Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Chinese night  紹興酒な夜

I got guests of a Korean family from Hongkong last month. They stayed here for
2 nights and enjoyed horse trekking and boat fishing.

先月いらしたお客様は、香港在住の韓国人のご家族4名様。 日本育ちで日本語堪能なご主人、チャーミングな奥様、好奇心旺盛なふたりの息子さんたち。 にぎやかで楽しい二晩でした。 奥様との共通語は英語でしたが、言葉よりも心が通じていた、そんな気持ちにさせてくださった女性でした。
ご滞在中は、乗馬トレッキングと、湖でのボートフィッシングを楽しまれました。

One of the boys cought a big trout and brought here, so I cooked it for sharing
the taste. We enjoyed the grill of the fish filled with celery leaves and garlic, then drizzled with herb oil.

Trout in sink Trout with herb

Trout eating
  Yummy !

  お子さんがマスを釣られたので、
  その晩はオーブン焼きを楽しみました。
  体長53cm、シンクにスッポリ入るサイズ。
  セロリの葉など香味野菜とガーリック、
  ベイリーフ・タイムなどのハーブオイルを
  たっぷりかけて、オーブンへ。
  ハーブの良い香りとともに出来上がり。
  美味しかった~!




ご家族で2週間のNZホリデーを満喫されて、香港に戻られたとのことでした。
They are now back to Hongkong after great holiday of 2 weeks.



Chinese wineI got a present from them which was
a Chinese liqueur called "Shao-xing jiu".
The memory of the Shao-xing taste, when
I visited Taiwan 20 years ago, flashed across
my head.  We drunk it up with a shout of "Kampei" (Cheers) at a stretch one-to-one. Repeated many times changing the partner.

こちらへいらした際に香港からお持ちいただいた紹興酒、素敵な陶器入りです。 
上等なものなんだろうなぁ・・・
20年ほど前、台湾に何度か行く機会があり、
そのころ飲んだ紹興酒の思い出が蘇ってきま
した。
ショットグラスに甘酸っぱい干し梅を入れ
(レモン・スライスも入れたような・・・?)、
そこへ紹興酒を入れて、一対一で『カンペイ』の掛け声とともに一気に飲み干す。 
一緒にテーブルを囲んでいる人数が多いと大変です。 『カンペイ』相手を変えて何杯も繰り返すので。。。


But, I would like to taste this precious one dearly and leisurely, this time.
Also to enjoy with Chinese food.
The menu I cooked was...
Pork belly and boiled eggs, stewed in "Oolong tea" and "Shao-xing"

でも、貴重なこの紹興酒、そんな飲み方はしませんよ。 
あの干し梅の代わりに、何か別の美味しい飲み方は・・・とネットで検索すると、
上質なものほど、手を加えず、常温でそのまま味わう(またはお燗する)、と書いてある。
ならば、それでいこう!

「これを味わうときは、料理はモチロン中華でしょ」
で、久しぶりの中華料理です。
ウーロン茶で煮込む豚肉料理、これがいい! 隠し味に紹興酒を加えた本格中華の味。

Hot chef  I used a pot cover called
  "Hot chef", which keeps
  temperature inside and cook
  slowly, by the five-fold structure.
  Nice present from Japan.

  先日、日本の友人からプレゼント
  『ホット・シェフ』なるものが届いた
  ので、ここで早速試してみました。
  (保温調理をするためのカバー)

手持ちのお鍋で煮物が沸騰したら、とろ火にする代わりにこの中へ入れるだけで、
五重構造の保温力で保温調理ができるらしい。 沸騰後3分煮てから、鍋ごと入れちゃいます。 ファスナーが4箇所ついているので、片手鍋・両手鍋でも取っ手を外側に出してきっちりとカバーできます。 ラージサイズで直径30cmの鍋でも入る。
・・・ということは、うちの鍋すべてに対応可能です。 (使ってないときは、たたんで収納OKの優れもの!)
これから煮込料理が美味しくなる秋・冬シーズン、大変ありがたい日本からの贈り物。
お鍋の中ではお肉と卵に、じんわりと味がしみ込んでいることでしょう。
その間に、ちょっと外出。 (・・・ってこともできますね。)


Chinese mussels-1
Here was another dish.
Shao-xing steaming of mussel and pak choy, with the flavor of garlic, ginger, and sesame oil.
The smell made me hungry!

中華のもう一品は、
マッスル(ムール貝)とパクチョイの紹興酒蒸し。 
ニンニク・生姜・ごま油の風味が加わり、
さらに食欲をそそります。
(料理に使った紹興酒は、うちにあった料理用
紹興酒、なのでふんだんに使えます。 
こんなところが貧乏性で困ってしまいます。)




Chinese pork-1




   カンさ~ん! 
   紹興酒、堪能してます!
   ありがとうございました~

   Thank you Kang-san, 
   for giving us the opportunity of
   the wonderful Shao-xing jiu night !

      " Kampei "







Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/76-b56a3bc3