Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Sake challengeⅡ  ~酒と料理のペアリング~


Tasting-cups1
    We have done
    Sake tasting
       with
   our cooking food
    in the winter cooking
       classes.

    The sake was from
       ZENKURO
   brewery in Queenstown.
   

CCJ-ZB3


7月の料理教室メニューは、NZ初の日本酒
全黒』 のお酒のテースティングを合わせた
ちょっと特別な企画でした。 お酒にも合いそうな
三品 (きんぴら、つくね、おでん)を作りました。






KIMPIRA
July.C.Kimpira3  Traditional side dish Kimpira is often cooked
  using with "Burdock". We used silver beet
  which was now in season, instead of burdock.
  (Parsnip is also good to use)

  きんぴらというと牛蒡を思い浮かべますが、
  この辺にはないので、今が旬のシルバービート
  使いました。 (パースニップでも美味しくできます)
  人参と混ぜて彩り良く。 
  ごはんのお供というよりも、お酒のお供なので
  味付けは控えめです。 

It can be cooked separately, to make stem part & carrot, and leaf part.
July.C.Kimpira1  July.C.Kimpira2  
茎の部分と葉の部分を別々に調理して2種類作ってもいいですね。 
教室では茎も葉も一緒の一品にしました。

Z.Original
We tried with Zenkuro "Original" tokubetsu
Junmai-shu. Gentle, easy to drink, pairs well
with wide range of food.

   まずは『全黒オリジナル』と一緒に。 
   最初の一口を含み、う~ん・・・
   と鼻に抜ける声が聞こえてきます。
   穏やかな香りと軽い飲み心地が、
        料理の味を引き立てます。





TERIYAKI TSUKUNE
July.C.Tsukune  Popular meat balls with Teriyaki sauce.

  We tried with Nigori "White cloud" Junmai-shu.
         Silky smooth dry sake was served
                      slightly chilled.

    Z.Nigori








  つくねの照焼き。 
  人気のこってり味に、ドライな『にごり』を冷酒で。


How about Wakatipu "Sleeping Giant"?
Z.S.G.  This powerful one was served as "Nuru-kan"
   (warmed gently to 40℃). 
  I prepared this sake with careful attention for
  the right temperature, because of the message
  from Zenkuro’s head brewer that 40℃ is
  recommended for this. Umami and texture
  were surely enhanced by warmer temperature.

  それから、パワフルな『スリーピング・ジャイアント』
  をぬる燗で。 上手なお燗はお酒の味わいに
  ふくらみを持たせます。 杜氏から「是非40℃で」
  というメッセージをいただきましたので、細心の注意
  を払って40℃に。



ODEN (Japanese pot-au-feu)
July.C.Oden
One of winter hot pot. Ingredients were cooked with low heat, like soaked in hot spring "Onsen".

July.C.Oden1  
おでんは冬の代表鍋。 手に入りやすい材料で仕上げました。 
弱火でコトコト、ゆっくり煮込みます。 翌日さらに美味しくなる料理です。

O.kan
One of the most popular combination is
Oden and hot sake, on the cold night.
I warmed Jozo-shu to 45℃~50℃ to make
the texture crisp to match the Oden.

もちろんお燗酒で。 
馴染みの醸造酒は少々甘口なので、味わい
引き締まる上燗(45℃)~熱燗(50℃)で。 
温度の見極めが大切です。




SERVING TEMPERATURE:
The width of the drinking temperature zone is very wide, which is the feature of drinking sake. It can be enjoyed chilled, at room temperature, or warmed, depending on the type and the quality.

それにしても日本酒は楽しめる温度帯が広いですね。 品種によって美味しくなる温度帯が異なります。 冷やすことで華やかな香りをバランス良く感じられたり、室温で柔らかい印象になったり、ぬる燗で香りや味わいがふくらんだり、熱燗でシャープな切れの良さを発揮したり。 温度に呼び名があるのも日本酒ならでは。
(下記をご覧ください、日本人、細かすぎ!って言われちゃいそうですけど) 

Here are the each names for drinking temperature of sake.
(Don't say Japanese is too particular!)

