Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Homemade Umeboshi, the completion! 梅仕事-続編


I tried Umeboshi (salted plum pickles) making this summer.
(Please refer: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-118.html for the previous stage of the pickles making)

After pickled Ume with salt and waited for 4-weeks, it was the time to be aired
them.  I did it 7th & 8th on February when the weather was splended.

梅干作りにトライしているところです。(これまでの工程については: japanesedinnertable.blog.fc2.com/blog-entry-118.html をご覧ください)
1月に塩漬けしてから4週間後、ちょうど天気も素晴らしく良いときがあったので、
梅を干しました。

Day-1:
Ume on swing  Sunny 07/02/15
  強い日差しの下で、時折そよそよと風がブランコ
  を揺らして、絶好の場所。・・・鳥さん、落し物しないでね。


Ume-airing-5  Ume-airing-6

Ume-airing-2
  The perfect position, on the swing.
  They were looked breathing comfortably
  under the sunlight.
  The surface gradually dried,
  and the wrinkle appeared...

  ふっくらしていた梅、
  表面が徐々に乾いてシワもでてきた・・・
 



*********************************************************************************************
実験:
こんな記事も見たので、
『一日干した後、一度梅酢に戻して一晩おき、翌日梅酢から出してまた干すと梅が
やわらかくなる。 ただし、この作業をすることで、塩分・味ともに濃くなる』
・・・ということは、塩分18%で漬けた梅より、減塩(13%)の梅で試したほうが良さそう・・・
やってみました。

Umezu-W  Umezu-M

Umezu-R/W  このとき、
  赤みが少しついたらいいな~と思って、
  白梅酢の半分に、日本の友人から
  いただいた色の濃い赤梅酢を大さじ3杯
  足して色づけしたところに、13%の梅を
  戻し入れて一晩おきました。
  (色については、微妙にほんのりで、
  期待したほど赤くはなりませんでした。)


An experiment:
I read an article:
"having aired it on the first day, return it to the Ume vinegar once for overnight,
then let it air again the next day.  It makes Ume softens.  But the saltiness and
the taste become thick by carrying out this process."
So I tried it a part of them.

*********************************************************************************************

Day-2: Airing again under the sunlight.  It is generally said 3 days and 3 nights
for airing, but I think 2 days would be enough here (Wanaka is very dry place).  
I had it for 2 days and 2 nights actually.

2日目:
一晩そのまま室内においた梅(塩分18%)と、
いったん梅酢に戻して一晩おいた梅(塩分13%)、
両方をまた天日干ししました。
夕方、風が強くなって(ブランコが大きく揺れ始めたのを見て)、あわてて室内へ移動。

干すのは一般的に三日三晩と言われてるようですが、
乾燥しているNZ、その中でもワナカはさらに乾燥度が高いので、干すのは1日半~2日で十分とみました。 3日干したら乾き過ぎでガリガリになるかも。 
夜間は室内におきましたが、その間にも乾燥がどんどん進みました。

なので、ブランコの上から室内へ入れたこの時点で、もう十分だったかもしれませんが、私はこの後、もう一晩そのまま室内に置いておきました。
(合計で、二日二晩干したことになります。)

*********************************************************************************************

Day-3: 3日目の朝の梅の様子:
Umeboshi-done   Looks great !
   Ume, pickled with 13% salt.
   (I returned them into Ume-vinegar
              for the first night.)

   一晩めに、いったん梅酢に戻した梅
   (塩分13%だったのが、梅酢に戻して
   また干すという工程を経て14~15%
        くらいになったのかも)
   見た目は、と~っても美味しそう!




Ume-18%



            They are ones with 18% salt.
                 Just aired for 2 days,
         without returning to Ume-vinegar.
           It shows crystallization of salt,
            and seems to be really salty. 

 こちらは、夜間、梅酢に戻さなかった梅(塩分18%) 
               表面に塩の結晶が見える。
                いかにも、すっぱそう!
 


さ、これで瓶詰め。
瓶詰めするときに、そのまま入れてもいいし、梅酢をまぶしてから入れると皮がしっとり
するようなので、ここでも両方ともやってみることに・・・
(表面に塩が見えていた梅も、ここで梅酢をまぶすことで、見た目しっとり系に。)

Umeboshi-jars
  Transfer them into jars.
  I need labels with details
  for each jars, because
  I made them complicated
  at each stage.
  (They have been done with
     some different processes.)

  Total: 10 jars of Umeboshi !!
 

今回は、塩に漬ける段階で、すでに異なる配合で3種類別にやっていて、
干している途中で、一部を一晩だけ梅酢に戻すという工程、
瓶詰めの段階で、各半量ずつをそのまま瓶詰め&梅酢をまぶして瓶詰め、
と二通りに分けたので、合計8種類にもなってしまいました。
調子にのってやりすぎた! どれがどれかわからなくなりそう。
取りあえず、詳細をラベルにして各瓶につけて、10個の瓶に収まりました。

*********************************************************************************************

COMPLETION !  The first tasting is done together with cooked rice of course !
梅干、完成です。
試食はもちろん炊きたてごはんで! 今日は、このためにお米を土鍋で炊きましたよ。

Umeboshi&gohan-L
    しょっぱ~い!!!!!!
  でも おいし~い!!!!!
日本人でよかった~!!!!!

   一粒でごはんが進む進む
残った種も、愛おしくて捨てられない


     How salty !!
        and,
   how delicious !!

The rice turns into the acidity
once it goes in our body, and
alkaline Umeboshi let this neutralize.
For the meal in old time in Japan which only rice ate a lot,
the Umeboshi was an important role.
Umeboshi, the best invention food that the Japanese food culture produced.

ごはんは体内に入ると酸性に変わりますが、アルカリ性である梅干がこれを中和させるそうです。 梅干一個で、ごはん茶碗2杯分のごはんを中和させるとのこと。
ごはんだけたくさん食べる昔の食事に、梅干は大切な存在だったんですね。
そういう意味では、日の丸弁当はバランスの取れたランチだったのかも。
梅干は、米食中心という食文化が生み出した日本の産物、最高の発明食品だったわけですね。

Nice by-product, Umezu (Ume-vinegar) : They can be used as seasoning
3-Umezu (2015)  in substitution for salt (or vinegar) in small
  quantities, and it add a Ume-plum flavour
  to the dish.

  梅干を作ると、
  梅酢という副産物ができることも嬉しい。
  これも調味料として大活躍します。 
  塩やお酢の代わりに少量使って
  梅風味UP!
  (左奥は、友人の赤梅酢を少量混ぜた白梅酢)
  

   Ao-jiso






        横では、青じそも元気に育っているので、
 梅干・梅酢共々いろんな料理に活用させたいです。
      しばらくは、梅干料理の研究が続くかも・・・


     The green Shiso (perilla) grows up beside,
        I'd love to cook UMEBOSHI CUISINE using it !



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/121-e8a4887b