Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Japanese tea ceremony  初めてのお茶会

One of special occasion during my stay in Japan was tea ceremony experience.
*****************************************************************************************
  Tea ceremony (we say "Sado" or "Cha-no-yu") was perfected by Master
  "Sen no Rikyu" in the 16th century.  It is based on the spirit of ZEN and
  focuses on pursuing the Japanese WABI aesthetic, a simple and calm state
  of mind.
  Sado is a ceremony to cultivate one's mind and learn courtesy through inviting
  guests to the tearoom called "Cha-shitsu" and serving tea. There is the
  Japanese aesthetics there, and you can come across a Japanese heart.
*****************************************************************************************

My friend, Eiko asked her teacher (tea expert, "Sensei-W") for me to have a formal tea ceremony, and I participated very delightfully. 
It was full-course of "Kaiseki"meal and tea with over 4 hours!

帰国中、友人・栄子ちゃんのお茶の先生が、お茶事(正式なお茶会)をしてくださるとの
ことで、とても嬉しくまたドキドキしながら参加をお願いしました。 お茶会そのものが
初めてですが、いきなりフルコースのお茶事! 
席入りから懐石料理を経て中立(なかだち)、再び席入りして濃茶・薄茶という流れで、
所要時間は全部で4時間以上とのこと。

この日、再会した栄子ちゃんは素敵な和服姿!
初めての私のために、白いソックス、扇子、懐紙と菓子切(お菓子をいただくときに使用する楊枝)を用意しててくれました。
白いソックスとは・・・洋服の場合は(和服の)白足袋の代わりに準備します。 お茶室に汚れを持ち込まない気配りとか。

***********************************

Sayu   11:30am
   Before entering to the tea-ceremony
   room, we did mental preparation
   with drinking hot water.

   11時30分、席入り前: 
   白湯をいただいて
   心の準備。


<ENTERING 席入り>
With sitting down touching knee bottom on the tatami floor, bow and enter with showing respect to the space. The main guest enter first, followed by others one by one sequentially. 
お正客から順に、扇子を前に置き一礼、身をかがめて一人ずつお茶室に入ります。

Kakemono-1 <INSPECTION 拝見>
 One by one, sit in front of "Toko" (alcove),
 put "Sensu" (folding fan) in front of person-self,
 bow slowly and see the "Kakemono" (scroll).


 The letters written there expresses today's
 theme of the ceremony. We have known it
 by understanding this meaning.

  
 床の前に座り、扇子を前に置き、
 ゆっくり一礼して掛物を拝見。 
 書画には、その日のお茶会のテーマがあるとか。
    『喫茶去』(きっさこ): 
         ”どうぞ一服お茶を召し上がれ”
中国・唐の時代の禅師の言葉で、議論よりも日常の些細なことを大切に、お茶でも飲みながら今この瞬間を味わいなさいという教えだそうです。

拝見後、席に着きます。
After the inspection, sit on each place.

At the time, we met the host (Eiko's teacher, "Sensei-W") for the first time.
After greeting each other, the Kaiseki full course meal has been started serving
by her (Sensei-W). The all meal was cooked by her as well.
ここで初めて本日のご亭主である先生との対面。
ご挨拶を交わしてから・・・先生自ら運んでいただいたお料理を味わいました。


<KAISEKI-course>
懐石: 向付・汁椀・飯椀
Cha-Kaiseki-1  
 Rice, Muko-zuke (entree), Soup dish
 Cha-Kaiseki-2
                      ここで、まずは炊きたてご飯を少しだけ味わいます。
                     三口分ほどが一文字になって盛り付けられています。


Sake was served during the course.
Cha-Kaiseki-Shuki Beautiful Sake pot and cups!
 
 美しい酒器と盃が! お酒をすすめられて(嬉)!
 一口いただくと・・・「う~ん、美味しい~」
 心の中で叫んでおりました。

 少し汗ばむほどの気温に冷んやりとしたのど越しの
 良さと程よい甘み、上品な残り香。 

Cha-Kaiseki-Sake-Okawari




The moderately chilled Sake was
so delicious!
I thought it was Ginjo type Sake...

