Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

The comfort of chopsticks  お箸の心地よさ

Chs.Boards  There are various chopsticks displayed
  on the wall in my kitchen.
  These are person's "My chopsticks"
  who participated to my cooking class.
  They choose the favorite one from number
  of chopsticks at the first time, and use it at
  the next time again. (I put each name on it)

  我が家には、たくさんのお箸が壁に飾って
  あります。
  料理教室に参加してくださった方に、試食時に
  好きなお箸を選んでいただいて、次回から
  『My箸』 としてお使いいただいてます。
  (なのでホルダーに名前をつけてあります。)

こうして見ると、お箸にもいろいろな形やデザインがありますね。

What the variety in the color or design!
I feel that taste of food differ according to chopsticks to use.
I feel more deliciousness when I use good chopsticks, though it's the same dish.
Do you agree?
Then what do you think of the relations of wine and the wineglass?
Have you ever felt that the taste of wine was more delicious when you drank with a good glass ?

同じ料理なのに、使うお箸によってもっと美味しく感じる、ということはありませんか。 (・・・ということは、その逆もある?) 
ワイングラスでもありますよね、ワインが美味しく感じるグラスとそうでないグラス。 
グラスのカーブ具合とかワインが空気に触れる面積とか、いろいろあるでしょうが、
唇がグラスの淵に触れたときに感じる繊細さ、これも美味しいと感じるひとつの要素の
ような気がします。
お箸の場合はどうでしょうか。
2本の棒を揃えて置いて見ると、微妙なカーブにより、それぞれのお箸の先端の
空き具合が異なります。


Each chopstick slightly varies in a shape.
So what do we give priority to?
Comfortable to adjust to a hand. (No good if it's too thin for the hand.)
Also comfortable feeling to a mouth when the head of chopsticks goes between lips.
Slimmer head is more flexible and gentle to lips, and more delicacy of the food taste is felt.
Do you agree?

お箸選びの基準が変わりました。 
色・デザイン重視から形状重視!
まずは、手になじむ心地良さ。 手の大きさと箸の太さ・形が合うかどうか。
そして、唇の間を行ったり来たりするときの口が感じる心地良さ。
しなやかでほっそりとした箸先は唇に優しくて、味の繊細さがより伝わります。


Cut, tear, mix, scoop together, pick up, catch, carry, etc...
The chopsticks are great tool all-around, aren't they?!
We use it not only for eating, but also for cooking with cooking chopsticks and serving with serving chopsticks.
In the Japanese family, there is dedicated chopsticks for exclusive use of each family member, separately from visitor use.
A Japanese is the expert who can pick up all one small grain with such a thin chopsticks. Watch the empty rice bowl after a Japanese has finished eating rice.
Well... Japanese food and the chopsticks are related really deeply.

切る・裂く・混ぜる・寄せる・つまむ・挟む・運ぶ、などお箸は万能の道具。
菜箸・揚物箸は調理中も重宝するし (湿気を含ませた箸で揚げ油の温度を確認
できるし!)、食卓では取り箸があって、自分のお箸とは区別して使われます。
家族はそれぞれ自分専用のお箸が決まっていて、来客用はまた別。
細いお箸でご飯粒を残さずにきれいに食べられる日本人!(外人には至難の業!)
日本食って本当にお箸の文化なんだな~と改めて感じます。


If you would like to learn how to handle of the chopsticks correctly, why don't you
go to dinner at "Japanese Kitchen Sasanoki" in Wanaka? My husband teach you
with pleasure. Let's eat beautifully with chopsticks!

正しいお箸の持ち方、これは夫が、お店(和食レストラン)にいらっしゃるお客様
(多くは地元NZ人)に日頃から教え伝えているらしいですが。。。 
お子様にはトレーニング箸が用意してございます!!
こちらの方がお箸を使うのは、和食(アジア食)を食べるときくらいで、大人になってから初めて箸を使うというのが一般的です。 慣れてないので上手に使えないのは当然。 私たちが反対の手に箸を持ち替えてみると、その使いづらさがよくわかります。 こんなに使いづらいものを一生懸命に使おうとしてくれて、嬉しいです・・・
「箸だと(食べにくくて)食事の速度が遅くなるので、食べすぎを防いでくれてありがたい」と聞くこともあります。

帰国中お茶事(懐石料理を含む正式なお茶会)に出席したとき、お箸の取り上げ方にも作法があることを教えていただきました。
上から右手で取り上げ、下から左手で支え、下から再び右手に持ち替える、この流れが自然にできると美しい!
そんな情景を思い浮かべると、お箸選びもこだわりたくなります。


New Chs  How is this my new pair?

