Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

My family dogs 我が家の犬たち

An introduction of my dogs this time. 今回は、我が家の犬たちのご紹介
*****************************************************************************************
BJ (ビージェイ): Boy
Born in Oct. 2007 (2007年10月生まれ)
English Pointer (犬種:イングリッシュ・ポインター)
Firm body with good muscle / Excellent reflexes / Good eyesight
                                     (as he is a hunting dog)
筋肉質で痩せ型・運動神経抜群・目が良い(ハンティング・ドッグだしね)
生後7週目で飛行機に乗って北島から我が家にやってきました。
3ヶ月くらいまで家の中で大事に大事に育てられ、手のひらサイズだったのが、みるみる大きくなってキッチン・ベンチの上の食べ物に届くくらいに成長したので外犬に。 
しつけが大変で手がかかりましたが、最近やっと大人な性格に。 
おぼっちゃん育ちのためか、気ままで自己顕示欲が強い。

*****************************************************************************************
ALANTA (アランタ): Girl
Born in May 2006 (2006年5月生まれ)
Huntaway (犬種:ハンターウェイ)
Obedient / Gentle / Move slowly but eat quickly / Poor eyesight
                      (she needs eyedrop everyday for her cataract)
従順・控え目・動きはドンクサイが食欲旺盛・目が悪い(白内障で目薬が欠かせません)
もともとはファーム・ドッグ、諸事情により羊を怖がり働けなくなった頃、我が家にペット犬として迎えられました。
ファームの厳しい環境で育ったので、しつけは十分に行き届いていて従順。 
ライバル犬たちとの競争の中で生活してたので超早食い。 何でも丸呑み。 
人の多いところが苦手で、町中では人が怖くて散歩できない。

*****************************************************************************************
The lake shore, so beautiful ! It's our walking course everyday.
毎日の散歩コース、夏の湖畔はこんなに気持ちいいのです!

A08/01/15 B08/01/15-2
        Alanta  アランタ                 BJ  ビージェイ
A08/01/15-2 B08/01/15

B08/01/15-3-L
  BJ swam to the offing soon.
  He is good at the long-distance
                swim, too.
 
  あっという間に
  沖へ泳いでいったBJ 
  遠泳も得意。
  トライアスロン・犬の部があったら
  出場させてみたい・・・


*********************************************************************************************
Care of dogs, it's basically Renon(my daughter)'s work.
犬たちの世話は、基本的には娘のレノンの仕事。

On the toothbrushing day: この日は歯磨き:

BJ-BT-1 
  Open your mouth, BJ

  はい、口あけて~・・・







BJ-BT-2   ・・・・・・

BJ-BT-3   ・・・・・・

BJ-BT-4
  ” Is it my turn next...? ”
  Alanta was watching,
  it seemed to be uneasy.

  「次は私の番?」
  不安げに見ているアランタ




BJ-BT-6
  Ok, the other side...BJ

  反対側も磨こうとしたら・・・







BJ-BT-7

  What?!
  You ate it!

  あれえ、食べちゃった!








BJ-BT-9
  We read the packet well...then,
  found that it should be fed to him as it was.
  (not a tooth brush !)
  We were wrong!

  パッケージをよく見たら、
  このまま食べさせるものでした。
  (食べれば歯磨き効果があるというもの)

  なんだ、これで歯を磨くんじゃないんだ・・・
  とんだ勘違い。


B05/01/15-L





  Sorry, BJ
  Sulky face...BJ 

  ごめん、BJ
  (ふてくされてるBJ)


  We love you, BJ.....


Homemade Umeboshi, the completion! 梅仕事-続編


I tried Umeboshi (salted plum pickles) making this summer.
(Please refer: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-118.html for the previous stage of the pickles making)

After pickled Ume with salt and waited for 4-weeks, it was the time to be aired
them.  I did it 7th & 8th on February when the weather was splended.

梅干作りにトライしているところです。(これまでの工程については: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-118.html をご覧ください)
1月に塩漬けしてから4週間後、ちょうど天気も素晴らしく良いときがあったので、
梅を干しました。

Day-1:
Ume on swing  Sunny 07/02/15
  強い日差しの下で、時折そよそよと風がブランコ
  を揺らして、絶好の場所。・・・鳥さん、落し物しないでね。


Ume-airing-5  Ume-airing-6

Ume-airing-2
  The perfect position, on the swing.
  They were looked breathing comfortably
  under the sunlight.
  The surface gradually dried,
  and the wrinkle appeared...