お酒は全お料理の間に三度、
となってますが、あまりの美味しさに
薦められるままお代わりして、全部で5~6杯いただいたのでは・・・
「たぶん吟醸酒、大吟醸かな? あとでお酒の詳細を聞こう」と思って忘れました!


Cha-Kaiseki-Nimono
  Nimono-wan:
  main dish with garnishe in clear soup

  煮物椀 
  ・・・素敵な器に盛り付けられた
    メインディッシュ





 Cha-Kaiseki-Yakimono
             Yaki-mono:
   grilled Kasu-marinaded salmon

                焼物 
        粕漬けのシャケの焼物
    


Cha-Kaiseki-Azukebachi


  Azuke-bachi dish
  預け鉢の一品


        Hashi-arai: light soup
       Cha-Kaiseki-Osuimono 
                           箸洗い ・・・(小吸物)



Cha-Kaiseki-Hassun-1 Hassun:
 (sorts of delicacies on a square tray)
 Fish seasoned with Shiso (perilla)
 and Broad beans

  Cha-Kaiseki-Hassun-2







          八寸: 海のものと山のもの、
               白身魚の紫蘇風味と空豆
        二品を、小吸物のふたに取り分けます





Cha-Kaiseki-Yuto-1   Yuto (hot water with scorched rice)                    and Pickles:
 
    Cha-Kaiseki-Konomono

   湯桶(ゆとう)と香の物:

  Cha-Kaiseki-Yuto-2
  湯桶にはおこげのご飯とお湯が入っていて・・・
  お茶漬けならぬ、お湯漬けをいただきます。
  香の物三品と共に美味しくいただきました。

  これで器をきれいにしてしめくくります。

   Cha-Kaiseki-Finish
                                  Completion:


<OMO-GASHI (main dessert) 主菓子>
Omogashi-1 They were in tiered boxes.
 I learnt how to take the sweet from it,
 watching the main guest who did.
 There were some procedures.

 縁高(ふちだか)という重箱型の
 菓子器に入って運ばれました。 
 四段重ね!
  
 下の段から順に取ります。

Omogashi-2
Lift all the upper boxes and move
a corner, put a wooden pick into
the bottom box (your one).
Then pass the upper section
to the next guests.


Omogashi-3



     一人分が各段に入って、
              黒文字が添えられてます。 


 上段全てを持ち上げ、角をずらしてから
 下段(自分の分)に黒文字を一本入れます。
 上段はそのまま次客へ。


Omogashi-4

      Cool and beactiful ! Small art here!
    小さな芸術品! 目にも涼しげで美しい!
                         
Taking it on a "Kaishi" paper, I enjoyed the taste.
It was sweetness refined and gentle texture.

Omogashi-5






  懐紙に取って、いただきます。
  しっとりと上品な甘さでした。




<NAKADACHI 中立> A break time before tea ***********

Leaving the lingering taste of the sweet, we left the room for a while.
口の中に甘い余韻を残して、ここで中立、いったん休憩です。
          
Taking a deep breath, we stretch out our feet and knees at the garden.
外に出て、しびれ気味になった足と膝を十分に伸ばし深呼吸。
晴れた空と新緑が気持ちいい!

E.Y.24.05
  Photography time !

  お庭で記念撮影!
  (この間、ご亭主である先生は
  お茶室のしつらえを変えたり、
  濃茶の準備をしていらっしゃる
  のだそうです)



During this time, the host is changing the part of interior of the tea room, and preparing the tea which is started soon.


<ENTERING for the second stage> ***************
Enter again with the same procedures as the first entering.
さて、再び席入り。 ここからは後座(ござ)。
お正客から入り、今度は生けられているお花を観賞します。
そして、点前座に加わった道具たちの拝見。

Cha-Kaiseki-goza-1

  Cha-Kaisei-goza-2

Cha-Kaisei-goza-3  <INSPECTION>
  See a flower arranged newly.
  A set and utensils of the tea successively.


  Cha-Kaisei-goza-4

Sitting in the position, and observe the tea-serving artistry.
席に着き、お点前を拝見。

<KOI-CHA (strong tea of powdered Matcha)>
The most important part of the formal tea ceremony.
The host scoops Matcha from the special container of "Cha-ire" to a teabowl. 
Pour hot water by "Hishaku"(bampoo-wooden dipper) from the "Kama" (iron-kettle) gently into the teabowl. Stir it quickly but gently with "Chasen" whipper to make a paste of tea.  Everyone takes a small sip from the same teabowl. Taste it,
clean the edge of the teabowl by "Chakin" cloth, then pass it on to the next person.

