Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

YUKATA, the traditional clothing   ゆかたの着付

Camellia-1-L  Beautiful Camellia flowers!
  I got bunches from my local friend the other day.
  Such a lovely colour of spring Camellia.
  The arranged flowers reminded me of Japan,
  and an idea came into my head.
  "Let me try to dress Renon in the Yukata!"

  先日、数年ぶりでローカルの友人宅を訪ねたとき、
  帰りにガーデンからピンクの椿の花を枝ごとたくさん
  いただきました。 春の椿、その色合いと言ったら
  本当に綺麗! 早速花瓶に活けてみると和の雰囲気
  が醸し出されて素敵。


Camellia-2-LYukata is a kind of Kimono, a Japanese traditional summer clothes.  Because of the complexity of
dressing way, many people cannot wear Kimono
by themselves today. Compared with the Kimono, Yukata is worn at casual scene and the dressing method is not so complecated. But there are some roles, and the knowledges are still needed to be
done beautifully. 
I took lessons of how to dress it during my stay
in Japan last June.

椿の花を見ていたら、突然ゆかたの着付を思いつき
ました。 そうそう、6月の日本滞在中、着付を習ったのでした。 

****************************************************************************************
Dressing class for Kimono:   
Class sign  I attended to 2 classes for dressing of
  Yukata in a day of rainy June.
  There were some great experienced
  people and some beginner people
  like me. Got knowledges from tutor,
  I dressed myself and undressed it,
  repeat and repeat...  Adding to
  a basic method for tying Obi (sash),
  I learnt the variation style which is cool.

所沢にある着付教室: 
梅雨の時期で、一日中雨の降りしきる日、 午前2時間・午後2時間と同日続けて
2レッスンを受講。 私のような初心者もいれば、すでに慣れ親しまれたベテランの
生徒さんもいらっしゃって、それぞれのレベルに合わせて先生が技を伝授してください
ました。 レッスンに合わせて事前に新調しておいたゆかたはちょっと派手めですが、
海外でパーティー用に着るにはちょうどいい色鮮やかな柄。 
最初に手取り足取り教えていただいた後、何度か『着ては脱ぎ』を繰り返すうちに
だんだん要領が掴めてきました。 午後のレッスンでは、帯の結び方・別バージョンも
教えていただいて、大満足。  

Class room Great OBI work
桐の家具が美しい畳のお教室:        ベテラン生徒さんの芸術的な帯結び:

Beautiful class room where tatami mat laid and special closet stood side by side for Kimono. I saw an amazing artful work of tying Obi which was done by a top student.
****************************************************************************************

Nearly 4 months passed now, I was not sure if I remembered the way. But would
try to dress Renon (my daughter) who was back home for school holiday.
It took time. While doing it several times again, I came while following memory at last.
I did basic method for Obi (sash) called "Bunko-musubi", but didn't remember the other one of variation style.

NZに戻っても忘れないように、たまにはゆかたを着よう!と思っていたのに、一度復習
しただけで、早4ヶ月近くたってしまいました。
春休みでネルソンから帰宅していた娘をつかまえて、早速着せてみることに・・・。 
記憶をたどりながら、どうにかこうにかやってみました。 
あぁ、難しいほうの帯の結び方は遠く記憶の彼方へといってしまいました。 
思い出せな~い!  せっかく教えていただいたのに~!
しかも、その名称さえ覚えていない始末!!
なので、今回は基本の文庫結びで。 文庫の場合、紐を使った帯飾りは付けないのだ
そうですが、「かわいいから付けて」と娘に言われて付けてみました。

Renon's Yukata-front  Renon's Yukata-back
娘用のゆかたで:


A few days later, I tried again to do the variation style, using with my Yukata,
hoping it remind me how to tie....But I couldn't, so did the same of "Bunko-musubi" again. Renon was happy dressed in Yukata again, anyway !!
 
日を改めて、今度は自分用のゆかたを娘に。 
今度こそ、あの帯結びを! ・・・・・・やっぱりできない、今日も文庫結び。
Yumi's Yukata-back  Yumi's Yukata-front
私用のゆかたで:

We will dress again in summer holiday, with dress the hair too !
夏のホリデーに、また着よう! 今度は髪もドレスアップして・・・



Camellia in glass-3
   I re-arranged Camellia where a flower almost
   fell into.   
   They were still cheerful in glass Sake cups. 
   I loved it very much till the last.


