Renon~早速、事前に特訓:

She enjoyed to make many parcels, with folding simply into half from the original
square shape first.
  レノン餃子包む レノン餃子包む(UP)
まずは四角い皮をそのまま三角に折るという、シンプルな餃子。 おもしろがって次から
次へと包んでいます。

At the next stage, I cut the pastries to circle and tried to let her make proper shape with making pleats...but she did just folding into half like half moon!
  四角を丸く 半月に折る
続いて、皮を丸く抜いて、立体餃子に挑戦。(ちょうど良い大きさの丸型、ありました!)
・・・と思ったら、ひだを寄せず半月型に折ってる。 「これじゃあ練習にならないよ~・・・」
と言いたかったんだけど、1回目はこれで良いことにしよう!

After steam cooking, drops of Sesame oil makes them crispy at the last part.
                  How was the taste?  Great!  Crispy texture and juicy!!
  フライパンから・・・ お皿へ
スティーム後にゴマ油たらして・・・そろそろ焼き上がり。
                         お皿に盛り付け・・・さて、今日の焼き具合は?
           半月餃子、外側カリッと中はジューシーに仕上がって、まずまずの出来!


  レノン餃子焼き上がり 
  Big smile with lots of Gyoza.
  
  たくさんできて、ご満悦





****************************************************************************************

~ The class on 21st July ~  
We enjoyed making Gyoza parcels, with talking, laughing...
Look, they did beautifully!!  (We did nearly 100-pcs altogether!!)

~7月21日(日曜日)のクラスから~ 
さて、ここからは、実際の料理教室の様子です。 
皆さん、おしゃべりを楽しみながら着々と作り続け、全部で100個近くになりました。
この通り、とってもきれいにできてます。
  Jem & Jo Wrapped Gyoza -1

  Bernie & Jo Renon & Alan

  Wrapped Gyoza Serving of cooked Gyoza
                              Serving the cooked Gyoza to the plates.
                              焼き上がりをお皿に取り分け


Tasting Time:
試食タイム:
  餃子クラス試食ー2 餃子クラス試食ー1
One more person was added in the middle.      Did you take nice photos, Bernie?
アレ?真ん中に飛入り参加の人が・・・。          Bernie、FaceBook用に撮影中。


  Alan & Chopsticks Renon & double Jo
Everyone chose "my chopsticks" from bunch of them with all the different design.
I will keep them here for their next sessions. (have to remember which one is which.)
今月から「マイ・箸」を導入。各自お好きなお箸を選んでいただいて、その生徒さん専用の
箸にします。どれが誰のお箸か、覚えておかないと・・・(取り合えず写真を撮っておこう。。)

Welldone, everybody. Enjoy making Gyoza at your home, too!!
And thank you Renon for helping us.
皆さん、お疲れ様でした。 家でも是非作ってくださいね~
レノンも、お手伝いご苦労様!

****************************************************************************************
What do you think about the left over parts after circle-cut of pastries?
Yes, I will use them of course.
Wondering how it is to deep-fry them to make crispy toppings for salad.
Will try it tomorrow!

皮を型抜きして残った部分、もちろん捨てずに使いますよ。
カリッと揚げて、さっぱり系サラダのトッピングにしたらどうかな。
明日やってみよう!

SAKE Navigator 日本酒ナビゲーター

I came back home last week.
Here is already winter, feeling so cold with the season changed from hot & humid summer in Japan!
長いこと留守にしました。
先週ワナカに帰ってまいりました。 キーンと冷えた空気で、日本で開いた毛穴がキュッと閉じる感じ!
****************************************************************************************
ナビゲーター認定証  One of my impressive events in Japan was....
  got a title of SAKE NAVIGATOR.
  After tasting of various SAKE in each local area 
  for the weeks, the attendance to this authorized
  SAKE lecture was so effective for me!!

  Adding to learning about rice, water, climate,
  and the Sake production process, I felt an
  admirable acient people's human power (spirits)
  to keep producing of "SAKE" with only their
  sharp sense and experiences before discovering
  of microbiology. (I think it's same as Wine production in other countries as well). Oh, I proud of my country's precious art of "SAKE" as a KOKUSHU (= Japanese representative liquor)!


