Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Art in the Park  ワナカ・芸術の秋



~ Wanaka, surrounded by beautiful autumn scenery ~

Art in the park sign-2  Annual event "Art in the Park" by
  Rotary Club of Wanaka was held
  last weekend.  All in the big site of
  Minaret Lodge were filled with local arts.

  美しい秋の風景に包まれているワナカ、
  先週末に行われた『Art in the Park』は地元
  ロータリークラブ主催のチャリティーイヴェント
  として、毎年開催されてます。
  場所は、ワナカ湖畔からほど近い閑静な住宅地
  にあるミナレット・ロッジ。 大きな敷地内全部が
  会場です。 毎年500~600人くらいの来訪者数
                          とのこと。


Piano.M.L.L
In the middle of last month,
my heart was so excited by a suggestion
"Are you interested to play piano on that day?"
            !!!
    
先月半ば、このロッジのオーナーである
知人から「当日ピアノを演奏してみない?」
とのお誘いに 心が躍りました! 
演奏でイヴェントに参加する、というのは初めて。
こんなド素人でもいいの? NZだからこそ、
それもアリかも・・・
となれば、やってみるべし!
その日から身を入れて練習。 30分間の枠を
いただいたので、4曲を準備しました。

*******************************************************************************************

From the gate-LL  On that day....

  Trees, which turned red
  or yellow, and art works
  made beautiful harmony
  here and there.


  Leaf-1
当日、ゲートを入ると・・・
DS-4
 美しく紅葉・黄葉した木々と芸術作品の
 ハーモニーが、目を楽しませてくれました。 
 パークのあちこちに、地元アーティストの
 作品の展示&販売、その場で楽しめる
 工作や絵画の体験教室もあり、
 三箇所の特設ステージからは時間ごとに
 演奏家たちの演奏が聞こえてきます。 


私の演奏時間はお昼過ぎ(イヴェントの中ほど)だったので、前後はアート作品を見て
楽しみました。

CA-2 CA-1

DS-3 M-1

M-3 DS-5

DS-2
   Beautiful tone, which came from
   stages by musician's performance,
   pleased ears constantly.

   Leaf-2


ML-1  DS-6

DS-7  ML-2



DS-8LI have heard that Wanaka is
the place where a lot of great
artists hid in...


Leaf-2







YPLL-2

  Leaf-1



                      M-4


ワナカは、芸術家の方が多く隠れて
いる場所と聞いたことがありますが・・・



ML-3
  

  私自身も、
  ここで素敵な出会いがあり
  思わぬ再会も!


  Leaf-2 


F-1

   F-3


MF-1
  F-2width="266" height="200" />


M320-1

M320-2
最後は、ラテン音楽に誘われて
ワインでほろ酔いの人たちが
ステージ前で踊り、
にぎやかな夕暮れでした。

Latin music invited people to dance
in front of the stage.
It was lively dusk...



*********************************************************************************************

   My performance was....actually.....
   私の演奏はどうだったかというと・・・  

YP-BackL
これはもう、
メンタルな部分の絶対改善の必要あり!
(こういうところ日本人気質で困ります!)
あとで、人前であがらないための練習法・演奏法とか、ネットで検索してみたら・・・
そういうサイト、あるある! 
そして、その中の一文に目が釘付け。
どうやら大きな間違いをしていたようです。 
まだまだ研究の余地だらけ。
どなたか、こんなご経験のある方、是非ご教示お願いしたいです~

In addition to technical aspect, absolutely improvement of mental part is necessary!
It's full of room for study...
One of my pleasure that I take life for.

Comment

says... "Only the administrator may view."
Only the administrator may read this comment.
2015.05.06 19:39 | | # [edit]
says... "Only the administrator may view."
Only the administrator may read this comment.
2015.05.06 19:41 | | # [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: Autumn art"
Saeさま、温かいコメントありがとうございます。 そうなんですよね、子供のころとは違って、大人になると、人前で発表するとうことを意識しすぎるのでしょうね。 楽しんで演奏したいと思ってたのに、当日はそんな余裕なんて全然でした。 
家ではまあまあ弾けてたのに、本番では最初のミスが次のミスを生んで・・・という状況。

あるサイトに書いてありましたが、本番では誰でもあがるのが当たり前。いつもできていたことができない、ということはよくあること。 なので、80%や100%でなく150%くらいまで仕上がっていなければ、人前では十分に弾きこなせないのだと。 そこまでの完成度であれば、たとえミスが出たとしても(ガタガタと崩れることなく)十分にカバーできるのだそうです。 つまり、私の場合は、まだそこまで達していないまま本番を迎えたということなんです。

ギターやバイオリン等とちがって、ピアノの場合は使い慣れた自分の楽器ではないので、余計にやりにくさがありますね。 会場のピアノに慣れておく必要もありました。

それから、本番中(ただのミスタッチでなく)ある部分が全くわからなくなったとき、アドリブで弾けるかどうか・・・。
これは、そういう能力を持っているかどうかによりますね。 楽譜通りに弾けるだけでなく、そういうセンスも持ち合わせたいですけど・・・。

ピアノ演奏だけでなく様々なものに共通のことでしょうけど、事前に対策を立て、やるべきことは全てやったという自信、それが心に余裕を持たせるのだと思います。  
スキー検定、がんばってくださいね。

何の根拠もないことですが、『笑顔が幸運をを引き寄せる』ということ。 気持ちが落ち着かないときほど、そう思うようにしてます。

 
2015.05.07 12:43 | URL | #- [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: No title"
下記4曲を演奏しました。

1.『華麗なる大円舞曲』 by Chopin
2.『The Heart Asks Pleasure First』・・・NZ映画”The Piano"(ピアノ・レッスン)の中の曲です。
3.『さくら幻想曲』・・・楽譜を連弾用に書き換えて、娘と連弾しました。
4.『カノン ロック』・・・パッヘルベルのカノンをロックにアレンジした曲のピアノバージョン。伴奏音源をかけながらの演奏でした。

順番も関係あるようです。
緊張をほぐすためには、2の曲(スローテンポで比較的簡単)から始めたほうが良かったみたい。
最初は指が硬くなっているのに、アップテンポの曲から始めてしまいました。。。
最後の曲は、音響の人との打ち合わせ不足、というか現場で音源と合わせた練習がほとんどできなかったことが残念でした。
もろもろ考えると、選曲も大事ですね。

ピアノは好きなので、めげずに今後もゆっくり続けていきたいな~と思ってます。
 
2015.05.07 13:23 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/127-186ad393