Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Te reo Māori, my third language マオリ語と日本語の間で


Tēnā koutou katoa.
Mā te kōrero i te reo e ora ai
Mā te ora o te reo ka rangatira.
Ngā mihi ahau ki te taiao e karapoti ana i tātou.

Anei āku tuhinga mō tāku akoranga i nga reo toru.
*************************************************************************************

Kua mutu te ara reo Māori tuarua i tēnei wiki. Koia, koia!
I mua, i whakapono ahau i te whakahua pai ki te kōrero nō te mea te ōrite i te reo Hapani. Heoi anō, kaore ahau e taea e korero "R" tika....

The course of Te reo (Year-2) was completed.  
It was not easy for me but I accomplished it. Praises myself now.
I felt the pronunciation was not so hard because it resembles Japanese one, only
R is difficult because I cannot do trilling...which is needed to pronounce correctly.


一昨年マオリ語の学習に初挑戦、一年間のコースを受講しました。 昨年のブランクを
経て、今年は2年生として参加したコースもようやく修了。 レベルでいうと、私たち
日本人が中学2~3年生で習った英語レベルかな。 簡単な文は調べながら書けても
なかなかしゃべれません(汗) これは英会話の弱さと一緒か・・・ 
口や耳よりも、文字を目で見て学習してるからイケナイんだよね。 わかっているけど、
文字を見ないと頭に入ってこない。。  日本人だから発音は自信あるけどね
マオリ語の発音は日本語の発音と似ているので簡単! ・・・と思っていたそばから、
「Rの発音ができてない」
と指摘されました。 つまり巻き舌のこと。 
これから練習してできるようになるかしら。。

*************************************************************************************

He uaua te mārama i te ako māku o Hapanihi, mā roto i te whakawhiti i te Pākehā. Engari kua whiwhi ahau i nga āwhina nui i nga kaiako me nga whānau i te akoranga. Kātahi ka haere mai te ao Māori ki mua i ahau.

For me that English was not my native language, the English explanation in itself made me feel being struggled sometimes. But I was always encouraged and supported by teachers and class-mates around me. Once I understood the explanation, the Māori world suddenly stepped closer to me.

授業は英語で説明しながら進みますが。 私はその英語からして理解するのに人より
時間がかかるので、授業中もムムム~??? なんだけど、英語解説がわかった
とたんにストンと腑に落ちる感覚で、マオリ語がグッと近づきます。 英語の向こうにあると思っていたマオリ語が、妙に自分寄り(日本人寄り)に感じる瞬間が何度もありました。 単語も文の構造も全く異なるけど、言葉の裏に見える考え方や習慣が
日本の風習と少し似ているからかも。 自分のルーツ・先祖・家系を重んじること、自然への敬意、建物や乗り物でさえ敬語を使います。 (敬意を示す意味で、言葉の一部分が変わります)

************************ O category & A category ************************

I ako mātou i te momo O me te momo A kia whakamahi i nga kupu.
He āhuareka mō nga hōiho.   Whakamahia te O ki te hoiho kei te waka,
ā, whakamahia te A ki te hoiho kei te kararehe.

In Te reo, the words are sometimes slightly changed by what we show our respect, like Japanese language. I was interested in using those for the horse.
When we ride on the horse, the words indicating the respect are used for the horse as a vehicle, and we use O.  But when we are not on the horse, we use A as same as other animals.

おもしろいと思ったのは馬。 馬に乗っているときは、乗り物である馬に敬意を示す
Oを使います。 一方、馬を降りたら、他の動物に対してもそうですがOではなくA
使います。 相手や状況により敬語の使い分けができる日本人にとっては、この感覚
は掴みやすいかも。


***************************** P E P E H A *******************************

Ko Oku-chichibu te māunga.
Ko Shingashi-gawa te awa.
Ko Musashi-no te whenua.
Ko Kawagoe-han tōku iwi.
Nō Saitama o Hapani ahau.
Ko Yumi Sasaki tāku ingoa, he Ngāti Hapanihi ahau.

Learning about "Pepeha" made me search my origin.  Who I am? 
It made me search the history of my hometown, my ancestors and relatives.
I haven't minded such details so far. "I'm a Japanese", that's all before.

ルーツを大切にするということで、自己紹介は長いです。 ペペハという部分です。 
自分の出身の山・川・土地・部族・先祖・親の名前まで紹介してから、ようやく自分の
名前です。 私の山ってどこ? 山で育ったわけじゃないのでねえ。。埼玉だから奥秩父としておこう。 川は新河岸川かな(新河岸川は昔、江戸・川越間の物資の運搬として
舟運が盛んだったらしい)。 土地は間違いなく武蔵野でしょう! 小学校の校歌にも
あったしね。 部族? 川越藩かな。なんかカッコいい響き! 日本人である自分は、
これに加えて、民族としてハパニヒと付け加えています。(ジャパンはハパニ、
ジャパニーズはハパニヒです)   自分は誰? 何者? 
このマオリ式自己紹介を学んだことで、故郷の歴史や親・親戚について調べたり
考えてみるきっかけになりました。 


*********************** Mr. Yukichi Fukuzawa *************************

Ko Yukichi Fukuzawa, he tangata rongonui, tōku rangatira anō i roto i tōku ngākau.
Nāna te whakamanawa tāku akoranga o te reo hou.

One more person who encouraged me was here on the note of JPY10000,
Yukichi Fukuzawa (1835~1901).  He learnt his 3rd language of English via
                                his 2nd language of Dutch.

Yukichi note
  Yukichi was one of a few of   
  Japanese who knew Dutch,
  he learnt it in Nagasaki (one of
  the port city in Japan) where only
  the place of the trade with a foreign
  country, the Netherlands, in those
  days of the isolation policy in
  Japan. 
  One day he realized that he
  needed to understand English
for future, in the trend of the times that Japan was going to open the country soon. 
The reliance to learn his new language of English was his knowledge of Dutch.
(There haven't been English-Japanese translation materials yet in that times)
He might had the same impatience to learn new language by non-native language. 

第二言語(英語)で第三言語(マオリ語)を学ぶ。 とても時間のかかる
ことで、たまに折れそうになるときもあったけど。。。 この人に励まされました!
一万円札の顔、福沢諭吉!
幕末、近代化に向けて日本が大きく変わろうとしていた時代、これからは英語を身に
つける必要があると感じた諭吉さん。 日本語と英語を繋ぐものがまだ存在しなかった
時代に、それまで長崎遊学時代に学んだ蘭学やオランダ語の知識を持っていた彼は、
オランダ語を介して英語を学んだとのこと。 当時、英和辞典はなくても英蘭辞典は
あったのかだろうか。 この人も第二言語で第三言語を学んでいたのかと・・・
想像しているうちに、また力が湧いてきた。  比べる対象が偉大すぎるけど(笑)

************************ Whakamutunga ***************************

Learning the language is knowing the people.
Wishing to know the people is making peace.
I thank for being in this environment that I can learn.
Thanks to my family, teachers, classmates, and this country.

語学を学ぶということは、その民族を知るということ。 
民族を知ろうと思う気持ちが平和をつくることになるかなと感じてます。 
そして学ぶ環境にいられることにも感謝しなくちゃいけませんね。 
家族、先生、クラスメート、この地、全てに感謝の気持ちを込めて。。

He ako i te reo, te mōhio ki te iwi.
He mōhio ki te iwi, hoki te rongo.
Ngā mihi nui ki nga kaiako, ki nga hoa, ki tōku whanau, ki Aotearoa.
Nō reira, tēnā koutou, tēnā koutou, tēnā koutou katoa.



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/235-8a03b2d5