Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Renon's graduation 娘の卒業式

There was a graduation ceremony at Salisbury School in Nelson (Richmond) which my daughter, Renon, attended.
We, as parents, drove there to participate it. Since we had only 3 days in total, we got there non-stop for 10-hours drive through West coast.

先日(12月11日)、娘のレノンの卒業式がありました。 式に出席するため、車で北上。 
前後合わせて3日しか時間が取れなかったので、行きは一日で一気にネルソンまで、
750km・約10時間のドライブ。 (往路は西海岸側を通りました)


On the way-2
  It was raining again as our last trip
  to there....Where is sunny Nelson??

  また雨に降られながら・・・
   (サニー・ネルソンと言われてますが、
    私たちが訪れるときはいつも
              天気が悪い!)


On the way-1


                  この鉄橋、
列車の線路と自動車の道路を共有してます。 
信号、見当たらなかった気がするけど・・・
       列車の本数が少ないだけに、
             これでもいいのか・・・

 
*********************************************************************************************

                          Salisbury School (Richmond, Nelson)
Salisbury School  "Special school for girls with special needs"
  from Y7 to Y10.
  It has dormitory and flatting places.
  Renon attended from May 2012 to Dec 2014.

  Salisbury School (ネルソンのリッチモンド)
  一般の学校ではついていきにくい女子学生
  たちのための寄宿学校。
  入学にあたって審査や面接などを経て、
  一度は断られたものの、再チャレンジ。
  ようやく教育省から入学許可が下りたころ
  には半年が過ぎていました。
  レノンは、2012年5月28日からこの12月まで、
  2年半在学しました。



For the Graduation assembry:  
One of Renon's wishes....Ceremony in Yukata (one of Japanese traditional wear). As we got permission, I dressed her in Yukata. It took longer than usual, we finished it at last-minute time.

ひと月くらい前に、式のときにゆかたを着たい、『ふるさと』を歌いたい、という娘の要望と、その許可が下りているとのことを娘から聞いて・・・
卒業式に制服を着なくてもいいの? 
心配で、念のため先生に何度か確認しました。 「いいですよ」とのことでしたので、
家で準備。 鏡の前で自分に予行演習、しばらくぶりで結構忘れてる(汗)。。 
当日は式の前に、娘の寮に行って髪結いと着付け。 大汗かきながら、ギリギリ!

Hurry up, we will be late! It seemed to be irritating to walk with the unfamiliar Zori (Japanese sandals), then she took them off and ran barefoot.
R/Yukata-1
  R/Yukata-2
急ぎ足で会場に向かいましたが、草履で歩くのがもどかしかったようで、
脱いで裸足で小走り! (あぁ、走ると崩れる・・・)

****************************************************************************************
Only 14-students, and school teachers, staffs, leavers' parents in the venue.
・・・The small number of enroled students, in contrast with the number of the school teacher and staff which are more than double.  Stutents got "Individual educational program" that matched with each student, also "training in the aspect of individual living".  What a great environment that I'm thankful for !

式は、全生徒14人と、卒業生の親、先生と学校・寮のスタッフ合わせて全員で80人くらいだったでしょうか。 (少人数の生徒に対して、学校と寮の職員の人数が倍以上。 
恵まれた環境でニーズに合った個別指導を受けることができました。)

式のプログラムの中に、Piano Performance: Renon & Family となっているけど、
ピアノは『ふるさと』伴奏だけだよね? それしか練習してきてないけど・・・

Photo diary and honouring by Bailey & Maison, Sarah-Jane & Renon, Chance & Meriana, and Ashlee, Blumine Island presentaion by Chance, Japanese song "Furusato" (my country home) sung by Renon with my Piano accompaniment,
Guitar performance by Ashlee & Mr.Evans, Graduation Speech by Renon.....

Guitar Performance
 
  R/Speech-2








先生と生徒のギターパフォーマンスがあったり、
スクリーンでキャンプやイベントの様子を生徒たち
が発表したり、レノンの卒業スピーチも。



「娘はこの学校に入るまで、友達ができたことはありませんでした」という父兄の方の
スピーチには、まぶたの奥が熱くなりました。 うちだけではなかったのか・・・
一人だけ輪の中に入っていけない、流れに乗れない、居場所がない孤独感・・・
それが、この学校へきて、どれだけ救われたことか・・・ここに在籍した生徒(とその親も)みんなが、同じ思いだったと感じました。
生きていくことへの自信をもらい、仲間ができたことの喜びを知り、
今後、不器用ながらもきっと明るく乗り切っていけるのではと思います。

"My daughter hadn't had a friend until she entered this school"
listening to the speech of one of the parents, I shed tears.
Was not only our family. I think the most family had the same feelings.

R.Certificate-1
   Graduation Certificate
   from Ms.Ellis at the last,
   then going through
   the Graduation tunnel....
   tears tears...

   最後に、校長先生から
   卒業証書を受け取り、
       卒業トンネル・・・
      
 
最後の卒業トンネル、レノンは意気揚々と一番先に笑顔で出てきましたが・・・
ほとんどの生徒は泣きながら、なかなか出ようとしませんでした。 地元へ戻ることに
不安をかかえた彼女たちにとって、ここから一歩外へ踏み出すにも、かなりの勇気が
必要だったのかも。

*********************************************************************************************

 新入生の友達と:               担任だった先生と:
W/Haagen  W/MsF
 学校全体の校長先生と:       
W/MsE
   デイ・スクールの校長先生と:
  W/MrE


 仲間と:
W/friends-5

W/friends-3


  See you again everyone in the future !!!

  友達や先生方、その他、お世話になった
  スタッフの方々に別れを告げて

  駐車場まで、
  友達が見送りにきてくれて・・・





Renon returned happily to Wanaka.

元気にワナカに戻ってきました。 ワナカの皆さん、またよろしくお願いします。

家では、クリスマスツリーのお出迎え。
昨年の夏祭りツリーと違って、今年はレノンの好きなカラフルツリー 
 
XmasTree-L

 
~よい年末・年始になりますように~

** MERRY CHRISTMAS **



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/112-b2c6868e