酒テキスト引き続き、日本酒の話題ですが。。。
この修学旅行のハイライトは何と言っても、日本酒ナビゲーターの認定講座
受講。 それまでのネットや書籍から得た
知識に加えて、帰国してから各地で地酒をテースティングする機会にも恵まれ、
舌と頭で味わった3週間が活かされる瞬間
でもありました。 
講義では、原材料や製造工程などと共に
その歴史、またそれぞれのお酒が持つ特徴と食事との相性などを学びましたが、中でも感銘を受けたのは、2000年以上もの大昔に生まれた飲みものが、人々の勘や経験
だけをたよりに、顕微鏡もない・微生物の存在も知らない時代に、良くぞ作り継がれて
きたものだということでした。 日本の宝ものですね。 
こちら(NZ)での日本酒は種類も飲む機会も限られてはおりますが、今後は、先人の
心意気を舌で感じてみたいと思います。 
大越先生、素晴らしい講義を、ありがとうございました。

SAKE & CHEESE MATCHING:
We had interesting experiences that 5 different type of SAKE & 3 different type of Cheese matching in this course. How do you think? I had believed mis-matching,
but it wasn't... Amazing!  Tutor (Ms.Okoshi) recommended of Blue cheese and Sparkling Nama (fresh type) Sake matching.  Well...would like to try them soon,
of course!

内容の濃い4時間の講義の最後には、5種類の酒テースティング。 
そして、ナント・・・この日はチーズとのマッチングがあるというではありませんか!!
日本酒とチーズが合うのか???
こちらで何度かやってみたけど、(凝り固まった先入観が邪魔して)私的には
「ダメでしょう~」とあきらめていた組合せだったので、衝撃的でした。

3種類のチーズを少しずつ、それぞれのお酒とゆっくりと味わってみると・・・
・・・んん、いけますねぇ。 麹菌とチーズ菌、いけてます!
この中にはありませんでしたが、ブルーチーズにはどんなタイプの日本酒が合うと
思いますか?という先生からの質問。 意外や意外、フレッシュでフルーティーな
生酒(発泡系)が合うとのこと。 (純米古酒とかが合うのかと思った。) 
NZのブルーチーズとお酒、近いうちに試してみよう!
あれっ? ここで手に入る発泡系『生』というと・・・アレしかないけど~・・・合うかしら??


Unfortunately, I had a big mistake that I forgot to take a battery for my camera!!!
Baggar me!!!
So that no pictures for this important day!!! 
No pictures for the special matching of Sake & Cheese!!!

この日の最大の失敗は、カメラの電池を入れ忘れたことです。 前日しっかり充電して
おいたのにそのまま充電器に入れっぱなし。。。この日のせっかくのお酒が撮影できず
何とも残念無念!!  はぁ~・・・

Then, I will show other pictures of SAKE which I enjoyed at each local area
during this trip.
なので、各地で味わった美味しい日本酒を、ここでご紹介します。
***************************************************************************************
At my home town (Saitama Pref.):
With my parents, sister & brother in low, my Samurai-husband & me
at Japanese resutarurant:
まずは、私と夫の帰国を歓迎してくれた埼玉の両親と妹夫婦とともに、和食レストランへ。
酒 『直実』
   Local Sake "Naozane"
   & Shiokara (tradisonal squid dish),
 
   地元・埼玉のお酒をテースティング。 
   さけ武蔵(酒造好適米)使用の
   特別本醸造酒 『直実(なおざね)』
   あては塩辛・・・




鰯の前菜 鰯の握り
followed by Iwashi (fresh sardine) entree,   and the Nigiri-sushi.
このときシーズンだった鰯(イワシ)の前菜      と鰯の握りすし


***************************************************************************************
At Samurai-husband's home town (Furukawa, Miyagi Pref.):
With his cousins:
いとこたちと
  夫の故郷(宮城県)では、いとこ達が
  歓迎してくれました。
  
  地元古川の地酒
  (しまった! 詳細をメモするの忘れた)
  と、ここでのつまみは何と言っても、
  海のパイナップル、『ホヤ』!


古川の地酒2種 ほや
2-types of local Sake (nnn?...forgot the names!) & "HOYA" (a kind of shellfish) which is known as an ocean pineapple.

***************************************************************************************
At Shonai (Yamagata Pref.):
Husband's mother and sister family invited us to "Onsen (hot springs)" with hotel which was at ocean front, so luxurious!

夫の母と姉家族と、山形県庄内地方にある湯ノ浜温泉に。(滞在はホテル満光園) 
温泉をのんびり楽しんでいたところへ館内アナウンス。 
「皆様、ただいま夕日が海に落ちるところでございます。 どうぞ景色をお楽しみください」とのこと。 「それは是非拝まないと!」
あわてて浴衣を身体に巻きつけ、1階フロントの大きな窓辺と5階の客室からの眺めとを、カメラを持って行ったり来たり2往復、どこが一番きれいかと・・・。
(急いで温泉を出たので、脱衣所にあった、庄内の美肌水といわれる、
地酒『白露垂珠』の仕込水を飲むのスッカリ忘れた!)

