Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Hanami & Sweets class ! ~ 桜の季節のお菓子教室~

Spring season arrives!
Cherry blossoms has started to bloom in my garden, and landscaping at back yard has been started !

Sakura-1  I have sweets classes in
  September for this HANAMI
  (viewing of Sakura-cherry
  blossoms) season.
   
  あっという間に8月が終わり、
  明日から9月。 春ですね~
  我が家の桜も第一号が開花を
  始めましたよ。 数種類の異なる
  木があるので、順々に、これから
  10月中旬までたっぷりお花見が
                                               楽しめます。
今月の料理教室では、初のスウィーツ・クラスを開催します。 季節限定の桜スウィーツ、是非ご賞味あれ!


******** Sweets classes *********

One of the cooking menu : "Maccha (green tea) Tiramisu"
Using Maccha powder, we make this fluffy dessert with Japanese classical flavour.

G.T.Tiramisu-S  実習メニューのひとつは、抹茶ティラミス:

  「日本のスウィーツって何?」
  ってよく聞かれるんですが、私がすぐに想像する
  のは、あんこもの! そう、こちらの人が苦手なもの
  なんです。 それで、毎回ちょっと創作してます。
  ずっと前にこのブログに掲載した、ヨウカン・パイ
  とか、クマラ(サツマイモに近いおイモ)きんとんには
  少量のバターや生クリームを加えたり・・・。 
  今回のデザートは、逆の発想で、人気のイタリアン・
  デザートに和のテイストを入れました。
  
使うリキュールは、『和』だから日本酒を使用したこともあったけど、普通酒では
物足りない感じ・・・。やっぱり上品な吟醸香が欲しい。 吟醸酒が手に入らないときは、
ラム酒を使っても美味しいです。。。。そしてラム酒&抹茶は意外と合っているのです。

アレンジ版として、あずきと日本酒のティラミスも美味しいですよ。 
そのときは、ラム酒でなく、是非とも薫り高い吟醸酒を使ってくださいね。 
あぁ、海外では、何て贅沢なデザート!!


Another menu (demonstration) :
"Blue cheese chiffon cake"B.C.Chiffon (plate)
Introducing soft chiffon cake with rich & deep flavour of cheese. This is good with red wine or dessert wine, as well.

もう一品は、日本人・NZ人両方に好評な、
ブルーチーズ・シフォンケーキです。
一度ブログにもレシピを載せましたが、
実際に作っているところを見ていただけたら
と思って、デモンストレーションとして入れました。 是非コツをつかんでくださいね。


I decided to add this sweets : "Sakura-mochi"
Sakura-mochi  One of seasonal Japanese sweets,
  the pale pink crapes filled with Azuki-an
  & Sakura-an wrapped in pickled cherry
  leaves. I introduce the traditional one
  and the variation as well which local
  people can make them easily at home.

  桜もち: せっかくの時期ですから、これも
  実習に追加することにしました。 手に入る
                             材料・お好みのフィリングで、お手軽に!



Tea-lecture**Lecture : "Japanese tea and traditional sweets"
Talking about kinds of tea, tasting them with various
sweets of traditional and fusionaized one.

ティラミスを冷やしている間、シフォンを焼いている間、
お花見ティータイムにしましょう。 
レクチャーは「日本茶」について。 煎茶・茎茶・ほうじ茶・玉露・抹茶・・・、お好みをテースティングしながら、
和菓子も少しずつ試してみましょう。 
NZ人が楽しめるように、創作和菓子も含めて数種類
ご用意いたします。


Let's enjoy Japanese afternoon tea!

Spring sweets

Dinner for big tummies ! ガッツリ系スキーヤーのお客様

This middle of ski season, I got three skiers as home stay guests. They are staying here for the training and taking part in the competition "wintergames" !
The athletes are great eater without exception.

