Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Seasonal work - Chestnuts  栗仕事・2018

After 3 weeks of the cooling time for the harvests, I started my chestnut work.

Kuri/paper  Cooling time :
  By storing the chestnuts in the fridge for
  several weeks at nearly 0 degree,
  they (the chestnuts) misunderstand that
  it's already in winter!
  and sweetness thereby increases.

  大量の栗、冷蔵庫保管して3週間ちょっと。
  ぼちぼち作業に入りました。 収穫後、0℃に近い
  環境に数週間おくことで、栗に「もう冬になった」
  と勘違いさせるのだそうです。 それにより
  デンプン質が糖に代わって甘みがグンと増します。



It's time to make Shibukawa-ni
Kuri/bowls (sweetened cooked chestnut,
     covered with the inner skin on)

甘くなったところで、渋皮煮作り。 

一日がかりの作業なので、3kgの栗で一気に
と意気込んでやり始めたけど、大量の鬼皮剥き・・・
つらい。 この日は2kgでやめときました。 
うっかり渋皮を傷つけてしまったのが10個以上
あった・・・ 一緒に煮ても、大丈夫かなぁ




Shibukawani-making  I peeled the outer shell of chestnut
  of 2kg ( I gave up another 1kg),
  then cooked in water contained
  baking soda in order to remove
  the harshness.  Cook for 5min
  after it's boiled, then off and
  leave it another 5min.
  Drain carefully, rinse with running
  water while removing the lines
  around each one.


Shibukawani-making-1
        ベーキングソーダ(重曹)を加えた水
         から火を入れて、アク取り・渋取り、 
           茹でこぼし、水を換えて筋取り。
              この作業を3回繰り返し、
         4回目はベーキングソーダなしで。
       渋皮の傷はやっぱり煮崩れのもと。 
   (崩れはじめた栗は、途中で取り除きました) 
最後(5回目)は砂糖を加えて溶けたら火からおろし、
        一晩そのままおいて、翌朝完成です。


Repeat this work four times,
then add large amount of sugar, instead of baking soda, at the fifth (at the final round).
Off the heat, leave it in the syrup for over night. 


                   ~ the next morning ~


Shibukawani-2018  Shibukawani-2018-1

Shibukawani-2018-2
  I transferred the chestnuts to the sterilized jars,
  poured the syrup which was boiled down over
  the chestnuts. Sterilize the whole of those
  in boiling water, then let those cool down
  with upside-down. When the center of the
  lid becomes dented after it cooled down,
  it would succeeded for the seal. 
  Those can be stored at cool dark place for
  over one year.

  瓶を煮沸し、渋皮煮を入れ、煮詰めたシロップを
  注ぎ込み、最後に熱処理して逆さにして冷ます。 
冷めたときにフタの中央が凹んでいれば密封成功。 冷暗所で一年くらいは持ちます。

                  Done, yay !!! 



さて、途中で煮崩れてしまった失敗栗、これをどう再利用するか・・・。  
I got some broken pieces of chestnuts during the Shibukawa-ni cooking.

Marron-tiramisu
              what can I do for those? 
        I put those in the food processor,
   it became wonderful paste with addition of
            rum, maple syrup, and sugar!

中途半端な渋皮を取り除いたあと中身だけを
フードプロセッサーにかけたら極上栗ペースト
になりました。 ラム酒・メープルシロップ・シュガー
を加えたら、美味しくって味見が止まらないほど。 
このペーストを使って、マロンのティラミスに・・・

Marron-tiramisu-1


  Chestnut Tiramisu!!!
  The delicious dessert which can enjoy
  seasonal taste entirely.



  これはイケる!

  その晩のB&Bのお客様ディナーの
                 デザートに、
  旬の味を丸ごとご堪能いただきました。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


栗はまだまだあります。 次は冷凍にする分。
Kuri-freezing
      Next, preparation for the freezing!

      After 15-min soaking in hot water,
    peel the outer shell with kitchen knife.

  熱湯に15分ほどつけたら、鬼皮を包丁で剥いて


Kuri-freezing-1





  Then, peel the innner sking uses the peeler,
  peel, peel, peel .....and peel it.

  渋皮はピーラーを使いながら、
  ひたすら剥いて・・・


Kuri-freezing-3
Put it in a zip-lock bag while covering it
with sugar. (sugar keeps the color and
works to acquire sweetness more)
And store it in the freezer.
Then, I can use it straight from freezer
whenever I want.

シュガーをまぶしながらジップロックバッグに
入れて冷凍保存。 (シュガーが色を保ち、
さらに甘みをつけるという役割をします) 
ここまでやってしまえば、思い立ったときに
手軽に料理に使えます。 ホクホクの
栗ごはんがいつでも作れます。


Kuri-gohan2018  The chestnuts which we used for cooking
  of "Takikomi-gohan" in the cooking classes
  in April, were frozen ones of the last season.
  The taste was beautiful, and was so popular!

  先月料理教室で作った栗ごはんの栗は、
  先シーズンの冷凍栗を使いましたが、
  甘みタップリ好評でした。 日本人にとって
  栗ごはんは秋の風物詩、特別感のある
  炊込みごはんですが、栗を食べる習慣が
  あまりないNZ人にとっては、栗をごはんと
  一緒に炊き込むこと自体が斬新だった
  ようです。 炊飯器を新たに購入した人も(!)
  鍋でも十分美味しくできるけど、炊飯器は
                水加減が楽なのでね。

毎年5月、夜なべ仕事としてすっかり定着したこの栗仕事。 
冷蔵庫にはまだ栗が結構あるけど、あと一週間くらいで終わるかなぁ・・・

My chestnut work that completely rooted as night work every year in May.
            This work continues a little more, hopefully done within a week.  



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/212-cef778d8