It was made by Sensei-W, with wonderful performance.
Under the tension, I couldn't to afford to photograph it. Also I couldn't point my camera towards to her...
We shared the taste of the tea. I was just copying the main guest who did...
The tea had thick touch, moderate bitterness and deep taste.
Totally espresso after a meal!

濃茶: いよいよ先生のお手前とあって、緊張して拝見。・・・撮影する余裕なし!
というか、恐れ多くて、先生にカメラを向けることができませんでした。
かすかに聞こえてくる目の前の音にも集中。
(薄茶とは違って)順にまわし飲みでいただきます。
濃茶は初めて! 私はひたすら、右隣のお正客の真似をしながら、おしいただきました。
トロリとした感触、ほどよい苦味と深い味わい。 まるで食後のエスプレッソ!


Cha-Kaiseki-goza-5  <HI-GASHI (second sweet) >
  They let me image a scene of fresh green
  and mountain stream with tiny flowers
  blooming by the side.
  I took one each to my "Kaishi" paper.

   Cha-Kaiseki-goza-6







次はお干菓子
新緑と涼しげな渓流をイメージさせるお菓子。
その傍らに咲く草花のような白とピンクの
お菓子。 そんな情景を思い浮かべて、
             懐紙に取り分けました。


<USU-CHA (weak infusion of Matcha tea) >
After eaten the second sweets, "Usu-cha" is served.
The host scoops Matcha (with less amount for this one) from the "Nastume" container to a teabowl. Pour hot water from the "Kama" kettle into the teabowl. 
Stir the tea quickly but gently with "Chasen" whipper. The tea afer stirring is covered with fine, frothy bubbles, which looks different from "Koi-cha". 

E-1  "Usu-cha" is made for each person
  and is served separately.


  On behalf of Sensei-W,
  Eiko did the Tea-serving manners.

  いよいよ薄茶
  先生に代わって、
  栄子ちゃんのお点前。 
 


E-5     Taste great ! 
        I asked second one.
  Usucha








                
           お点前頂戴いたします・・・

                                とても美味しくて、お代わりしました!
                                       その後は・・・


Dogu-Haiken  <UTENSILS INSPECTION> 
  Put elbows on knees
  (let body lower), picking one each
  in both hands, look at it carefully. 
  It seemed to be acquired name
  for each.
  I felt that... "Feeling to thank for
  the encounter with the utensils"
  "Heart to treat a thing carefully"


茶入、茶杓、仕覆、薄茶器

道具拝見:
ひじをひざの上につけて(身を低くして)ひとつひとつ拝見します。 
『道具との出会いに感謝する気持ち』 『ものを大切に扱う心』 
そういうことが養われそうです。

道具には、それぞれ銘(名前)があるそうです。 栄子ちゃんから、その詳細について
説明があり・・・ 和やかな雰囲気のまま、終盤に近づいてゆきました。
  
先生から、ひとつひとつ作法を教えていただきながらすすんだお茶事でした。
初心者の私への気配りもしていただいて、きっと間違いだらけだったと思いますが、
「楽しんでいただくのが一番」と、大らかに見過ごしていただきました。

また、一期一会を重んじる茶の湯では、本来カメラの持ち込みはタブーなのですが、
今回は特別にお許しいただきました。
本物を理解したいと、私も一生懸命でしたので、ところどころ撮影しそこなってますが。
でもこうして、画像が残っていると復習材料になりますね。
また次回に繋がりますよう。

<LEAVING>
Greet to the host and each others.
Move to the front of the alcove, one by one, bow with express the feeling of thanks to the utensils and the scroll, then leave the room.

In a tea ceremony to respect "Once-in-a-lifetime chance", a carry-on of the cameras was originally a taboo. But I had a permission especially this time. However, I failed to photograph it often as I concentrated on the watching to understand a genuine one.
It was so valuable experience that was able to feel the real Japanese spirit.
I wish the custom and the spirit continue for long time....

