Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Tea Ceremony workshop March 2021  心つなぐ・茶の湯

I got a wonderful opportunity to introduce "Cha-no-yu" Japanese Tea Ceremony
to local people at REVOLOGY Concept Store and Tea House in Wanaka town.
I write the drama (strenuous efforts) here, with thanking to Monique and Revology team, the participants, my husband and friends who helped me on the nights.

Revology

P.B.us

昨年ワナカにできた素敵なお店 REVOLOGY、ここのオーナーと数ヶ月前に知り合い、
ちょっとした立ち話から、お店で茶道を紹介するワークショップを開催させていただく
ことになりました。 
New Hishaku  ワクワク感いっぱい、
  まずは、昨年の引越し騒動で水漏れ
  するようになってしまった柄杓、
  何とかしなくちゃ! 
  2月に日本から届いた新しい柄杓で
  練習を重ねながら、予定していた3月
  に向けて準備を進めていたものの、
  直前はバタバタでした。  

rehearsal nights


お店のほうで宣伝と集客をしていただいた
のですが、すぐに予約がいっぱいになり、
翌週二度目の開催が決まり、嬉しい悲鳴!

参加者の名前を聞いて、錚錚たるメンバーに
かなりのプレッシャー。
師事している先生に特別稽古
(日本からZoom レッスン)をお願いし、
毎晩遅くまでリハーサルしました。


Firstly I was surprised at the news that it was booked out quickly for the scheduled date of the 11th of March, and knew that some people were on the waiting list.
In "Cha-no-yu" offering hospitality that is enough for each one, it's usually held with
a small number of people, so I shouldn't take more than 10. Then we decided to do
again on the 17th. Wonderful problem!!!

My next hurdle was about the confectionery.  I would like that guests can have
an experience to use traditional Kuromoji pick and Kaishi paper to eat it, instead of using fork or fingers on a plate.  So the confectionery should be soft enough to be cut by the pick, and easy enough to eat on the paper holding on their palm.  It must be Jo-nama-gashi style!  But I couldn't find the ingredients which was used in Japan.  I tried the things which seemed to become the replacement many times.

一番苦労したのは和菓子・・・
J.C.making  J.C.making-1

J.C.making-2  J.C.making-3

J.C.making-4  J.C.making-5
お茶席なので、是非とも懐紙と黒文字(という楊枝)を使って食べていただきたかった
ので、上生菓子を!  日本だったら老舗の和菓子屋さんにオーダーするのでしょうが、ここでは自作。 3月という季節がら、(半年違いの)日本の9月を想像してみました。 お月見? 窓辺にお供えをして、月を見ながら収穫に感謝する習慣を紹介してみるのもいいかな。。。 
日にちが11日と決まったことで、自分の中でテーマが決まり、続いてお菓子も表現したいものが浮かんできました。 ただ、材料が揃わないので、何でどうやって作ろうか・・・ 
試作と失敗の繰返しを経て、ようやく形になりました。


March 11 (3月11日)  *******************************************
Starting with MOKUTO (a minute of silence - remembrance) for the 10th year of big disaster TOHOKU earth quake and Tsunami in Japan.  We thought about Japan with our heart from New Zealand.

東北の震災から10年の日、お集まりいただいた皆さんと最初に黙祷にてお祈りを。 
茶の湯の歴史や習慣・抹茶のこと・お菓子のこと・道具の説明などしながら、
お一人ずつお茶を点てて味わっていただきました。 
心つなぐ、ニュージーランドから日本を想う、そんな日になりました。
この日のお菓子はきんとんで、
名は 『心待ち』 と名づけてみました
J.C.making-6  J.C.making-7
We are sharing the scene half and half on the confectionery that waiting for SAKURA blooming in Japan and waiting for the harvest of grapes in New Zealand
もうすぐですね、日本の桜の開花も、NZのブドウの収穫も。 両方の心待ちを半分ずつ
味わいました。 紫の錦玉寒、ブドウに見えるかしら?

3.11.21workshop-2L

3.11.21 workshop
Thank you for participating, hoping you all enjoyed it.


March 17 (3月17日) ********************************************
Second workshop day,  What as a motif to make the confectionery for the day? 
It's St. Patrick's Day...

二度目、この日のテーマは何にしよう? と考えたけど、同じテーマで心つなぐ、  
今回は、ニュージーランドからアイルランドへ繋いでみました。 セント・パトリックス・デイのこの日、街中のアイリッシュ・パブはかなり賑わってたみたいでしたよ。  お茶席でも少しだけ、アイルランドらしさを入れて、用意したお菓子はこちら。 

J.C.making-7  煉りきり、中はこしあんです
I made this.
Can you see as shamrock?
Cha-no-yu is traditional Japanese culture, but it has generosity to take other customs in the world in it. A little Irish symbol was on the table, which was for the day.

3.17.21workshop

「これ何だかわかりますか?」って聞いたけど正解が出てこなかったので、「今日は
何の日でしょう?」と言ったら、「セント・パトリック・デー!」 一人が答えてくれました。 
このお菓子は、アイルランドのシンボル「シャムロック」をイメージして作りました。 
クローバーに似てますね。 ゲストの皆さん、茶道は日本の伝統と思ってるのに突然
アイルランドが入ってきたりして、エ~って拍子抜けしたかもしれませんね(笑)  
茶の湯の世界は、そういう遊び心も寛容に受け留めてくれると、私は信じています。 
ちなみに私の帯も、偶然ではありますが、シャムロックみたいでしょ(笑)

3.17.21workshop-kimono-obi Kimono-obi-gara
And, did someone notice that my "OBI" on the Kimono?  Can you see it is like shamrock?

3.17.21workshop-2

3.17.21sorkshop-3

3.17.21workshop-4

I felt that guests enjoyed with brightened eyes, so glad at all.
********************************************************************************

ご参加いただいたのは現在ワナカ在住の皆さまでしたが、ニュージーランド人はもちろん
日本、中国、アルゼンチン、アメリカ、そしてヨーロッパから最近引っ越してきたという
ご夫婦もいらっしゃいました。 

Kokoro-tsunagu
        心つなぐ 
  
      Kokoro tsunagu   

    Bond our heart together
      
   両日とも、とても良い時間でした。
   新しい繋がりに感謝しつつ、
   自分はまだ道のほんの入り口
   あたりにいるのだということも実感
   しました。
   地元に、茶道に興味を持つ
   人たちが結構いらっしゃる、
   この驚きと感動を忘れず、
   日本人の心を大切に伝えて
   いきたいと心に刻んだ日々でした。


I hope all the guests could feel the Japanese aesthetics, could come across Japanese heart, and enjoyed the taste of the tea.


Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/271-a52202ca