毎年8月は、日本からのスキーヤー・スノーボーダーの方々が、トレーニングのため
ワナカにやってきます。 我が家も、来年のオリンピックを目指す3名のスキーヤーの方々がご滞在中。 カードローナで開催される大会「ウィンターゲーム」にも出場されます。
彼らは羨ましいほどの食欲で、その食べっぷりは見ていて気持ちがいいほど!  
カレーライスを普通に食べたあとに、第2ラウンドで、大型のステーキを焼いてペロリと
食べてしまいます。 

この日は他に知人3名もお呼びしたので、合計8名分のお食事作り。 
作りがいがあります。 ガッツリ大皿料理でいきましょう!

At the weekend, I invited a couple who are the owner of "Keiko's cottages & B&B"
at TeAnau, and one more Japanese skier who is staying in Wanaka through this season, for dinner.  So I preapared some good amount of dishes enough for eight people!

ご招待した知人は、テアナウでB&B(Keiko's cottages & Bed&Breadfast)を営むケイコさんとケヴィンさんご夫婦。 冬になると、お二人でワナカへ移動し、スキーを楽しまれているアクティブなカップルです。 毎年この時期はご近所付き合いみたいに行ったり来たりの仲が、ここ数年続いてます。 同業者でもある私たちですが、夫は彼らとスキー友達であり、私と奥様のケイコさんはピアノ友達であり、そして4人そろって大のお酒好きなのです。 ここに、今日はもう一名、スキーヤーのマサトさんをお迎えしました。 ピアノ・ギター共に演奏される方と伺っていたので、是非ご披露していただきたかったのですが、演奏は次回にということで、お互い宿題となりました。 (今度は是非飲む前にやりましょう!)


Dinner for big tummies:
この日の料理から:

Rolled Hakusai (whole)
   This big round one is...
   Chinese cabbage roll of
   minced beef & pork with rice.

   この大きくて丸いのは・・・
   ロール白菜のパーティーバージョン
   ここに
   とろとろオニオンのドゥミグラスソース風と
   ベーコン・セロリ・トマトのソース
   を用意しました。




Rolled Hakusai (pieces)

Cut it...
Absorbed juice from Chinese cabbage
and meat, rice was deliciously cooked,
with additional some taste of creamy cheese.
I made two different sauces,
one is caramelized onion demi-glace, and
another is tomato with bacon & celery.

切り分けるとこんな感じ
お米が白菜とお肉の両方の美味しさを
たっぷり吸収して、中でふっくら・・・。
低温のオーブンでじっくり炊きあげました。


And...
Inari-2kinds


  Inari-zushi with Gomoku-rice
  and with ginger rice
  topped with scrambled eggs

  いなり寿司(2種): 
  ひじきの五目ごはん入りと
  生姜風味のごはんに卵のトッピング





Others... 他には

Fried Wonton pastry, it was good with beer!
ビールのおつまみに最適、ワンタン皮のカリカリ揚げ

Fresh spring roll of chicken, with peanut sauce
スモークチキンの生春巻き&ピーナッツダレ
  
Keiko-san's home-made fried trout, with tartare sauce
ケイコさんお手製のトラウトのから揚げ&タルタルソース

With beer, wine, Sake...the night went on...
いつものごとく、ビール・ワイン・日本酒の順で、夜は更けていきました・・・

Kampai for our strong livers & big tummies !!

Wonderful mariage of KIWI-JAPANESE cuisine & SAKE !   創作和食と日本酒のマリアージュ

"SAKE", the representative Japanese alcoholic beverage.  There are SAKE fan here in Wanaka as well, of long distance from Japan. I'm very pleased to introduce this Japanese artistries for them.

Sake lecture  I have special SAKE-lecture sessions in
  this month, introducing about the brewing
  process roughly, the varieties, the features
  & matching food (mariage).