お茶事は・・・美術工芸・書・料理・生花に対する感性が凝縮された空間に、
日本人の真心が合わさった、玉手箱のようなものでした。



YAMAHA piano factory visit  ピアノ工場見学

YAMAHA is widely known to the world as one of the first-class maker of the piano production.  I booked the factory tour, and visited it in Shizuoka prefecture with my daughter during this stay in Japan.

YAMAHA-visit-L

 世界に名を馳せる
 YAMAHA のピアノ。

 工場見学ができると知って、
 それなら今回の帰国中に
 是非訪れたい、と
 予約して行ってきました。
   (娘と二人旅)




その日は大阪からの帰りで、新大阪から新幹線に乗り、静岡県の掛川駅で下車。

Hamanako-line-1 掛川からは、天竜浜名湖鉄道・天浜線に
 乗り換え、三つめの桜木まで。

 Hamanako-line-2






   電車は一両編成、車内で車掌さんからも
   切符が買える、素敵なローカル電車。

Sakuragi-st-1  We transfer at "Kakegawa" Station
  of Shinkansen-line to the local line,
  then got off at "Sakuragi" Station.
  Quiet... there was no staff
  in the station. We then entered a
  Ramen shop which was in front of
  the station, to ask how to get there.

  到着すると・・・ここは無人駅でした。


Sakuragi-st-4
誰かに道を尋ねたいんだけど、
    のどかな風景が広がるばかり・・・

駅の目の前にあった中華食堂で
       聞いてみようと中に入ると、
    そこでお食事中だったタクシーの
         ドライバーさんらしき人が
      丁寧に教えてくださいました。 


 

Yamaha-sign
  After 8 minutes walk,
  we arrived at....

  YAMAHA Co., Ltd.
  Kakegawa Factory
        Harmony Plaza


  徒歩8分ほどで到着。


                     Yamaha-bldg

受付で大きな荷物を預かっていただいて、
                    午後1時30分からの見学ツアーに参加しました。

FACTORY TOUR ********************************************
(English speaking guide is also available there.)
After we saw a pleasant film about the piano structure, we advanced to the factory.
Because the rustle of the machine greatly sounded in the building, we all attached an earphone to hear explanation of guide.

Production of the part creating that outer form of the grand piano, installation of the internal part, adjustment for the details such as tuning, toning, keyboard's action, etc., and the final inspection. We observed the process sequentially.
Expert engineers did the all of work carefully.

スタッフの方のご案内で、ピアノ構造に関する楽しいフィルムを見せていただき、
見学への期待感が高まったところで工場へと進みました。 工場内はとても大きな音が
しているので、全員がイヤホンをつけてガイドさんの説明を聞きます。 
グランドピアノのあの形を作っている支柱と側板の製作から、チューニング・ピンや弦など
内部部品の取付け、途中数回に分けて行われる調律・整調・整音といった細部にわたる
調節作業、最後の検査まで、一台のピアノにかかわる工程を順に見学させていただきました。 見学中は撮影禁止なので画像はないのですが、どの作業も熟練の技術者の方が丁寧にに行っていた様子が鮮明に脳裏に残っています。 

国内だけでなく海外への輸出も多い製品、気候と湿度の違いは木製品であるピアノの
精密さに影響が出るということを耳にしたことがあるけど、どうやって対処しているのか
疑問でしたが、シーズニングという期間(製造段階の各部品やピアノ本体を一定の
環境下に数ヶ月置き、それぞれを慣らす)を経ることで、国外へ出たあとの異なる環境
への対応が可能となるようです。 

同じ型番のグランドピアノが3台並んでいる部屋に通されました。 同じものなのに、
一台一台の音色が違うとか・・・。 その弾き比べで音の個性を実体感(これは大変貴重な経験でした)。 鍵盤の感触や音の伝わり方が違うし、同じ曲を弾いているのに雰囲気の違う曲に聞こえる! 購入前に実際に弾いて音を確かめるということは大切ですね。

K.C.of H.H   We got a pretty present!
   The key ring of hammer which is a part that
   really used in the inside of the piano.
   The hammer head is covered with compressed
   wool. It beats against the string, then a sound
   comes out.