     Camellia in glass-2
 
その後、花が落ちそうになった椿は、ガラスのお猪口に活けなおし。
落ちてしまった花の花びらもかわいくて、捨てられず・・・
洗って乾燥させてシュガーコーティングしたら、ケーキのデコレーション用のプリザーブにできそう!
いつまでも愛おしい花たち・・・。

4 course dinner at B&B  NZワインを楽しむ4コースディナー

We sometimes have strange weather during this time (before summer season comes), strong wind, storm, thunder, and hails!
Getting lid of such a bad weather, a Japanese couple visited us on a beautiful day. The doctor and midwife couple loved NZ wine, enjoyed with my 4 course dinner.

毎年、季節の変わり目のこの時期、大風・大嵐・雷・雪・霰など、めまぐるしい天候になりますが、ちょうどその合間を縫ったかのように、晴天に恵まれた日、タイミング良くいらしたお客様は、お医者様と助産婦さんのカップルでした。
きっとワイン好きのお二人なのでしょう、お部屋のご予約時に、ワイン付の4コース・
ディナーもご予約いただきました。

****************************************************************************************
WINE & DINNER TONIGHT 本日の料理とワイン :

Sushi Bruno (Original syle)
Sushi B-L
  Wine: Sacred Hill Sauvignon Blanc (2012)

  Fresh harbal aroma gives an essence
  to this fusion style sushi and makes each
  ingredients' taste stand out.

  若草の清々しい香りがダイレクトに
  伝わってくるようなフレッシュなテイストの
  ソーヴィニョン・ブラン。 
  素材の持ち味をそのまま味わう料理に
  エッセンスを添えます。

  



Tofu,spinach soy-milk sauce with green-lip mussels
Tofu, spinach sauce, w/mussels
  Wine: Maude Pinot Gris (2012)

  From Wanaka winery:
  Off dry type with matured fruity note.
  Great matching for creamy Tofu dish.

  地元ワナカの自慢の一本、 
  モードのピノ・グリ。
  熟成された果実のアロマと奥深い
  味わいが特徴のオフ・ドライ・タイプ。 
  クリーミーな料理にもよく合います。





Lamb & Daikon (red wine version)
(・・・forgot to take photoes for this main!  メインの写真、うっかり撮り忘れました!)

Wine : Huntaway-reserve- Pinot Noir (2011)
Central Otago pinot noir, the pleasant balance of the fruity taste, spice note, and
silky texture goes well with Japanese style stew of lamb & Daikon.

ここセントラル・オタゴ地方のピノ・ノワール。 シルキーな口当たりの中に、
果実味とほのかなスパイスの香りを感じるバランスのとれた美味しさ。 
今回はワインバージョンで仕上げたラムのホロホロ感が、ピノにもぴったり!


Matcha Tiramisu & Blue cheese chiffon cake with quince preserve
Dessert combi

  For another glasses of wine,
  I added cheesey one as well
  to Green-tea Tiramisu.

  ワイン、お気に召されたようで、
  おかわりしていただいたので、
  デザートには、抹茶ティラミスに加えて、
  ワインのおつまみ、ブルーチーズ・シフォン
  とクインスのプリザーブを。







DW4 - wine
  Sacred Hill Sauvignon Blanc (2012) 
  Maude Pinot Gris (2012)
  Huntaway-reserve- Pinot Noir (2011)

  今回、サーブさせていただいたのは、
  こちらの3種類でした。








****************************************************************************************
Great sunny morning!
No wind!
They must enjoyed beautiful scenery about the route to Mt.Cook and Tekapo.
Next time, I will introduce them to other great spots in Wanaka.
So please stay over for 3 nights!

翌朝も快晴、しかも無風!
このあとマウント・クック経由でテカポ入りとのこと。
よいお天気の中、きっと絶景のマウント・クックが見られたことでしょう。
また機会をお作りになって、今度は是非ワナカ3泊くらいでいらしてくださいね。 
お教えしたい素敵な場所、まだまだたくさんありますので。。。


Landscaping starts ! 庭造りが始まりましたが・・・

The next project is LANDSCAPING !
Our back yard has a slope area and a great lake & mountain view from the top,
but nothing any good steps or deck there. Just weeds !!!
Should be done something !

