Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Amish Friendship Bread  アーミッシュのケーキ種

I got a starter of "Amish Friendship Bread" from my local friend.
Have you heard about it?

Amish starter It's that gets passed around from friend to  friend. It includes the recipe for the starter,  and gives complete directions for how to  make it once the starter is ready.
 When people got the starter from their  
 friend, they follow the instructions
 beginning at Day-1 for keeping the
 condition at room temperature
 until it's ready for baking at Day-10.
After adding milk/sugar/flour and mix, divide it into 4 portions. Taking one of them,
add some more ingredients and bake. Other 3-portions would be given to friends who starts to keep it as it is at Day-1 to repeat the process.

先月ローカルの友人から、『アミッシュのフレンドシップ・ブレッド』の種をいただきました。ブレッドとはいうけど、どちらかというとケーキに近いものができます。 
少し前に噂に聞いていて、この辺(ワナカやアルバートタウン)で今流行りなのかな~
なんて思って、おもしろそうなので早速チャレンジ!

****************************************************************************************
ところで、アミッシュって何?誰?
調べたら・・・

国はアメリカです。
Amish(アーミッシュというそうです)は信仰を同じにする人達が集まったグループ
だそうで、1693年に創設。 オランダ人の移民が多く、地域的にはオハイオ州、
ペンシルベニア州などに人口が集中してます。
文明の進化に伴う利便性を拒絶し、今でも17世紀の生活を続けている独自の
コミュニティーで、電気をひかず、もちろん車も使わず、未だに馬車を使っているらしい。
現代文明を使わない自給自足生活をしている・・・のだそうです。
(ナント極端な・・・私の埼玉の実家が40年前の生活をしているのとはケタが違う!)

その人たちが作り出したブレッド(ケーキ)種。。。
・・・ということは、この種、アメリカから海を渡ってNZにやってきた???
****************************************************************************************

I followed the instructions that I did mash the starter through the plastic bag everyday. I added milk/sugar/flour into it at Day-6, then mash it everyday until Day-10.
The yeast is cultivated by milk/sugar/flour.
Great aroma comes through during the fermentation for 10 days!!
No use of metal utensils, no use of fridge, which is Amish's way.

いただいた手順に従って、醗酵させてゆきます。・・・といっても、毎日袋の上から手で
グニュグニュと押さえて、たまに空気を抜いてあげるだけ。 
途中(6日目)一度、ミルク・シュガー・小麦粉を1カップずつ足すだけです。 
(酵母がミルク・シュガー・小麦粉を食べて育っているのだそうです。)

ところで、途中で気になったことが・・・
1カップ、ここでは250mlだけど、発祥とされているアメリカでも同じだったっけ?
だって日本では1カップ=200mlだし、一合=180mlで、量るものによって違うし・・・
調べたらアメリカでは1カップ=237mlだそうで、まあ気にするほどではありません
でした。 

ミルクを使用するけど常温のままなんですね。 さすが、冷蔵庫を使わない生活の
アーミッシュの種菌!
醗酵中の数日間、中の空気を抜いてあげるとき酒粕のような良い香りがします。

It was baking day at Day-10.
After add another milk/sugar/flour, divided it into four.
With the one-portion, I baked it after adding other ingredients.
(I ignored one of ingredients "one packet of instant vanilla pudding" since I didn't stock it. Probably it's ok because it says "Can add it" in the recipe.)

いよいよ10日目のベイクの日。
もう一度、ミルク・シュガー・小麦粉を足して、4等分。
焼く分(1ポーション)だけを取り、残りの3ポーションはそれぞれジップロック・バッグに
入れて、Day-1として、また次の醗酵が始まります。(お友達に分けてあげる場合は、
この段階になります。)

焼く分に、さらに材料を加えます。 どこの家にもストックしてあるようなものでできるので実に手軽でいい!と思ってやり始めたら、レシピ材料の中に、何だか場違いのような
文字を発見。 『Can add 1 packet of instant vanilla pudding』 とあります。 
(現代的な便利なものを避けているわりにはここでインスタントものを使うのかしら?)
「これはさすがに買い置きはないなぁ、今から町に出るのはめんどうだし・・・」 
Can add・・・というからには、入れなくてもいいのだろうと判断し、省略。

Amish cake whole
  Baked in this large tin,
  plenty of cinnnamon sugat on top

  ローフ型2個分が焼けるくらいの分量
  ということなので、
  うちの大型のコレで焼いてみました。
  上には、レシピ通りシナモンシュガー
  をたっぷりトッピングして・・・



Amish cake slices - S



Sliced and tasted...plesant moisuture,
good simplicity...
Will make it again next time (which is
10 days later) adding some other ingredients 
as the variations !!

カットして味見したら、しっとりオイシ~! 
シナモンが効いた素朴な味です。
「これが17世紀の味かぁ・・・」
しかし、何だかプレーンな感じで、ちょっと甘すぎる・・。(アーミッシュの方々ごめんなさい)
味や食感に変化をつけてみたくなったので、次回のは、ナッツやドライフルーツを使って
みようかな。 今回省略したけど、レシピ中にあった、"instant vanilla pudding" を入れてみるのもいいかも。  いろいろアレンジを加えてもう一度!


Then, I did again after the 10 days. Two different flavours this time.
というわけで、その10日後の今日、またベイクの日がやってきました。 今度は2種類。 
シュガーとオイルの量を2/3に減らして、具やトッピングで食感を楽しみました。

Amish coffee crumble cake  Cake with dark chocolate chips, cranberries, and
  mixed nuts, with coffee crumble topping.

  大きいローフ型には:
  本体にダークチョコ・クランベリー・ミックスナッツを
  混ぜ込んで、上にコーヒークランブルをトッピング
  してベイク・・・
  ザクザク感が楽しいどっしりタイプになりました。




Amish pineapple&carrot cake - L


Cake with pineapple, carrot, and coconut,
with cream-cheese-ising.

小さいローフ型(3個分):
パイナップル・キャロット・ココナツを混ぜ込んだ
本体を焼いてから、クリームチーズ・アイシング
をトッピング
・・・水分の多い具を入れたので、
こちらはしっとり系の軽い味。
 



Got 1-large loaf & 3-small loafs. Loved the both taste.
I wonder if it works to make real bread (not cake), and got some information.
Wow,250-recipes here!
http://www.friendshipbreadkitchen.com/recipe-box

1ポーションから、大型1個+小型3個のローフが焼きあがりました。
今度は両方とも満足のいく仕上がり! 10日間育てた酵母の働きのおかげか、
いつものケーキより美味しい。

この種ってイースト菌の代わりにはなるのかな。 
ケーキじゃなくて、これを発酵させてパンを作ることもできるのかな。
調べたら、いろんなサイトにレシピが満載。
上記のサイトには、アーミッシュ種を元にした250種のレシピが掲載されていますよ。 
ご参考までに。

この種、レシピ通りにやると、10日サイクルで4倍に増えるので、知人友人に分けて
いきますが、種つぎの量は、増やしたり減らしても大丈夫なようですよ。 
(酵母を育てるミルク・シュガー・小麦粉の割合が1:1:1であることと、発酵日数を守っていれば。) ちなみに私は、あまり増えても手に負えそうもないので、今のところ半量で
種つぎしてます。 あと、種は冷凍保存も可能とかって聞いたので、今回は一部冷凍しました。


Amish cake pieces & loafs
  挑戦してみたい方、ご一報ください!
  でもこの辺りでは、もう回りきって
  いるのかな・・・

  Would you like to try this??
  Welcome next challenger!



Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/54-a47a376d