Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Photograghy class 料理写真の撮影クラス


L-GF5


  I attended a digital photography class
  in Japan, which was especially for
  foods' photographing.




Always I had taken 20~30 photos of same object (cooked dish) because it was hard to get satisfiable one. Changing the plate, cloth, position, place, or sometimes waiting the time passed from daylight to twilight...nnn...taking time so long!
What is a solution ???
I wondered if I could learn about photography technique to improve it to save the time.
Yes, found it in Japanese site!  Food photography class there!!
I booked it.


ブログに使う写真、なかなか満足のいくものが撮れず、毎回同じ料理を20枚も30枚も撮ったりしてました。

撮っても撮っても、満足のいく写真が撮れない。。。
日光かライトか? ライトの当たり方?  
場所を変えたり、昼間がダメなら、日暮れまで待ってもう一度撮影してみたり・・・。
お皿が悪いのか?と器を替えてみることも・・・こんなことしているうちに、盛付けは崩れ、せっかくの料理はまずそうになり、ドツボにはまることもしばしば。 
こんなに試行錯誤してみても、あとで撮ったものを見直すと、どれも似たり寄ったり・・・。 結局このカメラではダメなのか・・・?

この悩み、何とか解決できないものか・・・と思っていたら、日本のサイトでこんな教室を発見! 料理写真の撮影クラス
1回だけの単発クラスで、どんなカメラでもOK! となってます。 今持っているカメラで
美味しそうに撮れるコツを教えてもらえるなら・・・と、早速メールを。
「5~6月の帰国時に是非参加したいので日程を教えてください!」と、早すぎる問合せ
をさせていただいたのは2月初めでした。


PHOTOGRAPHY CLASS
~帰国して数日後の5月28日、撮影クラス当日~

7-people attended the session with various type of digial camera there.
My one was compact camera which looked like a toy, compared with other’s.
In the class, a tutor, Mr.Sato, gave advices to each person, to maximize the features for each model.

一眼レフ、ミラーレス、コンパクト・デジカメと、参加された皆さんのカメラはそれぞれ
メーカーも機種も異なっていましたが、講義では、それぞれのカメラの持つ機能を最大限に活用した撮り方を、一人ひとりに丁寧に教えてくださいました。
私のはニコンのコンパクト・タイプ。 隣の方の一眼レフと比べると、おもちゃのように
見えます。

講義の前に、「この料理の写真を撮ってみてください」と、一皿のお料理が出てきました。皆さん、テーブルを囲んで数枚ずつ撮影し、先生が皆さんの撮影された写真を順番に
見ていきます。

Before starting the lecture, we took some photos of a dish. Then Mr.Sato saw them.
I showed following 2 photoes to him.

私は2枚の写真を見ていただきました。 
パンが前ー266 肉が前ー266 パンが前面に写っているもの          お肉が前面に写っているもの

Right-side one should be correct position, but I like left-side one which was better looking. But why...?
この料理の主役はお肉だから、当然右の写真のほうが正しい向きですよね? 
でも左のほうが美味しそうに見える・・・そんなことを先生にお伝えしながら見ていただきました。

Then the lecture was started.
There were 10 basic tips to get a nice photo which looks yummy. The important parts were dealing with a sun-light coming through the windows.
The angle, distance from the window, the strength. He also introduced about
White-balance, Aperture, ISO, Exposure, and how to control them.
3 hours passed quickly!

さて、講義がスタート。
おいしく撮るコツは10項目、そのうちの半分はについてでした。 つまり光を上手に
使えるようになることが大きなカギなんですね。 この光とは窓からさしこむ太陽光のことです。 このとき部屋の電灯と混ぜないほうが良いんですって。 (私はこれまでずっと、昼間でもライトつけて撮影してました!)
その他、被写体に光が当たる向きや角度のこと、やわらかい光のほうが良いこと、
ズームよりも望遠で(これも逆のことしてました!)、縦型効果(なるほど!)、
レフ板の効果、絞りの操作、ISO感度についての説明など、あっという間の3時間。

撮影講義ー縦型

   レフ板を使ってー266
   Trying to use of a reflector
   and seeing of the effectiveness.




