Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Fresh green cooking  新緑の料理教室

November, it's a comfortable season of the early summer... I'm apt to think so.
Actually, strong wind, rain, thunderstorm, unstable weather follows everyday.
The outside weather hasn't been good enough, however, beautiful cuisine being aware of the fresh green have been cooked at the cooking classes.

11月は新緑の季節! 
ですが、不安定な天候が続く毎日。 
ガーデンに植えた野菜やハーブの苗が、強風やら雷雨にあおられて悲鳴をあげてる! 
早く風除けをつけてあげないと・・・。 
毎年、本格的な夏が来る前は、このように落ち着かない天候が続きます。

今月の料理教室は昨日が最終日。 外の天気はイマイチでしたが、新緑を意識した
グリーンな料理が美しく仕上がりました。


COOKING CLASSES ~ NOVEMBER MENU ~
*******************************************************************************************

Wakakusa-G-2  若草焼き: 白身魚のグリル、若草味噌で
  香ばしくコクのある仕上がりにします。 
  味噌と卵黄、ここに『若草』として春の青物を
  加えます。 今回はにんじんの葉を刻んで使用。  これから夏にかけて収穫されるにんじん、
  根の部分が小さいほうが葉は柔らかいので、
  時期的にもちょうどいいんです。 
  そして栄養価は・・・根よりずっと高い! 
  使わない手はないですよね。 
           (捨てるのはもったいない!)

  C.Leaf


Wakakusa-yaki of white fish:
"Wakakusa" means fresh green. We added chopped leaves of carrot into the sauce of egg yolk and miso. Amazing nutritive value in the leaves !
Great source of β-carotene, Vitamin E, Vitamin B1, Vitamin B2, Vitamin A, Vitamin C, and Calcium.
It's a shame that we feed only rabbits it.
We devised it to cook deliciously.


*********************************************************************************************

Ohitashi & the variation:  おひたし4種:
Ohitashi is a great way to eat spring and summer vegetables. This simple cooking is versatile, and the Ohitashi sauce makes vegetables delicious magically. We used leaves of carrot for this Ohitashi too, with chicken tenderloin. The pleasant bitterness with UMAMI reminded me of "Seri"(edible wild plant in Japan).

SPINACH :                  TOMATO :
Ohitashi-S    Ohitashi-T
ほうれん草のおひたし:        トマトのおひたし:
(定番をおしゃれに盛付け)       (一晩おくと味がしみてさらに美味)

CARROT LEAVES &
  CHICKEN TENDERLOIN :
    ASPARAGUS & CARROT : 
Ohitashi-CL-2    Ohitashi-AC
にんじん葉とささみのおひたし:    アスパラとにんじんのおひたし:
(セリのような風味、一押し!)    (グリル野菜のおひたし、これも美味しいです)

基本の割合を覚えたら、あとは応用自在。 春野菜・夏野菜に是非ご活用を。 
ここでも、にんじんの葉を使いました。 にんじん(根の部分)同様、油との相性が良く、
かき揚げにすると最高に美味しいですが、おひたしにもイケます。 さっとゆでて刻んで、酒蒸しの鶏ささみと合わせて、おひたしに。 食べるときにレモン汁で味を引き締めます。(レモンの代わりに梅肉のせてもイケます!) 旨みのある苦味が、まるでセリのようで、日本人の私にとっては懐かしい味。 皆さんにも好評で、「セロリやパセリの葉も同じように使えるかもしれない」との声が。 また、にんじんの葉の栄養についてお伝えしたら、「加熱後、野菜ジュースに混ぜてもいいかも」と話題が次々展開。

********************************************************************************************

GTT-1 Matcha (green tea) Tiramisu:
 A variation of Italian dessert "Tiramisu".
 Bitterness of Matcha and sweet cheese cream
 makes beautiful fusion taste.

