Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Advent of spring  春の訪れ

Advent-L

Great spring-like days with the soft sunlight.
日差しが和らいで、春っぽくなってきました。

Advent-1  Dog walk makes me enjoy
  walking and photographing around.
  犬たちとの散歩も、
       何となく足取りが軽い。

 Avent-2  




  Advent-4





  A plum is blooming beautifully along the street.
  通り沿いに梅がきれいに咲きほころんでます。

  The time of Sakura (cherry blossoms)
                   comes soon...




While waiting the season, I'm already enjoying  "Sakura cooking"  used with
the blossom pickles which I made last season...
桜の時期まであと少しですが、我が家のテーブルでは一足お先に楽しんでます。
昨年作った桜の花漬けを活用して・・・


Sakura & Kalamata olive spaghetti
Sakura&Olive spaghetti-L  Spring came to the dish when
  I scattered the flower pickles.
  They adds both taste and fragrant
  accent to the dish, and
  beautiful colour combination to
  the olive and spinach.

  桜とオリーブのスパゲッティー 
  軽く塩抜きした花漬けを散らしたら、
  一気に春らしくなりました。 
  色のコントラストも素敵。 
  オリーブオイルに桜の風味とカラマタ・
  オリーブの塩気が奏でる
  味のハーモニー。



Sakura cookie-G

               Sakura cookies
                    Really cute!
Simply put flower pickles on the dough and baked it.  They may become a perfect gift
at the time of cherry blossom season.

                 桜クッキー 
塩抜きした花漬けを生地にのせて焼いたら、
かわいいクッキーになりました。 
桜の時期のちょっとしたギフトにもいいかも。



Sakura Kintsuba

  Sakura Kintsuba
  A Japanese sweet made from sweetened
  Azuki beans, wrapped by thin crape,
  decorated with a Sakura pickle.
  I made this as a sweet to be matched to
  the Matcha green tea. It may become
  a tea sweet at the Tea ceremony.
  Nnn.. I want to make a delicious tea!
  "Tea ceremony in Wanaka",
            does it come true...?



桜のきんつば 
お茶を点てたときのお菓子にどうかな?と思って試作。 
小豆を炊くところからやったので時間かかったけど、手間かけた分、美味しかった~! 
きんつばの甘さと桜のほんのり残った塩気が良く合います。
日本からお茶道具の入った荷物が届いたところなので、早速試してみよう!
目指すはワナカでお茶会!



Instant Ramen Museum  インスタント・ラーメン発明記念館

Ramen Musium sign

Here is a place that we visited during Osaka stay. Our friend family brought us this wonderful place. My daughter, Renon of the ramen lover was delighted.

V.R.M.1  ここは、大阪滞在中に訪れたもうひとつの場所。
  友人家族が素敵なところに連れてきてくれました。
  ラーメン好きの娘は大喜び!

  We can learn the history of the Instant noodles
  from the place where "Nisshin Food Products"
  the founder, Mr. Momofuku Ando, who invented
  the world's first instant noodles (1958).

  日清食品創業者・安藤百福氏がチキンラーメンを発明
  (1958年)したところから、インスタント・ラーメンの歴史
  が始まりました。

   For me,
  "Nissin Food Products" occurring "Cup Noodles".
It was a shocking food which I watched on TV in a childfood (around 1973).
Ramen in a portable cup! (not in a ramen bowl)  
Eating with a fork! (not with chopsticks) 
Cool !
  
私にとって、日清食品といえば真っ先に思い浮かぶのは『カップヌードル』。
子供の頃、テレビで見た衝撃的な食べ物。 カップに入ったラーメンをフォークで食べる! 
「外国の食べ物みたい!」
粋なスタイルに憧れて、親にせがんでやっと買ってもらった昭和40年代後半。 
新しい時代の新しい食べ物、日清カップヌードル。 その背景はとても興味深いものでした。



When we entered it...
Noodle display-LLL
Look at that!
There were a lot of good old packages with the recognition, or new packages
that I looked at the first time, on both the wall and the ceiling!

入場すると、見覚えのある懐かしいパッケージが壁にも天井にもいっぱい!

N-1 N-2
N-3 N-4
N-5
  知ってるラーメン、知らないラーメン、
  いろいろ・・・







        *************************

The most popular attraction, "Making my own flavoured Cup Noodles" was lined
and showed that it should be waiting for 90 minutes! 
However, we must do this since we came here! So we lined up.

一番人気のアトラクション、『マイ・カップヌードル作り』は90分待ちでしたが、
ココに来たからにはコレをやらなきゃ! で列に並びました。

An empty cup came out when I put 300 yen into a vending machine.
Design for cupAfter sterilizing our hands, we moved to the table where colour pens were, and draw
some pictures or colouring to the cup.

