Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Wonderful mariage of KIWI-JAPANESE cuisine & SAKE !   創作和食と日本酒のマリアージュ

"SAKE", the representative Japanese alcoholic beverage.  There are SAKE fan here in Wanaka as well, of long distance from Japan. I'm very pleased to introduce this Japanese artistries for them.

Sake lecture  I have special SAKE-lecture sessions in
  this month, introducing about the brewing
  process roughly, the varieties, the features
  & matching food (mariage).

  How do you image for "drinking SAKE" ?
  Hot-SAKE pouring from flask to small cup ?
  Myriad varieties are in existence today and
  they can be sorted in 4 types roughly.
  some of them are good to be drank as
  warmed SAKE, but other types are
  recommended to be drank chilled or
  room temperature for effect of the features.
  Please try each one with Japanese cuisine!


今月の料理教室では、日本酒レクチャーを入れたクラスを行います。 前回の日本滞在中に学んだことを要約して、こちらにお住まいの方々にも興味を持っていただけるような内容でお伝えします。
「SAKEと言えばHot-SAKE」 と思い込んでいる人が多いのですが、「美味しく味わうには、それぞれ適温があるんですよ」という切り出しで、わかりやすく4つにグループ分けして、味の特徴をテースティングしながら実感していただけたらと思います。 どんな料理と相性が良いのか、それも是非ご参考に!

****************************************************************************************
SAKE marketing facts:
I tried to check up about SAKE sales around local area (Wanaka & Queenstown), but founded that it's nearly impossible to buy SAKE at the moment.  How come?
I think I need to trace the market...
Anyway, please taste my precious one this time from Sake storage here.

日本酒小売情報:
こちらで手に入る種類のお酒も、調べておかないといけないですね。 
ワナカはもちろん、クイーンズタウンのリカーショップも要調査!
・・・と思ったらナント! ワナカのリカーショップ全店(3軒)とも日本酒が欠品! 
「ここ数ヶ月オーダーしてるのに入荷されないんだよ・・・」と、日本酒好きのオーナーが
嘆いていました。 「町はスキー客で賑わっているこの時期、『SAKEは置いてないのか』というお客さんも多いのに、残念だ」とも言ってました。 
これはどうしたことでしょうか・・・。
クイーンズタウンでは・・・? と思って調べたら、案の定、似たような状況でした。
卸業者にさかのぼって聞いてみないことには、詳しくはわからず・・・。
そんな状況ですが、今回は、我が家の倉からテースティング用にご用意してますので、
お楽しみに。

****************************************************************************************

The cooking menu is "Nikomi-Lamb&Daikon".
In Japan, there is a classic winter dish "Buri&Daikon", which is a simmered dish of Buri (yellow-fin, a kind of fish) and Daikon (radish) in a broth.  I introduce it using
with NZ Lamb-shanks instead of Buri.  This recipe is my original fusion Japanese and it was reported in the magazine "NORTH&SOUTH" before.

lamb preparation  Some preparations are needed to minimize
  the smell of lamb-shanks and to let them go
  well with Japanese flovour.  Lamb is greatly
  taking the place of Buri, it's rich and
  delicate texture.  I believe it would be a
  representative Kiwi-Japanese dish.
  Nice with warmed Junmai SAKE!

  そして、今月の調理実習は、『ラム・大根』。
  NZのラム肉を使った和風の煮込み料理、
  フュージョン料理となります。 
  冬の代表料理、『ぶり大根』のNZ版といった
  ところでしょうか。 まぁ、素材が赤身のお肉に
  なるわけで、違うと言えば違うものですが、
  出汁がしみた素材の、ホロッと崩れそうな
                          ところを想像してみてください。

実はコレ、レイクフロントのレストラン時代に、月刊誌『NORTH&SOUTH』に掲載された料理なんです。 それ以降も、寒い時期になると時々登場しているB&Bの冬メニューで、ちょっとの隠し味の違いで、ワインにも合うようにアレンジ可能。

                               Fresh Daikon, available at local shop
Daikonそうそう、2年前のTBSテレビ番組
『世界の果ての日本人』の収録のときにも、
この料理を撮影しましたっけ。。。あのときは
使えそうな良い大根が売ってなくて苦労した
けど、今回は、ホラッ、まっすぐの良さそうなのが売ってましたよ!

この料理、まずはラムの下処理が大事です。 
ここをしっかり押さえておけば、特有の臭みが
抑えられ、やわらかくて実に美味しい一皿
となります。 大根と半熟煮卵を加えて
素敵なフュージョン料理に仕上げましょう。
コクと旨みのある煮物は、純米酒と相性よし。 
あ、上燗の本醸造酒も合いそうですね。


In this special session, we cook "Lamb&Daikon" in the first half, then I do SAKE lecture (which is longer than usual), followed by the tasting with 2 dishes, then enjoying last mariage of "Lamb&Daikon" and warmed Junmai SAKE.

普段は、最初に調味料や素材についてのショートレクチャー、その後2品の調理実習
という流れですが、今月は特別クラスということで、前半で調理を行い、後半にレクチャーとテースティング(予め用意しておいた2品の前菜と共に味わっていただきます)、
その後、実習で作った料理と最後のお酒のマリアージュで終了となります。 


Lamb&Daikon
  

  秘蔵のお酒、ご用意してお待ちしてますよ。
  
           カンパイ!!

  KAMPAI for a wonderful mariage !!!
 






Comment

鈴鹿美雪 says... ""
王碌がある!
地元でも取扱店が限定で、なかなか手に入らないのですよ。
2013.08.15 12:14 | URL | #- [edit]
Mrs.Sasanoki says... "Re: No title"
さすが! よくご存知なんですね!!
実は、私も一番楽しみにしているお酒なんです。 地元でも入手困難とは知らなかったです。 日本酒全般の購入が難しい土地で、まさに貴重なテースティングになりそうです。

2013.08.15 14:46 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/48-6957db6f