Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Super-Vegan guest brought a dog & cats from Japan !

I would like to introduce a Japanese lady who gave me a great chance to think about a way to eat effectively to our body. I met her about 2-months ago as a B&B guest here.

Before she came, I got a email from her for a room booking request for a week, attached with food requests which embarrassed me!  She was a vegan!
No meat or fish of course, no dairy products, no stock, no honey, brown sugar preferable to white sugar, brown rice preferable to white rice...etc.
"How do I prepare meals for her?"
"How do I add Umami taste to each dish?"

私のこれまでの食に対する考えに大きな影響を与えてくださったお客様
(今ではご近所に住む友人)についてご紹介します。

彼女から初めてご連絡をいただいたのは、昨年10月。
メールでのご予約時に、お食事に関する事項も詳細にご連絡いただいたのですが、
彼女はヴィーガン(究極のベジタリアン)とのこと。

ベジタリアンなので、肉類・魚介類はもちろん召し上がりませんが、その他動物性食品
である卵、乳製品、バター、かつおだし、ビーフやチキンのストックなども一切なしで、
白米よりは玄米で、甘みは普通の砂糖でなくブラウンシュガーで、オイル使用の場合は加熱しないで、というご要望。。。
しかも7泊!

毎日のお食事、何をどう作ろうか、最初は頭をかかえました。
「野菜だけでは、コクと旨みが足りない!」
これまで、野菜だけの料理だったにしても、和風ならカツオだし、洋風ならチキンストックやチーズなどに頼ってきた私。
味付けにダシも使えないとは!
加熱したオイルがダメということは、揚物&炒め物もダメ?

November, she came to Wanaka, with extreamly heavy baggage. She brought
a heavy terracotta big pot, Miso (maybe 3~4kg), high quality rice vinegar, lots of Ume-boshi(dried pickled plum), and more & more... She looked like to brought everything here for her life!
And her smiley face!!
It was so friendly and showed her satisfaction that she finally arrived here.

Then, my challenge for vegan cooking was started.
Miso, salt, oil, vinegar, seeds could be used as seasonings.
And the "Marmite" helped me!!
They are now precious NZ products.

11月下旬、お客様がご到着し、実際にお会いしてみると、何て気さくな、
前から友達だったような方。 そして何て重たい荷物!
中からは、土鍋、手作り味噌(たぶん3~4kgくらい入ってましたよ)、良質の米酢、
梅干し(お裾分けいただきました)など、 他にもたくさん。。。

その日から、私の食材への挑戦が始まりました。
使える調味料は、味噌・塩・オイル・お酢くらいでしょうか。 この他に、ゴマや梅干し、シード(種子類)のすりつぶしたものを加えて味付けにコクを出しました。

Marmite  そして、意外と使えたのが我が家で
  食料庫の肥やしとなっていた
  『Marmite(マーマイト)』たち。
  イースト・スプレッドとしてパンに
  塗って食べますが、味噌のような
  しょっぱさに、最初はビックリ!
  ・・・今や市場から姿を消してしまった
  NZの貴重品でもあります。



Mostly surprised about her was.....
She brought a dog and 4 cats from Japan!!!
(not in her suitcase, of course.)
While her pets were on the quarantine in Auckland, she visited here alone to find out her place to live with the pets. She said "I have always suffered from bad air pollution blowed from China and wanted to keep them (pets) safe, but they have been affected physically by the pollution." Then she decided to escape from there to New Zealand, together with her pets.
She only had a visiter visa, though...
Surely she knows full of difficulties to keep staying here.
But she has also full of energy to try finding a solution.

更に、このお客様のもっとも驚くべきことは・・・。
ペットの犬と猫4匹を、日本から検疫検査を受けて連れていらっしゃったのです。 ペットの検疫期間中に、その後彼らと一緒に暮らせる住処を探す目的で、まずは
お一人でワナカにいらっしゃったのです。
彼女にとっては家族同然のペットたち。 「中国からの汚染された大気がそのまま
入り込んでしまう環境からこの子達を守りたい」という3年越しの願い、 
また、日本国内の放射能汚染による食材への不安も同時に抱えていらっしゃり、
空気のきれいな南半球へ、ニュージーランドへと白羽の矢が立ったわけです。 
一大決心をして、日本を引き上げてきてしまった彼女。(何ヶ月いられるかもわからないのに。)
移住したくても、何がしかのビザが下りなければ、数ヶ月で帰国の運命なのです。
無謀というか、すごい行動力というか・・・。
ペットOKの物件が少ない上に、クリスマス前でどこも込み合う時期、広告に出ていた
賃貸物件も次から次へと何度断られたことでしょうか。。。
前途多難なのにヘコタレナイ! 現実を素直に受け止め、またチャレンジ!
その明るさとたくましさ!!!

What vitalize her so strong??
Is the answer in her way to eat??
She sets her meal time according to human's internal cycle, and does healthy eating considered about the nutrition and the combination.

Well...It wasn't easy for me to prepare her meals at first, because I felt
a big restriction that I could use very limited foods and seasonings.
But, gradually I realized that each ingredient has its own Umami, as a result of minimize the additional seasonings. Then I cared more about the quality of each ingredients.
It was a great chance to re-consider about a healthy eating for myself of 40's.
More seasonal vegetables, like Japanese traditional eating habit in the old days.
With thinking about enzyme and an eating order. It must be good for the same aged Sumurai-husband, and also good for teen-ager Renon having a dry skin problem,
as well.

