Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

マオリ語を習う


今年はじめに、マオリ語のクラスに申込みしました。 なぜ習おうと思ったかというと、
20年以上住んでいるニュージーランドに、今まで気づかなかった別の側面が見えた
からです。 

ニュージーランドというと、丘陵地のファームに羊が何千といて、ブドウ畑が広がる中に
素敵なワイナリーが点在し、ポプラ並木の湖畔と山々の美しさ・・・
こんなセントラル・オタゴの風景をニュージーランドの全てだと思い込んでいました。

白人が住みつく前、この国にはマオリ族が生活していました。 その文化や習慣が、
私の知らなかったところで今でも確かに息づいている、そして日本の古い風習と
何か共通しているものがありそうだ、ということに気づき、覗いてみたくなったのです。 
それには何と言ってもその言語を学ぶこと! 言葉はそこに暮らす人々の生活・考え方・習慣からできたものですから! 意気込んでコースに申込んだのはいいけど・・・
いい年になってから新しい言語を習得するって、それなりの覚悟と努力が必要でした。

第二言語(英語)で第三言語(マオリ語)を学ぶ、考えただけでも大変です。
30名ほどのクラスメイトは20代~70代まで。 ニュージーランド人がこんなに勉強熱心
とは知らなかった! 出席率はすこぶる良くて、毎回質問が飛び交っている授業。 
みんなどうして、そんなにできるの? 予習してるのかしら・・・ 
そんな中、私はというと、訳された英語がわからず、英語から日本語に訳しなおし
・・・なんてやってますから、授業についていくだけで精一杯。
それでも、「ま、何とかなるだろう」とノーテンキに構えてましたが・・・
5月・6月の一時帰国で4週間休んだら、さらに落ちこぼれた~
その後の補習授業と先生の熱心なフォローによってかろうじて繋がっています。


Inari 0913  勉強は遅れてるけど料理は得意!
  毎回3時間の授業の間に15分くらいの
  夕食タイム(クイックサパー)、そんな時間
  があって、皆が食べ物を持ち寄ります。 
  パイやキッシュ、チーズボードやサラダ、
  フルーツ、ケーキ、チョコレートなどが
  並ぶ中、私はいなり寿司、餃子、春巻き
  などなど。 

  Gyoza 0113 







Harumaki 0908









  枝豆&チーズの春巻き! 
  ビールのつまみにしたいんだけど・・・
                水でガマン!



     * * * * * * * * * * * * * * *

マオリ人と白人の間での重要な歴史というと、1840年に締結されたワイタンギ条約。 
異なる2つの民族が平和に暮らす目的ではあったものの、言語の誤解によりその後も
争いは絶えなかったようです。 英語が公用語になったため、その後はマオリ語を話す人が激減したとのこと。 マオリ人も英語を話すようになりました。 その土地の言語を
話す人がいなくなるということは、その文化も忘れ去られ、いずれ消えてしまうということ。

極端な比較ですが、日本の歴史をみると、鎖国していた日本に黒船がやってきて翌年
日米和親条約を結んだのが1854年。 もしここで、日本の公用語がその日から英語と
されてしまったら・・・ または、1945年の敗戦のときにそうなったとしたら・・・
そうでなくて良かった。 日本語が変わらずに受け継がれていて良かった、
                                     と心から思うのです。

ワイタンギ条約から100年以上経って見直しがあり、英語とマオリ語が両方とも公用語
となったこと、そして今ニュージーランド政府が国民にマオリ語学習を奨励していること
を思うと、これがニュージーランドの良さだよね~!と単純に喜んでしまいます。
(国の援助を受けて、私もこうして語学学習をする機会が得られて感謝です)

     * * * * * * * * * * * * * * *

そのマオリ語コース(レベル1)も、あとひと月ほどで終了。 今月末には、アロータウン・
クラスと合同で南島最南端ブラフのマラエ訪問があり、みんなで2泊3日マラエで過ごす
のだそうです。 修学旅行みたいなもの? 寝袋とウェットスーツ持参と聞いてビビッて
ます。。。 典型的日本人の私、海に潜ってアワビ採りとかできないですからね~!
マラエでは一人ひとりマオリ語で3分間のスピーチがあるそうで、これから草案作り。 
最後の試験も控えているので、まだしばらく気が抜けない状況。

この年(50代)になってからの学生、新しいことを知る新鮮な感覚と共に、
新しい言語を覚えることの難しさ、仕事・家庭との両立の難しさをかみしめる毎日
を過ごしています。
最近ブログ記事もすっかりご無沙汰してしまいましたので、ここでちょっと一息、
                                  書かせていただきました。