  新しくおろしたお箸、
  使い心地はどうでしょうか・・・。





  Rikyu-bashi-2








            お茶懐石に 『利休箸』
 茶人・千利休は、その日のお客様のために
 吉野杉を削って、一膳一膳作ってもてなした
               と伝えられています。
     美しいお箸袋は知人の手作りですが、
      ここにもおもてなしの心を感じます。

                                  "Rikyu chopsticks"
   These are different type which are used formally at a "Kaiseki" dinner course.
              They are made by cedar originally, and shaved both ends thin.
            (Beautiful chopsticks bags decorated with "Origami" paper dolls,
                               which are handmade by my friend)
                                   



そして、かわいい食卓の小物、お箸置き。
料理がメインの食卓では、こういう小物は地味なほうが良いのでしょうが・・・
 
Chs.R-2  A partner of chopsticks, "Hashi oki"                 (chopstick rest).
  Pretty accessories on the dining table.
  These looks like real "TAIYAKI"
  Japanese sweet snack of a fish shape,
  stuffing with Anko (sweet bean paste). 
  So cute!

  帰国中に見かけて、つい買ってしまった
  『たいやき』型。



Chs.R-1







  見るからに美味しそうだったので。。。

          hmm... looks yummy...
          I miss TAIYAKI sweets...




Japanese fusion cooking in Spring  春のフュージョン料理 

On the 9th of September, it's a festival of the Chrysanthemum (one of the five annual festivals) in Japan. Enjoying Chrysanthemum floating on Sake, people pray their longevity... What an elegant custom!

Sakura-zake090915  New Zealand different for half a year is
  spring now. I celebrate it with
       a cherry blossom instead.

  9月9日、日本は重陽の節句。 
  風流に菊酒を楽しんでみたいですが。
  (NZに菊ってあったっけ・・・)
  この時期 『ひやおろし』 に菊、
  いいなぁ、日本!

  半年違いのこちらは春を迎えたばかり。
  なので、桜酒。

  *****************************************


I had a guest "Mr. SASAKI" from Sendai, Japan.
Same name and same home country, of my husband!
He is a skier who visited here again after an interval of 8 years.
Here are some dishes which I cooked for him.

この時期にいらっしゃるお客様には、自家製の桜の花漬けと地元の食材を合わせたフュージョン料理をご用意してます。
スキーを楽しみにいらした仙台の佐々木さん、8年ぶりの再訪。 
3泊ご滞在中、用意したディナーの中からいくつかご紹介:

Entrée:
Entree07/09/15 Pieces of avocado and cream cheese,
 mixed with anchovy dressing.  
 Squeeze fresh lemon juice!
 It's delicious on a slice of baguette,
 or with Capellini.

 アボカドとクリームチーズをアンチョビと
 ドレッシングで和えたシンプルな前菜。
 搾りたてのレモン汁が味を引き締めて
 さわやか!
 極細パスタと盛り合わせたけど、
 スライスしたバゲットにもいいですね。





"Awa-yuki" steaming of white fish
Sakura-mushi fish The snowy mountain and
          the cherry blossom....
 It's just good at this time, isn't it!
 
 Seasoned meringue on pieces of fish
 and vegetables, was steamed.
 Clear dashi base sauce is attached around.
 Topping of Sakura (cherry blossom) pickles
 are delicious for eyes and in the mouth.


 桜の淡雪蒸しは本日の白身魚、ホキで。
 雪山と桜のコンビネーションが、ちょうど
 この時期にピッタリ!でしょ。
 ホロリと優しくてあったかい料理です。
 お燗酒をお勧めしたいところですが、せっかく
ワナカにいらしてるのですから地ワインを楽しんでいただきたいので、少々アレンジ。
お酒の代わりにワインで調理、昆布だしあんにはオリーブオイルでコクと風味づけ。
最後に桜の花漬けと、桜塩もパラリ・・・



"Kobu-jime"(Kombu cured) beef steak"
Kobujime-B-2
  昆布〆ビーフ・ステーキ:
  Kobujime-B-1


Kobujime-B-3
 Kobujime-B-4

A fusion dish of fresh NZ ingredients and traditional Japanese cooking way,
Kobu-jime07/09/15  which I recommend with confidence.
  Absorbing Umami from Kombu (kelp), the beef
  becomes steady, condensed and matured taste!
  After quick sear over high heat, I made the beef
  "Tataki" style.
  Enjoy with Wasabi & grated Daikon dressing
  or Lime Ponzu (citrus juice & soy sauce dressing).

  NZの新鮮食材を和の調理法で仕上げました。
  昆布の旨みを吸収して程よく締まり、凝縮された
  美味しさです! 表面を強火でさっと焼いて、たたき風。
山葵おろしドレッシングとライム・ポン酢、お好きなほうでどうぞ。


 
Gin&tonic sorbet
The dessert for him who wants to continue
drinking is... Gin and tonic sorbet
Enjoy it with full of lime juice, pouring extra Gin around.

食後も(たぶん)お酒を続けたい佐々木さんへの
デザートは・・・ ジン・トニックのソルベ。
ライム果汁たっぷりのトニック・シャーベット、
ジンを回しかけてお楽しみいただきます。




I believe he enjoy drinking and chatting with my husband more about their home country. But I wonder if he can wait for the return of my husband (around 10:30pm
or 11pm which is his normal home time), before going to bed.

我が家の夫の帰宅は、夜10時半過ぎ。
宮城県人同士、ダブル佐々木で盛り上がっていただきたいですが、それまでお待ちいただけるかどうか・・・

Come home early tonight !!!