温泉浴衣 満光園からの夕日
Tradisional hotel wear "Yukata"          Sunset & Nihon-kai view

After soaking my body in Onsen, we enjoyed a beautiful sun-set view and "Robata-yaki" dinner there.

炉端焼き 満光園お勧め地酒
Robata-yaki dinner at private room:      The local Sake: "Hakuro Suishu"
夕食は個室で炉端焼き:    仲居さんのイチオシ庄内地酒 『白露垂珠』(生詰)と共に。

寝酒
   Here is another Sake, Junmai Dai-Ginjo
   "Haguro-san"as a night cap...
   
   部屋に戻って、御兄さんと飲み直し。 
   こちらも庄内の地酒:
   美山錦の純米大吟醸 『羽黒山』
   カニをつまみに。。



      姉家族と母



Thank you very much, our family!
良い思い出をありがとうございました。


***************************************************************************************
At Murakami (Niigata Pref.):
Husband's old friends invited us to great restaurant and got a heartful hospitality.
Murakami, there was one of large rice field area, and had many Sake breweries, therefore I was so happy to taste the local Sake at this district.

新潟の村上へも足を伸ばしましたよ。
夫の高校時代の先輩と同級生の方々にお会いしました。
皆さんお忙しい中、ご都合をつけていただいて、さらに素晴らしい席を設けて
いただいて大感謝です! もちろんここでも地酒テ-スティング。
日本酒の消費量が多いところに共通するのは、日本海側・寒い(雪深い)ところだそう
です。 そして米どころという条件も満たしていることもあり、新潟の地酒は是非地元で
味わってみたかったので、念願かなって大変嬉しかったです。 お勧め村上のお酒は・・・

新潟地酒2種
  Local Sake: 
  Nama (Fresh-type) "Shiun Taiyomori"
  & Dai-Ginjo "Shime-Haritsuru"
  
  産声をあげたばかりの本生新酒
  紫雲ブランドの『大洋盛』 
          と 大吟醸『〆張鶴』


新潟・刺身 生牡蠣
with various fresh seafoods from this district:
数々の新鮮な魚介と・・・

カブト

  This dish!
  これまたスゴイ料理が!
  目の後ろが一番美味しいんだそうです。
  ホントに美味しかった!





腹話術
Surprized!
Entertainment of FUKUWA-JUTSU

そして、こんなサプライズ余興も!
腹話術!!! 初めて生で見ました! 
夫の先輩さま、すごい術をお持ちです。  
今度、NZでやってみませんか? 
もちろん英語でですよ。
NZ人、驚きますよ~。 で、とっても喜んでくれると思います!
***************************************************************************************
After returned to Saitama:
We enjoyed another hot springs with our friends "Maruyama family".
 
夫のいとこからの贈り物、地元古川の地酒『一ノ蔵』は、埼玉に戻ってから、
友人宅(丸山家)で味わいました。
まずは、丸山家行きつけの所沢温泉「湯楽の里」からスタート。
所沢温泉 男湯・女湯
 "ゆ" means hot bath:        Bath for Gentlemen(Left) & Bath for Ladies(Right)

いろんなお風呂を満喫し、ビールと焼肉を楽しみ(せっかくお風呂入ったのに焼肉の
匂いが・・・との心配は御無用、そこは気にしない!)、お宅に戻ってからお楽しみの
日本酒タイム。 
酒 『一ノ蔵』  After dinner of Beer & Yaki-niku,
  we tasted Sake "Ichi-no-kura"
  It's fresh (Nama) type, but strong!
  Having a chaser beside me...

  宮城県大崎市(古川)の地酒、『一ノ蔵』:  本醸造生原酒しぼりたてです。 
  アルコール度高めの原酒には、
  ちゃんと和らぎ水も傍らに準備して。。。

***************************************************************************************
After getting great experiences and knowledges, I made up my mind, in my
returning flight, that I'm pleased to introduce this Japanese culture of "Sake"
to New Zealand people.

これまで帰国の度にほうぼうでお酒を味わってきましたが、今回は特別でした。
考えながらオーダーし、考えながら味わったことで、頭の中に日本酒の引出しが
できました。 今後の日本酒選びが楽しみであると同時に、こちらのNZ人にも、
日本の宝「SAKE」文化を是非お伝えしていきたい、と気合を入れて帰りの飛行機に
乗り込みました。 

Now Winter season here, I'm enjoying warmed Junmai-Sake at home!

日本では、季節がらフレッシュな生タイプのお酒を味わう機会が多かったのですが、
NZに戻ったら真冬! まったりと純米酒のぬる燗、楽しみたいな~。。