Got a landscaper, who has been a friend, to work with there. His wife took me to a garden visit tour last year and showed some beautiful places around here & there.

キッチンの次はガーデン。
裏庭の造園が始まりました。
うちの裏庭、傾斜があって、ステップをつけないと上に上りづらいし、羊のミッフィーがファームに里子に出てから、雑草伸び放題になっています。 上にいくと素敵な眺めが
楽しめるんですけどね。
早く何とかしなければ・・・ということで、アレクサンドラで造園師をしている友人夫妻に
お願いすることにしました。
思えば庭のプロジェクト、去年の11月に考え始めたんでした。 奥様とは、一緒に参考に
なりそうなガーデンや植物を見に、カフェ巡りしましたっけ。 あのときは素敵なガーデン
ツアーを企画していただいて、ありがとうございました。


Garden plan-L
Seasons came round,
I was ready to make a plan.

季節がめぐり、冬になったところで
ようやく本腰入ってきました。
春のガーデンを想像して
手書きのプランを描いてみたり・・・




Tree sample-S-1  Visited a garden center to find plants what I would like
                                to have.  
   Tree sample-S-2
    どんな植物を購入したらいいか、ガーデンセンターに通って相談したり・・・


At the first, cherry trees were shifted to another place in early August.
Amazing ! I was fascinated in his great work. He replace the tree of over 200kg
by hemself.
Jamie shifting tree Tree Shifted
まずは、桜の木の位置を変える、ということで、8月初めに移植完了。
移植のときは目が釘付けになりました。 根っこも深く、かなりの重量で、200kgはあるだろう木を彼ひとりで動かしたさまは圧巻! かなり悪戦苦闘していたときに、思わず
「あの~手伝いましょうか?」と声かけてみたけど、「いらない」とすぐ断られました。


Then...the landscaping work has been stopped for two months for some reasons. The cherry trees became in full blossom and then scattered one after one during
the break.   "I'm waiting, please!!"

さて、それから・・・
この八重桜が咲くころ(10月中旬)には、新しいガーデンでお花見ができるのかな~
なんて思っていたら・・・甘かった! この2ヶ月、造園師さんを待っている間に、
桜は次々につぼみを膨らませては咲き、次々に散っています。

Sakura tree
  Beautiful full blossom in early September
  9月初旬
  早くも一本目が満開になりました。

 Sakura-1








Sakura-2


  Next one was flowering in mid of September
  続いて9月中旬~下旬は、こちらの桜も満開に。 



     Dark pink ones are in full blossom now
     10月に入ると、八重桜も咲きほころびました。
     Sakura-3

造園師さん、電話したら、前に入っていた大口の仕事が手間取っているとかで、しばらく
来れないらしい。  え~!こっちもですか~!!
年内中に何とかなりますかね・・・ この夏は是非とも、この高台のガーデンでビールを
楽しみたいと思っているんですけど・・・。

I would love to enjoy cold beer at the top deck of the garden in this summer.
Is it possible?
Anyway, I try to make pickled blossoms while I'm waiting for re-start of landscaping.


******** Making pickled Cherry blossoms (桜の花の塩漬けづくり)*************

I have wanted to make this pickled blossoms at the season. It's just the time now. They could be preserved for 1~2 years and be used for cooking. Great eye-catch
on dishes at the end of winter especially when we wait for spring season comes.
So I can use them in the next year (August?).

八重桜がきれいに咲き始めたので、桜の花の塩漬けに挑戦。
七分咲きのところを摘み取って、塩漬けしたあと、ヴィネガーに漬けます。
1~2年はもつので、来年の桜の時期を待つころ、これで桜ご飯を楽しめるかな・・・。

七分咲きが色・香りともに一番向いているとのことで、完全に開花しているのや、つぼみをさけて、ちょうど良いのを探します。 咲いている花は何千とあるけど、七分咲きだけを摘むって結構大変。 欲しい分量は200g。 花の重さなんてあってないようなものだから、かなりの数を摘まないといけません。

Sakura-picked Sakura-washing
Picked 200g of blossoms             Wash them & dry on kitchen paper

Sakura-salted
  Sprinkle salt over and put in a bag.
  Make the air out from the bag, then
  do a weight of 400g over 2 nights.

