Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Japanese Calligraphy 2020 Workshop 書道ワークショップ

Sumi&Suzuri  Japanese calligraphy workshop is held again!
  Just try to write your favorite Kanji on the rice
  paper by calligraphy brush. It may be a great
  meditation while you are preparing the ink,
  which we say Sumi, rubbing the ink-stick on
  the ink-stone.  It would be a relaxation time to
  concentrate on the writing. Just experience it.

  昨年夏、自宅で書道ワークショップを開催しま
  した。 そのときの体験者さんご夫妻が、この夏
  またワナカに再訪、ワークショップのリクエストを
  いだたきました。 嬉しいですね。 
  自国(ニューカレドニア)に戻っても書道をしたい
  とのことで、サイトで道具をオーダーしなくちゃと、
かなり熱心です。 そのやる気に後押しされ、よし、今年もワークショップを展開していこう! とプランを作ることにしました。

墨を磨るのも体験、香りの効果もあり、静かに集中できます。

***************************************************************************************

A couple from New Caledonia participated the other day. It was their 3rd lesson.
ニューカレドニアからのご夫妻、今回は3度目のレッスン。

Ki-Y
After the review and practice
of the basic stroke,
the character which they chose
on that day was    - a tree -

We wrote many trees.

ki-G

   この日、基本ストロークの復習のあと
   彼らが選んだ字は
   たくさんの木を書きました。




Shinrin-Y

  Then I introduced another two   
            which are related to .
             Each meaning is below.

この流れで、あと二文字いっちゃいましょう!
木が三つで、木が二つで、これで三種類
の漢字が同時に覚えられましたね。

実はこの時、森と林の違いを英語で説明するのに
手間取りました。 字の形からイメージは沸くけど
本当にそれでいいのかどうか。。。
あとで調べたことを下記に要約してみました。

: A tree

: Forest in mountain/valley area where a human is hard to enter. A holy place.

: Planted trees zone on flatland mostly where the same type of trees grow.


Mori-B
  Wow, it's a beautiful forest!
  Nice balance.

  まあ、素敵な森!
  味わいのある字ですね






B-28/01/20 G-28/01/20

羽向道(Bernard)さん、寿仁(Ginnie) さん、お疲れ様でした。 また来週!
お名前に漢字をつけて書いて渡しましたが、
次回は自分の名前から一文字とって練習してみましょうか。

Well done both, will see you next week!

I chose suitable Kanji to their name and wrote it.
Will they practice one from the name in the next time?
**************************************************************************************

I welcome all to Japanese calligraphy workshop!




Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/247-bd541ecb