Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

At my turning point day 節目の日に


I did Kakizome last night.

Kakizome-2015-1  Kakizome is a calligraphy practice and is
  a traditional New Year's event in Japan.
  People show their resolution of the new year
  on a paper. 
  It is normally done on 2nd of January,
  but I did it yesterday of my turning point.

  静かな月曜の夜
  今年の書き初めは、時期をずらして、
  節目であるこの日に。
  印を捺して、ふ~っと一息、
  ・・・完成。
  (この印、本来は『かな』用なので
            小さいものですが・・・。)



                                で、書いたのはこちら:
                        Kakizome-perform
                               Here is the one I wrote.
                          It means..."Making a beautiful sound"


********************************************************************************************

Last week on Sunday (my birthday eve):
I had a great summer party, enjoyed with friends. Our B&B guests also joined us. Thank you very much everyone who came and listened to our piano performance.

Outside-01/15

 P-01/15-1

P-01/15-3
 Wonderful performance
            by our guest, Sean !
 飛び入り演奏の翔一君、
 素敵なプレゼント、ありがとう!
 

   Piano cake-01/15







P-01/15-2






 Present-01/15
前夜際となった日曜日:
地元の親しい方々と、オークランドからいらしてくださった日本人ファミリーの皆様と、
暑い日差しの中、賑やかに過ごしました。 
お越しいただいた皆さん、演奏を聴いてくださって、ありがとうございました。
これからも、日々の生活の中で心地よい音を奏でていきたいと思ってます。
(小心者の私、まずは人前慣れが課題でもありますが・・・)
今後ともよろしくお願いいたします。

I want to continue making comfortable sound in my life.
Cheers for the future !


Summer seasonal work of UME  初の梅仕事

Ume (Japanese plum for making Umeboshi pickles) arrived last week.
I got NANKO-UME (which is known as a high quality ume plum in Japan) from Yumesato farm near Christchurch.
Yes, I try to make Umeboshi (sour ume pickles) this season.

オーダーしておいた梅が、先週届きました。
クライストチャーチ近郊で南高梅の栽培をしている夢里ファームから取り寄せた梅で、
初の梅干作り。

箱を開けたとたんに、いぃ~香り! 
キッチンいっぱいに天然の芳香が広がって幸せ~

F.Ume-L
   Large ones were already yellow
   and seemed to have well ripened,
   so that I started work on the next day.

   Lサイズは黄熟度が良い感じだったので、
   翌日漬け込み作業開始。









F.Ume-M-1  Medium ones were still greenish.
  I decided to let them ripen in the box
  for several days.

  Mサイズはまだ少し青い。 
  数日追熟させてみることにしました。


 F.Ume-M-2




       It came on some creamy the next day.
                   Maybe a bit more?

           翌日、少し黄味を帯びてきました。
                      もう少しかな。
 


Because I wanted to produce it experimentally in several kinds of recipes,
I did by 1kg each in a zip lock bag instead of in a pickles jar.
I used rock salt instead of "arajio" (course sea salt), and used
vodka instead of "shochu"(Japanese distilled alcohol beverage).

ネットで調べると、さまざまなやり方や注意事項が細かく掲載されていたので、まずは
いろいろ目を通し、ポイントを頭の中に叩き込んでからスタート。
今回は、数種類のレシピで試作したかったので、1kgずつジップロック・バッグで漬ける
ことにしました。

粗塩はこの辺には売ってないので(取り寄せなら入手可能だそうです)、
ロック・ソルトを使用。
35度以上の焼酎も手に入らないので、40度のウォッカで代用。(これはなくても大丈夫みたいだけど)

Wd Ume-L I removed each calyx carefully
 after washing, then wiped
 moisture...

