Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

SAKE Navigator 日本酒ナビゲーター

I came back home last week.
Here is already winter, feeling so cold with the season changed from hot & humid summer in Japan!
長いこと留守にしました。
先週ワナカに帰ってまいりました。 キーンと冷えた空気で、日本で開いた毛穴がキュッと閉じる感じ!
****************************************************************************************
ナビゲーター認定証  One of my impressive events in Japan was....
  got a title of SAKE NAVIGATOR.
  After tasting of various SAKE in each local area 
  for the weeks, the attendance to this authorized
  SAKE lecture was so effective for me!!

  Adding to learning about rice, water, climate,
  and the Sake production process, I felt an
  admirable acient people's human power (spirits)
  to keep producing of "SAKE" with only their
  sharp sense and experiences before discovering
  of microbiology. (I think it's same as Wine production in other countries as well). Oh, I proud of my country's precious art of "SAKE" as a KOKUSHU (= Japanese representative liquor)!


酒テキスト引き続き、日本酒の話題ですが。。。
この修学旅行のハイライトは何と言っても、日本酒ナビゲーターの認定講座
受講。 それまでのネットや書籍から得た
知識に加えて、帰国してから各地で地酒をテースティングする機会にも恵まれ、
舌と頭で味わった3週間が活かされる瞬間
でもありました。 
講義では、原材料や製造工程などと共に
その歴史、またそれぞれのお酒が持つ特徴と食事との相性などを学びましたが、中でも感銘を受けたのは、2000年以上もの大昔に生まれた飲みものが、人々の勘や経験
だけをたよりに、顕微鏡もない・微生物の存在も知らない時代に、良くぞ作り継がれて
きたものだということでした。 日本の宝ものですね。 
こちら(NZ)での日本酒は種類も飲む機会も限られてはおりますが、今後は、先人の
心意気を舌で感じてみたいと思います。 
大越先生、素晴らしい講義を、ありがとうございました。

SAKE & CHEESE MATCHING:
We had interesting experiences that 5 different type of SAKE & 3 different type of Cheese matching in this course. How do you think? I had believed mis-matching,
but it wasn't... Amazing!  Tutor (Ms.Okoshi) recommended of Blue cheese and Sparkling Nama (fresh type) Sake matching.  Well...would like to try them soon,
of course!

内容の濃い4時間の講義の最後には、5種類の酒テースティング。 
そして、ナント・・・この日はチーズとのマッチングがあるというではありませんか!!
日本酒とチーズが合うのか???
こちらで何度かやってみたけど、(凝り固まった先入観が邪魔して)私的には
「ダメでしょう~」とあきらめていた組合せだったので、衝撃的でした。

3種類のチーズを少しずつ、それぞれのお酒とゆっくりと味わってみると・・・
・・・んん、いけますねぇ。 麹菌とチーズ菌、いけてます!
この中にはありませんでしたが、ブルーチーズにはどんなタイプの日本酒が合うと
思いますか?という先生からの質問。 意外や意外、フレッシュでフルーティーな
生酒(発泡系)が合うとのこと。 (純米古酒とかが合うのかと思った。) 
NZのブルーチーズとお酒、近いうちに試してみよう!
あれっ? ここで手に入る発泡系『生』というと・・・アレしかないけど~・・・合うかしら??


Unfortunately, I had a big mistake that I forgot to take a battery for my camera!!!
Baggar me!!!
So that no pictures for this important day!!! 
No pictures for the special matching of Sake & Cheese!!!

この日の最大の失敗は、カメラの電池を入れ忘れたことです。 前日しっかり充電して
おいたのにそのまま充電器に入れっぱなし。。。この日のせっかくのお酒が撮影できず
何とも残念無念!!  はぁ~・・・

Then, I will show other pictures of SAKE which I enjoyed at each local area
during this trip.
なので、各地で味わった美味しい日本酒を、ここでご紹介します。
***************************************************************************************
At my home town (Saitama Pref.):
With my parents, sister & brother in low, my Samurai-husband & me
at Japanese resutarurant:
まずは、私と夫の帰国を歓迎してくれた埼玉の両親と妹夫婦とともに、和食レストランへ。
酒 『直実』
   Local Sake "Naozane"
   & Shiokara (tradisonal squid dish),
 
   地元・埼玉のお酒をテースティング。 
   さけ武蔵(酒造好適米)使用の
   特別本醸造酒 『直実(なおざね)』
   あては塩辛・・・




鰯の前菜 鰯の握り
followed by Iwashi (fresh sardine) entree,   and the Nigiri-sushi.
このときシーズンだった鰯(イワシ)の前菜      と鰯の握りすし


***************************************************************************************
At Samurai-husband's home town (Furukawa, Miyagi Pref.):
With his cousins:
いとこたちと
  夫の故郷(宮城県)では、いとこ達が
  歓迎してくれました。
  
  地元古川の地酒
  (しまった! 詳細をメモするの忘れた)
  と、ここでのつまみは何と言っても、
  海のパイナップル、『ホヤ』!


古川の地酒2種 ほや
2-types of local Sake (nnn?...forgot the names!) & "HOYA" (a kind of shellfish) which is known as an ocean pineapple.

***************************************************************************************
At Shonai (Yamagata Pref.):
Husband's mother and sister family invited us to "Onsen (hot springs)" with hotel which was at ocean front, so luxurious!

夫の母と姉家族と、山形県庄内地方にある湯ノ浜温泉に。(滞在はホテル満光園) 
温泉をのんびり楽しんでいたところへ館内アナウンス。 
「皆様、ただいま夕日が海に落ちるところでございます。 どうぞ景色をお楽しみください」とのこと。 「それは是非拝まないと!」
あわてて浴衣を身体に巻きつけ、1階フロントの大きな窓辺と5階の客室からの眺めとを、カメラを持って行ったり来たり2往復、どこが一番きれいかと・・・。
(急いで温泉を出たので、脱衣所にあった、庄内の美肌水といわれる、
地酒『白露垂珠』の仕込水を飲むのスッカリ忘れた!)