  How do you image for "drinking SAKE" ?
  Hot-SAKE pouring from flask to small cup ?
  Myriad varieties are in existence today and
  they can be sorted in 4 types roughly.
  some of them are good to be drank as
  warmed SAKE, but other types are
  recommended to be drank chilled or
  room temperature for effect of the features.
  Please try each one with Japanese cuisine!


今月の料理教室では、日本酒レクチャーを入れたクラスを行います。 前回の日本滞在中に学んだことを要約して、こちらにお住まいの方々にも興味を持っていただけるような内容でお伝えします。
「SAKEと言えばHot-SAKE」 と思い込んでいる人が多いのですが、「美味しく味わうには、それぞれ適温があるんですよ」という切り出しで、わかりやすく4つにグループ分けして、味の特徴をテースティングしながら実感していただけたらと思います。 どんな料理と相性が良いのか、それも是非ご参考に!

****************************************************************************************
SAKE marketing facts:
I tried to check up about SAKE sales around local area (Wanaka & Queenstown), but founded that it's nearly impossible to buy SAKE at the moment.  How come?
I think I need to trace the market...
Anyway, please taste my precious one this time from Sake storage here.

日本酒小売情報:
こちらで手に入る種類のお酒も、調べておかないといけないですね。 
ワナカはもちろん、クイーンズタウンのリカーショップも要調査!
・・・と思ったらナント! ワナカのリカーショップ全店(3軒)とも日本酒が欠品! 
「ここ数ヶ月オーダーしてるのに入荷されないんだよ・・・」と、日本酒好きのオーナーが
嘆いていました。 「町はスキー客で賑わっているこの時期、『SAKEは置いてないのか』というお客さんも多いのに、残念だ」とも言ってました。 
これはどうしたことでしょうか・・・。
クイーンズタウンでは・・・? と思って調べたら、案の定、似たような状況でした。
卸業者にさかのぼって聞いてみないことには、詳しくはわからず・・・。
そんな状況ですが、今回は、我が家の倉からテースティング用にご用意してますので、
お楽しみに。

****************************************************************************************

The cooking menu is "Nikomi-Lamb&Daikon".
In Japan, there is a classic winter dish "Buri&Daikon", which is a simmered dish of Buri (yellow-fin, a kind of fish) and Daikon (radish) in a broth.  I introduce it using
with NZ Lamb-shanks instead of Buri.  This recipe is my original fusion Japanese and it was reported in the magazine "NORTH&SOUTH" before.

lamb preparation  Some preparations are needed to minimize
  the smell of lamb-shanks and to let them go
  well with Japanese flovour.  Lamb is greatly
  taking the place of Buri, it's rich and
  delicate texture.  I believe it would be a
  representative Kiwi-Japanese dish.
  Nice with warmed Junmai SAKE!

  そして、今月の調理実習は、『ラム・大根』。
  NZのラム肉を使った和風の煮込み料理、
  フュージョン料理となります。 
  冬の代表料理、『ぶり大根』のNZ版といった
  ところでしょうか。 まぁ、素材が赤身のお肉に
  なるわけで、違うと言えば違うものですが、
  出汁がしみた素材の、ホロッと崩れそうな
                          ところを想像してみてください。

実はコレ、レイクフロントのレストラン時代に、月刊誌『NORTH&SOUTH』に掲載された料理なんです。 それ以降も、寒い時期になると時々登場しているB&Bの冬メニューで、ちょっとの隠し味の違いで、ワインにも合うようにアレンジ可能。

                               Fresh Daikon, available at local shop
Daikonそうそう、2年前のTBSテレビ番組
『世界の果ての日本人』の収録のときにも、
この料理を撮影しましたっけ。。。あのときは
使えそうな良い大根が売ってなくて苦労した
けど、今回は、ホラッ、まっすぐの良さそうなのが売ってましたよ!

