Mrs.SASANOKI's Table ~JAPANESE FUSION DINING

Almost men's class 男性多めの料理教室

At the cooking class last week... More men came! Wonderful Kiwi husband! 
Surely they learn a delicious dish to prepare for their wife.
I'm jealous...

先週のクラスは、5名中、男性が4名という顔ぶれ。
このところ、男性の出席率が多いです。 さすが、キウイ・ハズバンド! 
美味しい料理を習って奥さんに作ってあげたいと思うのかな~(ウラヤマシイです)。

4名が揃ったところで、「あと一人、女性が来るので、もう少し待ってね。」と言ってたら、
数分後にその方が到着。 キッチンに現れた瞬間・・・・・・???
サンタクロースのおじさん(のような方)がいらっしゃった!
メールで申込まれた際、以前クラスに参加したことがある女性のアドレスからだった
ので、てっきり彼女が来るのかと早とちりしてました。 いらしたのは、彼女のダンナさんでした。

One of them, he (looks like Santa Clause!) came to the class for the first time. 
Then I asked him if he knows about Miso, as it was one of Miso-cooking course
on the day. He talked us his story that he stayed in Kohchi in Japan and spent a great time there when his son got married with a Japanese lady.  
It was wonderful story!  Please enjoy the class !

今月も味噌料理のクラス、彼は初めての参加者なので、味噌を知っているかどうか
聞いてみたら、息子さんが日本人女性と結婚したとき、10日間、高知で過ごし、
美味しい日本食をたくさん味わってきたとのことでした。 そうか、それでクラスに
申込みされたのですね。 嬉しいことです。 是非今日も美味しい和食を楽しんで
作っていただきたい!

だしの件では、先月、しっかりと本来のだしの引き方(昆布と鰹節を使っただし)を見せて、その代替として、市販の『だしの素』を使うか、私が考案した代替だし(しいたけ粉とマッスル汁)を使うか、その味の違いと、手間の違いを理解していただきました。
食材について(だしの素やその他の加工食品について)の私自身の調査はまだ途中
段階なので、今回もその話をして、今日は市販の『だしの素』を使うということで、
皆さんの了解を得て、クラスを進めました。

************************************************************************************************
Ingredients today:   本日の食材から:
Tonjiru-ingredients Ingredients-3-4-14 "Here is the ingredients, I got beautiful Daikon (long white radish / left photo),
 so we use it.  But if you cannot find it, please try to use Swede instead."
このところ2ヶ月以上も大根が売っていなかったので、あきらめて、代わりにスウェードを使うことにしてましたが、今朝マーケットで発見! それも昨年8月以来の、見た目も質感もGOODな大根です。 細めだけど、きれいにまっすぐ伸びた、みずみずしい一本!


Dried udon 3-4-14  Udon noodles:
  It's familiar ingredient.


 Konnyaku-3-4-14







                    Konnyaku:
Here is a strange Japanese food.  I explained about Konnyaku, but...
forgot to add it to the Ton-jiru... Baggar me!!  (Will use it in the next month.)
コンニャクの説明もして、「食感や味をあとで試食のときに試してみてね」と言いながら、実際には使い忘れてしまいました!(来月、味噌おでんも追加しようか・・・)


Tama-miso: A traditional seasoning miso made from white miso, egg yolk, and etc.
It can be prepared in advance and last long, so let's use it for various cooking.
玉味噌作り: 日本の伝統的な調味味噌、作りおきして冷蔵庫で数ヶ月は持つので、
さまざまな料理への活用法も一緒に紹介しました。

**Two dishes using the Tama-miso:   玉味噌を使った料理2種:
T.miso-seafood-S  T.miso-vege-S



Steam-bake of eggplant & seafood  
茄子とシーフードの玉味噌(スティームベイク)   

                          Taro & Brussels sprouts, Tama-miso sauce
                           温野菜(芽キャベツ・タロイモ)の玉味噌がけ

Ton-jiru:   豚汁:  
Tonjiru-1 
  Ton-jiru & Udon:   豚汁うどん:
  Tonjiru-udon-2
One of the most standard home-cooking soup meal in Japan.  By adding udon noodles, it becomes a hearty one bowl dish as a lunch or evening meal of a cold day.
これからの寒くなってくる時期に嬉しい具だくさんの汁物。 うどんと合わせると、寒い日のランチや夜食に、おなかも心も満足の一品になりますね。

************************************************************************************************
Dinner time:  We enjoyed our beautiful works.
Santa-san (one of them, his nickname that I acquired) showed us something in a jar. It was his home-made Ume-boshi.  He made it with substitution because it's impossible to get the exactly same ingredients here, with his way.
The "Ume-boshi" is another strange Japanese food for foreign country's people,
I think.  So I was very surprised and admired!  I tried one of his "Ume-boshi".  
How delicious!  It's like the original one.  His passion to want to reproduce that taste, came through it surely.

料理ができあがり、全員がテーブルを囲んでゆっくりお食事タイム。
そのとき、サンタのおじさん(グラハムさんといいます)が、小さな瓶を出して皆さんに勧めました。
・・・日本に行ったときに食べた梅干が美味しくて、自分で真似して作ってみた、とのこと。 「でも、同じ梅が見つからないし、赤紫蘇もないので、赤いプラムを使って塩で漬け、
酸味を補うためにレモンジュースも加えた。 だから本当の梅干とは違うんだけどね。」
とおっしゃってました。 私はその話を聞いて感心してしまいました。 
私、日本人なのに自分で梅干作ろうと思ったこと、一度もなかった。。。
ひとついただいてみたら、なんて美味しい! 
あの味を再現したいという、その情熱の味がする。 

「日本の梅は、英語でウメ・プラムと説明されるけど、最初に訳した人が間違えたので
しょう。 梅は、品種で言えばプラムでなくアプリコット(杏)と訳されるべき。」など、梅に
まつわる話や、高知での神前式の結婚式の様子など、皆さんにお話されてました。

Class 3/4/14-1 Class 3/4/14-2

***********************************************************************************************
I half left his "Ume-boshi", as I wanted to let my husband taste it, too.
After he came back from work...
He seemed to be impressed with the taste as well as enjoyed hearing the story.

さて、私は彼の梅干を(夫にも試食してもらいたくて)半分残しておきました。 
帰宅後・・・話を聞きながら残り半分を食べた夫、
「これはスゴイ!作った人スゴイ!!」
(あぁ~彼の梅干の写真、撮っておけばよかった~!)

クラスを通じて、また心温まる素敵な出会いがあったことを、しみじみ感謝した夜でした。

I thanked again for having such a heartwarming meeting through the classes...


Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://japanesedinnertable.blog.fc2.com/tb.php/84-5a77bc77