 丁寧に洗ってからヘタを取り除き、
 水気を拭いて






Ume-L & RS
 placed them in a bag,
 sprinkled small quantity of vodka
 (for mold prevention and to moisten
 surface of ume to attach salt easily)
 then added rock salt.
 The grain of the salt is rugged
 and the skin seemed to be hurt !
 Flake salt may be better?

袋に梅を入れて、ウォッカを少量まぶしてから、ロック・ソルトを入れてみると・・・
塩の粒がゴツゴツして梅の表皮が傷つきそう。(袋に穴が開きそうなのも心配。。)

翌日、梅酢はあがってきたけど、ソルトの粒はまだ溶けきらずに底に残っている。。。 
フレークタイプの塩のほうがいいかも。。。

後から漬けることになったMサイズ用には、残りのロック・ソルトを全部グラインダーで
荒削りにして使いました。 


Ume in UmezuI did experimentally 3 kinds of
*salt 18% only
*salt 18% and vodka 50cc
*salt 13% and sugar 5%

Because red-shiso (Perilla) couldn't be found here, all those are "Shiraboshi" (pickles without color
by red-shiso).

*塩だけの塩分18%、
*塩18%にウォッカ50ccを加えたもの、
*塩分13%の減塩タイプに隠し味として砂糖5%を加えたもの。
の3種類で試作してます。

赤紫蘇は・・・NZにはない?
見つからないので全て白干梅干です。 
赤紫蘇ないけど、日本の『ゆかり』はある。 これって、もともと梅干作りからできた
ものだし・・・使えないのだろうか? 紫蘇の香りと色づけに。
完成したら、一部を小細工してみようかな~
まずは、白干梅干が成功してからですね。

"Doyo-boshi"(summer airing)
They are going to be dried under the sunlight later (for 3 days and nights)
just after the rainy season over in Japan. So when is it good in NZ?
Probably, at the time of fine weather continuance with strong sunlight in February,
it will be all right. I'm praying for my success...

ところで、土用干し?
梅雨明けの土用の日とは・・・NZではいつ?
2月の晴天続きのときを選べばいいか・・・
日差しの強さはすごいので、きっと大丈夫・・・。


Cool dessert, Hydrangea  涼しげなデザート


Nice and Hot !
Great weather made people and dogs jump into the lake.
On such a hot day, how would you like to have a dessert which cools you down?

暑い!
毎日晴天続きで、午後から夕方は本当に暑い!
ここまで暑いと、湖に飛び込む人もたくさん!
もちろん、我が家の犬たちも!

こんな暑い日は、目にも涼しげなデザートが食べたくなり・・・

Hydrangea-4

   The hydrangea blooms now in my garden.
   I associated it with the scene,
   and made sweets.


   Hydrangea-2






                       ちょうど、
    庭のあじさいがきれいに咲き揃ったので
                 これをヒントに・・・

Hydrangea-1










     SWEETCRYSTALHYDRANGEA
         It's a jerry dessert made from
       black currunt juice and blue curacao.
 Hydrangea-D2



 

スイートクリスタルあじさい

      ブラックカラントジュースと
ブルーキュラソーで色づけしたゼリー
      をトッピングしたデザート。

              あじさいは
日本では梅雨の風物詩ですが・・・






Hydrangea-D3
  Sponge cake and
  sweetened whipped cream cheese
  underneath.
  Dome-shaped surface makes
  this dessert seem to be it,
  and decoration with the hydrangea's
  leaf makes it wonderful.

  ゼリーの下は、
  スポンジケーキに、
  ホイップ・クリームチーズ。 
  表面がドーム状になるように盛り付けると
  それらしくなります。
  あじさいの葉を飾るとさらに素敵。

 

Hydrangea-D4




              あじさい
     ここでは真夏の風物詩

     キンキンに冷やして
         いただきま~す!


             Hydrangea,
It is a truth summer feature here

  Let's eat chilled one !



Welcome 2015 !  Osechi-cooking  今年のおせち料理


HAPPY NEW YEAR !