この料理、まずはラムの下処理が大事です。 
ここをしっかり押さえておけば、特有の臭みが
抑えられ、やわらかくて実に美味しい一皿
となります。 大根と半熟煮卵を加えて
素敵なフュージョン料理に仕上げましょう。
コクと旨みのある煮物は、純米酒と相性よし。 
あ、上燗の本醸造酒も合いそうですね。


In this special session, we cook "Lamb&Daikon" in the first half, then I do SAKE lecture (which is longer than usual), followed by the tasting with 2 dishes, then enjoying last mariage of "Lamb&Daikon" and warmed Junmai SAKE.

普段は、最初に調味料や素材についてのショートレクチャー、その後2品の調理実習
という流れですが、今月は特別クラスということで、前半で調理を行い、後半にレクチャーとテースティング(予め用意しておいた2品の前菜と共に味わっていただきます)、
その後、実習で作った料理と最後のお酒のマリアージュで終了となります。 


Lamb&Daikon
  

  秘蔵のお酒、ご用意してお待ちしてますよ。
  
           カンパイ!!

  KAMPAI for a wonderful mariage !!!
 






Photograghy class 料理写真の撮影クラス


L-GF5


  I attended a digital photography class
  in Japan, which was especially for
  foods' photographing.




Always I had taken 20~30 photos of same object (cooked dish) because it was hard to get satisfiable one. Changing the plate, cloth, position, place, or sometimes waiting the time passed from daylight to twilight...nnn...taking time so long!
What is a solution ???
I wondered if I could learn about photography technique to improve it to save the time.
Yes, found it in Japanese site!  Food photography class there!!
I booked it.


ブログに使う写真、なかなか満足のいくものが撮れず、毎回同じ料理を20枚も30枚も撮ったりしてました。

撮っても撮っても、満足のいく写真が撮れない。。。
日光かライトか? ライトの当たり方?  
場所を変えたり、昼間がダメなら、日暮れまで待ってもう一度撮影してみたり・・・。
お皿が悪いのか?と器を替えてみることも・・・こんなことしているうちに、盛付けは崩れ、せっかくの料理はまずそうになり、ドツボにはまることもしばしば。 
こんなに試行錯誤してみても、あとで撮ったものを見直すと、どれも似たり寄ったり・・・。 結局このカメラではダメなのか・・・?

この悩み、何とか解決できないものか・・・と思っていたら、日本のサイトでこんな教室を発見! 料理写真の撮影クラス
1回だけの単発クラスで、どんなカメラでもOK! となってます。 今持っているカメラで
美味しそうに撮れるコツを教えてもらえるなら・・・と、早速メールを。
「5~6月の帰国時に是非参加したいので日程を教えてください!」と、早すぎる問合せ
をさせていただいたのは2月初めでした。


PHOTOGRAPHY CLASS
~帰国して数日後の5月28日、撮影クラス当日~

7-people attended the session with various type of digial camera there.
My one was compact camera which looked like a toy, compared with other’s.
In the class, a tutor, Mr.Sato, gave advices to each person, to maximize the features for each model.

一眼レフ、ミラーレス、コンパクト・デジカメと、参加された皆さんのカメラはそれぞれ
メーカーも機種も異なっていましたが、講義では、それぞれのカメラの持つ機能を最大限に活用した撮り方を、一人ひとりに丁寧に教えてくださいました。
私のはニコンのコンパクト・タイプ。 隣の方の一眼レフと比べると、おもちゃのように
見えます。

講義の前に、「この料理の写真を撮ってみてください」と、一皿のお料理が出てきました。皆さん、テーブルを囲んで数枚ずつ撮影し、先生が皆さんの撮影された写真を順番に
見ていきます。

Before starting the lecture, we took some photos of a dish. Then Mr.Sato saw them.
I showed following 2 photoes to him.