自動販売機に300円を入れると、空っぽの
カップが出てきて・・・、手を消毒してから
ズラリと並んだテーブル席に移動して
置いてあるカラーペンでカップに好きな
デザインをしてから・・・


My cup noodle factory-1
  Noodles flowed in sequence,
  we saw it through the glass window.

  ガラス越しに、麺・麺・麺・・・・
  麺が次々と流れています。






My cup noodle factory-3After we chose a soup base among
3 kinds, we chose 4 kinds of favorite ingredients from many options,
then they were put into the cup with
dried noodles.

スープベースを3種類から選び、
次はたくさんの具の中から
好きな4種類を選んで、
麺と共に入れてもらって


My cup noodle factory-4  It was sealed and done the outside film
  by machine. The completion of
  "My favourite flavoured cup noodles
  in my original designed cup".

  機械で封をして
  外側のフィルムもして、
  出来上がり! 
  世界にたった一つの
  オリジナル・デザインの入った
  マイ・カップヌードル。
私は、シーフードベースのスープに、キムチ・インゲン・ゴーダチーズ・海老の4種類の具。 
(キムチとチーズの組合せ、好きなんです) 試食楽しみ!

          *************************

Other than that...
we could learn the history of instant noodles which was related to the Japanese economic restoration and conditions after the war.

楽しいカップ麺作り以外にも、創業者の安藤百福氏の研究や開発品が戦後の日本の復興や
経済状況と関わりながら市場に出回っていった様子が、館内の映像や展示などから知ることが
でき、インスタントラーメンの歴史が興味深く学べます。 百福氏の研究小屋を再現した家では、
世界初のインスタント・ラーメン『チキンラーメン』が生まれたエピソードが紹介され、
カップヌードル・シアターでは、ひらめきのエピソードや製造工程を大型映像で紹介していました。

Dispenser The initial vending machine of the Cup Noodles
 was displayed.
 Boiling water comes out from the attached hot water
 supply device. The noodles can be cooked
 immediately after the purchase, then it can be
 eaten on the spot.

 展示の自動販売機は発売当初のものか、
 カップヌードル100円と表示されてます。
 お湯も出てくるなんて、
 当時は画期的だったでしょうね。
 その場で作って、憧れの歩き食べ!
 


  Ramen history-1 



                 An old film flowed aside.
Cup Noodles were so popular among young people.
    They were eating it walking around in Ginza
                     (center of Tokyo).
      A trendy state of the time (1971~1972).

              あ、その横に懐かしい映像が!
            銀座でカップヌードルの歩き食べ!





Also I learnt about Mr. Momofuku Ando of the founder, about his study and development products. His messages displayed in the hall affected my heart deeply.
I took them in my camera and they still make me think whenever I see the images.
His reversal idea, keeping believing in the product, etc.

館内で何気なく目に入った百福氏のメッセージの数々、気になったのでカメラに収めましたが・・・
後日、画像整理で見るたび訴えかけられます。 商品を信じぬく力、逆転の発想・・・
学ぶべきことがたくさん。

そのうちのひとつ、安藤百福語録から:      
Momofuku-goroku one of his words:
 There is no border in the taste of food.
 However, it doesn't go over the border
 if we don't understand the difference
 in the culture, custom, or climate
 in the country.

 I think...
 we can say the same thing to a human
 being as well as the Cup Noodles,
 when a Japan native goes overseas.
日本生まれのものが海を越えるとき。
それはカップヌードルに限らず、人間もそうなのかもしれない。

 
世界各国のカップヌードル、こんなに種類がありました。
W.N-1
   Cup Noodles in each country which
   it assimilates by blending the taste of the country,
   and are loved by the local.         
   W.N-3

W.N-4  W.N-2
W.N-5  
 W.N-7  










海を渡ったカップヌードルは、その国々の伝統の味に
同化して世界中で愛されているんですね。
The "Cup Noodles" which was created in Japan became the world food.        



My ramen tasting-S  この日のアトラクションで作った
  『マイ・カップヌードル』は
  後日、埼玉滞在中にいただきました。
  キムチ&チーズのフレーバー、
         なかなか美味しかったです。
  (写真撮ってるうちにちょっとのびたけど・・・)

  20年ぶりくらいで食べたカップヌードル。
  安藤百福氏の言葉の数々を、ヌードルと共に
  噛み締めて、ズルリと魂に取り込みました。

  By the way,
  I ate "My Cup Noodles" which I made in
  the museum, during my stay in Japan.
  I enjoyed the taste and took it with
  Mr. Momofuku's words into my soul.