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。




Osechi 2015-1



I cooked OSECHI-ryori for welcoming this New Year.  It is becoming my annual custom.
OSECHI-ryori are ....
specially-prepared New Year's dishes to be eaten during the first three days of January. Various kinds of beautifully-prepared dishes are set in tiered lacquer boxes. 
Each of the dishes has some auspicious meaning which reflects people's wishes,
such as good health, good harvest, happiness, prosperity, longevity, and so on.


今年のおせち料理:
毎年のこと、年末ちかくになるとB&Bささの木はずっとお客様続きで(嬉しい悲鳴!)、
分刻みで動く日々が続きます。 おせち料理の準備にあたっては綿密な計画が必要。 
どの日のどの時間帯を使ってどの料理を仕上げるか・・・

*********************************************************************************************
I was going to cook Kobu-maki (simmered Kombu roll with salmon) which was to cook
for the first time, so I did practise beforehand.  .....However, actually, I was
running out of time and wasn't able to include it into this OSECHI.

今回の初挑戦は、サーモンの昆布巻き。
一週間前の時間のあるときに(12月25日)、一度練習をしておきました。
(なので、クリスマス・ディナーは、昆布巻きを肴に焼酎を愉しむ、という純和食でした)

かんぴょうは売ってないので、代わりに何で昆布巻きを結ぶか、思いついたのは
我が家の乾物食料庫から・・・
切干大根と              さきいか
Kiriboshi-daikon  Saki-ika
 
切干大根:煮込んでいるうちに切れないだろうか・・・
        細すぎるので、3~4本まとめて結んでみた。

            さきいか: 煮汁にイカの味が加わって美味しくなるかも。 
                    袋から出してみたら、ほとんどは短すぎて結べない! 
                    長めのを選んで結んでみたけど、今にも取れちゃいそう。

どちらも失敗の可能性があるので、予備でタコ糸を使ったのも用意。
Kobu-maki-1

  Kobu-maki-2









      心配したものの、崩れずに煮上がりました。
          見た目は悪いけど、味は十分イケてる!
        昆布ふっくらとやわらかく、次々と箸が進む!
                 本番はもっと上手くできそう!

         しかし、大晦日、時間切れ~! で作れなかった・・・(この要領の悪さ!)

***********************************************************************************************


New Year's Day:  
Beautiful morning !  Perfect weather !
Our guests happily planned for Rob Roy trekking.
Sunny-1/1/15
元旦の朝は、さわやかな快晴! 
ロブロイ氷河トレッキングを予定していたお客様、完璧な天候に大喜び!


First breakfast 2015 for our guest was....
a plate of OSECHI-ryori

Taki-awase(simmered Shiitake-mushroom, tofu, vegetables), Ebi-umani (Tigar prawn), Nishiki-tamago (steamed sweet egg), Kuro-mame (simmered black beans),
Tazukuri (candied dried sardines), Mastu-kaze-yaki (meat loaf, Japanese style),
Kuri-kinton (mashed & sweetened chestnut & kumara-potato),
and Osuimono (clear soup with mussels).
Osechi 2015-2 
元旦の朝食:
炊合わせ、海老の旨煮、錦玉子、黒豆、田作り、松風焼き、栗きんとんに、
マッスル(ムール貝)のお吸物を添えて。


Osechi 2015-4

  Osechi 2015-3
Dishes were set in tiered lacquer boxes for the New Year's dinner party.
残りはお重に詰めて、夜の宴会用。



ここで新年を一緒に迎えたお客様は、2組とも私たち世代で、新婚旅行以来の来訪とのこと。
20年ぶり・22年ぶりのNZ トレッキング、充実した時間と良い思い出ができたようで、
何よりでした。
皆様今朝ご出発されて、
今は久しぶりに静かな時間が流れています。
しばしの休憩タイム。。。

Guest who greeted the New Year together here left this morning, and quiet time flows.
A brief break now. .