   お土産のかわいいキーホルダーは、
   実際にピアノの内部で使われている部品。 
   圧縮したウールで覆われたこのハンマーが
   弦を打つことで音が出ます。 
   各ハンマーヘッドのサイズは、低音では大きく、
                  高音にいくにしたがって小さなものが使われるとのこと。

*********************************************************************************************
After the factory tour,
We enjoyed the sounds of each piano which was in the showroom. They were all special models !!

<90分の見学後、ショールームにて>
展示してあるピアノを弾くことができるとのことで、それぞれのモデルを試してみました。

Y.H.R.  Hybrid Piano: AvantGrand N3
  "The new piano" which a traditional technique
  and the latest digital technology produced
  is possible for a silence performance.
   A sound does not leak around
  while a player enjoys an authentic sound.
  We can devote ourselves to practice without
  minding people.

  レノンが熱心に弾いていたのはこちら: 
  消音演奏可能なグランドピアノ。
  周りにはいっさい音が聞こえないですが、
  ヘッドホンの中は大ボリュームで、本人ノリノリ!
  

K.T.model-2


Tetsuya Komuro (a Japanese musician)'s
          special ordermade model:
         Very artistic, unusual, novel!


              小室哲哉スペシャル

          小室氏のデザインのもとに、
   ヤマハの伝統の技と最新技術を結集して
       製作されたという斬新なスタイル:




in RICHTER room :
R.R-2  R.R-3
  ガラス越しに見える2台のピアノ・・・

  ヤマハ・ピアノをこよなく愛していたと言われる
  ロシアの巨匠スヴャトスラフ・リヒテル氏が
                        使用したピアノが展示されている部屋:
 
R.P-2 Greatest Russian pianist,
 Sviatoslav T. Richter
 (1915~1997) loved YAMAHA
              piano deeply.
 The model CF (left) which he
 played at Japan World Exposition
 in Osaka (1970)
 The model DFIIIS (right) which
 he played at his last concert in
 Japan (1994).

左は1970年の大阪万博開催時、大阪フェスティバルホールにて、リヒテル氏が演奏した
                                       CF コンサートグランド;
右は、リヒテル氏が最後の来日公演(1994)で演奏したCFIIIS フルコンサートグランド;

R.P-L
Full concert piano,
the dignity, force,
and the beauty.

さすがの
フルコンサートサイズ!
その迫力と美しさ!




I.R.M-1

    I.R.M-2

R.P&Y


 I graciously played the precious ones.

 その貴重なピアノ
 恐れ多くも、弾かせていただいた
             幸せなひととき。




E.G.P-2 Early-model grand piano: 
It god the grand prize at the 5th National Industrial Exhibition (1903), and was purchased by Meiji Emperor and Empress.

こちらは、近代化産業遺産として展示されて
いる初期型のグランドピアノ。 
1903年内国勧業博覧会で最高褒章を授賞
ののち、明治天皇・皇后両陛下がお買い上げ
になられたとか。
今はここで、静かにその輝きと威厳を守って
います。

E.G.P-1
      日本 楽器 製造 株式 会社
      ヤマハ ピアノ
       浜松 日本  
  

   と素敵な書体で表記された英文字が
        歴史を物語っているようです。


**********************************************************************************************
Founder: Mr. Torakusu Yamaha
Although Torakusu was an engineer of medical equipment, he was asked for the repair of an organ which was contributed by a company of U.S. to elementary school in Hamamatsu. It was an opportunity that he began his organ production (1887).
Ten years later (1897), he established "Nippon Gakki Seizo K.K." (later renamed to YAMAHA corporation).

Episode:
Torakusu elaborated an organ of the first domestic production. To ask Mr.S.Izawa
at Tokyo institute of Music for judgement of the organ, he carried it over his shoulder on a carrying pole for 250km to Tokyo.
The organ, however, was criticised harshly for its poor tuning.
Then, starting from zero, he began studying music theory and tuning. Without failing, he accomplished to create the second one and took it to Tokyo again, which was approved with high evaluation.