   GTT-2

抹茶ティラミス: お馴染みのデザートを、抹茶を使って和の雰囲気で。 
小さなグラスに作ってもいいし、パーティーには大きなガラス製ボウルでも。 
チーズ風味の甘さと抹茶のほろ苦さ、美味しいフュージョン・デザートです。

*********************************************************************************************

C.C.11-11-1  C.C.11-27-2 
        ~ November classes ~
        ~11月のクラスから~

C.C.11-27-1  C.C.11-11-2

新緑の季節、カラッと晴天、早く来て!
Come on, sunshine days ! 
We're waiting for you !
 

Japanese food culture, NUKA-ZUKE  糠漬け・その後

My NUKA-ZUKE which was started in June is still continued.
********************************************************************************************
NUKA-ZUKE is a type of Japanese pickle, made by fermenting vegetables in rice-bran (Nuka). Almost any edible vegetable may be pickled through this technique. The taste of Nuka pickles can vary from pleasantly tangy to very sour, salty and pungent. These pickles also retain their crispness which adds to their popularity.
Many Japanese households had their own Nuka-zuke crocks which are faithfully stirred by hand every day. Due to varying methods and recipes, flavors vary considerably not only from region to region but also from household to household.

*********************************************************************************************
Since I knew that this is one of the food culture decreasing remarkably at home kitchen in Japan now, I started it, it's hard to find the rice-bran here though.
This precious culture must be kept!

When I forgot daily care (mix well the bed by hand twice a day) before, I found something wrong visually, and the smell was slightly strange, too.  I checked for
the solution by internet and put an emergency treatment temporary, then it survived somehow.

6月にスタートした我が家の糠漬け。 
たまに忘れて、1~2日手を入れないことが何度かあったけど、そのつどネットで調べて応急処置を施し、なんとか生存しております。

冬の間はガレージ保管がちょうどよかったけど、このところ昼間の気温が上がってきた
ので冷蔵庫へ移動。 が、冷蔵庫から出したての糠床は冷たすぎる! まるで雪の中に手を入れているようです。 手がしびれて冷え性にはつらい。 うちの冷蔵庫、最近温度調節がうまくいかず(14年目、そろそろ買替え時?)、極端に冷えすぎ! 
これではなかなか発酵が進まない。 でも、これなら一日一回混ぜるのでもいいかも・・・(いや、本当はいけないのでしょう、こんな横着・・・)

季節が変わり、出回っている野菜の種類が豊富になり価格も下がってきました。 
冬はもっぱらにんじん・大根ばっかりでしたが、最近はカラフルにいろいろ漬けてます。
赤ピーマン、セロリ、アスパラガス、きゅうり、カリフラワー、マッシュルーム、ズッキーニ。
ブロッコリーの茎の部分もなかなかイケます。
そのうち、庭で育てた野菜を漬けるのもまた楽しみ。

The season changed, more kinds of vegetables are available now.
Although it was mostly carrot or sometimes Daikon (Japanese radish) during the cold season, there are colorful vegetables in my NUKA-bed now.

Nuka-zuke-0911

  Nuka-zuke-B-0911
Red pepper, cucumber, asparagus,
celery, cauliflower, mushrooms, zucchini, etc.... The part of the stem of broccoli
is nice, too.  I look forward to doing NUKA-ZUKE with ones which I harvested
                            from my vege garden this summer.

Nuka-zuke-1024

  Nuka-doko-1024

味は・・・
まだ、お客様に自信を持ってお出しできるほどではありません。 
夫にはほぼ毎日出してますが、何も言わず、黙って食べてくれてます。。。

糠床を混ぜるたびに、その糠も一口味見しては、「この味、正しいのだろうか???」
糠漬けの見本がないので、比較することもできずにおります。
来年の帰国時に母の50年床の漬物をじっくり味見させてもらおうと思ってるので、
それまではがんぱって続けなければ。

The taste is good, but... it seems that more study and experiences are necessary
to become a NUKA-ZUKE expert.
This profound Japanese food culture must be continued.
So, ...yes, I do my best!


B&Bささの木にお越しのお客様、どなたか、ご教示願います!