Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Kitchen renovation  キッチン・リフォーム

我が家のキッチン・リノベーション(リフォーム)プロジェクト。 4月中旬にスタートしましたが、途中一時帰国が入ったこともあり、5ヶ月たってもまだ完璧ではないんです。 
このまま完成を待っていると来年になっちゃいそうなので、あともう一歩というところ
ですが、ここで披露することにしました。

旧キッチン:
Old kitchen-L Old kitchen-R

Old kitchen & Watch out 
 今は懐かしいキッチン。 
 建築当初は、収納や動線をよく考えず
 業者さん任せにしてしまったので、使い勝手
 が自分に合ってなかったんですね。 
 ディッシュウォッシャー用に配線と場所も
 作っておいたけど、結局は機械を買わず
 12年間ずっと手洗いしてました。 


Watch outこの『Watch out』ボード、クッキング・クラス
の名物となってました。 ここに寄りかかると、
上の板がスライドするんです。 もともと
ベンチトップに段差があって使いづらかった
ので、上に板をのせて平らにして使用して
ましたが、ちゃんと留めてなかったので、
知らない人が何度ここにもたれかかって
悲鳴をあげたことか・・・。 それを経験した
皆さんはこの付近には近寄れず。。。 



こうなったらいいな~という淡い想いを抱いたのが、実は3年以上前。
それから、実現に向けてせっせと考えていました。 夫は首を縦に振ってくれないまま、取りあえずいくらかかるのか、数箇所の業者に見積り依頼を。。。
途中でプランの変更も出たため、4箇所の見積もりを得るまでに2年を費やしました。 
そのうち最初の見積書の有効期限がきれてしまうのでは、というくらい、恐ろしいスローペース! (私もすっかりNZナイズされてます・・・)

やっと、お願いしたい業者が決まりそうになったとき、大反対だった夫が「こっちのほうが良さそうだ」と別の業者の話を持ちかけてきました。 ( エッ?ということは・・・、
実行してもいいの?)

・・・というわけで、3年ねばったプロジェクトが、いよいよ4月に実行されました。
4月半ばに、まずは古いキッチンの取りはずし。 大工さんが来て、ハンマーで叩く叩く!バキバキ、メリメリすごい音! 「これ、ゴミじゃないのよ、中古として買い手がついて
いるんだから、もう少し丁寧に扱ってよ!」と言いたくなる!
そうなんです。 約12年使い込んだこのキッチン、買い手がついたんです。 
日本だったらおそらく粗大ゴミでしょうが・・・

はずされたパーツが、秋晴れの中、次々と庭に運び出され。。。 芝の上で、何だか輝いて見えました。
Kitchen parts outside-1 Kitchen parts outside-2
買い手は地元のNickというかた。 こんなスタイルのキッチンを探していたそうで、
ホイホイと自分のトレーラーに積み込んで、3往復して運んで行きました。 
一番大きい部分はトレーラーに乗らないとかで、のこぎりで半分に切ってましたよ。 
「いいの?そこ切っちゃって!」 
さすがNZ人、荒っぽい! 元通りに修復、できないだろうな~・・・ 

Emply kitchen room 

 こちらは取り外されたあとの空間。。。








Kitchen stuff in living roomその後一週間はキッチンなしの生活。 
隣のリビングに移した食器やその他もろもろに囲まれて、足の踏み場もない!
このとき、料理教室用にしているカセット
コンロが大活躍。 臨時の流しは、ランドリーのシンク。 箱にしまった包丁・まな板・鍋・
ざるを、いちいち探しながらの調理で、時間ばっかりかかってしまいましたけどね。




Graeme & H 翌週、いよいよ新しい機材が到着し始め
 ました。 はじめに天井と棚のギャップを
 埋めるためのボードを取付け。
 出勤前の夫も、大工さん(Graeme)の
 お手伝い。





換気扇を取付ける段階で初めて気づいた事実!
換気扇は前もついていましたが、外に抜ける穴がなかったんです。 この12年、知らなかった・・・。 どうりで音ばかりうるさくて、さっぱり換気してない気がしてました。 
吸い上げた煙や匂いはどこへ行ってたのでしょう・・・ 明らかに前の大工さんの手抜き
工事としか思えない(穴開けるの忘れたの?) 
Graemeに外側から穴を開けてもらって、新しい換気扇が付きました。 

Ventilation hole Range hood


クックトップ(ガス台)の後ろはモチロン、ガラスのスプラッシュ・バック。
これは初めから希望していました。 
しかし・・・料金を聞いてビックリ! 
規定の普通のサイズ60x75cmで$200くらい、ラージサイズ90x75cmで$300~$400、
うちのは、エクストララージでしかも変形型、見積り取ったら$1000近い!! 
予算を抑えてタイルにしようか、でも『ここはガラス』と決めて他とのコーディネートを考えたのに・・・とさんざん悩んだ結果、やっぱり最初の考えを貫くべきと、ガラス屋さんに
依頼!