創業者、山葉寅楠(やまはとらくす)氏。
医療機器の技師でしたが、アメリカから寄付された小学校のオルガンの修理を頼まれたことを機に、浜松でオルガン製作を開始しました。(1887年) 
10年後の1897年『日本楽器製造株式会社』を設立し、初代社長に就任。

こんな エピソード が残されています: 苦心の末、誕生した国産第一号のオルガンは、
浜松・静岡では満足な批評を得ることができず、東京音楽取調所(現東京芸術大学)の伊沢修二教授の審判を受けることにしました。 東海道本線未開通の時代、オルガンを
天秤棒に担いで東京までの250kmの道のりを運びましたが・・・
「オルガンの形は良いが調律が不正確で使用に耐えない」という審査結果でした。
寅楠氏はこれに挫折することなく東京で調律法を習得し、家財や不動産を人手に渡し
ながらも第二号のオルガンを完成させました。 再び東京に運んだ第二号は、「舶来品に
代わり得る」との高い評価を得ました。
**********************************************************************************************


We enjoyed such a wonderful opportunity at the showroom for a while...
but stayed too long! We missed the train which we should have got on.
"The next is 40 minutes later. Are we in time to get on the bus that we booked?"

しばし素敵な空間で素敵な音を楽しんでたら・・・
ゆっくりしすぎて、乗るはずだった天浜線の電車に乗り遅れた! 
この電車、1時間に1~2本しかないんです。 次は40分後! 
ようやく掛川駅に到着すると、途中で道を尋ねながら、東名のバス乗り場へ小走り! 
予約したバスに間に合うか?
大阪帰りの大荷物を抱えて、レノンと二人、汗だくで走りました。

Bus K-T-1 We ran, and it was in time tightly,
 then heading to Tokyo.
 3 hours and a half in the bus...

 I thought thoroughly about Mr.T.Yamaha
 who carried his organ on his shoulder
 for this distance to Tokyo 128 years ago.
 Unlike this road, it should be a fierce
 distance over mountain and valleys
                                             at the time.
  
Bus K-T-2 バスにはギリギリ間に合い、一路東京へ。
 掛川発・17時06分、東京到着・20時46分
 高速バスではたったの3時間半だけど・・・

 ここをオルガン担いで
       東京まで運んだのかぁ・・・
 東海道が開通する前だから、もっと
 ずっと遠く険しい道のりだったはず。
 途中箱根の山越えもあったとか。
  
  
Bus K-T-3 第一号の評価を受けたとき、
 どんなに悔しかっただろうか。
 どんな気持ちでもう一度取り組んだのか。

 What was his feeling when his first
 organ was judged?
 How was he struggled to start the
 second?
  


思いを馳せているうちに、バスは東京駅に到着。 電車乗り継いで、埼玉実家到着は
夜10時過ぎ。 長い一日であり、考え深い一日でした。
そして、もとヤマハの社員だった父に、良いお土産話ができました。

While I thought, the bus arrived at Tokyo Station.
It was long and fulfilling day.


Japanese knife 念願の和包丁

Japan, the treasure country of traditional cultures.
The thing which I wanted to get all the time, a Japanese kitchen knife.
"I want to buy it from the expert directly..."
My wish came true during this visit to Japan.

J.N-5 伝統文化の宝庫、日本で
 今回も多くを学びました。

 帰国したら入手したいと
 ずっと思っていたもの、
 和包丁。 
 和食料理に長く携わり
 ながら、これまで
 包丁は洋包丁、
 研ぐのは砥ぎ棒でした。 

料理教室に参加してくださる現地の生徒さんの中には、私のよりずっと切れ味の良い
和包丁を持参する方もいるというのに・・・
購入するなら、包丁職人さんから直接買いたい、正しい研ぎ方も学びたい。 
この帰国で、思いがようやくかないました。

         *********************

「職人さんていうのは、何者か素性の知れない一般人には売らないものだよ」
夫にはそう言われてきたけど・・・
飛行機の中で考えた末、日本到着直後、ダメもとで、刃物の町・堺の包丁関連の
会社や製作所に何件か電話してみました。 その中で手を差し伸べてくださったのが、
山本刃剣さんの山本様でした。  

J.N-Bk-S  Although I remembered my husband's word of
  "Craftsman doesn't sell his works to everyone",
  I tried to contact several factories in Sakai
  (in Osaka) where had been known well as a town
  produced swords and kitchen knives for centuries.
  Finally I could get an appointment with
  Mr. S. Yamamoto of "YAMAMOTO HAKEN".