Then, we took photoes again of the same object.
そして、ここでもう一度、全員がさっきのお料理を撮影。

講義後の撮影  Here is my one.
  さて、いかがでしょうか?

  Much better, isn't it?!
  The brighten tone made chicken meat
  looks juicy & tender,
  lettuce leaves are more fresh-looking!
  it's totally improved!

  全体的に明るくなり、料理の表情が柔らいで、
  主役のお肉も柔らかくて美味しそう。
  時間がたっているにもかかわらず、野菜の
  このみずみずしさ! レタスが立ってる! 
  講義の効果ですね。

料理は最初に出された状態のままで、何の手も加えてません。 時間がたったから
といって盛り付けなおすということもなしに、こんなにきれいに撮れるなんて、驚き!

I learnt various new skills with using my little camera, but also noted that my one didn't have aperture control function unfortunately which makes a nice blurry background to make a subject conspicuous as a main focal point. It's important
for me!! Therefore, yes, I decided to purchase a new model.
Getting good references at the class about mirrorless (interchangeable-lens) camera
and single-lens reflex camera, I went to Shinjuku to buy new one.

その後、サーブされたランチを皆さんと一緒にいただきましたが、生徒さんからの
質問攻めに、お食事中も熱心に先生の講義が続きました。 

このデジカメでもコツをマスターすればずいぶん改善されるんですね。 
同時にわかったことが一つ、料理写真に是非取り入れたいと思っている『ボケ』、
これをつくる『絞り』機能が私のカメラにはついていない、という事実でした。  
もともと「このカメラじゃ限度があるのかな~」と、アップグレードすることを考えていたし、
ここで気持ちは一気にカメラ購入へ!!!
先生から「次に買うならコレ!」という各タイプごとのお勧め度なんかも聞けたので、すごく参考になりました。 その後、早速新宿で、ミラーレス・カメラ購入しました。


My new camera gives me a new world.
Hoping it makes my technique sharpen soon.

最近の写真は、もちろん新カメラで撮ってますよ。 まだいろんな機能で遊んでいる
段階で、写真に一貫性がないんですけど・・・楽しんでます。

Baking and photographing day:
カメラ遊びで撮影:
焼きたてのピーナツバタークッキー   クッキー、プレゼント用ー2
焼きたてのピーナッツ・バター・クッキー  美味しくできたので、お友達にプレゼント!


露出補正に、ホワイトバランスに・・・まだまだ課題が盛りだくさんで楽しみ倍増!
日本で買ってきたレフ板、これも使えるようになったらカッコイイだろうな~

Yes, White-balance, Exposure, ISO...various pleasant tasks on me!
Would like to master use of a reflector as well like a professional photographer
one day...


Comment

もるげん(末廣) says... "料理画像が楽しみ"
Mrs.Sasanoki

そうですか、日本で料理写真の撮影技術を会得されましたか。それはなにより。

思わず かって お邪魔してご馳走になった画像を見直しました。
http://morgen3.fc2web.com/0812newzealand/0812newzealand23.htm

結構、美味しそうに撮れてたのでほっとしてます。
2013.08.09 19:32 | URL | #QU//rFYw [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: 料理画像が楽しみ"
もるげん様

ありがとうございます。
懐かしく、数年前の我が家の画像を拝見いたしました。
今は外壁の色が変わり、犬のBJにも相棒がおります。

ところで、そうとうなカメラ技術をお持ちだったのですね。
BJでさえ追いつけない野ウサギの動きを、あれだけくっきりと撮影できるとは、スゴイですね。
静止している料理でさえ手こずっている私には、動いているもの(しかもあんなに速いもの)を撮るなんて至難の業です。
料理のほうも、とても素敵に撮っていただいて、感激です!

撮影も料理も、腕を磨いて、またのお越しを気長にお待ちしております!!
2013.08.09 20:50 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/45-bce9cdcd