Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Enjoy cherry blossom on the table!  今年の桜料理(2016)

The season came again!
When I see a bud gradually opens, I'm excited to do something.
The flower viewing, of course,
cooking with use of the blossom-pickles,
decorating sweets with the petals.
Is it a mind of Japanese?

Sakura2016-1

桜の季節
毎年のこと、つぼみが徐々に開いてくるのを見ると何かしたくなる 
お花見もちろん、食卓でも・・・
日本人の血でしょうかね

それで、今年も思いつくまま作ってみました
ひと口ごとに春の訪れを感じられる、そんな料理とお菓子たちです
(桜の塩漬けもシロップ漬けも昨年10月に自作したものを使用)

Ideas occurring to me, I made some.
In every mouthful, they seem to be telling me about the arrive of spring.
(The following dishes were cooked by using the pickles and preserving petals
which I made last season.)

***************************************************************************************

SDShi-1 
   SHIRA-AE of SAKURA (blossom pickles)
               and DAIKON-radish:

   It's pretty in color contrast between pink of Sakura
   and pure white of Tofu & Daikon.
   It would be ausome if it's possible to get
   some seasonal wild herbs, as a garnish.

   桜と大根の白和え:
   真っ白の中に桜の色が映えて
               かわいいのです
   ここに山菜とかあったら、
        季節感倍増でいいでしょうね~



Tarakihi/S.S.

            SAKURA & TARAKIHI SUSHI:
           Nigiri-zushi of marinated Tarakihi.
        The saltiness of cherry blossom pickles
                add a special flavour to this.

                 タラキヒの桜寿司:
     漬けにして下味をつけてから握ってみました 
      上にのせた桜漬けの塩気がほどよく、
                 お醤油なしでもいけそう




Hoki-Sakura-mushi


  SAKURA STEAM of HOKI:
  On New Zealand Kombu (kelp),
  Hoki wraped Sakura-rice was steamed gently.
  Finished with dashi-based clear sauce.
  Top with Wasabi and blossom pickles.

  ホキの桜蒸し:
  ニュージーランド産の昆布の上に
  ホキで包んだ桜ご飯をのせて
  スティーマーで優しく火を入れた料理  
  ふんわりソフトな仕上がりに、
           桜の銀餡とわさびで



SSTemp-2


  TEMPURA OF CHICKEN TENDERLOIN:
          It was rolled with the Nori-sheet.
     The delicate flavor was great dipped with
          blossom salt which was grinded.
                   So nice fragrance.

          ささみの天ぷら、桜塩添え:
          ぐるっと海苔巻きにしてみました 
          優しい口当たりの天ぷらに、
                桜花のお塩をつけて・・・
          すりおろした桜、いい香り




SRCh-1
   FRESH CHEESECAKE WITH PETALS:
   Bright color of preserved petals in lemon syrup
   which decorate the white cheesecake beautifully.
   For a further tastiness, I continue the manufacture
                    with changing the ratio.

   SRCh-2








             花びらのレアチーズケーキ:
      色鮮やかなシロップ漬けの花びらがきれい!
                  さらなる美味しさを求めて、
                       試作が続いてます



S/SwissRoll-2 


   SAKURA SWISS ROLL:
   Since the last season,
   the taste has been popular
   as my spring season's sweet.

   桜のロールケーキ:
   昨年に引き続き、我が家の
          春の定番ケーキ!
      皆様に人気の味です







これはもう、この時期のお客様に
桜尽くしのコースディナーとして、是非召し上がっていただきたい!
そして、いつか庭側に和室をつくったら、
ライトアップされた夜桜を眺めながらお酒とディナーを・・・
ひとり夢心地でおります 

I want to serve the course dinner with full of this seasonal taste to my guests!
And...if we can share enjoying the taste
with the view of cherry blossoms lighted up at night
once I got a Japanese-style room in the garden side in the future...
How wonderful!
Soaking in to the dreaminess....



思い出のラムシャンク

5年ぶりに、なつかしい方が再訪しました。
数年前までスキーインストラクターで、季節的ワナカ在住者だったこの方、
                           今はナント日本で医大生してます。 
ヴァイオリニストでもあり、かなりのワイン通&食通のシンペイちゃん。
5年前の我が家でのアンサンブル・コンサートが脳裏に蘇りましたが、
今回は忙しい大学生活を縫っての短期旅行とあって、ヴァイオリンは持参せず。

スキーと観光を混ぜてワナカに4泊。

Kina-2
  今回ダニーデン経由でワナカ入り、
  ダニーデン土産の新鮮ウニご持参で
  この笑顔~!


  Kina-1

Kina-3

  D120/08

D220/08

  D320/08


Wine20/08
  こちらで用意した料理も合わせて考えると、
  この晩のワインは白で。
  我が家の夫の最近気になっている
  Marlborough のSTARBOROUGH から3本。
  ソーヴィニョン・ブラン2014年と2015年を
  バーティカル・テースティングしながら、
  同時に2015年ピノ・グリも。
  4人で3本、ちょうど良い感じで終わりました。








翌日は、リクエストいただいてた思い出のラムシャンク

lamb preparation
  思えば5年前、
  TBS番組『世界の果ての日本人』に出演
  させていただいたとき、我が家の看板メニュー
  だったこの料理。
  NZの食材であるラムシャンク(前足のすね
  部分)を、和の味付けで煮込んだもの。

  Lamb&Daikon






あの収録時にちょうどお越しいただいた
シンペイちゃんにも味わっていただきました。

「NZに来ている気がしませんもんね、
            いい意味で。。。」
との彼のコメントは今でも我が家の財産です。



このラムシャンクと、他に、ブルーチーズの茶碗蒸し、マグロのピカタなどで・・・
この晩のワインはピノ・ノワールに。

D108/21
  またまた我が家の夫のイチオシ、
  セントラル・オタゴの
         TWO SISTERS 。
  2010年と2011年を
    バーティカル・テースティング。







D3L08/21
この段階では、皆さん口を揃えて
2010年のほうが美味しいとのことでした。
ワインは時間と共にどういう経過をたどるか、
つまり美味しさの持続時間が重要なので
この2本を栓を開けたまま残しておき、
明日の味を比べてみようとのことでした。

ところが
翌朝私がキッチンに来てみたら、
   2本ともカラ瓶!になってた
なぁんだ、結局ゆうべ全部
       飲んじゃったのね~
かくしてこの試みは実行できず・・・





最終日の夜は外食、レノンのリクエストでローンスター(Lone Star)へ。

LS22/08LL

このレストランは無料のシャトルバス・サービスがあって、のん兵衛揃いには嬉しい!
町からちょっと離れている我が家にも、ちゃんと迎えに来てくれます。
帰宅後の2次会は人数も増えて、深夜まで続きました。

4泊5日、ホントに楽しかった~
また来てね~