  摘み取った花を、シンクの中で丁寧に
  水洗いし、水気を切って、塩を振って
  重石してまずは二晩待ちます。



The next stage:
Next stage-vinegared blossomsRemove excess water and sprinkle vinegar (I used Apple cider vinegar), then do a weight of lighter 100g for a week.
The vinegar makes them bright pink!

2日後、かさが半分に減ってました。
塩によって出た水分を出し、お酢を加えます。梅酢はないので、Apple Cider Vinegar で。 
みるみるうちに色が鮮やかになったけど、
こんなに濃くていいのかな~・・・? 
市販のよりずいぶん濃いピンク! とりあえず、軽い重石をして1週間おいてみます。

つづきは、また次回に。

A week later, they would be dried. Will let you know the process afterwards sometime. Hoping done successfully...


Amish Friendship Bread  アーミッシュのケーキ種

I got a starter of "Amish Friendship Bread" from my local friend.
Have you heard about it?

Amish starter It's that gets passed around from friend to  friend. It includes the recipe for the starter,  and gives complete directions for how to  make it once the starter is ready.
 When people got the starter from their  
 friend, they follow the instructions
 beginning at Day-1 for keeping the
 condition at room temperature
 until it's ready for baking at Day-10.
After adding milk/sugar/flour and mix, divide it into 4 portions. Taking one of them,
add some more ingredients and bake. Other 3-portions would be given to friends who starts to keep it as it is at Day-1 to repeat the process.

先月ローカルの友人から、『アミッシュのフレンドシップ・ブレッド』の種をいただきました。ブレッドとはいうけど、どちらかというとケーキに近いものができます。 
少し前に噂に聞いていて、この辺(ワナカやアルバートタウン)で今流行りなのかな~
なんて思って、おもしろそうなので早速チャレンジ!

****************************************************************************************
ところで、アミッシュって何?誰?
調べたら・・・

国はアメリカです。
Amish(アーミッシュというそうです)は信仰を同じにする人達が集まったグループ
だそうで、1693年に創設。 オランダ人の移民が多く、地域的にはオハイオ州、
ペンシルベニア州などに人口が集中してます。
文明の進化に伴う利便性を拒絶し、今でも17世紀の生活を続けている独自の
コミュニティーで、電気をひかず、もちろん車も使わず、未だに馬車を使っているらしい。
現代文明を使わない自給自足生活をしている・・・のだそうです。
(ナント極端な・・・私の埼玉の実家が40年前の生活をしているのとはケタが違う!)

その人たちが作り出したブレッド(ケーキ)種。。。
・・・ということは、この種、アメリカから海を渡ってNZにやってきた???
****************************************************************************************

I followed the instructions that I did mash the starter through the plastic bag everyday. I added milk/sugar/flour into it at Day-6, then mash it everyday until Day-10.
The yeast is cultivated by milk/sugar/flour.
Great aroma comes through during the fermentation for 10 days!!
No use of metal utensils, no use of fridge, which is Amish's way.

いただいた手順に従って、醗酵させてゆきます。・・・といっても、毎日袋の上から手で
グニュグニュと押さえて、たまに空気を抜いてあげるだけ。 
途中(6日目)一度、ミルク・シュガー・小麦粉を1カップずつ足すだけです。 
(酵母がミルク・シュガー・小麦粉を食べて育っているのだそうです。)

ところで、途中で気になったことが・・・
1カップ、ここでは250mlだけど、発祥とされているアメリカでも同じだったっけ?
だって日本では1カップ=200mlだし、一合=180mlで、量るものによって違うし・・・
調べたらアメリカでは1カップ=237mlだそうで、まあ気にするほどではありません
でした。 

ミルクを使用するけど常温のままなんですね。 さすが、冷蔵庫を使わない生活の
アーミッシュの種菌!
醗酵中の数日間、中の空気を抜いてあげるとき酒粕のような良い香りがします。

It was baking day at Day-10.
After add another milk/sugar/flour, divided it into four.
With the one-portion, I baked it after adding other ingredients.
(I ignored one of ingredients "one packet of instant vanilla pudding" since I didn't stock it. Probably it's ok because it says "Can add it" in the recipe.)

