Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

YAMAHA piano factory visit  ピアノ工場見学

YAMAHA is widely known to the world as one of the first-class maker of the piano production.  I booked the factory tour, and visited it in Shizuoka prefecture with my daughter during this stay in Japan.

YAMAHA-visit-L

 世界に名を馳せる
 YAMAHA のピアノ。

 工場見学ができると知って、
 それなら今回の帰国中に
 是非訪れたい、と
 予約して行ってきました。
   (娘と二人旅)




その日は大阪からの帰りで、新大阪から新幹線に乗り、静岡県の掛川駅で下車。

Hamanako-line-1 掛川からは、天竜浜名湖鉄道・天浜線に
 乗り換え、三つめの桜木まで。

 Hamanako-line-2






   電車は一両編成、車内で車掌さんからも
   切符が買える、素敵なローカル電車。

Sakuragi-st-1  We transfer at "Kakegawa" Station
  of Shinkansen-line to the local line,
  then got off at "Sakuragi" Station.
  Quiet... there was no staff
  in the station. We then entered a
  Ramen shop which was in front of
  the station, to ask how to get there.

  到着すると・・・ここは無人駅でした。


Sakuragi-st-4
誰かに道を尋ねたいんだけど、
    のどかな風景が広がるばかり・・・

駅の目の前にあった中華食堂で
       聞いてみようと中に入ると、
    そこでお食事中だったタクシーの
         ドライバーさんらしき人が
      丁寧に教えてくださいました。 


 

Yamaha-sign
  After 8 minutes walk,
  we arrived at....

  YAMAHA Co., Ltd.
  Kakegawa Factory
        Harmony Plaza


  徒歩8分ほどで到着。


                     Yamaha-bldg

受付で大きな荷物を預かっていただいて、
                    午後1時30分からの見学ツアーに参加しました。

FACTORY TOUR ********************************************
(English speaking guide is also available there.)
After we saw a pleasant film about the piano structure, we advanced to the factory.
Because the rustle of the machine greatly sounded in the building, we all attached an earphone to hear explanation of guide.

Production of the part creating that outer form of the grand piano, installation of the internal part, adjustment for the details such as tuning, toning, keyboard's action, etc., and the final inspection. We observed the process sequentially.
Expert engineers did the all of work carefully.

スタッフの方のご案内で、ピアノ構造に関する楽しいフィルムを見せていただき、
見学への期待感が高まったところで工場へと進みました。 工場内はとても大きな音が
しているので、全員がイヤホンをつけてガイドさんの説明を聞きます。 
グランドピアノのあの形を作っている支柱と側板の製作から、チューニング・ピンや弦など
内部部品の取付け、途中数回に分けて行われる調律・整調・整音といった細部にわたる
調節作業、最後の検査まで、一台のピアノにかかわる工程を順に見学させていただきました。 見学中は撮影禁止なので画像はないのですが、どの作業も熟練の技術者の方が丁寧にに行っていた様子が鮮明に脳裏に残っています。 

国内だけでなく海外への輸出も多い製品、気候と湿度の違いは木製品であるピアノの
精密さに影響が出るということを耳にしたことがあるけど、どうやって対処しているのか
疑問でしたが、シーズニングという期間(製造段階の各部品やピアノ本体を一定の
環境下に数ヶ月置き、それぞれを慣らす)を経ることで、国外へ出たあとの異なる環境
への対応が可能となるようです。 

同じ型番のグランドピアノが3台並んでいる部屋に通されました。 同じものなのに、
一台一台の音色が違うとか・・・。 その弾き比べで音の個性を実体感(これは大変貴重な経験でした)。 鍵盤の感触や音の伝わり方が違うし、同じ曲を弾いているのに雰囲気の違う曲に聞こえる! 購入前に実際に弾いて音を確かめるということは大切ですね。

K.C.of H.H   We got a pretty present!
   The key ring of hammer which is a part that
   really used in the inside of the piano.
   The hammer head is covered with compressed
   wool. It beats against the string, then a sound
   comes out.

   お土産のかわいいキーホルダーは、
   実際にピアノの内部で使われている部品。 
   圧縮したウールで覆われたこのハンマーが
   弦を打つことで音が出ます。 
   各ハンマーヘッドのサイズは、低音では大きく、
                  高音にいくにしたがって小さなものが使われるとのこと。

*********************************************************************************************
After the factory tour,
We enjoyed the sounds of each piano which was in the showroom. They were all special models !!

<90分の見学後、ショールームにて>
展示してあるピアノを弾くことができるとのことで、それぞれのモデルを試してみました。

Y.H.R.  Hybrid Piano: AvantGrand N3
  "The new piano" which a traditional technique
  and the latest digital technology produced
  is possible for a silence performance.
   A sound does not leak around
  while a player enjoys an authentic sound.
  We can devote ourselves to practice without
  minding people.

  レノンが熱心に弾いていたのはこちら: 
  消音演奏可能なグランドピアノ。
  周りにはいっさい音が聞こえないですが、
  ヘッドホンの中は大ボリュームで、本人ノリノリ!
  

K.T.model-2


Tetsuya Komuro (a Japanese musician)'s
          special ordermade model:
         Very artistic, unusual, novel!


