Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Osechi sweets variations  ~栗きんとんアレンジ~

Kuri-Kinton which is one of Osechi-ryori (Japanese New Year's cuisine).
It's made with mashed sweet potatoes and sweetened chestnuts. People associate the gold colour with money, and eat it while hoping that it becomes rich.

I made it with red kumura mixed with Jananese sweetened chestnuts
for my Osechi 2014. (Sweetened chestnuts...I couldn't find it here, so bought them
in a bottle when I backed to Japan last time)
I also made the variations as well by this sweet dish.


今年のおせち料理用に作った『栗きんとん』:

**栗:   こちらでは栗はあまりポピュラーではないようです。 マロングラッセとか
       甘露煮も売っているのを見たことがないので、栗のお菓子を作るときには、
       帰国時に買ってきたものを使います。 今回も日本の瓶詰の甘露煮使用。
   
**クマラ: サツマイモのようなおいもで、一年中スーパーで売っています。 
       夏の今は旬ではないですけどね。

**くちなしの実: 色付けにするのに使用。 財運アップを願って、きれいな黄金色に。
   
大好物のきんとん、あとでちょっとアレンジしてみようと思ってたので、初めから大鍋に作って正解!

Kinton arrange-chakin
  I formed it and did the toppings of sweetened
  Adzuki beans & chestnuts.
  Right like the traditional Japanese sweet!
  It became a nice gift for a visit of
  the New Year.

  一部を茶巾絞りして、栗と甘納豆をトッピング。
  手作り和菓子、
  お世話になっている知人宅への
  新年のご挨拶に。
   






Kinton arrange-Pie
A few days later, I made "Kinton pie" using
with the left over of Kuri-Kinton for my family.
It was so yummy!!!
Renon & I couldn't stop eating,
another slice, and another....
Oops! My husband's one...

残りは数日後、パイのフィリングにして、
きんとんパイを焼きました。
あまりの美味しさに、
「もう一切れ・・・、もう一切れ・・・」
と見る見るうちに、娘と私で全部食べて
しまいました!

Renon asked me to make it again, but...no more chestnuts here.
Hoping sometime in the next year when I get it from Japan.
Or, how about if I can purchase fresh chestnuts in this autumn from "Yumesato Farm" in Christchurch???

「また作って~」って言われたけど、栗はもうないからね、クマラだけのね。
・・・栗、そうだ『夢里ファーム』(クライストチャーチ)でも栗を栽培してましたっけ・・・
この秋、購入できるのかな? 問合せてみよう。
手に入るなら、甘露煮を作る楽しみもできる!

*********************************************************************************

ところで今日は鏡開き、
年末にお供えした鏡餅パンはどうなったでしょう。
1月4日に一度チェックしてみたら・・・パンは既にカチコチ、心配したカビは・・・
「アレ、意外と大丈夫だ、さすが乾燥しているワナカ!」
と思ったら、パンとパンの間が何やら怪しい感じ・・・・。 
ここに紙を一枚挟んでおくことにしました(紙が湿気を軽減してくれるかな?と)。

しかし、鏡開きの今日、「あ~明らかにカビだ~!!」

お供え物は、神様のお下がりをいただく(食する)ということで完結するって、
何かで読んだので、そうしたかったのですが・・・
仕方ない、食べるの断念。
あのとき一緒に焼いたパンがいくつかあって冷凍しておいたので、
代わりにそちらを、いただきま~す!

 

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/67-33921d8c