その後、5週間の帰国が入ったので、ここで中断。


5週間後の7月初旬、ガラス屋さんが型を取りに来ました。
Glass colour sample ここで色を決めて、「じゃあ2週間後には
 (クライストチャーチの工場から)届くから
 取り付けに来るね」といって帰っていきま
 した。 4週間たっても何の連絡もないので
 こっちから電話したら、ナント
 「数日前に届いたんだけど割れてしまった
 ので、もう一度作ってもらう。もうしばらく
 待ってて」とのこと。 変形型の特大サイズ、
 運ぶのも大変なんでしょうけどね~・・・

そして、4週間どころか9月に入ってもまだ届かないんです。 発注から3ヶ月近くたって
ます。 ガラス屋さんに「まだですか~?」と、これまで何度か電話しましたが、明らかに私の電話を煙たがっている。 「ナゼ?こっちはお客なのに」という考えは通用しないんですね、ここでは。。 これ以上の電話はかえって彼にストレスを与えてしまう(=状況が
ますます悪化する)かもしれないので、あと2週間くらいは放っておいてみるか、などど、
こちらが業者に気を使っちゃうのが日本と違うところ。


天井に取り付けるライトは、スポットライトにしました。
LED lights一度クイーンズタウンのショールームで見ておいて、もらったカタログで再検討してから
電話でキューブ型のLEDライトを5個発注。 10日後に届いたので、電気系統の業者さん(Wayne)に取り付けてもらったら、ナント
光が青白い! 照らすもの全てが青白く見える! 「しまった!LEDにも2色あったとは!」
慌てて、購入先のライト屋さんに電話して、
別のほうの色にしてもらえないかと伝えると、「取り替えはOKだけど、来れるか?」と聞かれて、またもやクイーンズタウンへ。 交換が完了して再び取付けたら、5個のうち1個が不良品! それで、今度は向こうの責任なので、郵送してもらって、ライトは完了!


ライトの次は、前についていたダウンライトの穴を埋めて(ジブストップ)、その後、天井のペイントになります。
Cover kitchen for paint 地元の友人でもあるピーターにお願いして、
 スケジュールを調整して準備してたら・・・
 ペイント当日、「今日できない」との電話。
 「何ですって~!!」とは言いませんでしたよ。 背中の筋肉がどうとかって、体調不良は
 誰にでもありますのでね。 そして翌日は
 万全でない体調にもかかわらず、来て
 くれました。 (さすが、日本人の奥様に
 鍛えられてるだけあります!) 

Drink glasses
壁もペイントするので、大きな食器棚を動か
さなければならず、中のグラスを全部出し
ました。 「こんなにたくさんグラスが入って
たんだ・・・」と改めてその多さにビックリ!
先週4日・今週3日と作業をしていただいて、天井・壁のペイント終了。 






新キッチン:
D.W.&sinks  やっとここまで、できた~!
 
  NZに住みはじめて17年目、初めてのディッシュ
  ウォッシャー(一番左)。 まだ使い慣れてなくて、
  つい、手で洗っちゃうことが多い・・・。
  その隣、シンクは二層で、右側は大型の
  60cmx45cmx25cm(深さ)にしたので、
  大きな寸胴鍋もオーブントレイも、楽に入ります。





Gas cooker私の身長に合わせて、ガスクッカースペース
は高さ80cm(こちらの標準は90cmです)。 クッカーの高さが5cmくらいあるので、結局は85cmのところで調理していることになりますが、前に比べて5cm低いのでかなり楽です。
クッカーは、火口から鍋底までの距離をある程度確保したかったので(これで遠めの強火が可能)、Westinghouse社のものを選びま
した。 ここのは、幅60cmでも、それぞれの火口が離れているので、前みたいに、鍋・フライパン同士がぶつかってしまうということはなくなりました。


Kitchen from Dining - L
 

  前はコの字型になっていたキッチンベンチ。 
  ふさがっていた部分がなくなったら、
  こんなに広々とした動線が確保できました。







Island - L




  料理教室がやりやすいように、真ん中に
  大きなアイランド(220cmx95cm)設置。 
  一般的な高さ90cmより5cm低くしたので、
  この上にポータブル・ガスクッカー
  (カセットコンロ)を置いて調理するにも
  楽になりました。



 
Small plates in drawer - L




  和食器大好き。 
  アイランド下に作った広くて浅い引き出しは、
  たくさんの小皿を収納するのにピッタリ!




 
Dining area - L




  ダイニング・エリアを東側にもってきたので、
  午前中はポカポカ陽あたりバツグン!




  我が家のキッチン、あともう少し・・・
  ガラスのスプラッシュ・バックは
  もしかして来年に持ち越し???



Comment

鈴鹿美雪 says... "おつかれさまでした~"
大変でしたねー。
新キッチンでほくほく料理されているようすが目に浮かびます。

日本酒と塩麹のお料理教室には参加できるよう、仕事の調整がんばりますっ!
2013.09.26 08:36 | URL | #mQop/nM. [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: おつかれさまでした~"
鈴鹿さま

はい、予定通りに進まないのがここの風習だと頭では理解してるんですが、やっぱり大変でした。
ガラスのスプラッシュ・バック、実は、今朝突然の電話に起こされ、届いたから今から取り付けに来るとのことで、ようやく完成です! 完成度は・・・?お楽しみに!

料理教室についても、またご案内させていただきますね。
2013.09.27 11:24 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/39-716025be