  ふっくらしていた梅、
  表面が徐々に乾いてシワもでてきた・・・
 



*********************************************************************************************
実験:
こんな記事も見たので、
『一日干した後、一度梅酢に戻して一晩おき、翌日梅酢から出してまた干すと梅が
やわらかくなる。 ただし、この作業をすることで、塩分・味ともに濃くなる』
・・・ということは、塩分18%で漬けた梅より、減塩(13%)の梅で試したほうが良さそう・・・
やってみました。

Umezu-W  Umezu-M

Umezu-R/W  このとき、
  赤みが少しついたらいいな~と思って、
  白梅酢の半分に、日本の友人から
  いただいた色の濃い赤梅酢を大さじ3杯
  足して色づけしたところに、13%の梅を
  戻し入れて一晩おきました。
  (色については、微妙にほんのりで、
  期待したほど赤くはなりませんでした。)


An experiment:
I read an article:
"having aired it on the first day, return it to the Ume vinegar once for overnight,
then let it air again the next day.  It makes Ume softens.  But the saltiness and
the taste become thick by carrying out this process."
So I tried it a part of them.

*********************************************************************************************

Day-2: Airing again under the sunlight.  It is generally said 3 days and 3 nights
for airing, but I think 2 days would be enough here (Wanaka is very dry place).  
I had it for 2 days and 2 nights actually.

2日目:
一晩そのまま室内においた梅(塩分18%)と、
いったん梅酢に戻して一晩おいた梅(塩分13%)、
両方をまた天日干ししました。
夕方、風が強くなって(ブランコが大きく揺れ始めたのを見て)、あわてて室内へ移動。

干すのは一般的に三日三晩と言われてるようですが、
乾燥しているNZ、その中でもワナカはさらに乾燥度が高いので、干すのは1日半~2日で十分とみました。 3日干したら乾き過ぎでガリガリになるかも。 
夜間は室内におきましたが、その間にも乾燥がどんどん進みました。

なので、ブランコの上から室内へ入れたこの時点で、もう十分だったかもしれませんが、私はこの後、もう一晩そのまま室内に置いておきました。
(合計で、二日二晩干したことになります。)

*********************************************************************************************

Day-3: 3日目の朝の梅の様子:
Umeboshi-done   Looks great !
   Ume, pickled with 13% salt.
   (I returned them into Ume-vinegar
              for the first night.)

   一晩めに、いったん梅酢に戻した梅
   (塩分13%だったのが、梅酢に戻して
   また干すという工程を経て14~15%
        くらいになったのかも)
   見た目は、と~っても美味しそう!




Ume-18%



            They are ones with 18% salt.
                 Just aired for 2 days,
         without returning to Ume-vinegar.
           It shows crystallization of salt,
            and seems to be really salty. 

 こちらは、夜間、梅酢に戻さなかった梅(塩分18%) 
               表面に塩の結晶が見える。
                いかにも、すっぱそう!
 


さ、これで瓶詰め。
瓶詰めするときに、そのまま入れてもいいし、梅酢をまぶしてから入れると皮がしっとり
するようなので、ここでも両方ともやってみることに・・・
(表面に塩が見えていた梅も、ここで梅酢をまぶすことで、見た目しっとり系に。)

Umeboshi-jars
  Transfer them into jars.
  I need labels with details
  for each jars, because
  I made them complicated
  at each stage.
  (They have been done with
     some different processes.)

  Total: 10 jars of Umeboshi !!
 

今回は、塩に漬ける段階で、すでに異なる配合で3種類別にやっていて、
干している途中で、一部を一晩だけ梅酢に戻すという工程、
瓶詰めの段階で、各半量ずつをそのまま瓶詰め&梅酢をまぶして瓶詰め、
と二通りに分けたので、合計8種類にもなってしまいました。
調子にのってやりすぎた! どれがどれかわからなくなりそう。
取りあえず、詳細をラベルにして各瓶につけて、10個の瓶に収まりました。

*********************************************************************************************

COMPLETION !  The first tasting is done together with cooked rice of course !
梅干、完成です。
試食はもちろん炊きたてごはんで! 今日は、このためにお米を土鍋で炊きましたよ。

Umeboshi&gohan-L
    しょっぱ~い!!!!!!
  でも おいし~い!!!!!
日本人でよかった~!!!!!

   一粒でごはんが進む進む
残った種も、愛おしくて捨てられない


     How salty !!
        and,
   how delicious !!

The rice turns into the acidity
once it goes in our body, and
alkaline Umeboshi let this neutralize.
For the meal in old time in Japan which only rice ate a lot,
the Umeboshi was an important role.
Umeboshi, the best invention food that the Japanese food culture produced.

ごはんは体内に入ると酸性に変わりますが、アルカリ性である梅干がこれを中和させるそうです。 梅干一個で、ごはん茶碗2杯分のごはんを中和させるとのこと。
ごはんだけたくさん食べる昔の食事に、梅干は大切な存在だったんですね。
そういう意味では、日の丸弁当はバランスの取れたランチだったのかも。
梅干は、米食中心という食文化が生み出した日本の産物、最高の発明食品だったわけですね。

Nice by-product, Umezu (Ume-vinegar) : They can be used as seasoning
3-Umezu (2015)  in substitution for salt (or vinegar) in small
  quantities, and it add a Ume-plum flavour
  to the dish.