  伺う日までに、失礼のないよう、事前に
  包丁に関する予備知識を頭に叩き込みました。 
  書店で購入したこの本で勉強。

I learned about "knives" with this specific book for the preparation, before my visit.



2 weeks later, I went to Osaka (600km west from my parents' house in Saitama)
to see my old friend.
T.J.S-1-L  Then I visited Mr.Yamamoto
  in Sakai city together.

  2週間後に大阪へ。
  向こうに住む友人にお付き合い
  いただき、路面電車に乗り込み、
  高須神社で下車。  

  神社と古い町並みが
          ノスタルジック。

T.J.S-4  T.J.S-3
Takasu jinja (Shinto shrine)
        and old town atmosphere,
                   was nostalgic.
 

At 5 minutes walk from the tramway stop, the factory, YAMAMOTO HAKEN was there. The family of Mr.Hideaki, Mr.Shinichiro, and his wife warmly welcomed us. They showed me a various kitchen knives and explained the features.
I choose one of those gratefully.
Mr.Shinichiro also let me experience sharpening of the knife with "Toishi" (whetstone). He gave me a lecture on; direction of the knife to the toishi, angle of the blade and how to place to the toishi, how much use power for sharpening, and how important accurate maintenance.

お聞きしていた住所を頼りに歩いて、5分ほどのところに発見。
お伺いすると、奥の工房に通してくださいました。 私が普段包丁を使う頻度や料理教室をやっていることなど状況をお伝えしたら、レベルに合った何丁もの包丁を出して説明
してくださり、その中から一丁を決めました。 
その後、砥石の扱い方から研ぎ方まで、丁寧に教えていただきました。

直接ご指導くださった真一郎様、奥様、工房奥で刃付け作業をされていらっしゃった
お父様の英明様にも声をかけていただき、皆様にはお忙しい中、大変お世話になり
ました。 

**************************************************************************************************
”YAMAMOTO HAKEN" is run by Mr. Hideaki Yamamoto (Bladesmith / Traditional craftsman of Sakai forged blades, with 67 years of experience) and his son,
Mr. Shinichiro Yamamoto (Traditional craftsman of Sakai forged blades, with 30 years of experience / First-class architect).
The kanji-character of ”英” engraved on the blade of kitchen knife is the proof of their superior technique.
         For their product info : www.sakaihamono.com   
**************************************************************************************************

I purchased a toishi (whetstone) and cutting board later.
TOISHI :  a lightest one of combination type with rough side & smooth side.
       I thought it was better to bring it home by airplane.
CUTTING BOARD :  a wooden board which is gentle to the blade.
              I chose paulownia one.

後日、砥石とまな板を購入。
砥石: 飛行機で持ち帰ることを考えて一番軽いコンビ砥石(荒砥&仕上砥)に。
まな板: 刃に優しいまな板、ということで木製。 檜より桐のほうが軽かったので
      桐のまな板を購入。


           ***********************


J.N-1  Here is my knife which I took home in NZ.

  さて、NZに持ち帰った包丁、
  じっくり眺めてから・・・

  J.N-2





  


                         [鞘付き]

[口輪は水牛の角製]
J.N-3



  J.N-4
[柄は朴の八角形]                    [両刃]


早速使ってみました。
ホキの切り身を、お刺身となめろうに。 
Hok-June2015  I used the knife.
  It was so comfortable to cut !
  Very smooth !
  So pleasant feeling !
  Beautiful slices of Hoki
  went well for "Sashimi".

H.S.June2015









包丁が具材をすっと通り、
まな板に吸付く心地よさ!

             繊維を壊さず切れるので、
            お刺身の口当たりが良い!


H.N-June2015

  味噌・オリーブオイル・ライムで味付けした、
  ちょっと洋風のなめろうは、ワインでもイケる!
   
  "Namero"
  fusion version with chopped Hoki,
  mixed with miso, ginger, green onion,
  olive oil, and lime juice.
  Beautiful taste !
  It went well with Chardonnay.




さ、この後は・・・
ご教示いただいた通り、メンテナンスもしっかりやります。
今度は砥石の出番!

I surely do the maintenance well with toishi as I was instructed.
Love my knife...