彼女のバイタリティーは一体どこから来るのか???
その基は、食べ方にもあるのかも・・・。
人間の身体のサイクルとメカニズムに則って、食べる時間を設定し、
身体に必要なものを効果的に取り入れる、という考え方の彼女。

私が彼女の滞在中に作った料理、苦し紛れに始まりましたが、これまで必要だと思っていた材料や調味料を使わず作るうちに、素材自体の美味しさを再認識、そしてシンプルな味ゆえに美味しい塩・美味しいオイルがモノを言うことも実感。
美味しくするためにプラスしていた調味料、今度はマイナスにするという逆の発想が
生まれました。 その分、素材にこだわる、質の良い調味料を使うというところに重点を
置いて・・・。
このことは、40代後半の私にとって、今後の食生活を見直すきっかけになりました。 
ベジタリアンを目指すわけではないですが、旬の野菜を中心に、植物性8割・動物性2割
くらいでいきたいですね。 昔の日本人の食事(飛脚が日本全土を走っていた時代)
もこのくらいの割合だったのだろうかと勝手に想像しながら。。 食物酵素を生かすために食べる順番も考慮するとさらに良さそう。 50代・60代になっても益々生き生きと活動
するために、今から身体に良質な栄養素の貯金をしていかなくちゃ。 
(私よりも身体弱いサムライ夫のためにも勿論良いでしょうし、娘のレノンは10代ですが、アトピー性皮膚炎に近いトラブルがあるので、代謝ということでは彼女にも効果的だと思われます。)
 
Vegan dishes for her:
ご滞在中に作った料理の中から :

vegetarian-ingredients
  Grind of roasted sesame seeds
  & flax seeds, mix with Ume-boshi,
  Miso, Mirin to season cucumber

  煎りゴマとフラックスシードをすった中へ
  梅干し・味噌・みりん少々を加えて混ぜ、
  きゅうりと和えて。


vegetarian-cucumber

  Ume-plum flavored
  Cucumber Goma-ae salad

  梅風味の、
  きゅうりのフラックスシード&胡麻和え


vegetarian-tomato
  Chilled tomato slices with
  marinade onion dressing
  " Great combination of Ex.V.Olive oil
  & new season's onion! "

  冷やしトマトとオニオンマリネドレッシング。  Ex.V.オリーブオイルと新たまねぎ、
  最高に美味しい!


vegetarian-cabbage

  Shio-koji marinade of cabbage
  topped with shreded Sushi-ginger
  
  キャベツの塩麹マリネ、
  甘酢しょうがをトッピング。


 vegetarian-tofu
  Tofu dish:
  Cold soup made from spinich
  and soy-milk
  
  美味しいお豆腐を入手したので、
  最終日の夜はお豆腐料理。
  私とサムライ夫の分にトッピングした海老
  以外は、動物性のものを一切使わず。


vegetarian-tofu-vege
  Asparagus & red cupsicum topping
  for her, instead of shrimp,
  with scatter soy beans
  
  彼女には、海老の代わりに、
  アスパラガスと赤ピーマンをトッピング。
  枝豆も散らして。



The last night:
Mix roast of potato, carrot, parsnip, red onion, and garlic.
Tofu dish with cold soy-spinich soup.
Good with Chardonney.

vegetarian-wine

ジャガイモ・にんじん・パースニップ・紫オニオン・ガーリックのローストとともに
ほうれん草の旨みと、豆乳&オリーブオイルでコクを出した冷たいスープ仕立てのお豆腐料理、
これにはシャドネーが良く合いました。
 



Finally she found a place for flatting near here and now she is my neighbour.
Her pet dog "Yasshy" is a good friend of my dogs "BJ" & "Alanta".
In addition, I have got a great news that one of her cat "Cherissa", who had got partial paralysis by affection of the air pollution, became to walk a little bit by herself!
Other good symptoms appeared as well in these days.
Cheers, clean air!
Cheers, Wanaka!
Cheers, NZ!

現在その彼女は、ようやく我が家の近所の家にフラット(家の一部を間借り)が決まり、今度は
ご近所づきあいが続いています。 彼女の愛犬ヤッシーも今ではうちのBJ&アランタと仲良し。 
今日も散歩の途中にいらっしゃって仲良く遊んでいます。
そして早くも、日本の大気汚染から逃れてきた効果が・・・。 連れていらっしゃった下半身不随だった猫のチェリッサ、 ナントこのひと月ちょっとで少し歩けるようになりました。  
酸素たっぷり空気のきれいなこの土地のお陰でしょうね。 
ワナカ万歳! NZ万歳!

その後も、興味のあったローフード(食物酵素を生かす食べ方)のことで彼女との話は尽きず、
さらに追求してみることに。
タイミング良く今日、地元で行われたローフード・ワークショップ(講義と調理実習のクラス)
があり、早速参加してきました。
その中には驚くべき発想のメニューがありましたよ~!
この話は、次回、折を見てご報告させていただきます。


Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/26-51c791ad