いよいよ10日目のベイクの日。
もう一度、ミルク・シュガー・小麦粉を足して、4等分。
焼く分(1ポーション)だけを取り、残りの3ポーションはそれぞれジップロック・バッグに
入れて、Day-1として、また次の醗酵が始まります。(お友達に分けてあげる場合は、
この段階になります。)

焼く分に、さらに材料を加えます。 どこの家にもストックしてあるようなものでできるので実に手軽でいい!と思ってやり始めたら、レシピ材料の中に、何だか場違いのような
文字を発見。 『Can add 1 packet of instant vanilla pudding』 とあります。 
(現代的な便利なものを避けているわりにはここでインスタントものを使うのかしら?)
「これはさすがに買い置きはないなぁ、今から町に出るのはめんどうだし・・・」 
Can add・・・というからには、入れなくてもいいのだろうと判断し、省略。

Amish cake whole
  Baked in this large tin,
  plenty of cinnnamon sugat on top

  ローフ型2個分が焼けるくらいの分量
  ということなので、
  うちの大型のコレで焼いてみました。
  上には、レシピ通りシナモンシュガー
  をたっぷりトッピングして・・・



Amish cake slices - S



Sliced and tasted...plesant moisuture,
good simplicity...
Will make it again next time (which is
10 days later) adding some other ingredients 
as the variations !!

カットして味見したら、しっとりオイシ~! 
シナモンが効いた素朴な味です。
「これが17世紀の味かぁ・・・」
しかし、何だかプレーンな感じで、ちょっと甘すぎる・・。(アーミッシュの方々ごめんなさい)
味や食感に変化をつけてみたくなったので、次回のは、ナッツやドライフルーツを使って
みようかな。 今回省略したけど、レシピ中にあった、"instant vanilla pudding" を入れてみるのもいいかも。  いろいろアレンジを加えてもう一度!


Then, I did again after the 10 days. Two different flavours this time.
というわけで、その10日後の今日、またベイクの日がやってきました。 今度は2種類。 
シュガーとオイルの量を2/3に減らして、具やトッピングで食感を楽しみました。

Amish coffee crumble cake  Cake with dark chocolate chips, cranberries, and
  mixed nuts, with coffee crumble topping.

  大きいローフ型には:
  本体にダークチョコ・クランベリー・ミックスナッツを
  混ぜ込んで、上にコーヒークランブルをトッピング
  してベイク・・・
  ザクザク感が楽しいどっしりタイプになりました。




Amish pineapple&carrot cake - L


Cake with pineapple, carrot, and coconut,
with cream-cheese-ising.

小さいローフ型(3個分):
パイナップル・キャロット・ココナツを混ぜ込んだ
本体を焼いてから、クリームチーズ・アイシング
をトッピング
・・・水分の多い具を入れたので、
こちらはしっとり系の軽い味。
 



Got 1-large loaf & 3-small loafs. Loved the both taste.
I wonder if it works to make real bread (not cake), and got some information.
Wow,250-recipes here!
http://www.friendshipbreadkitchen.com/recipe-box

1ポーションから、大型1個+小型3個のローフが焼きあがりました。
今度は両方とも満足のいく仕上がり! 10日間育てた酵母の働きのおかげか、
いつものケーキより美味しい。

この種ってイースト菌の代わりにはなるのかな。 
ケーキじゃなくて、これを発酵させてパンを作ることもできるのかな。
調べたら、いろんなサイトにレシピが満載。
上記のサイトには、アーミッシュ種を元にした250種のレシピが掲載されていますよ。 
ご参考までに。

この種、レシピ通りにやると、10日サイクルで4倍に増えるので、知人友人に分けて
いきますが、種つぎの量は、増やしたり減らしても大丈夫なようですよ。 
(酵母を育てるミルク・シュガー・小麦粉の割合が1:1:1であることと、発酵日数を守っていれば。) ちなみに私は、あまり増えても手に負えそうもないので、今のところ半量で
種つぎしてます。 あと、種は冷凍保存も可能とかって聞いたので、今回は一部冷凍しました。


Amish cake pieces & loafs
  挑戦してみたい方、ご一報ください!
  でもこの辺りでは、もう回りきって
  いるのかな・・・

  Would you like to try this??
  Welcome next challenger!