 5℃: YUKI-bie (cold as snow) 雪冷え
10℃: Hana-bie (cold as flower) 花冷え
15℃: Suzu-bie (nice & cool) 涼冷え
20℃: Shitsu-on (room temperature) 室温
30℃: Hinata-kan (warm like in the sun) 日向燗
35℃: Hitohada-kan (warm like human temperature) 人肌燗
40℃: Nuru-kan (mild hot) ぬる燗
45℃: Jo-kan (good hot) 上燗
50℃: Atsu-kan (hot hot) 熱燗
55℃: Tobikiri-kan (super hot) 飛びきり燗
(Over 55℃: the alcohol is gone, and balance of the taste collapses.
                           So don't make it too hot!)



July.C.Ginkgorice  As the addition, I prepared "Ginkgo nuts rice"
  which I mixed Sake-kasu and cooked.
  These GINKGO NUTS were from Tauranga,
  and SAKE-KASU (which is byproduct of sake
  production) was from Zenkuro Queenstown,
  of course!

  実習した三品のおつまみの他に、
  付け合せとして 『酒粕ごはん』 を準備。
  冬ならではの特別食材 銀杏 を散らして。 
   (酒粕はもちろん全黒の蔵から、
   銀杏は北島のタウランガ産です)

  炊飯中、酒粕のよい香りが漂います。
炊き上がりに、加熱しておいた銀杏(塩とオリーブオイルをまぶしたもの)を散らします。
塩加減と銀杏のほろ苦さがしっとり美味しいごはんになりました。
  


YAWARAGI-MIZU (Chaser)
Yawaragi-mizuI introduced this cool habit "Yawaragi-mizu"
in the classes. It means the water which take
a sip in the interval to drink sake. We can taste
sake more deliciously when we have a sip in
each interval. Don't forget this!

今回の酒テースティングの中で紹介した粋な習慣、
和らぎ水。 合間に一口の水、チェイサーということになりますが、この一口により次のお酒をより美味しく味わえます。 誰が名づけたのか、素敵な言葉。  (悪酔い防止にもなるし、
     最後までお酒をスマートに楽しめそうですね)



DESSERTS
Sake-kasu-icecream  Sake-kasu ice cream
  and Sake-kasu "Nama" chocolate!

  デザートには、酒粕アイスクリーム
               と酒粕生チョコレート。

  Sake-kasu can be used for both cooking
  and making sweets. Beautiful aroma of Sake
  can be enjoyed in these sweets.

    Sake-kasu-choco

料理の調味料として使うと旨みが倍増する酒粕ですが、スイーツに使っても美味しいのです。 洋酒を使うお菓子のところ、代わりに酒粕使うと、別バージョンが生まれます。

*****************************************************
7月の料理教室から:
Thank you very much for the attending!

CCJ5 CCJ5-1

CCJ31-4 CCJ31-3

CCJ5-4 CCJ5-2

CCJ22 CCJ22-1

CCJ25-1 CCJ25

CCJ31-1 CCJ31

***************************************************************************

Sake-tasting-2  I hope everyone enjoyed the pairing of
  Sake and food in July.

  今回はご宿泊のお客様も参加して
  くださいました。 「日本酒は初めて!」
  という方も数人いらっしゃいました。 
  酒テースティング、いかがでしたか?


      (This white paste is Sake-kasu)
    Sake-kasu








And what do you think about the Sake-kasu?
It's another great fermented food like miso.

酒粕については、ほとんどの方が初めて。 
ちょっと混ぜるだけで料理の味がグンと上がる、そんな使い方を紹介したいですね。

次の教室では酒粕クッキングをやろうかしら。 アイデアがどんどん沸いてきます。 
酒粕がワナカでも購入できるようになる日を今か今かと待ち望む日々・・・

Shall I do sake-kasu cooking for the next?  Ideas are heated steadily.
I'm really wishing that we can purchase sake-kasu in Wanaka soon.



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/241-314e89d4