  梅干を作ると、
  梅酢という副産物ができることも嬉しい。
  これも調味料として大活躍します。 
  塩やお酢の代わりに少量使って
  梅風味UP!
  (左奥は、友人の赤梅酢を少量混ぜた白梅酢)
  

   Ao-jiso






        横では、青じそも元気に育っているので、
 梅干・梅酢共々いろんな料理に活用させたいです。
      しばらくは、梅干料理の研究が続くかも・・・


     The green Shiso (perilla) grows up beside,
        I'd love to cook UMEBOSHI CUISINE using it !



Japanese tea ceremony experience  お茶体験


Tea-experience-1
We had Japanese women here, as our B&B guests, who were well experienced of
Japanese tea ceremony. After the breakfast, they gave us a chance of the experience.

They demonstrated how to do it with tea utensils and tools, Matcha (green tea powder),
and Japenese sweets for the ceremony which were all brought from Japan.

先月お泊りにいらした女性5名のお客様。 お茶の経験豊富な方々ということで・・・
朝食後に、お茶をたてていただきました。


Tea-experience-3
  Tea-experience-2
  実は、我が家3人ともお茶は初めて。


Tea-experience-4  Chasen-2
  Tea-experience-5

  あわてて朝寝坊のレノンを起こしてきて・・・
  (パジャマのままで大変失礼しました)
  お作法など、教えていただきながら、
  初のお茶体験。


  Tea-experience-8




First experience for my family.
I woke up Renon in a hurry and let her participate.
Excuse her in pajamas.



Tea-experience-10  Tea-experience-6
Tea-experience-7

  Tea-experience-9   



 
Sweets for tea-1  Other than the pretty persimmon sweets,
  we got small eggplant sweets as a gift from them.

  かわいい柿のお茶菓子の他に、
  小茄子のお菓子もお土産にいただきました。
  『初なすび』: 山形県鶴岡市の大松屋本家
  (昭和天皇謙譲御採納品と書かれてます)



  M.group



   Thank you for the wonderful opportunity.
We are looking forward to seeing you next time.

    皆様、この度はこのような機会をつくって
        くださって、ありがとうございました。


********************************************************************************************

A week later, I suddenly remembered that I had got "Cha-sen" (one of tea utensils,
whipper made by bamboo) from my Japanese friend 15-years ago. There must be somewhere....

数日後・・・そうだ、栄子ちゃん(うちの店の初代スタッフ)から15年前にいただいた茶筅が
どこかにしまってあったはず・・・
Chasen
  Here it is !!
  あった、あった!



     I found this one, too, in the back.
     A black tea pot which looks like
       a special iron-made one.
    B.Tea-pot  
                       ついでに、コレも奥のほうから発見。
                   2~3年前に、こっちで衝動買いした鉄瓶のような土瓶。  
                  とうとう出番がきた! 見た目が何とも、お茶っぽくてイイ。


            Then, I try to make tea by myself !
         必要なものが揃ったところで、お茶をたててみよう!


Tea-strainer  While the cup and Cha-sen were warmed up
  by hot water, I sifted Matcha (green tea powder)
  to avoid lumps.

  抹茶は初めに茶漉しでふるっておくと
  ダマになりにくいとのことで、
  茶筅とボウルをお湯で温めている間に、
  やっておきます。

        Awesome combination with the sweet
   (dried eggplant sweet which I got from the ladies)
   Tea & Sweet-1
                         先日いただいた『初なすび』をお茶菓子に。
                          驚いた! 中身はちゃんと茄子なのに、
                             甘くて美味しいお菓子になってる!



Sweet-Unryu
  こちらは、留学生のじゅりちゃんからの
  お土産、京菓子『雲龍』


  Tea & Sweet-2





     上品な小豆の味とそぼろ仕立ての食感が
            渦巻きになって、まさに雲龍。
          この甘さ加減が抹茶とよく合う・・・

          Another beautiful sweet made from
                 sweetened azuki beans.
      I got it from Julie as a souvenir from Japan.
       Azuki & Matcha, royal road combination !


 

Taneya-sweet-2  後日、
  こちらのお菓子は、先週いらした知人からのお土産、
  たねやの『栗月下』

  Kurigekka







        And, one more sweets made from chestnut.
            I felt the deepness of 100% chestnut.
                       Pure and delicious !