温泉浴衣 満光園からの夕日
Tradisional hotel wear "Yukata"          Sunset & Nihon-kai view

After soaking my body in Onsen, we enjoyed a beautiful sun-set view and "Robata-yaki" dinner there.

炉端焼き 満光園お勧め地酒
Robata-yaki dinner at private room:      The local Sake: "Hakuro Suishu"
夕食は個室で炉端焼き:    仲居さんのイチオシ庄内地酒 『白露垂珠』(生詰)と共に。

寝酒
   Here is another Sake, Junmai Dai-Ginjo
   "Haguro-san"as a night cap...
   
   部屋に戻って、御兄さんと飲み直し。 
   こちらも庄内の地酒:
   美山錦の純米大吟醸 『羽黒山』
   カニをつまみに。。



      姉家族と母



Thank you very much, our family!
良い思い出をありがとうございました。


***************************************************************************************
At Murakami (Niigata Pref.):
Husband's old friends invited us to great restaurant and got a heartful hospitality.
Murakami, there was one of large rice field area, and had many Sake breweries, therefore I was so happy to taste the local Sake at this district.

新潟の村上へも足を伸ばしましたよ。
夫の高校時代の先輩と同級生の方々にお会いしました。
皆さんお忙しい中、ご都合をつけていただいて、さらに素晴らしい席を設けて
いただいて大感謝です! もちろんここでも地酒テ-スティング。
日本酒の消費量が多いところに共通するのは、日本海側・寒い(雪深い)ところだそう
です。 そして米どころという条件も満たしていることもあり、新潟の地酒は是非地元で
味わってみたかったので、念願かなって大変嬉しかったです。 お勧め村上のお酒は・・・

新潟地酒2種
  Local Sake: 
  Nama (Fresh-type) "Shiun Taiyomori"
  & Dai-Ginjo "Shime-Haritsuru"
  
  産声をあげたばかりの本生新酒
  紫雲ブランドの『大洋盛』 
          と 大吟醸『〆張鶴』


新潟・刺身 生牡蠣
with various fresh seafoods from this district:
数々の新鮮な魚介と・・・

カブト

  This dish!
  これまたスゴイ料理が!
  目の後ろが一番美味しいんだそうです。
  ホントに美味しかった!





腹話術
Surprized!
Entertainment of FUKUWA-JUTSU

そして、こんなサプライズ余興も!
腹話術!!! 初めて生で見ました! 
夫の先輩さま、すごい術をお持ちです。  
今度、NZでやってみませんか? 
もちろん英語でですよ。
NZ人、驚きますよ~。 で、とっても喜んでくれると思います!
***************************************************************************************
After returned to Saitama:
We enjoyed another hot springs with our friends "Maruyama family".
 
夫のいとこからの贈り物、地元古川の地酒『一ノ蔵』は、埼玉に戻ってから、
友人宅(丸山家)で味わいました。
まずは、丸山家行きつけの所沢温泉「湯楽の里」からスタート。
所沢温泉 男湯・女湯
 "ゆ" means hot bath:        Bath for Gentlemen(Left) & Bath for Ladies(Right)

いろんなお風呂を満喫し、ビールと焼肉を楽しみ(せっかくお風呂入ったのに焼肉の
匂いが・・・との心配は御無用、そこは気にしない!)、お宅に戻ってからお楽しみの
日本酒タイム。 
酒 『一ノ蔵』  After dinner of Beer & Yaki-niku,
  we tasted Sake "Ichi-no-kura"
  It's fresh (Nama) type, but strong!
  Having a chaser beside me...

  宮城県大崎市(古川)の地酒、『一ノ蔵』:  本醸造生原酒しぼりたてです。 
  アルコール度高めの原酒には、
  ちゃんと和らぎ水も傍らに準備して。。。

***************************************************************************************
After getting great experiences and knowledges, I made up my mind, in my
returning flight, that I'm pleased to introduce this Japanese culture of "Sake"
to New Zealand people.

これまで帰国の度にほうぼうでお酒を味わってきましたが、今回は特別でした。
考えながらオーダーし、考えながら味わったことで、頭の中に日本酒の引出しが
できました。 今後の日本酒選びが楽しみであると同時に、こちらのNZ人にも、
日本の宝「SAKE」文化を是非お伝えしていきたい、と気合を入れて帰りの飛行機に
乗り込みました。 

Now Winter season here, I'm enjoying warmed Junmai-Sake at home!

日本では、季節がらフレッシュな生タイプのお酒を味わう機会が多かったのですが、
NZに戻ったら真冬! まったりと純米酒のぬる燗、楽しみたいな~。。



Comment

鈴鹿美雪 says... ""
すごいですねー。
日本酒三昧とか素晴らしい時間を過ごされてうらやましいです。

私も、次の帰省では新潟を通るので、時間があれば新潟や地元山陰の酒造めぐりや試飲の機会を逃さないつもりです。
いつか日本酒列島めぐりツアーとか、ご一緒したいですね。

KIWIのお客さんを集めて、そういうツアーを企画してもいいですね。
もっとも、酒は飲めればいい、料理は板前さんや女将にお任せの私では、荷物持ちとかくらいしかできませんけど。

ちかぢかそちらへ遊びに行きますね。
2013.07.12 21:31 | URL | #mQop/nM. [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: No title"
日本列島お酒めぐりツアー、いいですね! 企画書つくりましょう! 近々お会いするの楽しみにしてます。
2013.07.12 23:20 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/42-ac275751