              小室哲哉スペシャル

          小室氏のデザインのもとに、
   ヤマハの伝統の技と最新技術を結集して
       製作されたという斬新なスタイル:




in RICHTER room :
R.R-2  R.R-3
  ガラス越しに見える2台のピアノ・・・

  ヤマハ・ピアノをこよなく愛していたと言われる
  ロシアの巨匠スヴャトスラフ・リヒテル氏が
                        使用したピアノが展示されている部屋:
 
R.P-2 Greatest Russian pianist,
 Sviatoslav T. Richter
 (1915~1997) loved YAMAHA
              piano deeply.
 The model CF (left) which he
 played at Japan World Exposition
 in Osaka (1970)
 The model DFIIIS (right) which
 he played at his last concert in
 Japan (1994).

左は1970年の大阪万博開催時、大阪フェスティバルホールにて、リヒテル氏が演奏した
                                       CF コンサートグランド;
右は、リヒテル氏が最後の来日公演(1994)で演奏したCFIIIS フルコンサートグランド;

R.P-L
Full concert piano,
the dignity, force,
and the beauty.

さすがの
フルコンサートサイズ!
その迫力と美しさ!




I.R.M-1

    I.R.M-2

R.P&Y


 I graciously played the precious ones.

 その貴重なピアノ
 恐れ多くも、弾かせていただいた
             幸せなひととき。




E.G.P-2 Early-model grand piano: 
It god the grand prize at the 5th National Industrial Exhibition (1903), and was purchased by Meiji Emperor and Empress.

こちらは、近代化産業遺産として展示されて
いる初期型のグランドピアノ。 
1903年内国勧業博覧会で最高褒章を授賞
ののち、明治天皇・皇后両陛下がお買い上げ
になられたとか。
今はここで、静かにその輝きと威厳を守って
います。

E.G.P-1
      日本 楽器 製造 株式 会社
      ヤマハ ピアノ
       浜松 日本  
  

   と素敵な書体で表記された英文字が
        歴史を物語っているようです。


**********************************************************************************************
Founder: Mr. Torakusu Yamaha
Although Torakusu was an engineer of medical equipment, he was asked for the repair of an organ which was contributed by a company of U.S. to elementary school in Hamamatsu. It was an opportunity that he began his organ production (1887).
Ten years later (1897), he established "Nippon Gakki Seizo K.K." (later renamed to YAMAHA corporation).

Episode:
Torakusu elaborated an organ of the first domestic production. To ask Mr.S.Izawa
at Tokyo institute of Music for judgement of the organ, he carried it over his shoulder on a carrying pole for 250km to Tokyo.
The organ, however, was criticised harshly for its poor tuning.
Then, starting from zero, he began studying music theory and tuning. Without failing, he accomplished to create the second one and took it to Tokyo again, which was approved with high evaluation.

創業者、山葉寅楠(やまはとらくす)氏。
医療機器の技師でしたが、アメリカから寄付された小学校のオルガンの修理を頼まれたことを機に、浜松でオルガン製作を開始しました。(1887年) 
10年後の1897年『日本楽器製造株式会社』を設立し、初代社長に就任。

こんな エピソード が残されています: 苦心の末、誕生した国産第一号のオルガンは、
浜松・静岡では満足な批評を得ることができず、東京音楽取調所(現東京芸術大学)の伊沢修二教授の審判を受けることにしました。 東海道本線未開通の時代、オルガンを
天秤棒に担いで東京までの250kmの道のりを運びましたが・・・
「オルガンの形は良いが調律が不正確で使用に耐えない」という審査結果でした。
寅楠氏はこれに挫折することなく東京で調律法を習得し、家財や不動産を人手に渡し
ながらも第二号のオルガンを完成させました。 再び東京に運んだ第二号は、「舶来品に
代わり得る」との高い評価を得ました。
**********************************************************************************************


We enjoyed such a wonderful opportunity at the showroom for a while...
but stayed too long! We missed the train which we should have got on.
"The next is 40 minutes later. Are we in time to get on the bus that we booked?"

しばし素敵な空間で素敵な音を楽しんでたら・・・
ゆっくりしすぎて、乗るはずだった天浜線の電車に乗り遅れた! 
この電車、1時間に1~2本しかないんです。 次は40分後! 
ようやく掛川駅に到着すると、途中で道を尋ねながら、東名のバス乗り場へ小走り! 
予約したバスに間に合うか?
大阪帰りの大荷物を抱えて、レノンと二人、汗だくで走りました。

Bus K-T-1 We ran, and it was in time tightly,
 then heading to Tokyo.
 3 hours and a half in the bus...

 I thought thoroughly about Mr.T.Yamaha
 who carried his organ on his shoulder
 for this distance to Tokyo 128 years ago.
 Unlike this road, it should be a fierce
 distance over mountain and valleys
                                             at the time.
  
Bus K-T-2 バスにはギリギリ間に合い、一路東京へ。
 掛川発・17時06分、東京到着・20時46分
 高速バスではたったの3時間半だけど・・・

 ここをオルガン担いで
       東京まで運んだのかぁ・・・
 東海道が開通する前だから、もっと
 ずっと遠く険しい道のりだったはず。
 途中箱根の山越えもあったとか。
  
  
Bus K-T-3 第一号の評価を受けたとき、
 どんなに悔しかっただろうか。
 どんな気持ちでもう一度取り組んだのか。

 What was his feeling when his first
 organ was judged?
 How was he struggled to start the
 second?
  


思いを馳せているうちに、バスは東京駅に到着。 電車乗り継いで、埼玉実家到着は
夜10時過ぎ。 長い一日であり、考え深い一日でした。
そして、もとヤマハの社員だった父に、良いお土産話ができました。

While I thought, the bus arrived at Tokyo Station.
It was long and fulfilling day.


Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/134-8c763377