Tasted it with "Fukamushi-cha" (deep steamed green tea),
                                 as my friend Fusako's recommendation.
Kurigekka&FMT
  「是非このお茶と一緒に」
  と深蒸し茶もいただきましたので・・・
  まずはお勧め通りに。
  
  ホクホクの甘い栗をそのまま食べているかの
  ような、純粋な味わい。 深蒸し茶にぴったり。
  
 
           Then tasted it again with Matcha this time.
           I think it was better with the Fukamushi-cha
                           than with Matcha,
           for this mild sweetness and for this texture.
     Kurigekka>-2


      その後、抹茶でたてたお茶にて、もう一度・・・
   素朴な味のこのお菓子、この食感には、抹茶よりも
    お勧めの深蒸し茶がより引き立つ感じがしました。


          お茶とお菓子の組合せ、奥が深いです。
    ワインと料理のマッチングみたいで、はまりそう!




The combination of tea and sweet is profound !
It's like the matching of wine and cuisine.
Well...getting some more utensils in Japan, I would like to enjoy tea ceremony often here.

今度の帰国中に、お茶道具を見にいってみよう! カフェオレ・ボウルでなくて、
ちゃんとした御茶碗がほしいなぁ、合羽橋に行けばあるかなぁ
道具を揃えたら、ワナカでも素敵なお茶会ができそう!


Cherries, 2015  今年のさくらんぼ狩り

We went for picking of cherries in Cromwell this season again.
There was an information that the maturity of the cherry was delayed several weeks because of the cold climate in November. Then we went there in the late in January.

2週間ほど前、今年もまたクロムウェルにチェリー・ピッキングに出かけました。
11月の気候が悪かったためチェリーの成熟度が数週間遅れているという情報もあり、
1月下旬に。

毎年行っているところ、
以前は人なつっこいキウイのおばちゃんオーナーがいつも入り口に座っていて、
「今年もよく来たね」ってバケツを渡してくれてたのが、
いつの間にか、アジア系の女の子に変わり (アジア人を雇い始めたのか・・・?)、
今年は、入り口の建物の中は、漢字熟語のポスターや張り紙がたくさん!
おそらくオーナーが中国人に代わったのでしょう。(残念・・・)

C/P-2015-2 A lot of cherries were on the trees.
 While tasting in turn, we walked
 around in the property.
 The tree with super sweet cherries
 that we wanted to pick was not found
 easily this time.
 Most of them...sweetness was
                insufficient.
 Influence of the weather, maybe?
 Therefore, we didn't pick many as
                                                  usual.


                         C/P-2015-1


       チェリーはいつものように
        たくさん実がついていて、
  順番に味見をしながら奥のほうへと
        進んでいきましたが・・・




C/P-2015-3
 決め手の木が見つからない。 
 この木は極甘!! というのがない。 
 どれも一様に甘さイマイチ。 
 やっぱり天候の影響だろうか・・・。 





そんなことで、採る量もだいぶ控えめにしました。 (夫は甘くな~いと言いながら、なぜか採りすぎて、結局は5kg以上になったけど)


************************  ~ Old Cromwell ~  **************************

O.Cromwell-2015-1
  On the way back, we visited
  Old Cromwell for window-shopping
  and teatime.
  Enjoyed watching some historical
  place there.


  Old oven, it's like the one in the
  movie "Kiki's Delivery Service".
 
                         O.Cromwell-2015-2

帰りはオールド・クロムウェルで、
ウィンドーショッピングとティータイム。
クロムウェルの歴史をちょっと拝見。 
古いかまどを見て、「魔女の宅急便!」と娘が言うのを聞いて、うなづく。。。




**************************************************************************************

Cherries-2015  The next day,
  I assorted the cherries.
  One part went into the freezer.
  Frozen cherries will be yummy
  dessert on hot day.

  翌日、チェリーの仕分け。
  一部は冷凍庫へ。
  冷凍したチェリーシャーベット、
  暑い日のおやつに最高です。 
冷凍庫から出して、5分~10分後が一番美味しい。(それ以上おくとベチャベチャになる
                                                ので注意)


C.C-2015-1
      一部はチェリー・クラフティーに
          (B&Bお客様用デザートに):
 種を抜いて、カスタードソースと共にオープンへ。
 (何年か前に作ったチェリー酒、これを隠し味に
              少々加えると大人の味!)
 例年より甘みが少ないチェリーも、
          これなら美味しく食べられます。

     C.C-2015-2





  Another part was used for baking.
  I made cherry clafoutis for B&B guests.
  With sweet custard sauce & cherry brandy,
  the cherries became a beautiful dessert !
 




来シーズンは、チェリー・チャツネを作ってみようかな。
チーズと一緒にクラッカーにのせると、とっても美味しいワインのお供になるそうです。

I will try to make a cherry chutney in the next season.
It seems to be delicious with cheese & crackers. 
                      And with a glass of wine, of course !