私は2枚の写真を見ていただきました。 
パンが前ー266 肉が前ー266 パンが前面に写っているもの          お肉が前面に写っているもの

Right-side one should be correct position, but I like left-side one which was better looking. But why...?
この料理の主役はお肉だから、当然右の写真のほうが正しい向きですよね? 
でも左のほうが美味しそうに見える・・・そんなことを先生にお伝えしながら見ていただきました。

Then the lecture was started.
There were 10 basic tips to get a nice photo which looks yummy. The important parts were dealing with a sun-light coming through the windows.
The angle, distance from the window, the strength. He also introduced about
White-balance, Aperture, ISO, Exposure, and how to control them.
3 hours passed quickly!

さて、講義がスタート。
おいしく撮るコツは10項目、そのうちの半分はについてでした。 つまり光を上手に
使えるようになることが大きなカギなんですね。 この光とは窓からさしこむ太陽光のことです。 このとき部屋の電灯と混ぜないほうが良いんですって。 (私はこれまでずっと、昼間でもライトつけて撮影してました!)
その他、被写体に光が当たる向きや角度のこと、やわらかい光のほうが良いこと、
ズームよりも望遠で(これも逆のことしてました!)、縦型効果(なるほど!)、
レフ板の効果、絞りの操作、ISO感度についての説明など、あっという間の3時間。

撮影講義ー縦型

   レフ板を使ってー266
   Trying to use of a reflector
   and seeing of the effectiveness.




Then, we took photoes again of the same object.
そして、ここでもう一度、全員がさっきのお料理を撮影。

講義後の撮影  Here is my one.
  さて、いかがでしょうか?

  Much better, isn't it?!
  The brighten tone made chicken meat
  looks juicy & tender,
  lettuce leaves are more fresh-looking!
  it's totally improved!

  全体的に明るくなり、料理の表情が柔らいで、
  主役のお肉も柔らかくて美味しそう。
  時間がたっているにもかかわらず、野菜の
  このみずみずしさ! レタスが立ってる! 
  講義の効果ですね。

料理は最初に出された状態のままで、何の手も加えてません。 時間がたったから
といって盛り付けなおすということもなしに、こんなにきれいに撮れるなんて、驚き!

I learnt various new skills with using my little camera, but also noted that my one didn't have aperture control function unfortunately which makes a nice blurry background to make a subject conspicuous as a main focal point. It's important
for me!! Therefore, yes, I decided to purchase a new model.
Getting good references at the class about mirrorless (interchangeable-lens) camera
and single-lens reflex camera, I went to Shinjuku to buy new one.

その後、サーブされたランチを皆さんと一緒にいただきましたが、生徒さんからの
質問攻めに、お食事中も熱心に先生の講義が続きました。 

このデジカメでもコツをマスターすればずいぶん改善されるんですね。 
同時にわかったことが一つ、料理写真に是非取り入れたいと思っている『ボケ』、
これをつくる『絞り』機能が私のカメラにはついていない、という事実でした。  
もともと「このカメラじゃ限度があるのかな~」と、アップグレードすることを考えていたし、
ここで気持ちは一気にカメラ購入へ!!!
先生から「次に買うならコレ!」という各タイプごとのお勧め度なんかも聞けたので、すごく参考になりました。 その後、早速新宿で、ミラーレス・カメラ購入しました。


My new camera gives me a new world.
Hoping it makes my technique sharpen soon.

最近の写真は、もちろん新カメラで撮ってますよ。 まだいろんな機能で遊んでいる
段階で、写真に一貫性がないんですけど・・・楽しんでます。

Baking and photographing day:
カメラ遊びで撮影:
焼きたてのピーナツバタークッキー   クッキー、プレゼント用ー2
焼きたてのピーナッツ・バター・クッキー  美味しくできたので、お友達にプレゼント!


露出補正に、ホワイトバランスに・・・まだまだ課題が盛りだくさんで楽しみ倍増!
日本で買ってきたレフ板、これも使えるようになったらカッコイイだろうな~

Yes, White-balance, Exposure, ISO...various pleasant tasks on me!
Would like to master use of a reflector as well like a professional photographer
one day...